調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > エネルギー自給率

「エネルギー自給率」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月3日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”に関するレポート

...検索「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」第1弾 牛肉・小麦より低い“エネルギー自給率”、6%の実態とは!? 専門家・小山堅氏が解説する“エネルギーセキュリティ” 生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、今回、電力・エネルギーに関する2つの調査を発表します。その第1弾となるのが、今回の「“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”に関するレポート」です。 ◆ 今、なぜ、電力・エネルギーに注目するのか…2011年3月の東日本大震災以降、日本の“電力...

再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物

...値で買い取ることを電力会社に義務付けた(以下、「固定価格買い取り制度」という)。この固定価格買い取り制度は、日本における温暖化対策の象徴的な取組みである。その目的は、地球温暖化の原因と考えられている温室効果ガス(二酸化炭素、メタンなど)の削減であり、日本のエネルギー自給率の向上及び産業の育成である。日本の再生可能エネルギー電力(水力を除く)の現状は、2013年度で全電力の僅か2.2%を占めるに過ぎない。固定価格買い取り制度により経済産業大臣の認定を受けた設備容量は約6,864万キロワットに上るが、2014年3月末...

2013年7月26日JETRO★フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

JETROによるレポートです。

シェール革命の実態と影響(2013年7月)

...し、2000年代後半以降、その状況が一変している。地下資源の掘削技術の革新により、これまで手の届かなかった地中深くの頁岩(シェール)層に眠る石油ガス資源の商業生産が可能になったためだ。その結果、米国のエネルギー自給率は大幅に改善され、関連する産業全般にも好ましい影響が及んでいる。 本報告は、2010年4月から2013年6月までに、ジェトロの在米事務所が中心となり、シェール資源ブームに関する動向を捉えたレポートをまとめたものである。各レポートを、(1)開発状況、(2)関連産業への影響、(3)LNGの輸...

2015年3月17日トレンダーズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意識調査です。

「電力・エネルギー問題」に関するレポート

...トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報 ~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)では、先日3月3日(火)に「“エネルギー自給率”と“エネ...

2017年12月22日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成28年度(2016年度)エネルギー需給実績(速報)

...消費を部門別に見ると、企業・事業所他が同1.4%減(うち業務他は同0.9%減)、家庭が同0.6%増、運輸が同0.7%減と、家庭を除く全部門で減少。電力消費は、企業・事業所他部門が同1.9%増、家庭部門は4年ぶりとなる同0.7%増。 (2)供給動向 一次エネルギー国内供給は、前年度比0.3%減。化石燃料は3年連続で減少する一方、再エネおよび原子力などの非化石燃料は4年連続で増加。発電電力量は、前年度比2.1%増。ゼロエミ電源の割合は17.0%(前年度比1.6%p増)。エネルギー自給率は、前年度比1.0%p増の8.4...

2013年3月1日大和総研フィードバック数:4社会/政治

電力問題の解決と日本の成長戦略

...トップレポート・コラム経済分析日本電力問題の解決と日本の成長戦略 ここから本文です電力問題の解決と日本の成長戦略~強靭・低炭素な電力システムへ~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリーエネルギー自給率が低く、専ら供給側による電力需給の調整を行ってきた日本では、電力料金が高止まりしやすい。電力は経済活動のインフラとして、安定的かつ経済的に利用される必要があるとともに、世界的な低炭素化の流れの中で、電力供給が環境面に与える影響も十分に踏まえる必要がある。こう...

2019年6月14日トレンド総研フィードバック数:0社会/政治

「電気料金」に関する意識調査

...ざまな発電方法をミックスした電源構成=「エネルギーミックス」。コスト・環境負荷・安定供給・エネルギー自給率の向上など、さまざまな点をふまえて、発電方法をバランスよくミックスする必要がある。■また、日本のエネルギー問題について、消費者ひとりひとりがしっかり考えていくことも重要。【調査結果】 「電気料金」に関する意識調査はじめに、20~30代の男女500名を対象に、「電気料金」に関する意識調査をおこないました。<調査概要>・調査名:「電気料金」に関する調査 ・調査対象:20~30代男女500名(年代・性別 均等割付)・調査方法:イン...

2018年1月19日資源エネルギー庁フィードバック数:0社会/政治

2016年度、どんなエネルギーがどう使われた?~エネルギーミックスの動きを追え~

...効果ガス削減目標の達成などのために、エネルギーミックスのうちゼロエミ電源比率を44%にまで引き上げることが目標とされています。それを考えると今の比率は、進展はしつつも、実現には道半ばであると言えます。さらに、ゼロエミ電源のほとんどは国産・純国産エネルギーでもあるため、エネルギー自給率は、2015年度の7.4%から8.4%となり1.0%改善しました。2030年度には、おおむね25%の水準とすることを目指しています。引き続きゼロエミ電源比率を引き上げていくことは、安定的なエネルギーの供給に取り組む「エネルギー安全保障」(「石油...

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネルギー技術開発と企業価値

...~2015年度)「大震災後の環境・エネルギー・資源戦略に関わる経済分析」プロジェクト問題意識日本は自然界に存在する石油・石炭・天然ガス等の一次エネルギーに恵まれず、国際エネルギー機関 (IEA:International Energy Agency) の定義による「エネルギー自給率」は、2009年に14.7%となっており、他の主要先進国と比べて相当に低い水準にある 。したがって、エネルギー価格の動向が生産活動や企業利潤に与える影響も大きい。こうした事情から、エネルギーを節約する技術(以下、「省エ...

2010年3月8日積水化学工業フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「オール電化・ソーラー付賃貸住宅への居住意向」調査

...り住みたくない」)が理由に挙げているのは「ガスコンロのほうがいい、火力が欲しい」、「停電が不安」、「電気代がかかる」など。4. ソーラー付賃貸住宅への居住意向1) ソーラーに対するイメージ「地球に優しい」というイメージが74.6%でトップ。次いで「電気代が節約できる」64.5%。そのほか好意的イメージとしては、「エネルギー自給率を向上できる」43.5%、「先進的」41.7%など。一方、マイナスイメージとしては「発電が安定的でない」29.3%、「発電量が少ない」22.0%など。(グラフ4)<グラフ4> 2) 高い...

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

...て原発事故以降の社会不信という深刻な課題が山積しており、既に各種改革に着手している資源エネルギー庁は、従来にない論点整理に苦心している。1960年には58.1%だった日本のエネルギー自給率は、需要の急増と石炭から石油へのシフトにより悪化の一途を辿り、近年は4%台で推移している(経産省2013)。石油を中心とした一次エネルギーの確保は数十年来の課題であり、今後も生産・流通システム等の国内エネルギーインフラについて大規模な合理化・見直しが必要と考えられているが、人口減少による国内市場の長期的縮退が確実ななかで、民間...

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

...輸出では液化施設や専用船等、時間とコストを要する。そのため、海外との価格差は大きく、米国の生産地価格は、欧州の輸入価格の1/3、日本の1/5と低く、今後も一定の価格差が残される。また、天然ガスの埋蔵量は消費の100年分とされ、豊富で低価格の天然ガスを利用できる米製造業の優位性は大きい。昨年11月発表のIEA(国際エネルギー機関)報告では「ロシアの生産次第では2013年中に最大の産出国となり、2035年にはエネルギーの国内自給が可能」と指摘しているが、米エネルギー庁(EIA)の見通しでは2035年のエネルギー自給率は90%とす...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ