「相場上昇」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年11月30日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済による企業ランキングです。

「関関同立」が出世する110社の"特徴"とは?

...を占める約110社を比率の高い順にランキングした。15%以上でも対象となる役員が1人のみの会社は省いている。 米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

コモディティ・レポート (2013年9・10月)

...増加や地政学 リスクの緩和を背景に上値を抑えられ、当面、105~110 ドルを中心とした推移が見込まれる。III.ベースメタル市況: 銅市況は7,100~7,300 ドル前後を中心に一進一退銅市況は、8 月中旬に7,400 ドル超まで回復した後、やや値を下げて、足元では7,100~7,300 ド ルを中心に推移している。中国や欧州の景気持ち直しの動きがある一方で、米国の財政協議の難航 が懸念材料となった。もっとも、6 月をボトムとした緩やかな相場上昇は今後も続くだろうIV.貴金属市況:金は1,300 ドル...

2016年9月5日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収が増えた「東京都トップ500社」

...の水準も比較的高くなった。 米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。 ※3カ月以内に発刊した書籍の中から話題の書籍を紹介しています。...

2015年12月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!これが「金持ち企業」トップ500社だ

...資金を厚くしておくことは、企業経営者や財務・経理担当者にとって安心できることでもある。一方で、ネットキャッシュが積みあがっていることだけを単純に喜べない。成長のための投資や株主への還元という意味で、手元資金を持て余しているという見方もあるからだ。本ランキングはトップ200社ながら昨年同時期にも2014年版を公開している。1年前と順位が変動しているケースも多いので、併せてご覧いただきたい(2014年版のランキングデータはこちら) 米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本...

東京23区別・中古マンション価格上昇率ランキング

...宿区(104.80%)第12位北区(104.75%)第13位豊島区(104.60%)​第14位中野区(104.41%)第15位品川区(104.34%)第16位練馬区(104.03%)第17位世田谷区(103.75%)第18位江東区(103.74%)第19位大田区(103.30%)第20位中央区(103.23%)​第21位杉並区(102.75%)第22位目黒区(102.59%)第23位渋谷区(102.40%)▼第1位は「足立区」!“相場上昇”というと、港区...

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

香港ドル-カレンシーボード30周年の節目

...ドル預金から人民元預金へのシフトが全くないとは言えない(ただし預金シェアを見ると、人民元相場上昇に一服感のあった2012年は、ややこの傾向に歯止めがかかっており、対人民元相場が安定すれば、香港ドルへ回帰する傾向があるとも言える)。また米ドルペッグは、直接間接本件に責任を持つHKMA総裁、行政長官、財政長官の3者にとって最も気楽な制度であり、米ドルペッグをはずすと、香港ドルは上昇を始め、米ドル資産で保有している外貨準備の損失が顕在化し直ちに責任を問われることになる、HKMA前総裁が、職を...

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

...割り込み、‘5(元台)時代’が来るのではないかとの声も、中国の市場関係者の間で聞こえ始めた。人民元相場急騰-市場要因と政策要因が混在本年、人民元急上昇の説明として、中国の市場関係者の間では、‘市場論’、‘陰謀論’、‘裁定論’の3つの見方が飛び交ったという(国联証券、8月26日付騰訊財経)。‘市場論’は、輸出が強いこと、中国経済が安定する中で、国内に滞留した外貨を人民元に再度交換する貨幣代替が人民元需要を増加させ、これが人民元相場上昇につながっているとする見方だ。ただこれでは、中国...

2013年5月17日大和総研フィードバック数:16社会/政治海外

中国貿易統計'水分'の背景

...の乖離が著しい貿易業者に対し説明を求め、要管理企業リストを発表し監視を強めることである。後者は、もっぱら貿易偽装を抑止するねらいがある。前者については、人民銀行統計を見ると、昨年後半から外貨の預貸率は上昇し、2013年3月時点の預貸率は170%を超えている。預金を上回る貸出はもっぱら「外貨売買」という項目でファイナンスされており、これが銀行へのホットマネー流入を示していると考えられる。最低外貨ポジションの義務付けは、ホットマネー取り入れのコストを高め、こうした銀行の行為を抑制し、人民元相場上昇圧力を緩和しようとするねらいがある。13年3...

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済を展望する

...的に必要以上に成長を制約する要因になりかねないというディレンマがある。第五は、外部環境要因だ。日米欧の先進経済の回復ないしは堅調維持が期待できることから、基本的に中国にとって外部環境は悪くないだろう。ただし二つのリスクがある。第一は、米国の量的緩和政策(QE)縮小が人民元相場のかく乱要因となるおそれがある。一義的にはQE縮小による資金流出が人民元相場上昇圧力を緩和することが考えられるが、2013年の動向を見ると、むしろ人民元が新興国通貨の中でのリスク回避先と見なされて独歩高となる可能性もあり、そうなると、上記第一のリスクを増幅させることになる。(引用2013年12月...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ