「ウォッチ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日本経済(週次)予測(2014年7月14日)<4-6月期、民間需要、公的需要ともに前期比減少だが、純輸出はGDPを幾分押し上げ>

...は足下横ばいも、先行きは改善の兆しか - ・12月の生産は2カ月連続の前月比減産となったが、10月の挽回生産の影響もあり、10-12月期は3四半期ぶりにプラスに転じた。結果、2018年平均の生産は3年連続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法...

日本経済(週次)予測(2014年12月15日)<大幅円安と原油安により交易条件は改善>

...きは改善の兆しか - ・12月の生産は2カ月連続の前月比減産となったが、10月の挽回生産の影響もあり、10-12月期は3四半期ぶりにプラスに転じた。結果、2018年平均の生産は3年連続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影...

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

...経産局は生産の基調判断を前年9月以降始めて下方修正した。 ・2月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり前年比拡大したが、輸出と輸入はともに減少。輸出については、中国を始めとする世界経済の減速には注意が必要である。 ・2月の景気ウォッチャー現状判断DIは、4カ月ぶりの前月比改善だが、3カ月連続で50を下回った。暖冬の影響や、生活防衛意識の高まりから消費の勢いは鈍い。中国EC法の影響は前月から緩和したものの、インバウンド需要の増勢は鈍化している。 ・12月の関西2府4県の実質現金給与総額は2カ月ぶりの前年比減少。結果、2018年の...

2014年9月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年8月) <回復遅れる 7-9 月期の民間最終消費支出>

...きは改善の兆しか - ・12月の生産は2カ月連続の前月比減産となったが、10月の挽回生産の影響もあり、10-12月期は3四半期ぶりにプラスに転じた。結果、2018年平均の生産は3年連続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影...

日本経済(週次)予測(2014年8月25日)<7-9月期貿易赤字の改善は緩やか>

...きは改善の兆しか - ・12月の生産は2カ月連続の前月比減産となったが、10月の挽回生産の影響もあり、10-12月期は3四半期ぶりにプラスに転じた。結果、2018年平均の生産は3年連続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影...

関西経済月次分析(2014年7-8月)

...続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影響で百貨店の免税売上が減少したことなどが判断を押し下げた。 ・11月の関西2府4県の現金給与総額は2カ月連続の前年比増加。実質現金給与総額は消費者物価上昇率の減速もあり、4カ月...

日本経済(週次)予測(2014年8月11日)<4-6 月期実質成長率の最終予測は前期比年率-6.9%>

...の最初の月としては低調である。近畿経産局は生産の基調判断を前年9月以降始めて下方修正した。 ・2月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり前年比拡大したが、輸出と輸入はともに減少。輸出については、中国を始めとする世界経済の減速には注意が必要である。 ・2月の景気ウォッチャー現状判断DIは、4カ月ぶりの前月比改善だが、3カ月連続で50を下回った。暖冬の影響や、生活防衛意識の高まりから消費の勢いは鈍い。中国EC法の影響は前月から緩和したものの、インバウンド需要の増勢は鈍化している。 ・12月の関西2府4県の実質現金給与総額は2カ月...

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>

...経産局は生産の基調判断を前年9月以降始めて下方修正した。 ・2月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり前年比拡大したが、輸出と輸入はともに減少。輸出については、中国を始めとする世界経済の減速には注意が必要である。 ・2月の景気ウォッチャー現状判断DIは、4カ月ぶりの前月比改善だが、3カ月連続で50を下回った。暖冬の影響や、生活防衛意識の高まりから消費の勢いは鈍い。中国EC法の影響は前月から緩和したものの、インバウンド需要の増勢は鈍化している。 ・12月の関西2府4県の実質現金給与総額は2カ月ぶりの前年比減少。結果、2018年の...

2014年8月3日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年7月)<4-6 月期景気の特徴:増税後の消費減が大きく、 緩やかな拡大にとどまる純輸出>

...きは改善の兆しか - ・12月の生産は2カ月連続の前月比減産となったが、10月の挽回生産の影響もあり、10-12月期は3四半期ぶりにプラスに転じた。結果、2018年平均の生産は3年連続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影...

関西経済月次分析(2014年6-7月)

...続で増加した。 ・1月の貿易収支は12カ月ぶりの赤字となり、前年比大幅拡大した。中国経済の減速と米中貿易摩擦により、半導体関連を中心に輸出額が大幅減少したためである。 ・1月の景気ウォッチャー現状判断DIは、3カ月連続の前月比悪化。暖冬傾向が続き季節商材の売れ行きが低調であること、中国における電子商取引法(EC法)の影響で百貨店の免税売上が減少したことなどが判断を押し下げた。 ・11月の関西2府4県の現金給与総額は2カ月連続の前年比増加。実質現金給与総額は消費者物価上昇率の減速もあり、4カ月...

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>

...らを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標...

日本経済(週次)予測(2014年6月16日)<公共投資の拡大や貿易収支改善で、今後4-6月期のマイナス成長率幅の縮小が期待できる>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年5月26日)<4 月貿易赤字の縮小で、4-6 月期のマイナス成長は幾分緩和>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年5月13日)<大幅な駆け込み消費が純輸出の落ち込みを相殺し、1-3 月期の実質成長率(最終予測)は+4.5%>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

関西経済月次分析(2014年3月-4月)

...府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標とその積である都道府県別訪日外客数が重要な指標となる。具体的には当該自治体が特定の海外プロモーション政策を実施した場合、数カ月後、その...

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年6月10日)<4 月の消費総合指数の大幅低下で、4-6 月期のマイナス成長は更に下方修正>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年4月)<1-3月期、純輸出のマイナス寄与度は再び拡大し、結果、実質成長率は2%台に減速>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年5月5日)<駆け込み需要の影響が本格化し、生産サイドの1-3月期実質成長率予測は 6%台に急上昇>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年6月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年5月)<4-6月期マイナス成長は不可避だが、マイナス幅の拡大・縮小は純輸出の動向に依存>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年5月19日)<4-6 月期は-5%近くのマイナス成長を予測>

...らを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標...

関西経済月次分析(2014年4月-5月)

...府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標とその積である都道府県別訪日外客数が重要な指標となる。具体的には当該自治体が特定の海外プロモーション政策を実施した場合、数カ月後、その...

日本経済(週次)予測(2014年4月7日)<大雪が操業に影響し2月の鉱工業生産指数は低下するも、資本財出荷指数は好調を維持>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年4月14日)<大雪の影響で2月の民間消費は一時的に減速するも、1-3月期経済は高成長が期待できる>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年3月)<2 月の企業向けサービス価格指数、労働市場の逼 迫を反映し、脱デフレ色強まる>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年3月24日)<2月の貿易赤字は前月比縮小し、結果、1-3月期実質成長率予測は再び4%台へ>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

関西経済月次分析(2014年2-3月)

...府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標とその積である都道府県別訪日外客数が重要な指標となる。具体的には当該自治体が特定の海外プロモーション政策を実施した場合、数カ月後、その...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2014年1月-2月)

...府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これら2指標とその積である都道府県別訪日外客数が重要な指標となる。具体的には当該自治体が特定の海外プロモーション政策を実施した場合、数カ月後、その...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第21回 関西エコノミックインサイト<関西経済は足下回復も先行きは純輸出の動向に依存― 企業は貿易構造の変化に対応できるか ―>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年3月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2013年10月7日)<9月短観販売価格判断DI、卸売・小売5年ぶりプラスに転じる。消費増税の価格転嫁には追い風。>

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2013年8月5日)

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

日本経済(週次)予測(2013年9月23日)

...ルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.7%、20年度+0.8%と予測する。 都道府県別訪日外客数の月次推計と予測 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywords 戦略策定には、それにふさわしい主要業績評価指標(KPI)が必要となる。インバウンド・ビジネス産業戦略を例にとると、都道府県別訪問率や訪日外客数といったデータが重要である。戦略担当自治体やDMO(Destination Management/Marketing Organization)にとっては、これ...

2014年5月9日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「母の日ギフト」に関する意識・実態調査~ 2014年・「母の日ギフト」ほしいものランキング

...なるのは「ギフトをもらえるかどうか」◆ 「気持ち」と「実用性」のジレンマ!? 母親の本音は“夫からほしいギフト”にあり?2. 【インタビュー】 トレンドウォッチャー・くどうみやこ氏が語る、母の日トレンド◆ 近年の「母の日ギフト」市場、注目は“母娘の絆ギフト”◆ ギフト選びのポイントは、「思い出に残る」 & 「実用性」◆ 2014年「母の日ギフト」トレンドは“親子で共有”、おすすめの商品・サービスとは?3. 【商品紹介】 2014年のおすすめ「母の日ギフト」◆ 低周波治療器 おうちリフレ EW-NA63...

2018年12月14日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

12月23日(祝)~1月3日(木)に1泊以上の旅行に出かける人の旅行動向

...最高が見込まれています(11月16日、日本経済団体連合会発表)。また、上場企業の9月中間決算は、過去最高を更新する企業が相次ぎました。しかしながら、米中貿易摩擦への懸念などから、2019年3月期の業績については慎重な見通しが目立っています。豪雨や地震の影響で、7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、実質で前期比0.3%減少し、2四半期ぶりにマイナスとなりましたが、11月の内閣府「景気ウォッチャー調査」によれば、10月の現状判断DI(注1)は、前月差0.9ポイント上昇の49.5で、景気ウォッチャーによる見方は「緩や...

2017年1月15日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

がんばれ!アドミンくん 2016年アドミンくんランキング

...とわたくしおいキミ! どうしてワシのメールを見落としたんだ! あれは大事な連絡だったんだぞ! 何? 迷惑メールフォルダに入ってたって! 第521話 独自の評価「あまりに突然じゃないか! 急にプロジェクトから外れろとは。理由な何なんだ! わが社の技術力に疑問でもあるというのか!」 第511話 メールマーケティングハハハ、キミぃ、うちのメルマガはね、毎週3万人以上に配信されて読まれているんだよ。これを有効活用せずしてどうするんだ! 第514話 スマートウォッチあなた、まだ...

2017年4月12日PRリサーチフィードバック数:0マーケティング

「エイプリルフール」に関する企業の取組みのWeb記事掲載状況

...~23:59【調査結果サマリー】・4月1日に公開され「エイプリルフール」というキーワードが含まれたWeb記事数は、425記事でした。転載記事を含めると、エイプリルフール当日だけで2,012件もの記事が掲載されていました。・掲載された記事をサイトジャンル別で見ると「ゲーム」が最多で169件、続いて「ライフスタイル/女性」、「エンターテイメント」「アニメ・キャラクター」と並んでいく形となりました。・企業別に見てみると、「セイコーウォッチ」「小学館」「タイトー」「テレビ東京」「ジェットスターグループ」が掲...

Zipファイルの添付の是/非

...筆チームがわかりやすく読み解くテレワーク中のあなたが狙われる、最新のセキュリティ脅威を知る リストバンド型の軽快さとスマートウォッチのいいところ取りのモデルがリニューアルファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT new」を健康管理とフィットネスに活用する 子どもの正しい姿勢と画面距離をリアルタイムで検知!<IdeaPad Slim 360(15)>で、オンライン学習やテレワークにおける健康と集中力を見守るソフトウェア「Lenovo Aware」使用レポート 特定のフレーズを入力したらすぐに返答してくれるSlackbotの使...

2012年5月28日ICT総研★フィードバック数:5モバイル

実験データです。

スマートフォン つながりやすさ・切れにくさ実測調査

...通話については時報(117)、データ通信についてはライブ配信サイト「USTREAM」につなぎっぱなしにして、途切れた時間をストップウォッチで計測し、調査時間全体(100%)から途切れた時間を減じることで接続成功時間の割合を算出した。もちろん、電車内では実際の音声通話はしていない。時報への接続状況を画面で確認する手法を採っている。「電車移動中の切れにくさ」(表1、表2)のうち、「山手線」と「近郊3路線(東海道線・中央線・宇都宮線)」は混雑時間帯の切れにくさを測ることを主眼としたために、夕方から夜にかけて(17:00~21...

2014年12月21日アサヒビール★フィードバック数:0マーケティング

ニュースランキングです。

2014年、あなたが元気をもらった出来事、ニュースは?

...ンなどで販売する『格安スマホ』の市場競争激化」(2.1%)、9位に「脂肪と糖など2つの効果を狙う、『W(ダブル)トクホ』飲料が続々登場」(1.8%)、10位に「吉野家『牛すき鍋膳』人気で、牛丼チェーン各社で『牛すき鍋』メニュー登場」(1.4%)が続き、今年人気を博した商品がベストテン圏内にランクインしました。 「アナ雪」「妖怪ウォッチ」の大ヒット−親子のコミュニケーションのきっかけに続いて「芸能・エンタメ部門」はいかがでしょうか。人気の1位は「ディズニー映画『アナと雪の女王』&主題曲が空前の大ヒット」(10.2...

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>

...連続の同減少。所得環境は悪化が続いている。 ・7月の大型小売店販売額は10カ月連続の前年比減少。新型コロナウイルスの感染再拡大による外出自粛、長雨の天候不順などの影響によって、消費の回復は足踏みしている。 ・7月の新設住宅着工戸数は小幅増加し、2カ月ぶりの前月比増加。うち貸家と分譲マンションの寄与が大きい。 ・7月の建設工事出来高は2カ月ぶりの前年比減少となった。8月の公共工事請負金額は3カ月連続の増加となった。 ・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月連続で前月比改善。新型...

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>

...陽性者数の急速な減少と緊急事態宣言の解除が検討され始めたことにより、百貨店を中心に回復が見られた。7-9月期は2四半期ぶりの前期比減少。感染拡大(第5波)と4度目の緊急事態宣言が響いた。 ・9月の新設住宅着工戸数は2カ月ぶりの前月比増加。分譲マンションの大幅増加が寄与した。7-9月期は持家と貸家の回復ペースが鈍化したが、持ち直しの基調が続いており、小幅な前期比増加となった。 ・9月の公共工事出来高は24カ月連続の前年比増加と、全国に比して好調。一方、10月の公共工事請負金額は2カ月連続の同減少となった。 ・10月の景気ウォッチャー現状判断DIは、新規...

日本経済(週次)予測(2014年10月27日)<7-9月期の名目純輸出は前期比悪化も実質純輸出は幾分改善>

...陽性者数の急速な減少と緊急事態宣言の解除が検討され始めたことにより、百貨店を中心に回復が見られた。7-9月期は2四半期ぶりの前期比減少。感染拡大(第5波)と4度目の緊急事態宣言が響いた。 ・9月の新設住宅着工戸数は2カ月ぶりの前月比増加。分譲マンションの大幅増加が寄与した。7-9月期は持家と貸家の回復ペースが鈍化したが、持ち直しの基調が続いており、小幅な前期比増加となった。 ・9月の公共工事出来高は24カ月連続の前年比増加と、全国に比して好調。一方、10月の公共工事請負金額は2カ月連続の同減少となった。 ・10月の景気ウォッチャー現状判断DIは、新規...

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

...陽性者数の急速な減少と緊急事態宣言の解除が検討され始めたことにより、百貨店を中心に回復が見られた。7-9月期は2四半期ぶりの前期比減少。感染拡大(第5波)と4度目の緊急事態宣言が響いた。 ・9月の新設住宅着工戸数は2カ月ぶりの前月比増加。分譲マンションの大幅増加が寄与した。7-9月期は持家と貸家の回復ペースが鈍化したが、持ち直しの基調が続いており、小幅な前期比増加となった。 ・9月の公共工事出来高は24カ月連続の前年比増加と、全国に比して好調。一方、10月の公共工事請負金額は2カ月連続の同減少となった。 ・10月の景気ウォッチャー現状判断DIは、新規...

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>

...陽性者数の急速な減少と緊急事態宣言の解除が検討され始めたことにより、百貨店を中心に回復が見られた。7-9月期は2四半期ぶりの前期比減少。感染拡大(第5波)と4度目の緊急事態宣言が響いた。 ・9月の新設住宅着工戸数は2カ月ぶりの前月比増加。分譲マンションの大幅増加が寄与した。7-9月期は持家と貸家の回復ペースが鈍化したが、持ち直しの基調が続いており、小幅な前期比増加となった。 ・9月の公共工事出来高は24カ月連続の前年比増加と、全国に比して好調。一方、10月の公共工事請負金額は2カ月連続の同減少となった。 ・10月の景気ウォッチャー現状判断DIは、新規...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ