調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > みずほ総合研究所作成

「みずほ総合研究所作成」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

最近の不動産市場について~過熱感がやや強まるも、冷静・選別的視点は維持~

...)国土交通省「地価公示」より、みずほ総合研究所作成(資料)国土交通省「地価公示」より、みずほ総合研究所作成1ック後初めて下落に歯止めがかかった。また、地価公示の調査地点における上昇地点比率は、全国・全用途で 1 年前に比べて小幅に上昇(30.9%→32.8%)した(前頁図表 2)。なお、過去の地価回復局面と比べると、1990 年前後の平成バブル時には 80%以上が上昇していたのに対して、2000 年代半ばの不動産ミニバブル期には 5 割弱、今回は 3 割程度と、時代...

2014年9月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

オリンピック経済効果シリーズ(7)~訪日外国人の旅行消費増加~

...,000 万人突破北アメリカヨーロッパ800アジア総数60040020001997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013(年)(資料)日本政府観光局「訪日外客数の動向」よりみずほ総合研究所作成1略」(2013 年 6 月)におけるKPI(政策群ごとに達成すべき成果目標)は、「2013 年に訪日外国人旅行者数 1,000 万人を達成し、2030 年には 3,000 万人...

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

...残高ETF保有残高上限4007.03506.03005.0追加緩和2504.0量的・質的金融緩和導入2003.01502.01001.0500.010/1111/1112/1113/1114/11010/1115/11(年/月)(注)保有残高は2015年4月20日時点。(資料)日本銀行より、みずほ総合研究所作成11/1112/11(資料)日本銀行より、みずほ総合研究所作成213/1114/11(年/月)る。また、ETFの時価総額は2015年3月末で約40兆円に及んでおり、市場...

2014年7月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウォン高下でも底堅い韓国の輸出~輸出価格引き下げで、輸出数量の増勢を維持~

...盛)103013210401311050106013010701291080109012811001271110112012611301251140115012413/01 13/03 13/05 13/07 13/09 13/11 14/01 14/03 14/05(年/月)(注)1.輸出数量指数は季節調整値の3カ月後方移動平均値。2.季節調整値はみずほ総合研究所による試算。(資料)韓国銀行によりみずほ総合研究所作成1の低下によって、輸出数量指数が腰折れせず増加基調を維持していると推察される2。過去の輸出価格指数の推移を振り返ると、輸出価格指数と為替レートはおおむね連動する動きとなっている。しかし、①2005年10月~2007年12月、②2012年9月...

2014年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ユーロ債も投資家の主食だ、パスタかパエリアか

...ジファンド以外の機関投資家も南欧債への投資を再開し投資家層は次第に広がっている。■図表:南欧債のシャープレシオ(=リターン/ボラティリティ)2.0イタリアスペインポルトガル1.51.00.50.0▲ 0.5▲ 1.005060708091011121314 (年)(注)1.シャープレシオ=リターン÷ボラティリティ2.月次データ、直近は 2014 年 6 月(資料)Citi group よりみずほ総合研究所作成日本の投資家は従来、日本国債を「主食」、「おコメ」として運用の中心に据えてきた。しかし、日本国内では超低金利のなか「おコメの味」が薄くなり「お粥」のようになっている2。そう...

2015年5月25日みずほ総合研究所★★★フィードバック数:0ビジネス

アジアでのビジネスについての企業調査です。

アジアの人件費高・景気減速を懸念する日本企業~2015年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...)各国統計よりみずほ総合研究所作成12主な質問は、中国、NIES(韓国、台湾、香港、シンガポール)、ASEAN5(タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)、インドの 11 カ国・地域を対象とし、一部の質問は、カンボジア、ラオス、ミャンマー、バングラデシュも対象とした。前回調査の概要に関しては、p.67 を参照。12.アジアビジネスへの取り組み(全企業(1,158 社)の回答)(1) 対アジア輸出を行う日本企業が増加日本企業全般のアジアビジネスへの取り組みを概観するために、回答...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ