調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ウェブサイト管理者

「ウェブサイト管理者」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年10月27日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2015年第3四半期(7月~9月)]

...結果利用は広範にわたります。そのためアプリケーションそのものに脆弱性が見つかるよりも、「開発・実行環境」に脆弱性が見つかった場合のほうが、その影響は深刻といえます(図 1-3)。図 1-3 「開発・実行環境」に見つかった脆弱性の影響範囲 また、そのような脆弱性の影響を受けたアプリケーションが標的となる事実も確認しています。そのため、アプリケーション開発者およびウェブサイト管理者は日頃から開発に利用した「開発・実行環境」などソフトウェアの把握及び脆弱性対策情報の収集に努めるようにしてください。役割、立場...

2014年7月24日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2014年第2四半期(4月~6月)]

...性を内在した状態でウェブサイトの運用を行っている場合、攻撃者によって脆弱性を突かれ、ウェブサイトが改ざんされるなどの被害を受ける可能性が高いことは明白です。 また、IPAから、古いバージョンのCMSを使用しているウェブサイト管理者に連絡した結果、「自組織のウェブサイトに CMS が使われているという認識がない」、「脆弱性がある古いバージョンの CMS を使用する危険性を認識していない」または「委託先との契約終了などの理由でウェブサイトの管理者が不在である」という状況が浮き彫りになりました。 これらの状況から、ウェブサイトの運営者においては、CMSに関...

2013年1月22日IPAフィードバック数:12セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年年間]

...ウントの情報を窃取されたものが、2011年と同様に多数発生しました。アップロードに使用するパソコンのウイルス感染が原因と考えられます。ウェブサイト上で対策を施しても、パソコンからFTPアカウント情報が漏えいしてしまったら意味がありません。ウェブサイト管理者は、システム管理者向け対策のみならず、パソコン上での対策として個人向け対策の実施が必要です。[システム管理者向け対策]IDやパスワードの厳重な管理及び設定セキュリティホールの解消(パッチ適用不可の場合は、運用による回避策も含む)ルー...

2014年1月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年年間]

...利用者も、万が一改ざんされたページを閲覧してしまってもウイルスに感染しないように、十分なセキュリティ対策を行う必要があります。手口は巧妙化しているものの、基本的な対策は以下のとおり従来から変わりありません。ウェブサイト管理者は、システム管理者向け対策のみならず、ウェブサイト更新用のパソコン上での対策も必要です。OS、CMS(*10)などのアップデートを行い、サーバーの脆弱性を解消する複雑なパスワードにする、アカウントを共有しないなど、アカウント管理を見直すアクセス元IPアド...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ