調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 生産年齢人口と金融政策

生産年齢人口と金融政策

黒田総裁が指摘する経済の需給ギャップ縮小は、需要拡大の他に供給側の制約が強まることでも起きうる。日本では現在、団塊の世代が65歳前後に達しており、そうした人口要因が労働市場に影響を与えている可能性がある。需給ギャップがほぼ均衡した要因は何か 日銀の追加緩和を巡って、市場の思惑が錯綜している。そうしたなか、黒田日銀総裁は4月8日の記者会見で「追加緩和については、現時点では考えていません」と述べたことから追加緩和への市場の期待が後退し、一時大きく円高・株安が進んだ。 会見の内容を見ると、黒田総裁が追

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ