「アリセプト」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年6月13日Elsevierフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年MR数アンケート

...だが、「減少傾向にあるが、自然減や他部署への異動によるもの。16年1月に行った転身支援プログラムは管理職が対象で影響していない」としている。サノフィは、最主力品のブラピックスの特許切れもあり、1500人体制は1000人を切っている。今回150人減の1600人となったアストラゼネカは、16年と17年の間に早期退職プログラムを実施したが、同社は「プログラムを実施したことは事実だが、減員に何が影響したのかは申し上げられない」としている。内資は13年以降で見ると、二大主力品のパリエット、アリセプト...

2016年10月10日転職×天職フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製薬会社「5年成長率」ランキング

...も高い成長率となっています。武田とアステラスは売上回復 抜け出せないエーザイ2010年問題で特に影響を受けた大手では、ARB「ブロプレス」とPPI「タケプロン」、糖尿病治療薬「アクトス」が立て続けに特許切れを迎えた武田薬品工業が、買収や新製品の成長を背景に27.3%の成長。免疫抑制剤「プログラフ」や排尿障害改善薬「ハルナール」の特許切れに直面したアステラスも高い成長を記録しており、両社の売上高は特許切れ前のピークの水準を超えました。一方、かつて売上高の6割を稼ぎ出していた認知症治療薬「アリセプト」とPPI「パリエット」の特...

アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性

...認知症は地域により医師の診察を受けていない患者が少なくないといわれており、実際の認知症患者数より推計値が低く算出されていると考えられている。 アルツハイマー型認知症治療薬の市場規模は 2020年には2010年比2.7倍の2,900億円にまで拡大する可能性がある。2010 年までは、アリセプトの売上高拡大が続き、単独で1000 億円を超えることが予想される。 2011 年以降は、新規に承認されたメマンチン、ガランタミン、リバスチグミン(2010年12月現在申請中)の処方が始まり、現在、副作用などで治療を中断されている患者への処方や併用療法が進み、市場...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ