「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年12月24日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

ベビーケア、ヘルスケア、コスメタリースキンケア用品などの国内市場を調査

...表される身体の保温意識が女性を中心に高まっていることを受け、小売店の配荷が拡大し、新規ユーザーの獲得が進んでいる。温熱シートは、2000年代後半から部位別アイテムが増え、上位ブランドのラインアップの拡充や大規模な広告宣伝活動の効果もあり、市場が拡大を続けている。2014年は上位ブランドがインバウンド需要を取り込み大きく伸びた。2015年はインバウンド特需がやや落ち着いたため、伸長幅こそ小幅となったものの2014年比6.3%増の51億円となった。上位メーカーが普及率の低い男性需要の掘り起こしやトライアル使用の推進などで国内市場の注力度を高めているため、今後...

2016年11月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年10月報

...者物価指数は原油価格の下落に伴い減少が続いてきたが、徐々に小幅な動きとなってきている。さらに、2017年初には原油下落要因は概ねゼロになると試算されており、デフレ脱却も視野にいれたビジネスの重要性が増していくとみられる。デフレ対応型ビジネスモデルで成功した企業は、緩やかにデフレの解消が進むにつれ、今後訪れると予想されるポストデフレ時代に対応した新しいビジネスモデルの構築を迫られてくるであろう。■倒産動向は減少傾向からの転換時期を探る展開に今後の経済においては、中国をはじめとする新興国・資源国経済の動向のほか、米国...

2016年2月14日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2015年 家電・IT市場動向

...場におけるキーボードは数量前年比4%減、マウスは同6%減となった。店頭販売が落ち込む一方でインターネット販売は前年を上回った。また、Bluetooth対応製品の販売数量は増加傾向にあり、キーボードでは数量前年比7%増、マウスでは同10%増となった。プリンター・複合機は前年比13%減の260万台となった。特にリテール市場で縮小幅が大きく、9割がリテール市場であるインクジェットは数量前年比15%減となった。法人利用が中心のレーザーは同8%減にとどまった。リテール市場ではスマートフォンやタブレット端末との連携が進展しており、イン...

ESPフォーキャスト2013年11月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

2015年1~3月期GDP(1次速報)の結果

...率に対して下押し要因となった。2013年度の経済対策の押し上げ効果や予算執行の前倒し効果が剥落したため、公共投資が前期比-1.4%と落ち込んだほか、政府消費も前期比+0.1%と小幅の伸びにとどまった。この結果、内需の前期比寄与度は+0.8%となった。輸出は、海外景気の持ち直しが続いていることや円安が定着化していること、さらに外国人観光客の国内での消費(サービス輸出)が堅調に増加していることなどを背景に、前期比+2.4%と増加が続いた。一方、輸入が同+2.9%と輸出の伸びを上回ったため、外需の前期比寄与度は-0.2%と4四半...

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2015年6月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2015年3月調査「15年度名目成長率は2.80%に―消費者物価は下方修正」

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2015年1月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2015年2月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2014年12月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

台湾企業が材料に侵攻、ポリイミドは戦国時代に

...ャップがあった。現在は、韓国と台湾からそれぞれ1社が参入を果たした上、04年にデュポン社とカネカが生産ラインを増設したため、需給ギャップは当時よりも緩和している。10年のPI生産量は8,700トンと見込まれている。生き残りをかけた戦いへ 日米のPIメーカーにとって、台湾や韓国のメーカーの参入は決して軽く見ることができない。PI市場自体の成長がほぼ止まったからだ。工研院によると、10〜12年はスマートフォンや電子書籍端末など向けの需要急増によって生産量自体は小幅の成長が期待されるものの、キロ...

2013年4月25日ニールセン★フィードバック数:11マーケティング

ニールセンのデータです。

2012年の世界の広告費動向

...年間での世界全体の広告費は健全な伸びを見せており、前年と比較して3.2%増加し、5,570億ドルとなったことが分かりました。好調だった第3四半期(7-9月期)に対前年同期比で4.3%伸長したことが年間での広告費の増加に貢献しましたが、第4四半期(10-12月期)は伸長が鈍化し、対前年同期比で2.5%と小幅な増加にとどまりました。2012年はヨーロッパ以外のすべての地域で広告費は前年に比べて増加しました。中東/アフリカ市場は、地域経済が安定したことにより、年間広告費が対前年比14.6%もの伸びを見せました。なか...

2009年11月9日日経BPフィードバック数:4企業情報システム

「SIerを利用したい理由」HPのコスト,IBMの提案とブランドが突出,大塚はコストと実績の比率上がる

...月調査でのベンダーとしての日本HPの「利用したい理由」の比率との差が小幅で,10ポイント以上の差がある項目が一つもない。これは今回追加したメーカー大手5社中,日本HPだけである。SIerとしての日本HPの「利用したい理由」の比率がベンダーとしての日本HPより最も大きいのは「コスト」で,44.5%対38.2%。最も小さいのは「製品/サービスの機能」で44.5%対50.0%だった。 大塚商会は「コスト」強し,「導入後のサービス」の比率は低下前回2008年10月調査まで,SIerの「今後利用したい」得票...

「高齢単身者の増加によって、消費者の行動範囲が狭まる」と予想しています。

人口構造の変化が商業施設に与える影響

...あたりではなく一人あたりで必要な食料品や日用品は人口減少のマイナスの影響を受けやすい。次に「高齢化による要因」を見てみると、医薬品関連や食料品、書籍といった品目は他の品目に比べて高齢世帯において消費比率が高く、高齢化が消費にプラスとなっていることがわかる。逆に高齢世帯での消費比率が低い被服・靴や自動車関連といった品目は高齢化により消費が大きく落ち込むことが予想される。物販以外の外食支出、サービス支出についても人口動態の影響を見てみると、外食支出は単身世帯での消費比率が高く「人口減少・単身化による要因」は小幅なマイナスに留まっているが、高齢...

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

...投資の伸びが高まることや金利上昇に伴う利払い費の増加から貯蓄超過幅は縮小に向かう。政府は財政赤字の削減が緩やかながらも進展することから投資超過幅は縮小傾向となるだろう。企業の貯蓄超過幅を政府、家計の投資超過幅が上回ることにより、経常収支は予測期間終盤に小幅ながら赤字化すると予想する。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2021年10月14日News...

2013年10月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第3四半期(7月~9月)]

...アクセス関連の相談総件数は3,948件でした(2013年4月~6月:3,800件)。そのうち『ワンクリック請求』に関する相談が804件(同843件)、『偽セキュリティソフト』に関する相談が277件(同230件)、『スマートフォン』に関する相談が154件(同110件)などでした。相談総件数を四半期ごとの増加率で見ると、今期と前期では3.9%増、前期、前々期は15.2%増となっており、今期は小幅な増加にとどまりました(図3-1参照)。『スマートフォン』に関する相談は全体に占める割合は多くないものの、前期から約4割と...

2012年7月6日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2012年7月)

...したもとで、雇用者所得は、前年比横ばい圏内の動きとなっている 全体では横ばい圏内で推移しているが、一部に操業度を引き上げる動きがみられる雇用情勢は、厳しい状況が続く中、有効求人倍率は横ばい圏内にある。雇用者所得は、全体として企業の人件費抑制等を背景に弱い動きが続いているが、幾分改善傾向にある 雇用情勢は、改善基調にある。雇用者所得は、前年比小幅プラスとなっている 水準としては低めながら、前年度を上回っている乗用車販売が好調な動きとなっているほか、旅行・観光需要も盛り上がりがみられるなど、全体...

2014年11月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費税引き上げ後の物価・景気

...物価指数の日常の動きを見てみたい。東大物価指数とは、日本全国のスーパーマーケット約300店舗で販売される約30万点の商品について、その価格が前年同日と比べて何%動いたかを計算した上で、その商品のその日における販売数量を踏まえたウエートを用いて、価格の変化率を加重平均して作成した物価指数である。東日本大震災の際には、買いだめのために水やパンの需要が高まり、物価は-0.5%から1.5%まで上昇した。需要にそれぐらい大きな動きがあれば、物価は2%ぐらいたちどころに上がるのである。ただし、数量は先に激しく動くが、物価はゆっくり小幅...

2013年金属鉱物資源分野の10大ニュース

...フリカの主要輸出先である欧州、中国の景気減速で輸出が減少して、南アの経済が悪化した。2013年8月、南アの自動車メーカーでストライキが発生し、これが産金、建設分野にも飛び火したが、比較的早急に妥結した。AMCUの影響力が強いPGM鉱山でも労働者側にストライキによる長期の収入減を避けたい意識が強かったと言われている。 需要面では、プラチナは、欧州を始めとしたディーゼル車市場及び中国のジュエリー市場の低迷、パラジウムは、中国、米国の自動車需要が伸びたが、使用済み自動車触媒のリサイクル量が増加したことで全体的には小幅...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ