調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク > インターネット上のサービスにおけるプライバシについての調査結果

インターネット上のサービスにおけるプライバシについての調査結果

プレス発表 インターネット上のサービスにおけるプライバシについての調査結果を公開2010年8月13日独立行政法人 情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、インターネット上のサービスにおいて利用者の識別に用いられる電子的な識別子(以下eID1)に関し、2009年度に実施した調査をもとに、セキュリティ問題やプライバシ侵害などのリスクに対する利用者の考え方を分析・明確化し、「eIDに対するセキュリティとプライバシに関する認知と受容の調査報告書」として公開しまし

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ