「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

2014年3月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年2月)<駆け込み需要の影響色濃い1月統計、1-3月期成長率は先週から上方修正される>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2013年10月7日)<9月短観販売価格判断DI、卸売・小売5年ぶりプラスに転じる。消費増税の価格転嫁には追い風。>

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2013年8月5日)

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

日本経済(週次)予測(2013年9月23日)

...増税の影響が考えられる。 4.実質GRP成長率に対する各需要項目の寄与度を見ると、2019年度は民間需要が+0.5%ポイントと、前年度に比べると幾分小幅となるが、景気を下支えする。また公的需要も政府の消費税対策の影響から+0.3%ポイントと成長に貢献する。一方域外需要は-0.1%ポイントと成長抑制要因となる。20年度は民間需要+0.3%ポイント、公的需要+0.3%ポイント、域外需要-0.1%ポイントとなる。前年度と似た傾向の成長パターンとなるが、民需の貢献はやや小さくなる。 5.地域経済統計の確報値公表について、時期...

市場データです。

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小

....6万tが2014年には3.3万tまで縮小し、2015年にはさらに2.3万tにまで改善される見込みとしている。中国の鉛輸入量が依然拡大している中で、ペルーのLa Oroya銅・亜鉛・鉛製錬所が操業停止、米国の鉛二次製錬所も閉鎖が相次いでいるが、ボリビアのKarachipampa鉛・銀製錬所が2014年9月に稼働開始したことが主な要因となって、2015年は供給不足幅が縮まる見込みとなっている。1-2. 鉛需給動向―鉱石・地金ともに生産量増加、中国鉛消費の伸びは小幅― 鉛の鉱石生産量、地金...

景気分析です。

第104回景気分析と予測

...民間在庫品増加は実質GDP成長率を+2.0%ポイント押し上げた。内需の寄与度の2/3が在庫投資であり、これによって成長率が嵩上げされており、中身に乏しい結果となった。1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2015年度+1.7%、16年度+2.0%と予測する。14年度のマイナス成長から2%を目指す回復となる。前回(第103回)予測に比して、15年度を0.2%ポイント、16年度を0.1%ポイントそれぞれ下方修正した。14年度成長率が小幅下方修正された理由は、純輸出の下方修正による。米国...

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―

...は上昇基調が続いている。1月の大型小売店販売は7カ月連続の前年比プラスで小幅改善を続けているものの、百貨店では前年増税前の駆け込み需要の影響がみられ、減少に転じた。1月の新設住宅着工戸数は5カ月連続の前年比大幅減。持家と貸家、分譲が全て減少した。1月の有効求人倍率は横ばい。2カ月続いた改善傾向が一服したが、インバウンド需要への対応から卸売・小売業や宿泊業で新規求人が増加。失業率は上昇したが非労働力人口減少と就業者数増加がみられる。2月の公共工事請負金額は前年比-18.3%と4カ月連続の大幅減。公共...

Kansai Economic Insight Monthly Vol.24

...ラスを維持したものの、前月から大幅低下。賃金は上昇基調が続いているものの、先行き判断は4月を待つ必要がある。2月の大型小売店の販売額は8カ月連続の前年比プラスとなったが、消費の回復は弱い。2月の新設住宅着工戸数は6カ月連続の前年比マイナス。持家と貸家は減少したが、分譲は6カ月ぶりのプラスとなった。2月の有効求人倍率は、3カ月連続で前月比横ばい。一方、失業率は非労働力人口の増加により、小幅低下となった。3月の公共工事請負金額は前年比-14.9%と5カ月連続の大幅減。公共工事受注は停滞している。2月の建設工事は前年比-0...

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>

...日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光...

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第103回景気分析と予測

...如何に消費増税の影響が大きかったかをこれらは示している。3. 10-12月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度-0.9%、15年度+1.9%、16年度+2.1%と予測する。前回(第102回)予測に比して、14年度を0.1%ポイント下方修正、15年度を0.1%ポイント、16年度を0.7%ポイントそれぞれ上方修正した。4. 14年度成長率を小幅下方修正した理由は、景気はすでに回復局面に転じたものの足下の回復が緩やかなものにとどまったためである。しかし、先行き見通しは明るい。5. 15年度...

関西経済月次分析(2014年11-12月)

...府4県、関西コアともに7カ月連続のプラスとなり、伸びは前月から加速。10月の大型小売店販売額は4カ月連続の前月比プラス。百貨店も4カ月連続のプラス。スーパーは3カ月連続のプラス。消費は増税後緩やかながら改善を続けている。10月の新設住宅着工戸数は前年月-27.3%と2桁減が2カ月続いた。持家、貸家、分譲がそれぞれ同20%超の大幅減となった。10月の有効求人倍率は2カ月ぶりに改善し、6-8月と同程度の高水準。新規求人倍率は改善が続いており、雇用情勢は堅調。失業率は非労働力人口増加により、前月から小幅...

日銀短観(2014年9月調査)

...ターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業紹介企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 このサイトでは、利用者の利便性向上のため、 また各機能を適切に動作させる目的で クッキーを使用しています。 業況判断は大企業製造業で小幅改善するも、大企業非製造業では悪化本日発表された日銀短観(9月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014年6月調査)から1...

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増19.2万、寒波は乗り越えた

...幅は2月からわずかに縮小し、また市場予想の+20.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)もやや下回った。しかし、前月や前々月の数値が大幅に上方修正されていることなどを考慮すれば、むしろ堅調さが裏付けられた内容だったと言える。失業率は6.7%(前月:6.7%、市場予想:6.6%)で前月から横ばいとなり、小幅改善を見込んでいた市場予想よりもやや悪い結果となった。しかし、失業率が横ばいとなった主因は労働参加率の改善であり、就業者は順調に増えている。こちらも労働力人口が増加し、就業...

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存

...の出荷動向を見ると、設備投資のうち機械投資の一致指標である資本財出荷(除く輸送機械)は14年10-12月期の前期比2.7%の後、15年1-3月期は同1.2%と3四半期連続で増加した。また、建設投資の一致指標である建設財出荷は14年10-12月期の前期比▲2.6%の後、15年1-3月期は同0.3%と4四半期ぶりに増加した。GDP統計の設備投資は14年4-6月期に前期比▲5.0%と大きく落ち込んだ後、7-9月期が同▲0.2%、10-12月期が同▲0.1%と小幅ながら3四半期連続の減少となったが、15年1-3月期...

日本経済(週次)予測(2014年10月6日)<9月短観の景況感回復もたつく、7-9月期の景気予測と整合的>

...日に増加に転じ、8月以降急増した(感染第5波)。足下では第4波のピークを大幅に上回った。感染拡大を受けた商業施設の入場制限などにより、消費への下押し圧力が強まろう。 ・6月の鉱工業生産は化学工業(除.医薬品)や汎用・業務用機械工業の増産で、2カ月ぶりの前月比上昇。4-6月期は4四半期連続で上昇し、コロナ禍の影響が表れ始めた頃の水準を上回った。 ・6月の完全失業率は2カ月連続の小幅改善。4月の大幅悪化の影響もあり4-6月期は2四半期ぶりの悪化。6月の有効求人倍率は2カ月連続の改善、四半期ベースでも2...

2019年12月23日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「玩具業界」業績動向調査

...27.8%)だった。成熟市場に入った「玩具業界」で、小幅ながらも売上を伸ばす企業がある一方、業績が低迷する企業も混在し、業界内の二極化は拡大している。製造業、卸売業は増加傾向、小売業は伸び悩む 玩具業界を牽引しているのは製造業だ。前期は2兆2,126億円(前年同期比41.0%増)と急増した。この要因の1つには、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(2017年3月3日発売)やソフト販売が好調だったことがある。卸売業は最新期5,875億円(同2.2%増)で、製造...

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

日本経済(月次)予測(2014年10月)<7-9 月期の実質成長率予測:市場コンセンサス、超短期予測に近づく>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

日本経済(週次)予測(2014年11月11日)<7-9月期実質成長率の最終予測は前期比年率+2.5%>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

アジア経済概況(2014年9・10月)

...の実質GDP成長率は+3.6%に鈍化4.韓国経済の概況・・・7-9月期の成長率は前期比加速も前年比では鈍化II.ASEAN・インド1.タイ経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+0.6%に持ち直し2.インドネシア経済の概況・・・7-9月期の成長率は+5.0%に小幅鈍化3.マレーシア・フィリピン・シンガポールの主要経済指標4.ベトナム経済の概況・・・7-9月期の成長率は+6.19%に加速5.インド経済の概況・・・7-9月期の実質GDP成長率は+5.3%に鈍化III.アジア通貨・株価動向 三菱UFJ...

2016年7月2日MasterCardフィードバック数:0マーケティング

2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」

...商品小売業の販売額成長率の過去3ヶ月の平均は、第1四半期の平均値をわずかに上回りました。5月の電気製品の販売額は、季節調整済前月比で増加したものの、前年同期比では減少となりました。現在の厳しい景気環境により、今後数ヶ月は引き続き小幅な減少を見込んでいます。MasterCard AdvisorsのMarket Insights部門シニア・バイス・プレジデント、サラ・クインラン(Sarah Quinlan)は次のように述べています。「日本の消費者が極めて消費に消極的であるのに加え、世界経済の鈍化に伴い、訪日...

2016年2月10日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2015年、ハイレゾオーディオ機器の販売動向

...好調で、前年から構成比を5%ポイント拡大し27%を占めた。【2016年展望】2016年も映像ソフト市場全体では減少傾向が続き、販売数量は4,000万枚をやや下回ると予測する。しかしながら、Blu-rayソフト市場は劇場公開作品を中心に再び成長軌道に乗り、プラス成長を遂げると見込む。映像ソフト市場の金額規模は2015年を下回るものの、Blu-rayシフトに伴う平均価格の上昇に支えられ、縮小は小幅となるだろう。 ※1. 全国の映像ソフト取扱店(メディアストア、家電量販店、総合量販店、Eコマース等)にお...

2013年7~9月期のGDP(2次速報)予測

...大きく修正されることはないと予想される。もっとも、今回は2011年度の確々報値および2012年度の確報値も発表されるため、過去の実績分も修正されることになる見込みである。このため、前期比の伸びが同じであったとしても単純な比較はできない。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.2%から同-0.1%に小幅下方修正されると見込まれるほか、在庫投資も、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は+0.4%から+0.3%に下方修正されるであろう。一方、公共投資は、9...

日本経済(週次)予測(2013年10月28日)<低調にとどまった9月貿易統計により、7-9月期実質GDP成長率は2%台に減速。>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

2014年2月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2014年1月27日)<10-11月期の産業活動指数は好調な景気の現況判断指標を裏付けている>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

第97回 景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.7%、14年度+0.3%、15年度を+0.9%と予測>

...ビス消費の持ち直しが期待される。一方、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の...

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

関西経済月次分析(2013年11、12月)

...28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月連続、実質で7カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅...

日本経済(週次)予測(2014年1月13日)<景気の先行き期待感は今後しばらく高水準で推移>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

日本経済(週次)予測(2014年1月20日)<10-12月期、民間最終消費支出は加速し、民間企業設備は拡大に>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>

...たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月...

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

...通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月連続、実質で7カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅にとどまった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少。賃金は依然低調である。 ・8月の大型小売店販売額は2カ月ぶりの前年比減少。急激な感染拡大と緊急事態宣言発令による外出自粛や長雨が影響し、百貨...

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>

...ビス消費の持ち直しが期待される。一方、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の...

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>

...ビス消費の持ち直しが期待される。一方、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の...

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

...入ともに回復・貿易黒字の定着には至らず・1-3月期の外需寄与度は4四半期ぶりのマイナスに財務省が4月22日に公表した貿易統計によると、15年3月の貿易収支は2,293億円の黒字となった。輸出が前年比8.5%(2月:同2.5%)と前月から伸びを大きく高める一方、輸入の減少幅が2月の前年比▲3.6%から同▲14.5%へと拡大したため、貿易収支は前年に比べ16,794億円の大幅改善となった。季節調整済の貿易収支は33億円(2月は▲5,732億円の赤字)と小幅ながら4年1ヵ月ぶりの黒字となった。輸出が前月比3.7%(2...

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

...通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月連続、実質で7カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅にとどまった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少。賃金は依然低調である。 ・8月の大型小売店販売額は2カ月ぶりの前年比減少。急激な感染拡大と緊急事態宣言発令による外出自粛や長雨が影響し、百貨...

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>

...通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月連続、実質で7カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅にとどまった。コロナ禍の影響がない前々年比はいずれも減少。賃金は依然低調である。 ・8月の大型小売店販売額は2カ月ぶりの前年比減少。急激な感染拡大と緊急事態宣言発令による外出自粛や長雨が影響し、百貨...

2015年4月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要

...率は改善基調が持続しているとみられる。もっとも、FRBが労働市場の緩みを判断する上で注目している労働参加率は62.7%と2ヵ月連続で低下しており、こちらは労働市場の緩みが改善している兆候がみられない。最後に3月の時間当たり賃金は、24.86ドル(前月:24.79ドル)となり、前月比で+0.3%増加したほか、前年同月比でも+2.1%(前月:+2.0%)増加しており、2月から小幅ながら伸びが加速した。もっとも、時間当たり賃金は、依然として前年同月比で2%近辺での推移が持続しており、賃金上昇率の明確な加速はみられていない。この...

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>

...ビス消費の持ち直しが期待される。一方、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の...

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>

...事態宣言解除の決定もあり今後センチメントは改善が予想されるため、サービス消費の持ち直しが期待される。一方、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染...

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

...たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月...

2015年2月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年1月)<10-12月期は外需、民需の回復で4%成長へ>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる>

...の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7...

日本経済(週次)予測(2015年2月9日)<10-12月期の実質成長率最終予測は前期比年率+3.9%>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

日本経済(週次)予測(2015年1月12日)<大幅原油安の影響で交易条件は改善、企業収益の改善が期待される>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

関西経済月次分析(2014年12月-2015年1月)

...28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2カ月連続の下落。雇用情勢は依然厳しい状況が続いている。 ・7月の関西2府4県の現金給与総額は名目で5カ月連続、実質で7カ月連続の前年比増加だが伸びは小幅...

日本経済(週次)予測(2015年1月19日)<10-12月期実質民間最終消費支出、緩やかながら前期より回復が期待できる>

...、中国の内需減速により対中輸出の不透明感が高まっている。 ・関西のCOVID-19の1日当たり新規陽性者数(7日移動平均)は、8月28日にピークを打ち、足下では低水準が続いている。時短要請など感染対策の解除により、今後は緩やかではあるものの、サービス消費の回復が見込まれよう。 ・8月の鉱工業生産は2カ月連続の前月比低下。世界的な半導体不足による電気・情報通信機械や輸送機械の大幅減産が影響した。 ・8月の完全失業率は4カ月連続の小幅改善だが、感染対策の影響で就業者の減少が続く。8月の有効求人倍率は2...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ