調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 米長期金利の低下傾向について

米長期金利の低下傾向について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月16日米国では、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的金融緩和を縮小する中でも、長期金利が低下傾向にあり、15日には、長期金利の指標となる10年国債利回りは2.5%を下回るなど半年ぶりの低い水準となりました。量的金融緩和の縮小決定以降も、米国では雇用環境の回復基調や、緩やかな物価上昇などを示す経済指標が発表されており、一般には金利の上昇が意識されやすい状況にあります。それにも関らず、長期金利が低下傾向にある背景には、FRBのイエ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ