「アメリカ市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年7月31日訪日ラボフィードバック数:0マーケティング

「日本旅行をしたい理由・したくない理由」から探る次のインバウンド需要【アメリカ編】

...【独自調査】アメリカ人の約40%が日本旅行に意欲あり:「日本旅行をしたい理由・したくない理由」から探る次のインバウンド需要とは?【アメリカ市場編】2020年の東京オリンピックに向け、様々なインバウンド対策や誘致施策が行われています。それに呼応するように、訪日外客数、インバウンド消費ともに着実な成長を遂げています。市場が拡大するに連れ、観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査」を始めとした各種調査において、「訪日外国人」に関する調査精度はどんどん高まっており、また...

業務用テレビ会議/Web会議システムの市場動向と将来性を調査

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング業務用テレビ会議/Web会議システムの市場動向と将来性を調査国内テレビ会議システム市場は2012年には480億円に。2017年は1610億円に世界市場は中国の伸びが大きく、アメリカ市場についで2位に浮上 調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東区 梅田佳夫社長)は、このほど業務用テレビ会議システム市場の動向調査を実施し、調査研究レポート「2008年版 TV会議/Web会議の最新市場とHD化動向 」(2008年3月発...

競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ

...競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ 機械業界競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ記事番号:T00044629 2011年、台湾国内の工作機械総生産額は1642億台湾ドルで、平均年間成長率は約24.58%であった。2010年には景気が好転し始め、工作機械の需要は伸びたが、2011年下半期はユーロ危機の影響を受けて、ヨーロッパ市場は再び金融危機に陥る可能性がある。アメリカ市場は経済刺激策と債務上限方案の可決により、製造業で新たな改革の兆しが見え始めているものの、アメリカ市場...

2014年8月17日アイティメディア★フィードバック数:0大型消費/投資

車のペルソナです。

「レガシィな男性」VS「ゴルフな男性」-データから見るペルソナ図鑑(39)-

...ログ「消費者理解コトハジメ」は、2015年4月6日から新しいURL「​」 に移動しました。引き続きご愛読ください。 今回はクルマのお話しです。スバルが好調です。特にアメリカ市場で伸びています。7月の新車販売の結果が公表され、前年同月比27%の大幅増。32ヵ月連続で前年実績を上回っています。 いま日本では軽自動車が売れているわけですが、スバルは2012年に、伸びている軽自動車の生産から撤退しています。もともとスバルの原点である軽自動車を捨て、(スバル360を知...

2017年5月5日MM総研★★フィードバック数:0企業情報システム

人工知能技術のビジネス活用概況

...%で成長、2021年度5,330億円を見込む。市場区分は導入期。2018年度に一度ピークを迎え、日本同様に2019年度に一度市場が縮小する見込み。三ヶ国の中で年成長率が最も低い。アメリカ市場は2016年度3兆9,340億円。年率14.9%で成長し、2021年度には7兆8,360億円に成長する見込み。市場区分は導入期から成長期への移行期。アメリカは世界市場の約47.4%を占めており、ICT同様、牽引役を果たす。(Table3)人工知能普及のカギは 日本の主要ベンダーにヒアリングを行ったところ、普及...

2017年11月17日クラウドポートフィードバック数:0企業情報システム

2017年度 上半期ソーシャルレンディング業界レポート

...の市場規模が予想されている程度。その市場規模の差は日米間で見積もって20倍以上です。世界最大の経済規模を持つアメリカですが、日本との経済力の差は20倍の開きがあるわけではありません。一足先に大きな市場が成り立ったアメリカ市場ですが、2015年以降も市場は拡大を続けていると言われています。アメリカのソーシャルレンディングの市場規模から考えれば、まだ日本市場の伸びる余地は充分にあると考えられます。これからもクラウドポートは、ソーシャルレンディング主要事業者の動向を、投資家目線に立って分析し、リアルな情報を横断的に届けていき、国内...

世界36のマーケティング市場から700超の企業回答を基にパンデミックの実影響を緊急調査!

...世界36のマーケティング市場から700超の企業回答を基にパンデミックの実影響を緊急調査! 実に78%がマーケティング投資を縮小!約半数が2020年度予算15%以上カットと報告する一方、世界各国でEコマースへの長期的な予算増加に期待感 - アメリカ市場のコロナ打撃はグローバル平均45%を大きく上回り56%を記録 - 電通イージス・ネットワーク*1はこの度、世界的な感染拡大が続くコロナウイルスのグローバルマーケティング市場における影響と実態を調査した緊急レポート『The Reality...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ