調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について

洪水をもたらした大雨についてのレポートです。

2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について報道発表日概要ヨーロッパでは、5月以降、広範囲に雨が降りやすい状況となり、各地で大雨となりました。本文天候の経過と被害状況5月の月降水量はヨーロッパ東部~西部で異常多雨となり、ドイツでは1881年以降で2位の降水量となった(ドイツ気象局)。旬別にみると、5月上旬にフランス東部からハンガリーにかけて平年の2倍以上の大雨となり、中旬以降、雨の領域が広がって、5月下旬には、ドイツやポーランド、バルカン半

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Ae85f535c2a31bba61e24d462c3984ee_normal

気象庁HPから 2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について http://t.co/ZlLwInMecQ

2cc78234cf9168c91e8b79b3765d2bc6_normal

2013年5月~6月上旬のヨーロッパの大雨について http://t.co/UN9VHaRAqJ

Ad79ef722f5db076f2e3b222205e6743_normal

上空の偏西風が北大西洋からユーラシア大陸にかけて南北に大きく蛇行した状態が持続しやすかったことに伴って、ヨーロッパは深いトラフ(気圧の谷)となったことが一因とみられる.6月上旬の欧州の大雨について(気象庁)http://t.co/6o47uV3CcI

Fb1f948b24ba63f3d86d43dbf03d7096_normal

上空の偏西風が北大西洋からユーラシア大陸にかけて南北に大きく蛇行した状態が持続しやすかったことに伴って、ヨーロッパは深いトラフ(気圧の谷)となったことが一因とみられる.6月上旬の欧州の大雨について(気象庁)http://t.co/6o47uV3CcI

Photo_suzuki_normal

上空の偏西風が北大西洋からユーラシア大陸にかけて南北に大きく蛇行した状態が持続しやすかったことに伴って、ヨーロッパは深いトラフ(気圧の谷)となったことが一因とみられる.6月上旬の欧州の大雨について(気象庁)http://t.co/6o47uV3CcI

Kao_icon_normal

気象庁 | 平成25年報道発表資料 http://t.co/X3mMEduY98

1a79cea00fff455c5357ab85bcce5094_normal

気象庁| 平成25年6月14日 2013年5月〜6月上旬のヨーロッパの大雨について http://t.co/pXDErP65KP

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ