「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日銀、言葉なきメッセージ

...降で買入を実施した日について午前のTOPIX下落率と買入額を図示してみると、実際に1%以上下落した日が多かった。ところが9月中旬以降は1%に満たない小幅な下落でも買入を実施するケースが増えた。9月中旬というのは「安倍首相が消費税増税を決断」と大きく報道されたタイミングにぴたりと重なる。うがった見方をすれば、消費税増税の決定をきっかけに景気悪化の懸念から株が売られ、安倍政権に対する批判の高まりと内閣支持率低下という最悪シナリオは、日銀としては何としても避けなければならない。そのためには「1%ルール」のハードルを下げてETF買入...

2015年1月マネー統計~マネーの伸びは鈍化したが、投信は堅調をキープ

...は鈍化したが問題なし・マネーストック: 投資信託は堅調をキープ1月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.6%と前月からやや縮小した。12月の一時的な賞与支払い用資金などが返済された影響が出たほか、1月の為替がやや円高ドル安に振れたことで前年比での円安ペースが鈍化し、外貨建て貸出の円換算残高が減少したことも貸出の伸び率縮小に作用したようだ。主要銀行貸出動向アンケート調査によれば、2014年10-12月期の(銀行から見た)企業の資金需要増減を示す企業向け資金需要判断D.I.は、小幅ながら4四半期ぶりに改善した。また...

雇用関連統計14年8月~雇用情勢は改善傾向が続くが、企業の求人意欲に陰りも

...有効求人倍率は前月から横這いの1.10倍(QUICK集計・事前予想:1.10倍、当社予想も1.10倍)となった。有効求職者数が前月比0.2%と7ヵ月ぶりの増加となる一方、有効求人数が前月比▲0.2%(7月:同▲0.5%)と小幅ながら2ヵ月連続で減少した。有効求人倍率は14年6月まで19ヵ月連続で改善してきたが、7月、8月と横這いにとどまり改善が一服する形となった。有効求人倍率の先行指標である新規求人倍率は前月から0.04ポイント低下の1.62倍となった。依然として高水準にあるものの、新規求人数が前月比▲0.7%(7月:同▲1...

貿易統計14年8月~自動車を中心に米国向け輸出が減少

...(7月:前年比3.9%→8月:同▲1.3%)、輸入(7月:前年比2.3%→8月:同▲1.5%)ともに前年比で減少に転じたが、輸出の減少幅が輸入の減少幅よりも若干小さかったため、貿易収支は小幅ながら2ヵ月連続で前年よりも改善した。輸出の内訳を数量、価格に分けてみると、輸出数量が前年比▲2.9%(7月:同1.0%)、輸出価格が前年比1.6%(7月:同2.9%)、輸入の内訳は、輸入数量が前年比▲4.6%(7月:同▲0.3%)、輸入価格が前年比3.2%(7月:同2.7%)であった。輸出...

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も

...急速な落ち込み(前月比▲3.4%)の後としては弱い。製造工業生産予測指数は、14年8月が前月比1.3%、9月が同3.5%となった。生産計画の修正状況を示す実現率(7月)、予測修正率(8月)はそれぞれ▲2.1%、▲1.9%となった。生産計画自体は堅調だが、実現率、予測修正率の大幅なマイナスが続いており、計画時点の伸びは相当割り引いてみる必要がある。14年7月の生産指数を8月、9月の予測指数で先延ばしすると、14年7-9月期は前期比0.2%(4-6月期:同▲3.8%)と小幅ながら2四半期ぶりの増加となる。ただし、生産...

中国経済見通し~14年7.4%、15年7.2%、16年7.0%

...中国経済見通し~14年7.4%、15年7.2%、16年7.0% | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~14年7.4%、15年7.2%、16年7.0% 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国の2014年4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比7.5%増と1-3月期の同7.4%増から小幅な改善を示した。中国政府は7%が近...

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下

...:62.8%)と小幅低下し、78年2月以来の低水準となった。(詳細はPDFを参照)結果の評価:ヘッドラインは強いものの、労働参加率や賃金上昇率に懸念も9月の雇用増は再び20万人を超えるペースに回復した。8月に、月間20万人超の回復ペースを下回り、今年1月以降持続していた順調な回復ペースの変調が懸念されたが、それは杞憂だったことが示された。雇用の伸びは過去3ヵ月の平均が22.4万人、過去1年の平均が21.3万人であり、これまでの回復トレンドが持続していると判断できる。今月...

貿易統計14年7月~米国向け自動車輸出の落ち込みが続く

...の赤字となり、赤字幅は市場予想(QUICK集計:▲7,050億円、当社予想は▲7,472億円)を大きく上回った。ただし、輸出が前年比3.9%(6月:同▲1.9%)と2ヵ月ぶりの増加となる一方、輸入が前年比2.3%(6月:同8.4%)と伸びが大きく鈍化したため、前年に比べた貿易収支は小幅ながら2ヵ月ぶりに改善した。季節調整済の貿易収支は▲10,238億円の赤字となり、6月の▲10,678億円とほぼ変わらなかった。輸出(6月:前月比2.2%→7月:同1.5%)、輸入(6月:前月比5.0%→7月:同0.6%)ともに2...

2017年9月18日GfK★フィードバック数:0エンタテインメント

2017年上半期 映像ソフト市場総括

...全て含む)は数量では前年比14%減の1,723万枚、金額では同10%減の826億円となった。 2016年通期ではやや改善された縮小幅が再び拡大する形となった。販売チャネル別金額構成比は、Eコマース58%、メディアストア27%、家電量販店6%となった。最大チャネルであるEコマースが前年通期から1%ポイント拡大した。ジャンル別金額構成比では、主要ジャンルである、音楽、邦アニメ、洋画がいずれも構成比を下げた(図1)。この一方で、「シン・ゴジラ」の発売があった邦画と、「逃げるは恥だが役に立つ」のBOX版が...

2017年5月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

4Kだけではない? テレビ市場が安定している理由

...数か月は、マイナス幅が1割前後と小幅にとどまる。平均単価も15年9月には5万7000円と高値となったが、17年3月には約4万円にまで下げている。このことから、非4K対応テレビの単価の下げが市場回復を後押ししている、とみることができる(図2)。また今後は、より4K対応製品の増加および大画面化が進むことで、メーカーシェアも変化することが予想される。2年前と比較すると、4K対応や大画面に強いパナソニックとソニーが躍進する一方で、シャープと東芝がシェアを落としている(図3)。シャープは当時4割以...

【インドネシア7-9月期GDP】前年同期比+5.0%~投資・輸出の不調で3期連続の減速に~

...)を公表した。実質GDPは前年同期比(原系列)5.0%と小幅に減速し、前期(同+5.1%)を下回った。インドネシアの2014年7-9月期のGDP成長率は5年ぶりの最低水準を記録した。成長率鈍化の主因が投資の減速と輸出の停滞にある。投資は、新政権の政策の不透明感や金利高止まりの影響で企業が慎重になっている。また、輸出も未加工鉱石の輸出制限措置 の影響でルピア安や海外需要の緩やかな拡大の恩恵を享受し切れずに停滞している。投資・輸出の低迷は、現時点でも大きな変化が見られていない上、年内...

2014年2月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2014年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

...ルも落ちつく時期です。そのため、昨年の消費意欲指数は1月から2月にかけて-10.2ポイントと大幅に低下、年間最低値を記録しました。それが今年、-2.2ポイントと小幅な低下に留まったのはなぜでしょうか。 ①消費意欲の低下が1月と2月に分散された 昨年の1月は、12月から-0.2ポイントとほぼ横ばいでした。一方、今年の1月は、前月比-4.7ポイントと、1月の時点で大きく低下したため、1月から2月の低下が、昨年と比べて小さくなったと考えられます。 ②消費税増税を控えた消費意欲が進行 消費意欲指数の理由として、「増税...

家計調査15年4月~消費支出は消費増税直後の水準をさらに下回る

...当たり)は14年12月の前年比0.9%から15年1月が同0.6%、2月が同0.1%と伸び率の鈍化が続き、3月には同0.0%の横這いとなった。所定内給与の伸びは15年に入りようやくプラス圏に浮上したが、景気減速に伴う残業時間の減少から所定外給与の伸びがマイナスとなったことが賃金の下押し要因となっている。15年春闘では昨年を上回る賃上げが実現したため、15年度の所定内給与は14年度の前年比▲0.2%から小幅な増加に転じることが予想されるが、改定後の賃金が支給されるのは5月以降の企業も多いため、実際...

2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ

...価格下落の影響で石油・石炭が前年比▲27.0%の大幅減少となったことなどから、全体では前年比▲3.9%の減少となった。売上高経常利益率は14年1-3月期の5.2%から5.4%へと若干改善したが売上高の落ち込みをカバーするには至らなかった。原油価格下落の効果から変動費要因は利益率を押し上げたが、人件費、減価償却費要因がマイナスとなったため、売上高経常利益率の改善は小幅にとどまった。非製造業の売上高は情報通信業(前年比9.0%)、運輸・郵便業(同17.8%)が高い伸びとなったものの、個人...

家計調査14年11月~個人消費は緩やかな持ち直しが続く

...減となったことが現金給与総額を大きく押し下げており、これは一時的なものと考えられる。所定内給与と所定外給与を合わせた定期給与は前年比0.1%と小幅ながらプラス伸びを維持している。12月は企業業績の改善を背景に特別給与が大きく増加し、現金給与総額も増加に転じる可能性が高い。ただし、所定内給与が前年比0%台前半の伸びにとどまっていること、消費増税後の景気減速に伴い所定外給与が減少に転じていることから、名目賃金の伸びが大きく加速することは期待できない。原油価格下落に伴う消費者物価上昇率の鈍化は実質所得の押し上げ要因として働くが、実質...

2015年3月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年3月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

...の買い物などを含む「季節的な出費、意欲アップ」に関する意見が前年よりも多く挙がっています(14年53件→15年146件)。昨年は増税前の駈け込みで季節的な消費よりも、家電やパソコンなどの耐久消費財や化粧品などに矛先が向かっていましたが、今年は駆け込みの影響がなくなったため、季節消費が消費意欲上昇に貢献したようです。 ただし、今年の上昇幅(+2.0ポイント)は昨年までに比べて小幅です(前月比:13年+5.1ポイント→14年+5.2ポイント→15年:+2.0ポイント)。 消費意欲の理由では、消費税増税、物価上昇・円安...

2015年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年10-12月期~企業収益好調も、設備投資、人件費の抑制姿勢は変わらず

...四半期連続で増加したが、7-9月期の同5.5%からは伸びが鈍化した。季節調整済の設備投資(ソフトウェアを除く)は前期比0.6%(7-9月期:同3.0%)と2四半期連続の増加となったが、経常利益の伸びが大きく高まっているのとは対照的に伸び率は大きく鈍化した。製造業は前期比1.8%(7-9月期:同10.1%)と増加を維持したが、非製造業が同▲0.1%(7-9月期:同▲0.5%)と小幅ながら2四半期連続の減少となった。企業収益は消費増税後も好調を維持しているが、設備...

中国経済見通し~利下げ後の見通し改定

...%、純輸出0.8%)。今後の中国経済を見る上では、(1)純輸出のプラス寄与が今後も持続するか、(2)住宅販売の低迷は今後も続くか、以上2点が重要なポイントになると考えている。中国経済のひとつの牽引役である輸出は10月も前年同月比で2桁の高い伸びを維持している。来年以降も欧米先進国の景気回復は続くと見られることから中国の輸出も回復傾向を維持できると見ている。但し、今年は輸出の伸びに比べて輸入の伸びが低めとなり、純輸出が経済成長率を大きく押し上げたが、来年以降の純輸出は小幅な寄与に戻るだろう。個人...

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ

...造業(1-3月期:前年比▲1.5%→4-6月期:同5.6%)が3四半期ぶりの増加となったことが、全体を押し上げた。設備投資は小幅ながらもようやく増加に転じたが、企業収益が急回復していることからすれば、企業の設備投資意欲は依然として弱い。足もとの設備投資の水準はキャッシュフローを大きく下回り、減価償却費並みとなっている。7-9月期はこれまで出遅れが目立っている製造業の設備投資が持ち直しに向かうことで設備投資全体の伸びも高まることが予想されるが、企業...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計12年12月~雇用情勢は依然厳しいが、春以降は改善へ

...求人倍率の先行指標である新規求人倍率は前月から横ばいの1.31倍となった。新規求人数は前月比0.5%と小幅ながら3ヵ月連続で増加した。12年12月の雇用関連統計は「労働力調査」が非常に厳しい内容となる一方、「一般職業紹介状況」ではすでに労働需給の悪化に歯止めがかかりつつあることを示すものとなった。雇用情勢は景気に遅れて動く傾向があるため、しばらくは厳しい状況が続くことが見込まれるが、足もとの景気底打ちを反映し、春以降には徐々に改善の動きが明確となる可能性が高いだろう。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産...

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢

...なった。新規求人数は前月比▲0.1%と小幅な減少となったが、新規求職申込件数が前月比▲1.4%とそれを大きく上回る減少となったことが、求人倍率の改善に寄与した。新規求人数を産業別に見ると、卸売・小売業(前年比12.7%)、建設業(前年比17.1%)が大幅な増加となる一方、製造業は前年比▲2.0%と11ヵ月連続で減少した。ただし、製造業の減少幅は2月の前年比▲8.9%、3月の同▲4.3%からは縮小しており、下げ止まりの兆しが見られる。景気の回復基調が明確となってきたことを反映し、雇用情勢は改善しており、不振...

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ

...%から同3.7%へと高まった。また、テレビ(4月:前年比▲16.4%→5月:同▲9.6%)、ビデオレコーダー(4月:前年比▲33.7%→5月:同▲22.2%)、パソコン(デスクトップ型)(4月:前年比5.8%→5月:同12.0%)の上昇幅拡大などから、教養娯楽用耐久財の下落幅が4月の前年比▲12.8%から同▲7.1%へと縮小したことがコアCPIを0.1ポイント程度押し上げた。なお、テレビは5月の東京都区部では前月比14.5%の急上昇となっていたが、全国では前月比1.5%の小幅な上昇にとどまり、前年...

鉱工業生産13年1月~景気の底打ちを再確認

...全ての業種が前月比で上昇となっているのに対し、3月は情報通信機械、電子部品・デバイス等5業種が前月比で低下となっている。ただし、いずれも2月の上昇幅に比べれば3月の落ち込みは小幅にとどまっている。また、生産底打ちの主因となった輸送機械は2月まで前月比5.5%と好調を維持した後、3月は同▲3.3%と減少に転じる見込みとなっているが、12月から2月までの3ヵ月で約20%の高い伸びとなった後(2月は予測指数で先延ばし)であること、1月の実現率(1.2%)、2月の予測修正率(2.2%)がともにプラスとなっていることからすれば、増加...

貿易統計13年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.2%程度のプラスに

...期連続の減少となったが、米国向けが米国経済の堅調を反映し3四半期ぶりに増加に転じ、アジア向けも新興国経済の回復を背景に小幅ながら4四半期ぶりの増加となった。ただし、中国向け輸出は日中関係悪化の影響が長引いていることもあり、自動車を中心に大幅な減少が続いている。1-3月期の輸出数量指数は全体では4四半期連続の減少となったが、マイナス幅は10-12月期から縮小しており、月次ベースでは3月は前月比1.5%と7ヵ月ぶりの増加となった。円安による輸出数量の改善効果が顕在化し始めたとみることができるだろう。ただし、現時...

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6キャリアとスキル

雇用関連統計13年2月~雇用情勢は持ち直しているが、製造業の不振が続く

...倍となった。新規求職申込件数が前月比▲0.1%と小幅な減少となる一方、新規求人数が前月比1.5%と4ヵ月連続の増加となった。新規求人数を産業別に見ると、卸売・小売業(前年比10.4%)、建設業(前年比6.5%)、情報通信業(前年比4.5%)などが増加を続ける一方、製造業は前年比▲8.9%と大幅な減少が続いている。雇用情勢は全体としては持ち直しているが、昨年春以降の生産活動の落ち込みを反映し製造業の雇用は大幅な減少が続いている。鉱工...

2015年8月5日パーク24★★フィードバック数:0社会/政治

「路上駐車」に関する意識調査

...がわかりました。昨年度の同様の調査では94%となっており、6ポイント下がりました。 【2年以内の路上駐車経験】 また、2年以内に路上駐車をした経験があると回答した方は41%でした。小幅ながらも、2013年度から減少傾向となっております。 【路上駐車をした理由】 路上駐車をした理由については、「駐車場にとめるほどの時間ではなかったから」が55%で最多となりました。この他、「近くに駐車場がなかった」32%、「駐車場が満車だったから」5%という回答が多くなり、この傾向には変化がありませんでした。クル...

2014年4~6月期のGDP(1次速報)結果

...減によって住宅着工件数が急減していることを反映して、同-10.3%と2桁の落ち込みとなった。企業部門では、設備投資が前期比-2.5%と5四半期ぶりにマイナスに転じた。前期に急増した反動もあってマイナスとなったが、落ち込み幅は比較的小幅にとどまっており、企業業績が好調に推移する中、企業の設備投資マインドが急速に冷え込んでいるわけではなさそうである。一方、在庫投資の実質GDP成長率に対する前期比寄与度は+1.0%と急上昇した。1~3月期に駆け込み需要によって在庫が減少したことへの反動増もあるが、それを勘案しても増加幅が大きく、需要...

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>

...は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期の遅れや頻度がしばしば課題となる。APIRでは、足下...

日本経済(週次)予測(2014年6月16日)<公共投資の拡大や貿易収支改善で、今後4-6月期のマイナス成長率幅の縮小が期待できる>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年5月26日)<4 月貿易赤字の縮小で、4-6 月期のマイナス成長は幾分緩和>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年5月13日)<大幅な駆け込み消費が純輸出の落ち込みを相殺し、1-3 月期の実質成長率(最終予測)は+4.5%>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

関西経済月次分析(2014年3月-4月)

...対立の行方や消費増税の影響など景気の先行きに対するリスクの高まりがある。 3.関西の実質GRP成長率を2019年度+0.7%、20年度+0.4%と予測する。前回の予測結果と比べて、19・20年度とも下方修正とした(それぞれ-0.1%ポイント、-0.2%ポイント)。域外需要、特に輸出を見直したためである。なお標準予測に対するリスクとして、米中対立に伴う中国経済の鈍化および影響の長期化、消費増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また...

日本経済(週次)予測(2014 年4月21日)<1-3 月期は公的需要、純輸出の貢献は期待薄で、民間需要のみが成長を牽引する>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年6月10日)<4 月の消費総合指数の大幅低下で、4-6 月期のマイナス成長は更に下方修正>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年4月)<1-3月期、純輸出のマイナス寄与度は再び拡大し、結果、実質成長率は2%台に減速>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年5月5日)<駆け込み需要の影響が本格化し、生産サイドの1-3月期実質成長率予測は 6%台に急上昇>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年6月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年5月)<4-6月期マイナス成長は不可避だが、マイナス幅の拡大・縮小は純輸出の動向に依存>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年5月19日)<4-6 月期は-5%近くのマイナス成長を予測>

...は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期の遅れや頻度がしばしば課題となる。APIRでは、足下...

関西経済月次分析(2014年4月-5月)

...対立の行方や消費増税の影響など景気の先行きに対するリスクの高まりがある。 3.関西の実質GRP成長率を2019年度+0.7%、20年度+0.4%と予測する。前回の予測結果と比べて、19・20年度とも下方修正とした(それぞれ-0.1%ポイント、-0.2%ポイント)。域外需要、特に輸出を見直したためである。なお標準予測に対するリスクとして、米中対立に伴う中国経済の鈍化および影響の長期化、消費増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また...

日本経済(週次)予測(2014年4月7日)<大雪が操業に影響し2月の鉱工業生産指数は低下するも、資本財出荷指数は好調を維持>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年4月14日)<大雪の影響で2月の民間消費は一時的に減速するも、1-3月期経済は高成長が期待できる>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年3月)<2 月の企業向けサービス価格指数、労働市場の逼 迫を反映し、脱デフレ色強まる>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2014年3月24日)<2月の貿易赤字は前月比縮小し、結果、1-3月期実質成長率予測は再び4%台へ>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

関西経済月次分析(2014年2-3月)

...対立の行方や消費増税の影響など景気の先行きに対するリスクの高まりがある。 3.関西の実質GRP成長率を2019年度+0.7%、20年度+0.4%と予測する。前回の予測結果と比べて、19・20年度とも下方修正とした(それぞれ-0.1%ポイント、-0.2%ポイント)。域外需要、特に輸出を見直したためである。なお標準予測に対するリスクとして、米中対立に伴う中国経済の鈍化および影響の長期化、消費増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2014年1月-2月)

...対立の行方や消費増税の影響など景気の先行きに対するリスクの高まりがある。 3.関西の実質GRP成長率を2019年度+0.7%、20年度+0.4%と予測する。前回の予測結果と比べて、19・20年度とも下方修正とした(それぞれ-0.1%ポイント、-0.2%ポイント)。域外需要、特に輸出を見直したためである。なお標準予測に対するリスクとして、米中対立に伴う中国経済の鈍化および影響の長期化、消費増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年2月24日)<1月貿易統計により日銀の成長率の見方にダウンサイドリスク高まる>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第98回景気分析と予測<10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.2%、14年度+0.5%、15年度を+1.1%と予測>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第21回 関西エコノミックインサイト<関西経済は足下回復も先行きは純輸出の動向に依存― 企業は貿易構造の変化に対応できるか ―>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ