調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

リサーチ TODAY2014 年 7 月 31 日ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年以降のユーロ高を招いた要因として、ユーロ圏の経常収支の改善や低インフレの継続、ECBのバランスシート縮小などが挙げられるが、なかでもユーロ圏への投資資金の流入による影響が注目される。みずほ総合研究所は、ユーロ圏への投資資金流入に関するリポートを発表している1。ユーロ圏資産への投資が復調した背景には欧州債務問題への警戒感の後退が挙げられ、投資環境が大幅に

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ