「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月7日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2015年4月 首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

...同月比 16 か月連続のプラスとなりました。上昇率は 1.7%と小幅にとどまりましたが、これは東京 23 区が同 5 か月ぶりに下落に転じたことによるものです。高価格帯の物件の成約増が続いていた 23 区では、4 月は 2,000 万円台の物件の伸びが目立ちました。 ※本資料の掲載データは、当社ネットワーク流通物件のうち、不動産会社間情報として図面(ファクトシート)で登録された物件をベースとしていますが、成約データにはATBB(インターネット)の成約物件の一部が含まれております。※4月期...

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は1悪化の12、先行きはさらに悪化

...ント低下、わずかながら景況感の悪化が示された。一方、大企業非製造業の業況判断D.I.は前回から3ポイント改善した。大企業製造業は、円安によるプラス効果も期待されたが顕在化せず。内需低迷や在庫の高止まりなどもあって、景況感が小幅ながら悪化したと考えられる。一方、非製造業については、前回までに急ピッチで悲観を織り込んでいただけに、景況感が持ち直したと考えられる。中小企業については、製造業がやや上昇、非製造業がわずかに悪化した。ともに大企業と方向感が分かれたが、中小...

2014年7~9月期GDP(2次速報)の結果

...カリキュラムで開催しております。 採用情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業情報企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 ニュース・お知らせ当社のニュースリリースや新着情報をご紹介いたします。 本日発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から小幅...

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続

...の動向には注意が必要だ。一方、14年通期の成長率は、前年比+2.4%(前年:同+2.2%)と小幅ながら伸びが加速した。1 以降、本稿では特に断りの無い限り季節調整済の実質値を指すこととする。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2021年10月14日News Release 2021年07月26日...

鉱工業生産14年11月~在庫調整が足踏み

...計画が下方修正される傾向が続いている。予測指数を業種別に見ると、はん用・生産用・業務用機械(12月:前月比6.6%、1月:同13.7%)、情報通信機械(12月:前月比11.8%、1月:同10.0%)が牽引役となっているが、両業種ともにこのところ実現率のマイナス幅が大きくなっているため、実績値は大きく下振れる可能性が高い。一方、生産調整を続けてきた輸送機械が11月に前月比0.5%と小幅な増加となった後、12月(前月比0.3%)、1月(同8.9%)も増産計画となっていることは明るい材料だ。輸送...

鉱工業生産14年10月~鉱工業生産は持ち直し

...計画が下方修正される傾向は続いているものの、消費増税後から夏場までに比べるとマイナス幅は小さくなっている。予測指数を業種別に見ると、生産調整を続けてきた輸送機械が11月(前月比1.1%)、12月(同0.6%)と小幅ながら増産計画となっているのが明るい材料だ。輸送機械の在庫指数は13年12月から14年7月まで70%の急上昇となったが、10月は出荷(前月比2.2%)が生産(同▲2.6%)を大きく上回ったことにより、在庫指数は前月比▲7.4%の低下となり、7月のピークからは10%程度低下した。在庫水準自体は依然として高いものの、最終...

緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号

...緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号 | ニッセイ基礎研究所 緩和縮小見送り後の行方 ~マーケット・カルテ10月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月18日、世界中が注目した米FOMCにおいて、QE3縮小が見送りとなった。金融市場では「小幅縮小」が本命視されていただけに肩透かしを食った形となり、株高...

2013年8月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

7月マネー統計 ~都銀がキャッチアップ、マネーはリスク選好色強まる

...連続で過去最高を更新している。また、マネーストック統計によると、7月のM2平均残高の伸び率は前年比3.7%、M3は同3.0%と伸びが一服したが、リスク性資産を含む広義流動性の伸び率は3.4%とさらに拡大した。預金通貨(普通預金など)や準通貨(定期預金など)の残高も小幅ながら増加しているため、“預金からリスク性資産への資金シフト”が起きているわけではないが、資金配分において従来よりもリスクを選好する動きが続いているようだ。 経済研究部上席エコノミスト 研究・専門分野 レポート紹介研究領域経済金融・為替...

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期の実質GDP ~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

...期連続のプラス成長になったと推計される。在庫を除く全ての需要項目が実質成長率に対してプラスに寄与し、1-3月期に続き内外需揃った高成長になったとみられる。民間消費は消費者マインドの改善、雇用・所得環境の持ち直しから前期比0.6%と好調を維持し、すでに消費税率引き上げ前の駆け込み需要が発生している住宅投資は前期比2.1%の高い伸びとなった。減少が続いていた設備投資も企業収益の改善を背景に前期比0.8%と小幅ながら6四半期ぶりの増加となった。また、円安の効果が顕在化し始めたことから輸出が前期比2.9%の増加となり、外需が2四半...

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ

...を中心とする海外経済の回復やアベノミクスへの期待は根強く、全規模全産業としては小幅ながら景況感の改善が示されている。13年度設備投資計画は12年度比3.3%増と前回(2.0%増)から上方修正となり、プラス幅を拡大している。ただし、例年9月調査では計画が固まってくることに伴って上方修正となる傾向が強い点も踏まえると、力強さは感じない。設備投資を積極的に積み増すには中長期の成長期待が改善することが不可欠であり、まだその状況には至っていないと考えられる。本日発表予定の政府の経済対策では、企業向けの投資減税が盛り込まれる予定である。設備...

企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に

...日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年8月の国内企業物価は前年比2.4%と5ヶ月連続で上昇し、7月の同2.3%から上昇幅が小幅拡大した。前年比では、2ヶ月連続で2%を超える高い上昇率となっている。また、対前月比では0.3%と3ヶ月連続で上昇した。国内企業物価(前年比)が高止まりしている要因としては、機械類の下落幅が縮小しつつある上、為替・海外市況連動型、素材(その他)、鉄鋼・建材関連の上昇幅が数ヶ月前よりも拡大したことがある。円安基調が続く中、昨年8月は78~79円台で推移するなど歴史的な円高水準だったこともあり、為替・海外...

9月マネー統計 ~ 貸出の伸びが一服、金利は過去最低に

...月の銀行貸出の伸び率は前年比2.3%(前月も同じ)となった。従来上昇傾向にあった伸び率は2ヵ月連続で横ばいになっている。残高の増加基調自体は続いているものの、伸び率には一服感が出てきている。日銀短観の設備投資計画が小幅の上方修正に留まったように、企業の設備投資マインドは今ひとつ盛り上がっていない一方、手持ちの現預金は過去最高水準にあるため、伸び率の頭打ち傾向はしばらく続く可能性がある。また、銀行の新規貸出金利(8月)は、短期、長期ともに統計で遡れる1993年10月以降で最低を記録した。日銀...

2012年5月31日アイティメディア★フィードバック数:19企業情報システム

IT投資の効果についての記事です。

ビッグデータ活用とソフトウェア投資は売上増のカギとなるか?

...、IT予算の増減傾向を指数化したIT投資指数 (20%以上の減少をマイナス20、横ばいを0、20%未満の増加をプラス10などとして積み上げて指数化した値)を過去10年間の推移で表したものである。2011年度の実績値は2010年度に記録した0.04から若干上向き、0.60となった。しかし、2012年度に向けた予想では 0.83と小幅な上昇にとどまっており、成長の停滞が懸念されている国内経済と同様に、IT投資も本格的な低成長時代に突入しつつあることを伺わせる(図1)。...

2012年7月30日アットホームフィードバック数:2大型消費/投資

平成24年度6月期首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

...たり 3,233 万円で、前年同月比 0.2%下落し 4 か月連続のマイナスとなりました。東京 23 区で、5,000 万円以上の物件の割合が再び 2 割を切り、6.1%の下落となったことが大きな要因です。一方、東京都下・神奈川県などの下落率は小幅にとどまっており、前月比は 23 区を除き上昇、首都圏平均の前月比は 3 か月連続の上昇となっています。 ■中古マンション成約価格は、前年同月比 3 か月ぶりに上昇。中古マンションの 1 戸あたり平均成約価格は 2,078 万円で、前年同月比 1.7%上昇...

中国経済見通し:中国の“明るい成長鈍化”とリスクの所在

...は安定しており、景況感にも深刻な打撃が見られないことから、今までのところ暗さの無い“明るい成長鈍化”といえるだろう。輸出は、今年1-4月期に前年同期比17.4%増と昨年の同7.9%増から大きく伸びを高めた。今後は、海外経済が最悪期を脱することで、輸出の伸びは高まる方向と予想しているものの、欧米経済の回復ピッチは緩やかと見ていることから、改善は小幅に留まるだろう。消費は、今年1-4月期の小売売上高が前年同期比12.5%増と昨年の伸びを下回るなど冴えない。腐敗汚職撲滅を目指す一連の動きは、短期...

中国経済見通し:早くも利上げが視野に入った中国経済の行方

...続で上回るなど需要構造に変化の兆しがでてきており、不動産業の成長率が鈍る一方で卸小売業が伸びるなど産業構造の変化も進展したようである。輸出は、今年1-2月期に前年同期比23.6%増と昨年の一桁台から大きく伸びを高めた。海外経済が最悪期を脱することで、中国の輸出は今年から来年にかけて伸びが高まると予想する。但し、新規輸出受注や輸入の動きが依然鈍いことから、改善幅は小幅に留まるだろう。消費は、今年1-2月期の小売売上高が前年同期比12.3%増と昨年の伸びを下回るなど冴えない。腐敗汚職撲滅を目指す一連の動きは、短期的には消費にマイナスだが、長い...

2013年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計13年5月 ~改善が続く雇用情勢

...・事前予想:4.1%、当社予想は3.9%)。季節調整済の就業者数は前月から2万人増と小幅な増加にとどまったが、原数値の就業者数を前年に比べると1月の17万人増から5月には43万人増まで増加幅が拡大している。また、労働需給をより敏感に反映する雇用者数(原数値)の増加幅は、1月の10万人増から5月には60万人増まで拡大している。15歳以上人口は減少を続けているが、労働力率の上昇が続いているため、労働力人口は2月以降、前年比で増加を続けている。労働力人口の増加と失業者数の減少が両立していることは、雇用...

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

家計のインフレ期待をどうみるか

...意識に関するアンケート調査」では、1年後の物価上昇を予想する家計の割合が2013年に入って急上昇している。ただし、家計のインフレ期待にはもともと上方バイアスがあり、1年後の物価上昇を予想する家計の割合、消費動向調査から試算した期待インフレ率は過去に比べてとりわけ高いわけではない。また、家計の物価予想は足もとの物価動向に左右される傾向がある。消費者物価は小幅な下落が続いているが、電気代、ガソリンなど購入頻度の高い品目の価格が上がっているため、家計が物価上昇を強く意識するようになっていると考えられる。インフレ期待が高まれば、実際...

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 外需頼みが続くユーロ圏

...てユーロ圏内の景気格差が拡大することが懸念される。◆英国経済は2013年1-3月期にプラス成長に転じたが、個人消費の伸びは小幅にとどまり、期待外れであった。それでも、住宅販売業者の住宅価格と販売の見通しが5月にかけて一段と改善しており、住宅市況の改善が個人消費の持ち直しにつながることが期待される。なお、7月に前カナダ中銀総裁のマーク・カーニー氏が英中銀(BOE)総裁に就任する。同氏は大胆な金融緩和政策が持論だが、5月の消費者物価が前年比+2.7%と加速してきている中で、追加金融緩和は多数派の意見とはならないだろう。このコンテンツの著作権は、株式...

2013年4月2日アットホームフィードバック数:0大型消費/投資

2013年2月期首都圏の新築戸建・中古マンション価格動向

...,135 万円で、前年同月比 0.5%下落し、4 か月連続のマイナスとなりました。これは、成約の多い神奈川県で下落が続いていることによるものですが、東京 23 区で 3,000 万円以上の物件が復調し同 15.4%の大幅上昇となったため、首都圏全体の下落率は小幅にとどまっています。 ※本資料の掲載データは、当社ネットワーク流通物件のうち、不動産会社間情報として図面(ファクトシート)で登録された物件をベースとしたものであり、インターネット(ATBB)登録物件は含まれておりません。※2月期...

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2月鉱工業生産

...時点で大幅な生産増を見込んでいた電子部品・デバイス工業の生産が、前月比▲5.0%と計画に反して低下したことが生産全体を押し下げた。一方、全16業種中、10業種が前月から上昇しており、広い業種で生産は増加している。素材業種では概ね先月時点の計画に沿った内容となったが、輸送機械工業、情報通信機械工業、電気機械工業といった加工組立業種の上昇幅が計画に比べて小幅に留まったため、生産全体としては想定よりも弱い結果となった。◆製造工業生産予測調査によると、2013年3月の生産計画は前月比+1.0%、4月は同+0.6%となっており、生産...

2013年4月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

2013・2014年度経済見通し ~安倍政権下で日本経済は変わるのか

...月期の実質GDPは、前期比0.0%(前期比年率0.2%)と小幅ながら3四半期ぶりのプラス成長となった。2012年春頃をピークとした景気後退は2012年中に終了したとみられる。2013年1-3月期は国内需要が底堅さを維持する中、海外経済の回復や円安の進行を背景として輸出が増加に転じることから、前期比年率2%台まで成長率が高まるだろう。緊急経済対策の効果が顕在化すること、消費税率引き上げ前の駆け込み需要が発生することから、2013年度中は高めの成長が続くが、2014年度...

2013年2月22日アットホームフィードバック数:1大型消費/投資

2012年年間 首都圏の居住用賃貸物件登録状況

...2012 年 1 年間の首都圏の居住用賃貸物件の成約動向■アパートの成約が好調、増加率は 11.8%と二ケタに。2012 年 1 年間の首都圏の居住用賃貸物件成約数は 247,290 件で、前年比 7.7%増加し、2 年連続のプラスとなりました。特にアパートは、震災の影響で小幅増にとどまった前年の反動もあり、11.8%と大幅に増加しています。一方、震災直後、建物の安全性が評価され人気化していたマンションは、賃料水準の高さが影響し、増加率はアパートの半分以下となりました。■マン...

不動産規制強化に揺れる中国:景気回復は途切れてしまうのか?

...バブル懸念の高い地域限定の規制強化や投機抑制のための規制強化はあっても、景気回復力が弱く価格上昇が小幅なうちは、実需を伴う住宅取得に影響するような規制強化はないと見ている。一方、住宅と同時期に新規着工が盛り上がった商業用不動産は、竣工の峠を越えて供給懸念は薄らいだものの、販売待ち在庫の水準は住宅より高く、販売の低迷は続いており、今後も明確な需要増の見込みがないことから、先行きは依然として不透明で、回復の道筋が描けない。住宅市場の需給サイクルは上向きであり、実需を抑制するような不動産規制強化もないと見ていることから、今年の不動産業の投資は伸びを高め、マク...

2013年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測

...期連続のプラス成長になったと推計される。国内需要が民間消費を中心に伸びを高めたことに加え、外需が4四半期ぶりに成長率の押し上げ要因となったことが高成長につながった。民間消費は消費者マインドの改善を主因として前期比1.0%の高い伸びとなり、住宅投資も前期比1.1%と4四半期連続で増加した。また、減少が続いていた設備投資は収益環境の改善を背景に前期比0.2%と小幅ながら5四半期ぶりの増加となった。一方、復興関連を中心に高い伸びを続けてきた公的固定資本形成は、予算執行の端境期にあたったことから前期比▲0.5%と5四半期ぶりの減少となった。名目...

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月消費統計

...いったん足踏みした格好である。ただし、消費金額自体は高水準を保っており、消費者マインドの改善を背景として、個人消費は堅調な推移が続いていると言える。◆実質消費支出の動きを項目別に見ると、「食料」が前月比+1.9%、「被服及び履物」が同+0.5%、「教養娯楽」が同+0.2%と小幅に増加した一方で、「光熱・水道」が同▲2.8%、「交通・通信」が同▲1.0%、「家具・家事用品」が同▲2.5%と減少した。◆消費者マインドの改善による個人消費の増加は、高額品向けから徐々に身近な品目へと広がりを見せており、基調...

中国経済見通し:「比較的高い成長」から「健全な発展」に軸足を移した中国経済の行方

...前四半期の伸びを下回るなど景気下ぶれ懸念が浮上しているが、中国政府からは深刻な懸念は聞こえてこない。その背景には、雇用情勢が良好を保っていること、そして、腐敗汚職の摘発、不動産規制の強化、過剰生産の抑制で「健全な発展」では一定の成果が得られたことが影響していると思われる。輸出は、今年1-3月期に前年同期比18.4%増と昨年の同7.9%増から大きく伸びを高めた。今後は、海外経済が最悪期を脱することで、今年から来年にかけて伸びが高まると予想するが、欧米経済の回復ピッチは緩やかと見ていることから、改善は小幅に留まるだろう。消費は、今年1-3月期...

2013年7月19日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

欧州経済見通し 米国の動向に一喜一憂

...回の景気回復局面で大きな存在感を示したエマージング諸国の需要の回復が今回は遅れている。ユーロ圏の景気回復の可否が米国1国の動向に左右されやすくなっているわけだが、そのことが最近1か月あまりのFRB(米連邦制度理事会)のコメントを巡って、世界の金融市場が大きく動揺した中で確認された。ユーロ圏の金利上昇や株価調整は相対的に小幅だったが、景気実体から乖離した金利上昇を抑えるため、ECB(欧州中央銀行)はこれまでの方針を転換し、「政策金利は当面、現行水準かそれ以下で推移する」と金融政策の見通しを公表した。◆英国でようやく個人消費が主役の景気回復が動き始めた。2013年1-3月期...

家計のインフレ期待をどうみるか

...意識に関するアンケート調査」では、1年後の物価上昇を予想する家計の割合が2013年に入って急上昇している。ただし、家計のインフレ期待にはもともと上方バイアスがあり、1年後の物価上昇を予想する家計の割合、消費動向調査から試算した期待インフレ率は過去に比べてとりわけ高いわけではない。また、家計の物価予想は足もとの物価動向に左右される傾向がある。消費者物価は小幅な下落が続いているが、電気代、ガソリンなど購入頻度の高い品目の価格が上がっているため、家計が物価上昇を強く意識するようになっていると考えられる。インフレ期待が高まれば、実際...

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>

...日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日...

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

...<要 ?旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11...

貸出・マネタリー統計(17年10月)~投資信託の前年割れが継続

...から見た)企業の資金需要増減を示す企業向け資金需要判断D.I.は6と前回(4-6月期)の3から上昇した。同D.I.は長らくプラスが続いており、従来から「増加」が優勢な状況であったが、今回は増勢が強まったとの実感が示されている(図表5)。企業規模別では、中小企業向けが8(前回は7)と小幅に上昇したほか、前回はマイナス(「減少」が優勢)であった大企業向けも2(前回は-4)とプラス(「増加」が優勢)へと転じた(図表6)。業種別でも、幅広く上昇がみられる。資金需要が増加したとする先に、その要因を尋ねた問いでは、大企...

2014年10~12月期GDP(2次速報)の結果

...が前期比+2.7%から同+2.8%に小幅に上方修正され、輸入は1次速報値の同+1.3%のまま据え置かれた。今回の2次速報の結果は、在庫の下方修正が主因とはいえ、景気は持ち直しに転じた後も、その勢いが力強さに欠けることを改めて示す内容となった。特に、企業の設備投資は、2014年度に入って3四半期連続で前期比マイナスと底ばい状態から脱しておらず、景気の持ち直しの勢いが高まらない原因となっている。今年度の企業利益は過去最高を更新する可能性が高いものの、企業の国内の新規投資に慎重な姿勢は維持されたままである。今年...

2016年8月7日エステートタイムズフィードバック数:0大型消費/投資

2016年上期の1都3県不動産競売統計

...不動産競売物件、高い落札価格が続く、物件数減少はやや小幅に~... 不動産競売物件、高い落札価格が続く、 物件数減少はやや小幅に ~エステートタイムズが 2016年上期の1都3県不動産競売統計を発表~ 首都圏エリアの不動産競売情報を扱う株式会社エステートタイムズ(所在地:東京都豊島区、代表:阿南 順也)は、2016年上期の不動産競売統計(期間入札)を発表します。 2016年上期 不動産競売物件動向 ■概況関東エリア1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の不動産競売物件は、物件...

2015年1~3月期GDP(2次速報)の結果

...に法人企業統計の結果に基づいて仕掛品在庫、原材料在庫の状況が反映された結果、前期比への寄与度は+0.5%から+0.6%にさらに上方修正された。政府部門では、政府最終消費は前期比+0.1%のまま修正されなかったが、公共投資は同-1.4%から同-1.5%に小幅に下方修正された。以上の結果、内需の前期比寄与度は民需、中でも企業部門を中心に+0.7%から+1.1%に上方修正された。一方、外需の前期比寄与度は同-0.2%のまま据え置きとなった。個別の動きをみても修正はなく、輸出は前期比+2.4%のまま、輸入は同+2.9%のまま据え置かれた。今回の2...

2013年7~9月期のGDP(2次速報)結果

...下方修正された。名目成長率も、同+0.4%(年率+1.6%)から同+0.3%(年率+1.0%)に下方修正となった。なお、GDPデフレーターは、前年同期比-0.3%のまま変更されなかった。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.1%から同+0.2%へ、住宅投資は前期比+2.7%から同+2.6%へ、それぞれ小幅に修正された。設備投資は、1次速報時点では公表されていなかった法人企業統計調査において前期比-0.5%となったことを反映して、前期比+0.2%から同+0.0%に下方修正された。また...

2014年10~12月期GDP(1次速報)の結果

...カリキュラムで開催しております。 採用情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業情報企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 ニュース・お知らせ当社のニュースリリースや新着情報をご紹介いたします。 本日公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.2%)と3四半期ぶりにプラスに転じた。ただし、民需の伸びが小幅...

2013年1~3月期のGDP(2次速報)結果

...カリキュラムで開催しております。 採用情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業情報企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 ニュース・お知らせ当社のニュースリリースや新着情報をご紹介いたします。 本日発表された2013年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+4.1%)と1次速報値の同+0.9%(年率換算+3.5%)から小幅...

2012年10~12月期のGDP(2次速報)結果

...カリキュラムで開催しております。 採用情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業情報企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 ニュース・お知らせ当社のニュースリリースや新着情報をご紹介いたします。 本日発表された2012年10~12月期の実質GDP(2次速報)は前期比+0.0%(年率+0.2%)と1次速報値の同-0.1%(同-0.4%)から小幅...

2019年11月8日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前後の日用消費財購買状況調査 消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり

...べると、減少が小幅になっていることが分かります。増税後も負担が変わらない、軽減税率の対象が多く含まれる食品・飲料のカテゴリーで駆け込み需要、反動ともに小さかったことが要因にあげられそうです。図表1 軽減税率の対象外は前回並みの大きな反動が一方で軽減税率の適用がないカテゴリーでは、増税開始日が近づくにつれて駆け込み需要が大きくなり、その後に大きな反動が見られました。前年同時期の購入金額と比べて、日用雑貨品は改定週こそ109%と前回増税時を上回りましたが、翌週は68%まで落ち込み、その次週も82%にと...

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

...投入要因のマイナス寄与が拡大したものの、資本投入要因とTFP要因のマイナス寄与縮小の方が大きくなったことで、GDPギャップのマイナス幅縮小につながった。先行きの日本経済について、当社の基本シナリオでは、実質GDPは緩やかな拡大軌道をたどると考えている。この結果、実質GDP成長率は潜在GDP成長率を上回って推移することになり、GDPギャップは2015年1-3月期以降もマイナス幅を縮小する見込みである。◆GDPギャップのマイナス幅縮小が小幅に留まったことに加えて、物価の基調を示す指標が冴えない結果になったことを勘案すると、わが国では、デフ...

第101回景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.4%、15年度+1.4%、16年度+1.3%と予測>

...期ぶりのプラスとなった。前期の自然災害による供給制約の影響が剥落し、個人消費や設備投資は持ち直した。他方、輸出の伸びが小幅にとどまったことから、純輸出(外需)は3四半期連続のマイナスとなった。 2.2018年10-12月期の関西経済は、弱い動きが見られる。家計部門は、弱い動きを示している。所得環境は改善が続いているが、センチメントは悪化している。雇用についても、やや一服感が見られる。企業部門では、景況感や設備投資計画は前向きであり、生産も緩やかに持ち直した。対外部門は、輸出・輸入とも減速しており、イン...

アジア経済概況(2014年7・8月)

...成長率は+3.7%に加速4.韓国経済の概況・・・景気は依然として低迷II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+0.4%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・4-6月期の成長率は+5.1%と小幅鈍化3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・景気に緩やかながら持ち直しの動きがみえる5.インド経済の概況・・・4-6月期の実質GDP成長率は+5.7%に加速III.アジア通貨・株価動向 三菱UFJリサーチ&コン...

アジア経済概況(2014年1・2月)

...の成長率は前年比2.9%に持ち直す4.韓国経済の概況・・・10-12月期の成長率は前年比3.9%に加速II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・10-12月期の成長率は前年比0.6%にとどまる2.インドネシア経済の概況・・・10-12月期の成長率は5.7%と小幅加速3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・緩やかながら持ち直しの動きがみえる5.インド経済の概況・・・10-12月期の成長率は前年比4.7%と低迷III.アジア通貨・株価動向 三菱UFJリサーチ&コン...

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小後の金利・為替・世界経済(後編)

...トップレポート・コラム経済分析日本QE3縮小後の金利・為替・世界経済(後編) ここから本文ですQE3縮小後の金利・為替・世界経済(後編)グローバルマネーフローを中心とした定性的検証サマリー◆本稿(前編)では、シミュレーションに基づき、米国の金融政策の変更が債券・為替市場および実体経済に与える影響を定量的に分析した。試算結果によれば、市場予想を上回る資産圧縮と時間軸効果の剥落を端緒とする長期金利上昇はドルの増価と米国の実体経済(生産・物価)に対する小幅な減速圧力をもたらすことが示唆された。◆しか...

2014年5月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

マンション市況-「首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年3月)」

...首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年3月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年3月)2014年3月の首都圏中古マンション価格は、千葉県を除く全域で弱含んだ影響で前月比-1.2%の2,861万円と8ヶ月ぶりに下落しました。都県別で見ると、東京都では-0.4%の3,773万円と小幅な下落に留まりましたが、神奈川県(-2.0%の2,458万円)や埼玉県(-1.8%、1,855万円)では比較的大きく下げています。いず...

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【4月米雇用統計】雇用増28.8万、失業率6.3%、市場予想より大幅に改善

...の増加(前月改定値:+20.3万人)となった。増加幅は3月から大きく拡大、市場予想の+21.8万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)も上回った。業種別に見ても生産部門、サービス部門ともに良好な結果であった。失業率は6.3%(前月:6.7%、市場予想:6.6%)と前月から0.4%ポイント改善、小幅改善を見込んでいた市場予想と比べて改善幅は大きかった。ただし、こちらは、労働力人口の減少が目立っており、労働参加率の低下により失業率が改善したという面が強い。これは典型的な「悪い失業率の低下」と言え、手放...

鉱工業生産14年3月~5四半期連続の増産も、4-6月期は減産が不可避

...以上に気になるのは在庫の動きだ。在庫指数は消費増税前の駆け込み需要の影響から低下傾向が続いてきた。しかし、3月は生産指数が小幅な増加となる一方、出荷指数が2月の前月比▲1.0%に続き3月も同▲1.2%の減少となったことから、在庫指数が前月比1.8%の急上昇となった。前回の増税前後の在庫指数の動きを確認すると、97年3月に前月比▲2.2%の急低下となった後、増税後の最終需要の落ち込みを受けて4月以降に急上昇したが、今回は増税前の段階で在庫指数が上昇する形となった。3月の急上昇は、輸送機械の在庫指数が前月比20.2%とな...

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント悪化の15を予想

...期ぶりとなる景況感悪化が示されると予想する。大企業非製造業については製造業を上回る悪化を予想。増税後の消費減少は顕著であり、非製造業の景況感悪化は避けられないと考えられる。製造業も増税後の生産減少こそ限定的だが出荷減少はかなり大きいうえ、輸出額が前年比マイナス(5月)になっていることで内外にわたる閉塞感を感じやすい。従って、小幅ながら景況感悪化を見込む。中小企業については、強い人手不足感が事業の制約となっている先や、収益が改善していない中で賃上げに踏み切らざるを得なかった先が多いとみられることから、景況...

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復

...の増加 (前月改定値:+28.2万人)となり、4カ月連続で20万人を超える雇用増を達成したことになる。5月の雇用増は大幅増となった4月からは縮小したが、市場予想の+21.5万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)は上回った。失業率は6.3%(前月:6.3%、市場予想:6.4%)と前月と変わらなかったが、こちらも小幅悪化を見込んでいた市場予想よりは良好であった。労働参加率は62.8%(前月:62.8%)と横ばいであり、労働市場の参入・退出...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ