調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月2日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に 2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロード

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

経営層を守る、サイバー・セキュリティーに関する経営層の見解(Securing the C-Suite, Cybersecurity Perspectives from the Boardroom and C-Suite)

IBMスタディー、サイバー犯罪対策に関して経営層とCISOの認識の相違が判明最新のセキュリティー情勢では、経営層が権限を委譲するための教育やエンゲージメントが必要2016年2月29日[米国ニューヨーク州アーモンク - 2016年2月17日(現地時間)発]IBM(NYSE:IBM)セキュリティー事業およびIBM Institute for Business Value(IBV)は本日(現地時間)、700人以上のCxOと呼ばれる経営層を対象に実施した調査結果を発表しました。調査では、真のサイバー攻撃

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年下半期Tokyo SOCレポート

最新の「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「Tokyo SOCレポート」を発表 コグニティブ、クラウド、コラボレーションを軸に、セキュリティー事業を展開 2016年2月29日日本IBMは、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。「2015 IBMセキュリティー・スタディー」は、グローバルで

2016年3月2日Lookoutフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」に係る調査

2016年2月28日Lookout、「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」に係る調査結果を発表 「Global 2000」の企業のモバイルセキュリティ状況を徹底解剖 マルウェア感染端末一台あたり約100万円もの損失額 モバイルセキュリティ分野で最先端を行くLookout, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジム・ドルチェ、日本法人:ルックアウト・ジャパン株式会社、執行役社長:大須賀雅憲)は、プライバシー、データ保護や情報セキュリティに関する調査を得意とするPon

2016年2月26日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

RBB SPEED AWARD 2015

News 2016年2月23日 RBB SPEED AWARD 2015結果発表 ~約480万件の測定データを集計!2015年もっとも速かったサービスを表彰 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)は、通信速度測定サービス「RBB SPEED TEST」の測定データを集計し、実測値が速かったサービスを表彰する「RBB SPEED AWARD 2015」を発表致します。 RBB SPEED AWARD 2015 「RBB SPEED AWARD 2015」は、通信速度測定サービス

2016年2月26日Facebookフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

State of Connectivity 2015: A Report on Global Internet Access

Top StoriesWe’re launching Ray-Ban Stories, our first-generation smart glasses that let you capture photos and videos, take phone calls and listen to music. We’re celebrating the expansion of music on Facebook Gaming with live events pairing DJs with

2015年度における情報漏えい事件ワースト5

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 SPECIAL CONTENTS特集 | ビジネスやITの最新動向/技術についてセキュリティ観点からレポート 2016.2.18 2015年度における情報漏えい事件ワースト52015年は、世界でさまざまな組織からの情報漏えいが立て続けに起こった年だった。国内では日本年金機構事件が記憶に新しいが、海外ではどういった事件があったのだろうか。大規模なもの、または、被害が広範に及んだものの中から、5つの事件を振り返ってみる。この記事は

2016年2月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「企業における情報セキュリティ実態調査2015」~セキュリティ人材獲得競争の時代へ~

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2016年2月22日CDNetworksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度版 DDoS攻撃の動向と今後の見通し

Skip to content「2016年度DDoS攻撃の動向レポート」を公開-IoT機器攻撃ツールが公開され50Gbpsを超える大型DDoS攻撃が頻発-シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、2016年度のDDoS攻撃の動向をまとめ分析したレポート(以下 本資料)「2016年度DDoS攻撃の動向レポート」を本日発表いたしました。本資料は、CDNetworksのDDoS防御対策サービス「クラウド・セキュリティ DDoS」を提供している国内外のお客さまを対象

2016年2月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2016

情報セキュリティ10大脅威 2016個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など69組織108名から構成される「10大脅威選考会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 10大脅威の10年史過去10年の「10大脅威」を振り返り、社会的背景、脅威や攻撃手法の移り変わりとの関係を解説しています。第2章 情報セキュリティ10大

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

Tripwire による調査:サイバー攻撃の検知に関し自信過剰な IT プロフェッショナルエンドポイントにおけるサイバー攻撃の検知に必要な7 つの重要なセキュリティコントロールに関する自信度を評価米オレゴン州ポートランド - 2016年2月11日 - エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc.は本日、Tripwireの依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました

利用デバイスやBYODについてアンケート

アンケート結果発表ワイモバイルビジネスニュース会員さまを対象にアンケートを実施いたしました。今回は利用デバイスやBYODについてアンケートを実施いたしました。 アンケート調査要領調査期間:2015年12月2日~11日 | 調査対象:ワイモバイルビジネスニュースレター購読者 | 総回答数:987社 【 Q1 】あなたの会社では現在、業務用端末(モバイル)にどの製品(種別)をお使いですか?ケータイとスマートフォンの差が縮まるワイモバイルとご契約いただいている法人さまも多いこともあり、ケータイ(P

2016年2月10日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答 Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答エネルギー業界のITプロフェッショナルのうち、自社の制御技術を標的とするすべての脅威を正確に追跡できているのは、わずか35%にとどまる米オレゴン州ポートランド - 2016年2

2016年2月8日インプレス★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット白書2015

小売希望価格:電子書籍版 1,800円(税別)印刷書籍版 2,800円(税別)B5判/モノクロ/本文314ページ(印刷書籍版)発行日:2015年1月30日ISBN:978-4-8443-9663-5 Copyright © 2014 インターネット白書編集委員会 All rights reserved.

2016年2月5日securityintelligenceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

ORGANIZED CYBERCRIME BIG IN JAPAN: URLZONE NOW ON THE SCENE

Four months after an organized cybercrime group started using the sophisticated Shifu Trojan against Japanese banks, IBM X-Force researchers reported on a second gang setting its sights on Japanese customers with the help of the Rovnix Trojan. Now, n

2016年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2015年のサイバー脅威

数字で振り返る2015年のサイバー脅威

2016年2月1日Gemaltoフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Global study shows increasing security risks to payment data and lack of confidence in securing mobile payment methods

​​​​​Amsterdam, Jan. 26, 2016 – With acceptance of mobile and other new forms of payments expected to double in the next two years, a new global study shows a critical need for organizations to improve their payment data security practices. This is a

2016年1月29日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2015年第4四半期(10月~12月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2015年第4四半期(10月~12月)] 掲載日 2016年1月27日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター以下は、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する活動報告レポート」1章の抜粋です。1. 2015年第4四半期 ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出受付状況1-1. 脆弱性関連情報の届出受付状況 ~脆弱性の届出件数の累計は11,494件~ 表1-1は本制度(*1)における届出状況についてです。2015年第4

2016年1月29日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する活動報告レポート2015年第4四半期

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する活動報告レポート2015年第4四半期

2016年1月27日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2015年第4四半期(10月~12月)]

HOME情報セキュリティコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2015年第4四半期(10月~12月)] コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2015年第4四半期(10月~12月)] 第16-02-346号掲載日:2016年1月25日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら)1. コンピュータウイルス届出状況1-1. 2015年総括 2015年に寄せられたウイルス届出件数は、前年の5,014件より2,056件(約41

2016年1月26日宣伝会議★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?

広報の仕事 大予測2016「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?企業の広報・PR活動に関する調査 相次ぐ企業不祥事やグローバルリスクの拡大による脅威を感じているものの、マニュアル作成やトレーニング・研修などが不十分と感じている企業が目立つ。この一年で変わったこと●担当者向けに初のトレーニング初めて広報をはじめとする担当者ベースのメディアトレーニングを実施し、外部専門会社によるマニュアルの整備に着手した(医療・介護)●マニュアルを作成した危機管理広報マニュアルを2015

2016年1月26日ソフォスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

The State of Encryption Today

The State of Encryption Today

2016年1月22日PRWEBフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

SplashData’s fifth annual “Worst Passwords List” shows people continue putting themselves at risk

Skip to navigationSkip to content While longer passwords debut on this year’s list of most commonly used passwords, they are not necessarily more secure We have seen an effort by many people to be more secure by adding characters to passwords, but i

2016年1月8日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Webサイトセキュリティ対策に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2015年10、11月、TechTargetジャパン会員を対象に「Webサイトセキュリティ対策に関する読者調査」を実施した。調査対象としたのは、顧客や取引先といった社外向けに公開するWebサイトのセキュリティ対策だ。調査結果からは、読者の勤務先がWebサイトのセキュリティ対策を進める上での課題、導入中または検討中のセキュリティ製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的:T

2016年1月6日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読者が選んだ、2015年「ネットワーク」記事ランキング

TechTargetジャパン専門メディア「ネットワーク」2015年 Access Top10» 2015年1月1日〜2015年11月30日電子メールは死なず、ただ消え去るのみネットバンキングの不正送金が急増、今すぐすべき「3つの対策」とは?SSDの謎、リプレースしても遅いままなのはなぜか今更聞けない、「SSL/TLS」とは何か? 正しい設定方法とは?便利なはずの「無線LAN」が学校を苦しめるこれだけの理由「IEEE 802.11ac」で加速する“社内ネットワーク完全無線化”の現実味また出た新種の

2015年度情報セキュリティ調査

2018年度情報セキュリティ調査 (公開日:2018年12月20日 更新日:2019年1月16日) 当研究室では2018年8月に、日本国内のプライバシーマーク取得企業、ISMS認証取得企業、官公庁、教育機関などから、ランダムに選んだ4,500の情報セキュリティシステム担当者の皆様を対象とした「情報セキュリティ調査」を実施致しました。 本調査では情報セキュリティマネジメントの取組み状況、情報セキュリティ対応体制・人材に関する状況、制御システムにおける情報セキュリティ課題、匿名加工情報、情報セキュリ

2016年1月4日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度情報セキュリティに対する意識調査」

「2015年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2015年12月24日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター スマートデバイスの普及とインターネットサービスの拡充により、時間・場所を問わず、連絡をとりあう、買い物をする、といった様々な恩恵の享受が可能になっています。その一方で、現実社会と同様の良識や警戒心を持たないために起こるトラブル・被害が後を絶ちません。本調査は2005年から毎年、パソコンおよびスマートデバイス利用者を対象に、情報セキュリティ対策の

2015年12月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

North American Underground: The Glass Tank

North American Underground: The Glass TankCompared to other underground communities in other regions, the cybercriminal underground in North America isn't as hidden or exclusive. Cybercriminal operations are treated like regular businesses, and its s

2015年12月17日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

個人に関する情報のセキュリティ意識調査

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) トレンドマイクロについて プレスリリース -個人に関する情報のセキュリティ意識調査-マイナンバーのセキュリティを9割以

2015年12月14日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年の脅威予測-「ネット恐喝」に多くの個人・企業ユーザが直面

2016年の脅威予測-「ネット恐喝」に多くの個人・企業ユーザが直面 2015年もセキュリティの話題が尽きない年になりました。6月に公表された日本年金機構の大規模な個人情報漏えいは、社会的に大きなインパクトがありました。このような最新の脅威動向や IT技術を取り巻く市場動向を元に、トレンドマイクロでは 2016年のセキュリティ脅威予測をまとめました。■ 2015年の脅威動向国内で最も大きなセキュリティトピックは日本年金機構などで発覚した標的型メールによる情報漏えいでした。この日本年金機構を襲った

2015年12月14日シマンテック★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Apple デバイスの人気上昇に合わせて脅威の出現数も上昇中

Welcome to the Broadcom Community Find Your CommunitiesOur communities are designed by division, which you can see below. Visit each division homepage for a list of product communities under each. From there, click on the communities you're intereste

データ復旧業界の市場規模への調査結果(2014年)

2014年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2015/12/04世界的なPC出荷台数の低迷を反映しながらも、NAS等のバックアップ用ストレージの増加により、復旧依頼数、復旧台数とも微増日本データ復旧協会、昨年に引続き、2014年(1-12月)のデータ復旧市場規模について統計データを発表HDDの復旧依頼件数は81,000台、復旧件数は64,800台余 データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 理事長:濱田兼幸、以下、日本データ復旧協会)は、昨年(2013年

2015年12月11日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シマンテックによる2016年の予測 - 将来に備えて

Welcome to the Broadcom Community Find Your CommunitiesOur communities are designed by division, which you can see below. Visit each division homepage for a list of product communities under each. From there, click on the communities you're intereste

2015年12月11日エムオーテックスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマートデバイスの紛失実態調査

ニュース&トピックス2015年12月03日【MOTEX NEWS LETTER】忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!「スマートデバイスの紛失実態調査」を実施 MOTEXが社会的問題である「情報漏えい」の解決・防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”から最新のNEWSを配信します。今回は「忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!」です。忘年会シーズンに起こり得る情報漏えいのリスクと対策に関するレポートに加え

マルウェアランキング 2015年10月(日本のランキング)

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2015.10.1 2015年10月 日本のマルウェアランキング今月のランキングも、感染率が再上昇したJS/TrojanDownloader.Iframeが首位をキープしました。詳細な解説については、次のURLをご覧ください。 セキュリティアップデートMicrosoftは、6件のセキュリティ情報(緊急3件、重要3件)をリリースしました。ユーザーには、リスク

2015年12月2日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ

標的型攻撃をはじめとする不正アクセスやサイバー犯罪、Webサイトの侵害とそれを踏み台にしたマルウエア感染など、日々さまざまな脅威が報じられ、セキュリティ対策の必要性が叫ばれています。さて、セキュリティ対策に取り組む上で大事なのは「敵を知り、己を知る」こと。何がどんなふうに危険にさらされているのかを知らなくては、対策の方針を立てることはできません。しかも攻撃の動向は継続的に変わっており、いつまでも昔の常識で考えていては裏をかかれる、ということを忘れてはいけません。 そんなときに参考になるのが、セキ

2015年11月28日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

被害額3億2500万ドル(約400億円)のCryptoWallランサムウェアの調査結果レポート

HOME Corporate 被害額3億2500万ドル(約400億円)のCryptoWallランサムウェアの調査結果レポートを共同で発表被害額3億2500万ドル(約400億円)のCryptoWallランサムウェアの調査結果レポートを共同で発表今週、CryptoWall Version 3ファミリに関する共同研究結果が、Cyber Threat Alliance(注)から発表されました。『Lucrative Ransomware Attacks: Analysis of the CryptoWal

2015年11月27日Lookout★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IT責任者の4分の3がデータ漏えいの被害経験があると回答

2015年11月23日Lookout、調査結果を発表:IT責任者の4分の3がデータ漏えいの被害経験があると回答 モバイル端末経由でのデータの漏えいが現実のものに 74パーセントもの企業がモバイルセキュリティの対策不足が原因として生じたデータ漏えいを経験したことがあると回答しています。データ漏えいの主な原因となるのは、セキュリティの脆弱性を抱えるアプリ(38%)やマルウェアが混入したモバイルアプリ(36%)、安全性が確認できないWiFi接続(30%)です。こうした攻撃ポイントは現行のMDMやEM

2015年11月26日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ見ただけで感染する「正規サイト汚染」の脅威 Trend Labs

2015年11月19日H&Iフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「農業M2M通信の世界市場2015-2019」レポート

研究用抗体の世界市場予測(~2022年):抗体(一次抗体、二次抗体)、試薬【英語タイトル】Research Antibodies Market by Product (Antibodies (Primary, Secondary)(Mouse, Rabbit)), Reagents), Technology (Western Blot, Flow Cytometry, Elisa, Immunoflourescence, Immunohistochemistry), Application, &

2015年11月16日マカフィー★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年のセキュリティ事件に関する意識調査

McAfee ニュースルームサイバーセキュリティに関する最新のニュースをご覧ください。 パナソニックとマカフィー、車両セキュリティ監視センター(車両SOC)のサービス事業化に向け、車両SOCの構築を共同で開始することに合意2021年3月23日プレス リリースを読む

2015年11月13日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年と今後5 年間のサイバー脅威予測

McAfee ニュースルームサイバーセキュリティに関する最新のニュースをご覧ください。 パナソニックとマカフィー、車両セキュリティ監視センター(車両SOC)のサービス事業化に向け、車両SOCの構築を共同で開始することに合意2021年3月23日プレス リリースを読む

2015年11月11日ファーウェイフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デジタル・イネーブルメント(Digital Enablement)

By building more than 1,500 networks in 170 countries, Huawei has brought affordable Internet connections as well as smart phones and enterprise services to people across diverse economies, and helped provide more than a third of the world’s populati

企業での最新のアプリケーションの使用状況および 脅威分析に関する調査

パロアルトネットワークス、企業での最新のアプリケーションの使用状況および 脅威分析に関する調査結果を発表SaaSアプリケーションの増加による、 新たなセキュリティ対策の必要性を示唆 次世代セキュリティ企業のパロアルトネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役員会長兼社長:アリイ ヒロシ、以下パロアルトネットワークス)は11月9日、パロアルトネットワークス脅威インテリジェンスチーム「Unit42」が完成させた「アプリケーションの使用状況および脅威分析レポート (Applicati

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)」を発表 日本企業は、ISO27001のセキュリティフレームワークに偏重サイバーリスクの情報共有活動を行っている日本企業は3割程度2015年11月9日プライスウォーターハウスクーパース株式会社* 本プレスリリースは、2015年11月7日にCyber3 Conference Okinawa 2015 国際会議で開催した「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)結果報告および新会社設立の記者発表会」

2015年11月4日ディレクタスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年版国内HTMLメール閲覧環境調査

2015年版国内HTMLメール閲覧環境調査「Eメールは今なにで読まれているのか?」 受けることが増えてきました。メールはWEB以上にユーザーの閲覧環境が多岐にわたること、そして、メールクライアントごとに仕様が異なるため、表示崩れを起こしやすいこと、などの点から、表示検証が非常に煩雑だからです。さらに、メールクライアントはブラウザのように解析ツールなどで取得することができないため、検証環境の選定が難しいのです。そこでディレクタスでは、2015年8月、企業やECサイトから配信されるEメールをユーザー

2015年11月4日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査

2015年10月30日デジタルアーツ株式会社勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査 ~全国の情報システム管理者・従業員を対象に調査~従業員の40.7%は勤務先が標的型攻撃の対象になると意識し 情報セキュリティ対策は51.0%が厳しくなったと回答 ~情報システム管理者の79.3%が対策をさらに高めたいと回答し、今後の対策として「ウイルス対策」「ファイアウォール」「従業員への情報セキュリティ教育」「Webフィルタリング」を検討~情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区

2015年11月2日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット定点観測レポート(2015年 7~9月)

インターネット定点観測レポート(2015年 7~9月) 1 概況 JPCERT/CCでは、インターネット上に複数の観測用センサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集し、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類して、これを脆弱性情報、マルウエアや攻撃ツールの情報などと対比して分析することで、攻撃活動や準備活動の捕捉に努めています。なお、本レポートでは、本四半期に観測された日本宛のパケットを中心に分析した結果について述べます。 宛先ポート番号別パケット観測数のトップ5を [

2015年10月28日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ブラックマーケット経済のレポートが示す盗難データの価格

HOME McAfee Labs ブラックマーケット経済のレポートが示す盗難データの価格ブラックマーケット経済のレポートが示す盗難データの価格インテル セキュリティでは、 今月調査レポート 『目に見えないデータの経済性』を公開しました。さまざまなタイプの盗まれたデータが、どのようなデータタイプごとにパッケージ化され、価格が付けられているかの事例を掲載しています。インテル セキュリティグループの組織であるMcAfee Labs(McAfee Labs)は、盗まれたクレジットカードおよびデビットカー

マルウェアランキング 2015年9月(日本のランキング)

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2015.9.1 2015年9月 日本のマルウェアランキング今月のランキングは、感染率が再上昇したJS/TrojanDownloader.Iframeが首位に立ちました。詳細な解説については、次のURLをご覧ください。 Microsoftは、12件のセキュリティ情報(緊急5件、重要7件)をリリースしました。ユーザーには、リスクを最小限に抑えるために影響を受

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ