調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 円安の日本経済への影響(4) 輸入コストを転嫁できる生産構造とは

円安の日本経済への影響(4) 輸入コストを転嫁できる生産構造とは

円安の日本経済への影響④輸入コストを転嫁できる生産構造とは ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 円安による輸入原材料コストの増加が、国内企業の重荷となっている。以下では、輸出と非製造業の関係を踏まえて、その対策を考える。これまでの企業行動を振り返ると、輸入原材料コスト増に対応して、人件費など国内コストを削減することが多かった。しかし、国内コストの削減は、労働者の所得や取引業者の売上など国内購買力の低下を通じて、自社の売上を

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ