「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2015年3月号)

...最近の人民元と今後の展開(2015年3月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2015年3月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月の人民元相場(対米国ドル)は基準値・現物実勢ともに小幅な下落となった。現物実勢は弱含みの地合いが続いたが、中国人民銀行が基準値を1米国ドル=6.13元前...

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカGDP:逆風のわりには民需が堅調

...の強制削減などの影響で鈍化が懸念されていた個人消費は、雇用・所得環境の改善により増加幅の縮小は限定的であった。住宅投資は所得の増加に支えられて前期比年率で2ケタ増となり、設備投資も増加に転じた。政府支出は、州・地方政府の支出増加などにより、減少が小幅に留まった。また、輸出が増加に転じたものの、民需拡大に伴う輸入の大幅な増加によって純輸出は実質GDP成長率を押し下げた。◆GDPデフレーターとPCE価格指数は引き続き低調な伸びとなった。米国経済は財政問題など懸念材料があったわりには緩やかな改善が続いたが、力強...

2013年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年2月号)

...最近の人民元と今後の展開(2013年2月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年2月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の人民元は基準値・現物実勢・NDFとも米国ドルに対して小幅上昇した。基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」の状況は若干緩和したものの1月も継続した。また...

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

...い業種で業況感の改善が期待できる。◆大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は7%pt(前回調査からの変化幅:+3%pt)と、3四半期ぶりの改善を予想する。円安による収益改善により、「卸売」で大幅な改善を見込むほか、足下で個人消費が好調であることから、「小売」も改善が期待できる。一方で、「電気・ガス」や「運輸・郵便」では、円安による輸入コストの上昇が収益を押し下げるため、業況感は悪化が見込まれる。◆2013年度の設備投資計画(全規模・全産業)は前年比▲0.7%と、小幅の減少が示されると予想する。例年...

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

米5月ISM製造業指数は、49.0と4年ぶりの低水準に下落

...で回復の動きを見せていたが、3月以降は下落の動きが続いている。5月の構成指数では、先行的な指標である新規受注の下落が大きく、半面、雇用は小幅の下落に留まり、PMIの構成5指数の中で唯一50台を維持した。米経済が「財政の崖」合意による増税や強制歳出削減等の影響が強まる局面を迎える中、製造業への影響の波及を示唆したと言え、今後の景気先行きについての議論を活発化させるものとなりそうだ。なお、FRBが早期に資産購入額を縮小するとの警戒が高まる中での弱めの指標発表となったため、金融市場への影響(円高・ドル安、株高等)は比...

2013年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年4月号)

...最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月の人民元は米国ドルに対して堅調に推移した。世界通貨全体の動きを見ると、3月は米国ドルが堅調だった月といえるが、人民元はその米国ドルに対して小幅ながら上昇しており、世界...

米2月住宅販売:新築減少も中古は増加~前年比では新・中古とも二桁増を維持

...米2月住宅販売:新築減少も中古は増加~前年比では新・中古とも二桁増を維持 | ニッセイ基礎研究所 米2月住宅販売:新築減少も中古は増加~前年比では新・中古とも二桁増を維持 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建てが減少した一方、中古販売は小幅ながら増加を保った。前年比では、それぞれ12.3%、10.2%とい...

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP予測~前期比年率+2.8%を予測

...と小幅なプラスに留まる見込み。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。 関連のレポート・コラム...

米3月住宅販売、新築増加も中古は減少~前年比では新・中古とも二桁増を持続

...米3月住宅販売、新築増加も中古は減少~前年比では新・中古とも二桁増を持続 | ニッセイ基礎研究所 米3月住宅販売、新築増加も中古は減少~前年比では新・中古とも二桁増を持続 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建てが増加した一方、中古販売は減少したが、いずれも小幅の動きに留まった。前年比では、それぞれ18.5%、10...

12月短観から見る2014年度経済の特徴

...わたしの意見 ― 水野 創12月短観から見る2014年度経済の特徴(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 12月調査の短観が公表された(15日)。今回の特徴は以下の通りである。(1) 業況判断(最近全産業・全規模)は9月調査に比べ小幅改善(+4→+5)。先行きは+1と慎重。(2) 2014年度上期は売上、経常利益とも上方修正され増収、増益(同、前年同期比各+2.8%、+4.9%)。(3) 設備投資は増加傾向にあり、大企...

需要増加の援軍を得る首都圏空港

...わたしの意見 ― 水野 創需要増加の援軍を得る首都圏空港(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」7月24日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 成田空港の利用者数(国際線、国内線合計)は2013年度に2007年度以来6年振りにピークを更新した後、4月以降も前年比プラスを続けている。主力の国際線は、羽田空港の国際線発着枠二次増加後(3月末)、大幅な落ち込みが懸念されていたが、4,5月の実績をみると訪日外国人の大幅増加継続に支えられて小幅な減少にとどまっている。中国、韓国...

アジア経済概況(2014年5・6月)

...情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業紹介企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 このサイトでは、利用者の利便性向上のため、 また各機能を適切に動作させる目的で クッキーを使用しています。 I.中華圏・韓国1.中国経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+7.5%に小幅加速2.中国の主要指標解説:新エネルギー車の普及加速を目指す中国3.台湾...

アジア経済概況(2014年3・4月)

...の成長率は前年比3.1%と小幅加速4.韓国経済の概況・・・1-3月期の成長率は前年比3.9%と小幅加速II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・1-3月期の成長率は前年比▲0.6%に鈍化2.インドネシア経済の概況・・・1-3月期の成長率は5.2%に減速3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・緩やかながら持ち直しの動きがみえる5.インド経済の概況・・・内需の低迷が続いているIII.アジア通貨・株価動向 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社〒105-8501...

2014年1~3月期のGDP(2次速報)予測

...下方修正が見込まれる。ただし、修正幅は小幅であり、消費税率引き上げを控えた駆け込み需要によって景気が大きく押し上げられたとの見方に変化が生じることはないであろう。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+4.9%から同+4.7%に小幅下方修正されると見込まれ、在庫投資も同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は-0.2%から-0.3%に下方修正されるであろう。また、公共投資は、3月の建設総合統計の結果を勘案すると、前期比-2.4%から同-2...

2013年10~12月期のGDP(2次速報)予測

...下方修正が見込まれる。ただし、修正幅は小幅であり、景気の見方に変化が生じることはないであろう。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+1.3%から同+0.8%に小幅下方修正されると見込まれる一方、在庫投資は、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は+0.0%から+0.1%に上方修正されるであろう。一方、公共投資は、12月の建設総合統計の結果を勘案すると、前期比+2.3%から同+1.1%に下方修正されると考えられる。その他の需要項目は1次速...

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

...非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、増加幅は前月から縮小、市場予想の+23.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を大きく割り込み、市場予想で最も悲観的な予想であった+19.0万人にも届かなかった。7月まで6カ月連続で雇用改善の目途となる20万人超えを達成していたが、7カ月連続の達成とはならなかった。失業率は6.1%(前月:6.2%、市場予想:6.1%)と前月より小幅に低下、こちらは市場予想と一致した。ただし、労働参加率は62.8%(前月:62.9%)と小幅...

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ

....1%程度のマイナスへ財務省が10月22日に公表した貿易統計によると、14年9月の貿易収支は▲9,583億円の赤字となった。輸出(8月:前年比▲1.3%→9月:同6.9%)、輸入(8月:前年比▲1.4%→9月:同6.2%)ともに前年比で増加に転じたが、貿易収支は小幅ながら3ヵ月ぶりに前年よりも悪化した。季節調整済の貿易収支は▲10,701億円の赤字となり、8月の▲9,124億円から赤字幅が拡大した。四半期ベースの貿易赤字(季節調整済・年率換算値)は14年1-3月期の▲17.9兆円から4-6月期...

2014年11月6日日経リサーチフィードバック数:0社会/政治海外

米国が好調、英印も過去最高更新 中タイは大幅下落も3カ月後は改善見込む

...つにインターネットを通じて生活実感を尋ねるもので、現在と3カ月後の暮らし向きを聞き、「暮らし向きがよい(よくなる)」と回答した割合から、「悪い(悪くなる)」と回答した割合を引いた結果が「暮らし向きDI(指数)」となります。調査は昨年7月から3カ月に1回実施しており、今回が第6回になります。結果は短信スタイルにまとめてお客様にご提供しています。今回10月の調査では、現在の暮らし向きDIは堅調な景気回復が続く米国が前回(7月)から16ポイント上昇して74と、初めて70台に乗せました。インドと英国は小幅上昇ながら過去最高を更新しました。5月に...

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果

...雇用統計を公表した。5月の非農業部門雇用者数は前月対比で+28.0万人の増加1(前月改定値:+22.1万人)となり、前月から伸びが大幅に加速、市場予想の+22.6万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)も大幅に上回った。失業率は5.5%(前月:5.4%、市場予想:5.4%)と、こちらは前月から小幅上昇し、市場予想も上回った。一方、労働参加率2は62.9%(前月:62.8%)と前月から0.1%上昇した(詳細はPDFを参照)。2.結果の評価:労働市場の回復持続を確認5月の雇用増が20万人...

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み

...公表した法人企業統計によると、13年7-9月期の全産業(金融業、保険業を除く、以下同じ)の経常利益は前年比24.1%(4-6月期:同24.0%)と7四半期連続の増加となった。減少が続いていた売上高が前年比0.8%(4-6月期:同▲0.5%)と小幅ながら増加に転じたため、12年1-3月期以来6四半期ぶりの増収増益となった。経常利益は、製造業(4-6月期:前年比51.5%→7-9月期:同46.9%)、非製造業(4-6月期:前年比11.3%→7-9月期:同14.5%)ともに2四半期続けて前年比で二桁の高い伸びとなった。設備投資(ソフ...

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

...増加ペースは手放しで評価できる水準とは言えず、今後の雇用統計を引き続き注視する必要がある。失業率は前月から低下した。通常の失業率に加え、より失業率の実態を反映する広義の失業率も低下基調が続いており、失業率は改善基調が持続しているとみられる。FRBが労働市場の緩みを判断する上で注目している労働参加率は62.8%と前月から小幅ながら上昇した。もっとも、労働参加率は14年4月以降、概ね62.7%~62.9%の狭いレンジでの動きが持続しており、労働参加率の改善は足踏み状態が続いている。最後に4月の時間当たり賃金は、24.87ドル(前月:24.84ドル...

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査15年3月~駆け込み需要の反動で前年比大幅減も実勢は持ち直し

...点では個人消費の持ち直しは依然として緩やかにとどまっていると判断される。ここにきて原油価格下落に伴う物価上昇率の低下によって、消費低迷の主因となってきた実質所得の押し下げ圧力は和らいでいるが、その一方で名目賃金が伸び悩んでいることが懸念材料だ。3月末の時点では、毎月勤労統計の名目賃金は14年度入り後、前年比で1%程度の伸びとなっていたが、4/3に厚生労働省から調査対象事業所の入れ替えに伴う遡及改訂値が公表され、14年度入り後の伸び率は平均で▲0.4%下方修正された。特に、所定内給与については14年度に入ってから増加傾向となっていたものが、14年中は小幅な減少傾向、15...

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化

...の伸びは再び鈍化2月の雇用増が20万人を超えたことで、20万人超の増加は12ヵ月連続となった。また、過去12ヵ月の累計雇用増加数は330万人と、2000年3月の336万人に次ぐペースとなっており、順調な雇用増加が続いていると言える。また、失業率は5.5%と08年5月以来の水準となったほか、FRBが目標水準としている失業率(5.2-5.5%)の上限まで低下した。もっとも、2月は労働力人口が前月から▲17.8万人と比較的大きな減少となっており、労働参加率も62.8%と前月から小幅低下するなど、労働...

鉱工業生産14年12月~3四半期ぶりの増産も在庫調整圧力は残存

...公表した鉱工業指数によると、14年12月の鉱工業生産指数は前月比1.0%と2ヵ月ぶりに上昇したが、先月時点の予測指数の伸び(前月比3.2%)、事前の市場予想(QUICK集計:前月比1.3%、当社予想は同1.5%)をともに下回る結果となった。出荷指数は前月比1.1%と小幅ながら生産の伸びを上回り、在庫指数は前月比▲0.4%と2ヵ月ぶりに低下した。14年10-12月期の生産は前期比1.8%と3四半期ぶりの増加となった。業種別には、新型スマートフォンやタブレット端末向けの部品の増加などから電子部品・デバイスが前期比9.7%の高...

2013年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず

...法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5四半期連続の増益・企業の設備投資意欲は依然として弱い・1-3月期・GDP2次速報は小幅...

企業対象のアンケート調査です。

ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査

...ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2012年度下期調査 生活研究部 主任研究員 井上 智紀押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆安倍政権の景気刺激策への期待感から企業の景況感の先行きは小幅改善◆今後の経営戦略として、7割の企業が国内外における顧客層の拡大を図るI.景気動向1...

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

...金給与総額の伸びは前月から加速。賃金は上昇基調が続いている。1月の大型小売店販売は7カ月連続の前年比プラスで小幅改善を続けているものの、百貨店では前年増税前の駆け込み需要の影響がみられ、減少に転じた。1月の新設住宅着工戸数は5カ月連続の前年比大幅減。持家と貸家、分譲が全て減少した。1月の有効求人倍率は横ばい。2カ月続いた改善傾向が一服したが、インバウンド需要への対応から卸売・小売業や宿泊業で新規求人が増加。失業率は上昇したが非労働力人口減少と就業者数増加がみられる。2月の公共工事請負金額は前年比-18.3%と4カ月...

人手不足の状況です。

関西における人手不足

...バウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前月比2カ月連続のプラスとなり、持ち直しつつある。 ・2月の関空の外国人入国者数は5カ月連続で前年比増加したが、一桁台の伸びが続いている。国籍...

超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から

...超短期予測の有用性を確認、平成23年度兵庫県GDP推計から 1.2019年7-9月期実質GDPは前期比年率+0.2%(前期比+0.1%)と4四半期連続のプラス成長だが小幅にとどまった。寄与度を見ると、純輸出は前期比-0.2ポイントと成長を抑制し、国内需要は同+0.2%ポイントと4四半期連続のプラスだが民間需要も公的需要のいずれも同+0.1%ポイントと低調だった。 2.2019年7-9月期の関西経済は、内需外需とも弱い動きが見られる。インバウンド需要や設備投資計画、公共...

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

...体不足による輸送機械の大幅減産が主因となり、3カ月連続の前月比低下。結果、7-9月期は5四半期ぶりに前期比低下した。 ・9月の完全失業率は5カ月連続の小幅改善。7-9月期も3四半期連続の改善だが、就業者数が減少しており内容は良くない。9月の有効求人倍率は前月から横ばい。四半期ベースでも横ばいであった。 ・8月の関西2府4県の現金給与総額は名目で6カ月連続、実質で8カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅であった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少しており、依然所得環境は厳しい状況が続く。 ・9月の大型小売店販売額は2カ月...

2014年10月1日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(2次改訂)

...情報メモ NO.26-732014・2015 年度 経済見通し(2 次改訂)2014 年 9 月 29 日 調査部-内需の回復と財政出動による下支えで、緩やかな回復経路を辿る-ポイント◯ 2014 年度の実質 GDP は前年度比+0.3%を見込む。以下の要因により、小幅の成長となる。① 4 月から実施された消費税率引き上げに伴い、駆け込み需要の反動減と、実質所得の減少による消費者マインドの悪化で、年度当初から個人消費や住宅投資などが大きく減少。加えて、12年度...

関西経済月次分析(2014年10-11月)

...意欲は回復傾向。失業率は非労働力人口減少と完全失業者増加により、前月から小幅上昇。10月の公共工事請負金額は前年比+10.8%と3カ月ぶりの増加も、季節調整値では前月比-22.1%と減少。公共工事受注はここのところ停滞している。9月の建設工事は前年比+2.3%と29カ月連続の増加も、伸びは6カ月連続で1桁となった。全国的に伸びは減速感が強まっている。10月の中国の製造業購買担当者景況指数(PMI)は、前月から-0.3ポイント低下し50.8。輸出額は前年比+11.6%増加し7カ月連続のプラス。輸入額は同+4.6%と...

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

...の公共工事受注は大幅な伸びを見せている。3月の建設工事は前年比+1.0%と2カ月ぶりの増加も、建設工事の伸びは停滞している。関空への訪日外客数の大幅な伸びが続いている。4月の訪日外客数は過去最高となり前年比+52.4%と27カ月連続の増加。一方、出国日本人数は16カ月連続の減少となった。中国の景気減速は、GDP以外の統計からも明瞭である。4月の工業生産は幾分改善したものの、小幅な伸びにとどまった。一方、同月の固定資産投資及び社会消費品小売総額は減速が続いている。 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の...

日本経済(週次)予測(2014年10月20日)<7-9月期実質成長の半分超を公的需要が説明>

...ぶりの前年比減少。結果、2018年の実質現金給与総額は3年ぶりに減少した。 ・1月の大型小売店販売額は3カ月連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前...

関西経済月次分析(2014年9-10月)

...連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前月比2カ月連続のプラスとなり、持ち直しつつある。 ・2月の関空の外国人入国者数は5カ月連続で前年比増加したが、一桁...

関西経済月次分析(8-9月)

...<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月...

日本経済(週次)予測(2014年7月21日)<4-6月期公的固定資本形成かろうじて成長にプラス寄与、7-9月期は押し上げ期待高まる>

...府4県の実質現金給与総額は2カ月ぶりの前年比減少。結果、2018年の実質現金給与総額は3年ぶりに減少した。 ・1月の大型小売店販売額は3カ月連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き...

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

...実質現金給与総額は3年ぶりに減少した。 ・1月の大型小売店販売額は3カ月連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前月比2カ月連続のプラスとなり、持ち...

日本経済(週次)予測(2014年8月11日)<4-6 月期実質成長率の最終予測は前期比年率-6.9%>

...ぶりの前年比減少。結果、2018年の実質現金給与総額は3年ぶりに減少した。 ・1月の大型小売店販売額は3カ月連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前...

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>

...実質現金給与総額は3年ぶりに減少した。 ・1月の大型小売店販売額は3カ月連続の前年比マイナス。インバウンド需要減少の影響で百貨店は2カ月ぶりのマイナス、スーパーは野菜の相場安のため4カ月連続のマイナスであった。 ・1月の新設住宅着工戸数は3カ月連続の前年比増加。利用関係別に見れば、マンションの急増が全体を押し上げた。 ・1月の有効求人倍率は3カ月ぶりに前月比小幅悪化したが、完全失業率は2カ月連続の改善。引き続き雇用情勢は堅調である。 ・2月の公共工事請負金額(季節調整値)は前月比2カ月連続のプラスとなり、持ち...

2013年4~6月期GDP(1次速報)の結果

...対策効果などから公共投資が同+1.8%と増加し続けており、政府消費も同+0.8%と高い伸びとなるなど、公的需要が順調に増加していることが挙げられる(前期比寄与度は公共投資+0.1%、政府消費+0.2%で公的需要全体では+0.3%となる)。第三に、海外経済の回復を反映して輸出が前期比+3.0%と堅調に伸びたことが要因である。一方、企業の設備投資は前期比-0.1%となり、6四半期連続でマイナスとなった。もっとも、1~3月期の減少も同-0.2%と小幅にとどまっており、減少は一巡し、ほぼ横ばい圏にはあるといえる。また、住宅...

日銀短観(2014年6月調査)結果

...ターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業紹介企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 このサイトでは、利用者の利便性向上のため、 また各機能を適切に動作させる目的で クッキーを使用しています。 現状は悪化するも、先行きは小幅改善を見込む本日発表された日銀短観(6月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014年3月調査)から5%ポイ...

2009年4月6日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

JATA旅行市場動向調査:2009年3月期

...旅行ホールセラー)3ヵ月後(4〜6月)には底を脱し、15ポイントの上昇が見込まれる。  景気悪化と先行き不安感から個人消費は低迷し、企業では経費削減策として業務出張の自粛が一層進むなど、海外旅行市場をとりまく情勢は一段と厳しさを増した。ウォン安の韓国などアジアの一部が需要を伸ばしているのが現状だが、今後は燃油サーチャージの値下げにより、ヨーロッパなどロング方面の需要喚起が期待される。 商用・視察、インセンティブは続落したが、卒業旅行シーズンの学生は大きく上昇、他の顧客層も小幅ながら良化に転じた。3...

消費者心理調査(CSI)2014年8月調査

...月を底に前回6月まで緩やかなプラスが続き、8月はほぼ横ばいに留まった。また、[減少]側は、6月に続き、8月も小幅な減少が示され、先行き改善に向けての期待も持続する結果となっている。物価の先行き見通しでは、8月は、[上昇]見通しの人は74.0%、[変わらない]は14.2%、[下がる]人は1.6%となった。前回6月と比べると、[上昇]見通しは僅かだが3調査ぶりに増加している。これに対して、[下落] [変わらない] と見通す人はそれぞれ僅かに減少が見られる。8月は、前回6月調...

消費者心理調査(CSI)2014年2月調査

...者心理は足踏みとなっている。  先行きの景況感は、2月は、[良くなる]と答えた人の割合は20.8%、[悪くなる]と答えた人の割合は30.7%となった。12月と比べ、[良くなる]は僅かに減少、他方で、[悪くなる]は僅かながら増加、[変わらない]はほぼ横ばいであった。いずれも小幅な変化ながら、[改善]は減少、[悪化]は増加と、増税実施を前に、国内景気の先行きは不透明感のやや強まる結果となっている。この回答割合を指数化した2月の「国内景気見通し指数」は81で、10月(74)以来の悪化も、8月(81)と同じく80を上回る水準にある。雇用...

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(11月号)~輸出は新型スマホ発売の影響で好調続

...月は各地域の伸びは鈍化したが、増加基調に変化は見られない。東アジア向けは同11.8%増と二桁増を維持したものの、北米向け(同8.2%減)とEU向け(同9.7%増)、東南アジア向け(同8.7%増)は3ヵ月ぶりの一桁台の伸びとなった(図表2)。 タイの17年9月の輸出額は前年同月比12.2%増と、前月の同13.2%増から小幅に低下したものの、5ヵ月連続の二桁増となった。輸出の伸びは電子機器や機械装置などの工業製品、天然ゴム・同製品を中心に好調が続いており、バーツ高の影響は軽微にとどまっている。一方...

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>

...連続の前月比低下。結果、7-9月期は5四半期ぶりに前期比低下した。 ・9月の完全失業率は5カ月連続の小幅改善。7-9月期も3四半期連続の改善だが、就業者数が減少しており内容は良くない。9月の有効求人倍率は前月から横ばい。四半期ベースでも横ばいであった。 ・8月の関西2府4県の現金給与総額は名目で6カ月連続、実質で8カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅であった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少しており、依然所得環境は厳しい状況が続く。 ・9月の大型小売店販売額は2カ月連続の前年比減少。新規...

日本経済(週次)予測(2014年10月27日)<7-9月期の名目純輸出は前期比悪化も実質純輸出は幾分改善>

...連続の前月比低下。結果、7-9月期は5四半期ぶりに前期比低下した。 ・9月の完全失業率は5カ月連続の小幅改善。7-9月期も3四半期連続の改善だが、就業者数が減少しており内容は良くない。9月の有効求人倍率は前月から横ばい。四半期ベースでも横ばいであった。 ・8月の関西2府4県の現金給与総額は名目で6カ月連続、実質で8カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅であった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少しており、依然所得環境は厳しい状況が続く。 ・9月の大型小売店販売額は2カ月連続の前年比減少。新規...

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

...連続の前月比低下。結果、7-9月期は5四半期ぶりに前期比低下した。 ・9月の完全失業率は5カ月連続の小幅改善。7-9月期も3四半期連続の改善だが、就業者数が減少しており内容は良くない。9月の有効求人倍率は前月から横ばい。四半期ベースでも横ばいであった。 ・8月の関西2府4県の現金給与総額は名目で6カ月連続、実質で8カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅であった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少しており、依然所得環境は厳しい状況が続く。 ・9月の大型小売店販売額は2カ月連続の前年比減少。新規...

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

...万人超の雇用者数の増加が継続している状況下では、失業率の低下基調は維持されるとみており、懸念する必要はないだろう。労働参加率は、10月に小幅上昇した後、11月は横ばいとなっており、これまでの明らかな低下基調には変化がみられる。失業者数は4ヵ月ぶりに前月に比べて+11.5万人増加したが、全体の雇用者数が大きく増加する中で、職探しを諦めて労働市場から退出した人が、労働市場の改善を背景に、再び就職活動を再開した可能性があり悪い兆候ではない。今月の統計で最も注目すべきは、時間当たり賃金の伸びだろう。11...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ