調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > アイアンセット

「アイアンセット」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年3月1日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年のゴルフ用品販売動向

...、女性向けより約1割高かった(図2)。男性ゴルファーによる新製品への買い替え需要が市場を下支えしているといえる。その他クラブをみると、フェアウェイウッドは金額前年比7%減、アイアンセットが同6%減と、上半期の好調から一転し通年ではいずれもマイナス成長となった。こうした中、クラブセットは男性向け製品の販売好調に後押しされ、同3%増とクラブで唯一のプラス成長を維持した。 【ゴルフシューズ: ダイヤル式脱着モデルの販売動向】ダイヤル式脱着モデルの伸長により好調であったゴルフシューズも2016年は...

2018年3月19日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

「2017年のゴルフ用品販売動向」 - 4年ぶりのプラス成長に

...ーをはじめ多くがプラス成長に】クラブは数量ベースでは前年比1%減となるも、平均価格が前年から7%上昇したことで、金額ベースでは同6%増となった(図2)。金額規模が最も大きいドライバーは、金額前年比7%増と好調であった。飛距離性能の進化を訴求した商品がヒットしたことに加え、人気シリーズのモデルチェンジも追い風となった。さらに、フェアウェイウッドも同4%増、アイアンセットも下半期の販売伸長により同6%増となった。また、2017年はパターも好調であった。新製品が市場を押し上げ同14%増を記録した。 【ゴルフシューズ:スパ...

2016年1月12日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2015年 タブレット端末の利用実態調査

...)。用品類※2は高価格帯シューズがけん引し、前年と同等規模を維持した。ボールは前年が悪天候等の影響を受け販売減だったのに対し、今年は例年水準まで販売が回復したため、金額前年比では5%増となった。一方、市場規模の6割を占めるクラブは、春商戦でのヒット商品の不足により、同8%減となった。詳細をみると、クラブ売上の26%を占めるドライバーが金額前年比10%減、16%を占めるフェアフェイウッドが同13%減、23%を占めるアイアンセットが同11%減と軒並み2ケタ減となった。このような中、クラ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ