「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年4月号)

...ック後の資産内容の回復が遅れている金融機関もみられる。こうした金融機関では、着実に自己資本の強化に取り組んでいく必要がある。金融仲介活動は、前回レポート時と比べ、より円滑に行われるようになっている。金融機関は、国内外での貸出を積極化しているほか、有価証券投資においても、小幅ながらリスク・テイクを強める動きがみられる。金融資本市場を通じた金融仲介も活発になっている。こうしたもとで、企業・家計を取り巻く金融環境は、より緩和的になっている。金融機関の貸出は、中小企業向けを中心に伸びを高めており、業種・地域にも広がりがみられる。足もとの景気回復は、金融...

2018年3月19日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年 家電・IT市場動向」- 家電小売市場規模は前年から1%拡大

...ーダーは前年比2%減の200万台となった。前年の同11%減と比べると縮小幅は大きく改善している。シングルチューナー搭載機が数量前年比15%減、ダブルチューナー搭載機が同8%減とエントリー需要が縮小した一方で、トリプル以上のチューナー搭載機は同22%増となり、市場の29%を占めるまでに拡大した。サウンドバー/サウンドベースは前年比11%増の21万台となった。サウンドベースが縮小した一方でサウンドバーは数量前年比28%増と拡大した。スリ...

2014年7~9月期GDP(1次速報)の結果

...公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。個人消費は、4~6月期に駆け込み需要の反動減で同-5.0%と大きく落ち込んだ後、7~9月期は同+0.4%と小幅の伸びにとどまった。消費税率引き上げ後の反動減の動きが長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませ、消費意欲も減退させた可能性が高い。住宅投資も、反動...

2015年6月12日The World Bank Groupフィードバック数:0社会/政治

2015年、借入コストの増大、原油などの一次産品の価格下落が 途上国の移行を困難に

...までのところ原油安は経済活動の活性化に結び付いていない。多くの国が電力、運輸、灌漑などの基幹インフラ・サービスが慢性的に不足し、政治不安や、悪天候に起因する大洪水や干ばつに悩まされているからだ。信頼低下とインフレ率上昇が足かせとなっているブラジルでは、2015年の成長率が、今年1月の予測から2.3ポイント落ち込み、1.3%のマイナス成長となる見通しだ。ロシア経済は、原油安と経済制裁の打撃を受け、2.7%のマイナス成長が予測されている。メキシコのGDP成長率は、米国の経済活動の一時的鈍化や原油安が成長を圧迫するため、より小幅な2.6%にと...

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>

...連続の同減少。所得環境は悪化が続いている。 ・7月の大型小売店販売額は10カ月連続の前年比減少。新型コロナウイルスの感染再拡大による外出自粛、長雨の天候不順などの影響によって、消費の回復は足踏みしている。 ・7月の新設住宅着工戸数は小幅増加し、2カ月ぶりの前月比増加。うち貸家と分譲マンションの寄与が大きい。 ・7月の建設工事出来高は2カ月ぶりの前年比減少となった。8月の公共工事請負金額は3カ月連続の増加となった。 ・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月連続で前月比改善。新型...

2014年8月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年4~6月期1次QE概要

...%Pt)も小幅に増加。他方、消費増税の影響などから民需(寄与度▲2.9%Pt)が大幅に減少○ 7~9月期は年率+4%前後のプラス成長に復すると予測。個人消費の反動減が徐々に薄れる中で、公共事業の進捗も下支えとなる見通し駆け込み需要の反動な本日、内閣府が発表した2014年4~6月期の実質GDP成長率(1次速報)どから、前期比年率は前期比▲1.7%(年率▲6.8%)の大幅なマイナス成長となった(図表)。▲6.8%の大幅なマイナマイナス成長の主因は、消費...

2014年3月2日アジア太平洋研究所★フィードバック数:0社会/政治

前例振り返りです。

1997年の消費税率引き上げが関西経済へ与えた影響

...金給与総額の伸びは前月から加速。賃金は上昇基調が続いている。 1月の大型小売店販売は7カ月連続の前年比プラスで小幅改善を続けているものの、百貨店では前年増税前の駆け込み需要の影響がみられ、減少に転じた。 1月の新設住宅着工戸数は5カ月連続の前年比大幅減。持家と貸家、分譲が全て減少した。 1月の有効求人倍率は横ばい。2カ月続いた改善傾向が一服したが、インバウンド需要への対応から卸売・小売業や宿泊業で新規求人が増加。失業率は上昇したが非労働力人口減少と就業者数増加がみられる。 2月の公共工事請負金額は前年比-18.3%と4カ月...

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

...事業の育成や事業再生にも着実に取り組んでいる。国内貸出は、幾分伸びを高めており、徐々に地域・業種の広がりもみられる。この間、資金需要が緩やかな増加にとどまっていることを映じて、貸出利鞘の縮小が続いている。海外では、本邦企業の国際展開の支援等に積極的に取り組んでおり、海外貸出は高い伸びを続けている。有価証券投資では、高水準の円債残高を維持しつつ投資信託等を積み増すなど、小幅ながらリスク・テイク姿勢を強めている。この間、金融資本市場を通じる金融仲介は、エクイティ・ファイナンスが引き続き高水準で推移するなど、良好な発行環境が維持されている。こう...

2014年6月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

...により空室率の上昇は0.5%に収まり4.5%の低水準となった。2014年第1四半期の東証REIT指数(配当除き)は、概ね1,400ポイント台後半の狭いレンジで推移した。市場の騰落率は前年末比▲3.3%となったものの、東証株価指数(▲7.6%)や不動産セクター(▲18.9%)と比べて下落率は小幅にとどまる。3月末時点の時価総額は7.6兆円、分配金利回りは3.8%(対10年国債スプレッド3.2%)となった。J-REITによる第1四半期の物件取得額(引渡しベース)は4,323億円で、過去最高を記録した昨年第1四半...

2017年8月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2017年3月期決算 総資金利ざや」調査

...同期より「総資金利ざや」が縮小した。「総資金利ざや」の縮小幅が最大だったのは、前期から半減した豊和銀行の0.26ポイント縮小(0.52→0.26%)。次いで、福島銀行の0.16ポイント縮小(0.09→▲0.07%)、福邦銀行の0.14ポイント縮小(0.13→▲0.01%)、鳥取銀行の0.13ポイント縮小(0.13→0.00%)の順。利ざや縮小の上位は、第二地銀が目立った。一方、「総資金利ざや」が前年同期より拡大したのは約3割にあたる34行(構成比29.8%、前年同期41行)で、前年同期より7行減少した。個別...

2017年7月19日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

一般用医薬品の国内市場を調査

...ドリンク剤ドリンク剤は、若者のドリンク剤離れや新規ユーザーの開拓に苦戦している企業も多く、縮小が続いている。2016年は、参入各社において実績回復に向けた製品コンセプトの見直しや新たな施策など前向きな取り組みが行われた年でもあり、前年と比較すると市場縮小は小幅となった。今後も市場縮小が続くと予想される。ミニドリンク剤は、2013年以降景気回復の兆候が見え始めたことから高価格帯の製品が好調である。2016年は、高価格帯製品の伸びに落ち着きがみられたものの、効果や機能性の高さを謳った製品が積極的に投入され好調だった。しか...

コモディティ・レポート (2015年1・2月)

...旬をピークに下落傾向で推移した後、小幅反発している。マクロ経済環境をみると、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念された状況は一服している。今後、米国を中心に世界景気の底堅さが確認されるとともに、コモディティ市況は上昇するとみられるが、反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: 下落後、やや持ち直し国際指標とされるブレント原油は下落傾向が続き、1月13日には一時45.19ドルの安値をつけた。その後、反発に転じ、2月中旬以降は、60ドル前後で推移している。原油需給、米国の金融政策、OPECの動...

2016年12月1日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2016年度上期国内パソコン出荷概要

...規模に回復していくと見ている。個人市場は、ここ数年、モバイル通信キャリアが0円に近い価格でスマートフォンやタブレットを提供し続けたことで、ライトユーザーを中心にパソコンの買い替えが大きく鈍ってきたが、その状況が改善されれば縮小幅はさらに小さくなるだろう。ただし、タブレット需要自体も鈍っており、パソコン市場も根本的な需要喚起にはこれまでの提案、すなわちPCとしてもタブレットとしても利用できる2in1製品といった範疇を超えた提案が重要となろう。具体的には音楽や映像といったエンターテインメントはもちろんのこと、住宅や白物家電、食品...

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「病院・診療所」、「調剤薬局」の業績動向調査

...続で増収となった。増収率は、病院・診療所の1.3%増を大きく上回り、薬の調剤を病院から院外の薬局で行う「医薬分業」を背景に新規出店が進んだ効果と見られる。利益合計は365億円(前期比4.1%減)で、前期の4.2%減に続き減益だった。ただ、減益率は病院・診療所より小幅だった。調剤薬局672社の赤字は95社で構成比は14.1%にとどまったが、前期(77社)から23.3%増加した。調剤薬局の赤字率は、病院や診療所の半分以下にとどまり、高めに設定された薬剤師の技術料を含む調剤基本料が影響していると見られる。ただ、中小...

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

...日本の消費税率が引き上げられたことがその一因だが、15年1月以降は消費税の影響を除いても日本の消費者物価(総合)のほうが上昇率が高くなっている。昨年秋以降の原油価格急落に伴い上昇率が大きく低下しているのは日米共通だが、米国が15年に入りマイナスに転じたのに対し、日本は小幅ながらもプラスの伸びを維持しているのだ。直近(15年5月)の消費者物価(総合)は日本が前年比0.5%、米国が同0.0%であった。(日米逆転の主因はエネルギー価格の違い)日本の物価上昇率が米国よりも高くなっている主因は、エネルギー価格の下落率が小さいことだ。米国...

日銀短観(2015年3月調査)結果

...判断は大企業製造業で横ばい、大企業非製造業で緩やかな改善が続く本日発表された日銀短観(3 月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014 年12 月調査)と同じ12 となった。素材業種は2 ポイント上昇の8、加工業種は1 ポイント上昇の15 と 小幅改善したものの、製造業全体で見ると横ばいにとどまった。素材業種では、原油価格の下落による コスト低下を受けて「化学」が9 ポイント上昇の16 と大きく改善した一方、「非鉄金属」が13 ポイン ト低下の14 と市況が弱含む中で業況感は悪化した。また、加工...

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

....2%から小幅ながら伸びが加速した。(経済見通し)15年の成長率は個人消費主導で2.9%に加速15年の成長率は、前年比+2.9%と14年(同+2.4%)からの加速を見込んでいる。その主な要因は、労働市場の回復等を背景に、個人消費の伸びが加速するとみられることである。雇用者の時間当たり賃金は前年比で2%程度の伸びに留まっており、加速がみられないものの、雇用者数の増加に弾みがついていることから、雇用者数の増加と合わせた雇用者報酬の伸びは前年比で5%近くまで上昇しており、消費...

2013年4~6月期GDP(2次速報)の結果

...上方修正された。名目成長率も、同+0.7%(年率+2.9%)から同+0.9%(年率+3.7%)に上方修正となった。なお、GDPデフレーターは、前年同期比-0.3%から同-0.5%に変更された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.8%から同+0.7%へ、住宅投資は前期比-0.2%から同-0.3%へ、それぞれ小幅下方修正された。設備投資は、1次速報時点では公表されていなかった法人企業統計調査において前期比+2.9%となったことを反映して、前期比-0.1%から同+1.3%に上...

日銀短観(2013年10月調査)

...ントの11と悪化に転じている。これまで好調が続いてきた「自動車」では、もともと先行きに対して慎重な姿勢を示す傾向があるが、円安による採算改善の効果が一巡することもあって、-14ポイントと大幅な低下を見込んでいる。大企業非製造業の業況判断DIは前回調査から2ポイント上昇の14と、製造業と比べ上昇幅は小幅にとどまったものの、景況感の改善が続いた。「建設」では、公共投資や住宅投資の増加を受けて業況は比較的大きく改善している。先行きについては、景気は持ち直しの動きが続くとみられるものの、景況...

2009年7月21日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資への不況の影響です。

2009年度IT予算は2008年度比平均27%減,3カ月前の調査より4ポイント・ダウン

...四半期の前年同期比減少率の大幅さに比べれば,2009年度予算の前年度比減少率は小幅」に見えるという構図は,前回2009年3月調査の結果の繰り返しにすぎない。依然としてIT予算削減の傾向は拡大し続けているという現状を直視すべきだ。 今回の2009年6月調査での「2009年度予算の前年度比増減率」についての回答の内訳は,前回2009年3月調査での回答の内訳に極めて近い。「前年度より(10%以上)予算が増加」側の選択肢の合計比率は8.2%で,2009年3月調査での9.8%,前々回2008年12月調査での10.1%から微減。「90%以上110%以内...

2010年2月8日日経BPフィードバック数:10企業情報システム

4Q予算、分野別では「SFA」「CRM」「仮想化」に回復の兆し

...~600万円と比較的小幅。増加した方では「運用・危機対策系」が2009年9月調査に比べ約2240万円増、「エンタープライズ・アーキテクチャー」が同約2100万円増、「CRM・顧客関連」が同約2080万円増と2000万円以上の大幅な伸びを示している。 2009年3月調査での1Q実績、すなわち2008年度末の四半期の予算平均額と比べて、2009年9月調査の3Q実績は比較可能な21分野すべてが上回ったが、今回2009年12月調査の4Q実績も同様に全21分野が1Q実績の平均値を上回った。 ■調査...

2009年8月3日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

ハード満足度は3月調査に続きデルとAPCが首位分ける,「不満足率」トップは日立とレノボ

...%→今回11.1%)。日立も「機能」の不満足率は前回調査とほぼ同じ,「サポート」の不満足率も小幅な増加(前回19.0%→今回20.6%)で,「価格」の不満足率が約6ポイント拡大した(前回32.0%→今回38.4%)ことが響いた。 ■調査概要日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,主要ベンダーに対する満足度を聞いた。前回2009年3月調査と同じく,まず「評価対象のベンダーを利用しているか」の設問を提示。そのうち「利用している」とし...

2021年12月17日インテージ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ2年目 「2021年、販売苦戦したランキング」

...回復傾向が見えた化粧品ですが、マスクにかかる部分は縮小幅こそ減ったものの苦戦が続きました(図表)。3位・ほほべに(72%)は需要が回復はせず、2年前に比べると販売金額は47%と半分を割りました。また2020年の販売苦戦ランキング1位となった口紅は、今年は6位で77%。昨年の55%減に比べれば減少幅は減少したものの、コロナ前と比べると市場規模は35%、約3分の1まで縮小しました。落ちにくくマスクにつきにくい口紅なども投入されていますが、本格的な回復は来年以降になりそうです。 図表4データ:SRI+ 集計期間:2021年1-10月...

2013年1~3月期のGDP(1次速報)結果

...が輸出数量を押し上げるようになるためには、まだまだ時間がかかりそうであり、外需寄与度は小幅のプラスにとどまろう。減少に歯止めのかかっていない設備投資も、企業業績の改善を受けて徐々に持ち直していくであろう。輸出や設備投資の増加によって、鉱工業生産は緩やかな増加基調を保つと考えられる。一方、円安によるマイナス効果も懸念される。円安による調達コストの上昇によって企業の利益を押し下げに寄与する。また、輸入物価の上昇は消費者物価の押し上げにつながると予想され、実質賃金の低下を通じて個人消費に悪影響を与えると考えられる。円安...

2011年11月29日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRによる投資動向調査です。

IT投資動向調査2012

...発生した東日本大震災によって多くの企業が事業戦略の見直しを迫られたことを考慮すれば、わずかとはいえプラス成長となったことを評価すべきといえます。しかし、2012年度に向けた予想では0.83と小幅な上昇にとどまっており、今後の国内企業のIT投資が低成長で推移することをうかがわせる結果となりました。 <参考資料2> IT投資指数の変化(2001~2012年度予想) 出典:「IT投資動向調査2012」ITR IT予算比率と戦略投資比率はともに上昇企業の売上高に占めるIT予算比率では、2011年度は2010年度を0.2ポイント上回る3.0%となり、5年振りに3%台に上りました。ただ...

日銀短観(2013年3月調査)結果

...業非製造業の業況判断DIは前回調査から2ポイント上昇の6と改善した。製造業と比べ海外景気の回復や円安の恩恵を受けにくい分、改善幅は小幅にとどまったが、内需の底堅さを反映して水準は7四半期連続でプラスを維持した。円安、株高の進行を受けて企業や消費者のマインドは好転しており、「小売」や「対事業所サービス」など多くの業種で景況感が改善している。先行きの業況判断DIは3ポイント上昇の9と、水準はさらに高まるとみられる。景気の回復を背景に、内需がさらに増加すると期待されているようだ。...

2019年10月24日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

紙袋市場に関する調査を実施(2019年)

...袋の販売量もほぼ横這い推移と予測する。中長期的に見ても、平袋は拡大基調で推移すると予測する。手提げ袋・角底袋については、PE袋の代替需要が創出されることにより上向く可能性はあるが、一方で、競合素材となるバイオプラスチックの存在感も高まることも考えられ、小幅な成長率にとどまる可能性もある。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】Aパターンセグメント別の動向2-1.手提げ袋2-2.角底袋2-3.平袋(食品分野で活用されている袋のみ)注目...

2014年6月12日浜銀総合研究所フィードバック数:0社会/政治

厚生労働省「平成25年度社会福祉推進事業(大都市圏の郊外住宅地における持続可能な地域づくりを通じた孤立予防に関する調査研究)」調査

...比年率-0.5%)と、1次速報値(1次QE)の同-0.2%(同年率-1.0%)から上方修正された(図表1)。内訳をみると、6月1日に財務省から公表された1~3月期の「法人企業統計」の結果などを受けて、在庫投資の寄与度(1次QE:前期比+0.2%ポイント→2次QE:同+0.5%ポイント)が0.3%ポイント上方修正されたほか、個人消費(1次QE:前期比-0.0%→2次QE:同+0.1%)も上方修正されて小幅な増加となった。その一方で、設備投資(同+0.5%→同-0.7%)が下...

2015年4月16日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国自動車市場(2015年3月)

....1%)も上方修正されて小幅な増加となった。その一方で、設備投資(同+0.5%→同-0.7%)が下方修正されて前期比マイナスに転じたほか、公共投資(同-3.6%→同-3.9%)なども下方修正された。・・・ 県民ボーナスの見通し : 2022年夏の県民ボーナスの見通し要約・民間企業に勤める神奈川県民1人あたりの今夏のボーナスは、2021年度企業業績の改善などを受けて前年比0.7%増の44.6万円になると予測した。雇用者数は前年比で増加し、支給対象者割合も前年を上回る見通しであることから、民間...

2014年4月16日浜銀総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アメリカ市場です。

米国自動車市場(2014年3月)

....1%)も上方修正されて小幅な増加となった。その一方で、設備投資(同+0.5%→同-0.7%)が下方修正されて前期比マイナスに転じたほか、公共投資(同-3.6%→同-3.9%)なども下方修正された。・・・ 県民ボーナスの見通し : 2022年夏の県民ボーナスの見通し要約・民間企業に勤める神奈川県民1人あたりの今夏のボーナスは、2021年度企業業績の改善などを受けて前年比0.7%増の44.6万円になると予測した。雇用者数は前年比で増加し、支給対象者割合も前年を上回る見通しであることから、民間...

関西経済月次分析(2014年5月-6月)

...人客の減少もあり、寄与度の伸びは小幅にとどまった(1.35%→1.47%)。(6) コロナ禍の影響により、2020年前半の訪日外客数はほぼ絶無であり、20年の訪日外国人消費は絶望的である。19年関西2府4県の訪日外客観光消費による付加価値波及は1兆678億円で、仮にこれがすべて消失すると、19年の関西名目GRPを1.23%押し下げることとなる。 1.2020年4-6月期の関西経済は、COVID-19の感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言の発令から、急速に悪化した。足下...

2014年2月3日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセンのデータです。

2013年第3四半期の世界の広告費動向

...別広告費のトップシェア(21%)を占め、成長を続ける一般消費財産業には、食品・飲料、化粧品や日用消耗品などが含まれますが、このカテゴリーへの広告出稿には減少の気配すら見られません。一方、他の産業では広告費を抑制する動きも目につきます。自動車産業は世界全体で広告費が縮小され、今四半期までの累計で前年比1.9%減となりました。中でも欧州では11.2%の減少と縮小幅が一段と大きくなっていますが、アジア太平洋においても自動車産業の広告費は6.8%減少しています。衣類・アク...

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

...の日本経済を見るポイントとして、まず「賃金上昇率が加速するかどうか」に注目が集まっています。今春闘の賃上げ率は、昨年(2.28%)を小幅上回る2.3〜2.5%、ベアは0.5〜0.7%になることが予想されます。賃金水準の低いパートタイム比率の上昇が全体の賃金上昇率を抑制しており、パートの時給は上昇しているものの労働時間が減少し、月例賃金は伸びていない状況です。労働市場の二極化を是正することも、賃金上昇の重要なポイントになると思います。一方、1人当たり雇用者報酬は1%台半ばの伸びとなっており、雇用者数の増加を加味すると、名目...

広告動態調査

...ケティングに関わる広範囲の部署との連携を図っている企業が、多いことが特徴である。 これに対して、「広報」や「経営企画」では導入企業は未導入企業に比べ、挙げた企業の割合はかなり低い。 「営業」も、導入企業の方が未導入企業より挙げた割合が低いものの、その差は4.2ポイントと小幅で、いずれも、挙げた割合は50%前後と他の部署に比べ高い。Web広告研究会会員社の皆様は調査データの詳細をご覧になっていただくことができます。ログイン後、ファイルライブラリからご覧くださ い。■この件に関するお問合せ公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会 事務...

ESPフォーキャスト2014年10月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2014年9月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

2014年6月24日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

グローバル・マネージャー・サーチ・トレンド

...ーバル資産のサーチ件数の増加は、多くのアジアの投資家が、地域市場を超えてポートフォリオを更に分散することを求めているからだと考えられます」 オーストラリアの動きはグローバルの傾向を反映し、サーチ件数は若干下向き(111件から85件に減少)だったが、金額ベースでは2012年の68億ドルから2013年の137億ドルへと増加している。 一番人気の高いサーチはオーストラリア株式とグローバル株式で、オルタナティブやマルチ・アセットのカテゴリーが小幅に増加した。マーサーのパシフィック地域戦略リサーチ担当ディレクターであるヘンドリ・コス...

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋

...レーターには下降圧力がかかり、輸入品価格上昇によってCPIには上昇圧力がかかる。このため00年代の日本はGDPデフレーターでみると大幅なデフレ、CPIでみると小幅なデフレであった。両者のズレの原因としては、投資財や政府消費財を含むか含まないかという問題もあるが、主因は交易条件の悪化であると指摘されている。実質賃金が実質労働生産性に比例するとの理論を検証する際に適切なのは、両者の名目値を同じ価格指数で実質化することである。したがってGDPデフレーターで実質化した両者の関係が安定しているということは、標準...

2014年10月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

TSRの調査です。

第5回 地ビールメーカー動向調査

...感じる」と「大いに感じる」を合わせた8割超(構成比84.4%)の地ビールメーカーがブームを実感していることがわかった。これは前年(同84.0%)を0.4ポイント上回り、地ビール業界全体にブームが再燃しているようだ。一方、「感じない」は12社(同15.6%)で前年(同16.0%)から微減にとどまった。「感じない」とした12社の2014年1-8出荷量合計(452.06k)は、前年同期(451.26kl)比0.1%増にとどまり、全体平均の同7.0%増を大きく下回った。出荷量が大幅に増加したメーカーと、小幅...

2018年12月14日JTBフィードバック数:0大型消費/投資

12月23日(祝)~1月3日(木)に1泊以上の旅行に出かける人の旅行動向

...かな回復基調が続いている。先行きについては、コストの上昇、通商問題の動向等に対する懸念もある一方、年末商戦等への期待がみられる。」となっています。ここ1か月の株価は、概ね22,000円前後で推移し、為替レートは、対ドル、対ユーロについては年初以来小幅に変動しています(図1、2)。(注1)タクシー運転手、小売店の店長など景気に敏感な人への調査結果を指数(DI)化したもの(図1) 日経平均株価の推移(2018年11月1日~30日)(図2) 為替レート(対ドル、対ユーロ)の推移(2018年1月~11月) 2.今年...

2017年10月16日IGAWorksフィードバック数:0ビジネス

2017年上半期、韓国マーケットに進出した中国ディベロッパー分析レポート

...リから今年の上半期には68アプリで約31%増加、RPG・戦略・アクションジャンルが全体の86%を占有していました。 特に、RPGは昨年より11%増加した63%で最も大きな割合を占めていました。アイジーエイワークスは今年の上半期、韓国マーケットに進出し中国アプリゲームの成績を二つの側面と分析しました。 一つ目はグーグルストアのトップセールスでの露出頻度です。 今年の上半期、グーグルストアのトップセールス20位と10位内に突入した中国のゲームの数は前年同期比より小幅に上昇しました。比べ、トッ...

中期経済見通し(2017~2027年度)

...オリンピックが開催される2020年度頃には1%台前半まで伸びを高める可能性が高い。その後は人口減少ペースの加速に伴い労働投入量の伸びが小幅なマイナスに転じるため、1%を若干割り込む水準まで緩やかに低下するだろう。 4|今後10年間の平均成長率は1.0%今後10年間の日本経済を展望すると、2019年10月には消費税率の引き上げ(8%→10%)が予定されているが、軽減税率の導入で景気への悪影響が緩和されること、2020年度に向けて東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う押し上げ効果も期待できることから、景気...

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

...にかけて0.9%程度(消費税除く)上昇と変わらない。米国と各国の貿易摩擦についてきいたところ、約6割が2019年4月以降も続くと回答した。景気のリスクとしては、「保護主義の高まり」がトップとなった。その他、7月31日の日銀の政策修正を踏まえた長期金利誘導目標と実勢金利、中国の景気を調査した。 �@ 4〜6月期は内需減で小幅下方修正18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。成長率は低下したものの、1〜3月期...

2014年11月2日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の教育研修費についての調査です。

2014年度 教育研修費用の実態調査

...を上乗せした企業がいずれの区分でも過半数となるなど、教育投資意欲が高まってきつつある傾向がみてとれる(図表2)。予算が増加すると回答した企業の平均増加率は28.7%で、増加率の分布をみると、「20~40%未満」が3割弱(27.1%)で最も多い。一方、減少するとした企業の平均減少率は11.4%で、減少率は「5%未満」(35.1%)と「5~10%未満」(29.7%)が中心と比較的小幅だった(図表3)。 図表2 教育研修費用の対前年度の増減状況(注) 1. 2013年度予算/実績と2014年度予算のすべてに回答があった企業のみで集計。図表3も同じ。2...

2016年9月8日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通の海外子会社カラが、世界の広告費成長率予測の定期改定を実施

...同国市場の予測を大幅に上方修正しています(2016年を前回予測の0.2%増から6.2%増へ、2017年を3.5%増から5.2%増へと改定)。 ・ロシア以外で同地域における2016年の広告市場成長をけん引する国としては、チェコ(9.0%増)、リトアニア(8.1%増)、ルーマニア(6.0%増)などが挙げられます。アジアパシフィック ・アジアパシフィックは、2016年、2017年ともに小幅の下方修正をしたものの、引き続き堅調な成長を見込んでいます(2016年:4.4%増→3.9%増、2017年:4.7%増→4.2%増)。好調なインド(12.0%増...

2016年5月10日東京商工リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

「マイナス金利に関するアンケート」調査

...%)など、現状の深刻な課題への支援要望も少なくなかった。3月30日に日銀が公表した「貸出約定平均金利の推移」によると、2月の国内銀行の新規約定金利は1月の0.806%から0.013ポイント下落し、0.793%となった。地方銀行、第二地方銀行、信用金庫の金利は1月より低下したが、都市銀行が1月の0.448%から0.494%へ0.046ポイント引き上げたため、全体の引き下げは小幅にとどまった。今回のアンケート調査で、資本金1億円未満の企業は、低利での借り換えニーズが比較的高いことがわかった(Q5)。新規...

2016年8月24日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2016年上半期  家電・IT市場動向

...ガラスタイプや耐衝撃タイプの液晶保護フィルムといった高単価な製品が好調に推移したことが金額ベースでの好調につながった。  ウェアラブル端末※3は前年比12%増の59万台となった(図3)。スマートウォッチは前年にアップルウォッチが発売された時期との比較になるため同34%減と前年を下回ったものの、市場の6割を占めるフィットネストラッカーが同38%増、2割を占めるスポーツウォッチが同25%増と市場拡大を牽引した。ウェアラブル端末全体の平均価格は、単価が高いスマートウォッチの販売減を受け前年同期から約2割低下した。 【IT・オフィス市場】2016年上半期のIT・オフィス市場は、パソコンが小幅...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ