「もの忘れ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

認知症予防に関する意識調査 日清オイリオ

...[日清オイリオグループ株式会社] ,高齢 リスク アルツハイマー 認知症 ココナッツ 中鎖脂肪酸 もの忘れ 歳 ど忘れ あれあれ言葉...

「アンチエイジング」に関するアンケート

...自身の変化に気づいたこと”が大きいようだ。 アンチエイジングの目的1位は・・・・・男性「脳の老化予防」/女性「トラブルのない肌」■アンチエイジングで特に対策したいもの全体で「トラブル(シミ・シワ・くすみ・たるみ)の無い(少ない)肌」が過半数で1位。次いで「脳の老化(認知症・もの忘れなど)を予防したい」45.1%が続いた。<属性別>女性では「トラブル(シミ・シワ・くすみ・たるみ)の無い(少ない)肌」がやはり断トツで7割弱。一方、男性は「脳の老化(認知症・もの忘れなど)を予防したい」が5割弱で1位となった。年代...

認知症ケア支援サービスの市場予測

...な状態の認知機能が様々な要因により低下することで日常生活や社会生活に支障をきたす状態をい。 認知症の原因疾患として最も高い割合を占めるのがアルツハイマー病で認知症全体の50%〜60%程度を占める。その他、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害に伴う脳血管性認知症、びまん性レビー小体病に伴うレビー小体型認知症などが知られている。 また、認知症の診断基準を満たさない軽度の認知障害をMCI(軽度認知機能障害 :Mild Cognitive Impairment )と呼ぶ。本人もしくは周りの人からもの忘れがあると認識され、年齢に比べて記憶力が低下しているが日常生活には支障がない状態をいう。MCI の国...

2016年9月7日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

アンチエイジングに関する意識調査

...が実感されていると言えそうです。しかし、「もの忘れなどが少なくなった」は5.9%と低く、目的では「脳の老化を予防したい」人が多いのにもかかわらず、その効果を実感している人は残念ながら少ないようです。「特にない」と答えた人が38.3%いて、アンチエイジングを実践しても、効果を感じていない人が4割近くになるとわかります。 一方で、アンチエイジングを今後も続けるかどうかを聞くと、「もちろん続ける」が60.2%、「おそらく続ける」が30.3%で、2つを合わせた「続ける」計は90.5%。効果のあるなしにかかわらず、続け...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ