調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > OECD年金アウトルック2014

OECD年金アウトルック2014

OECDによると、人口動態の変化や世界経済の停滞が年金制度に圧力となる2014年12月8日最新のOECD報告書によると、世界経済の低迷を背景とした低成長、低金利、低投資収益率(運用利回り)が、公的、私的を問わず、年金制度に深刻な問題をもたらしています。OECDの新報告書によると、人口が高齢化するにつれ、退職後に十分な所得を確保するためには、年金への拠出金の増額や、退職年齢の先延ばしなどの必要に迫られます。『OECD年金アウトルック2014』によれば、危機を受けて、大半の国々は年金制度の持続可能性

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ