「オゾン層」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年10月6日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

オゾン層や紫外線等の計測データです。

平成24年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

...平成24年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書 環境省(法人番号1000012110001)〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館TEL 03-3581-3351(代表) Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved....

2013年11月2日気象庁フィードバック数:0社会/政治

今年の南極オゾンホール

...的にみるとオゾンホールは依然として規模の大きい状態が継続しています。これは、南極上空のオゾン層破壊物質の濃度は緩やかに減少しているものの、依然として高い状態にあるためです。オゾン層破壊物質の減少がこのまま続けば、南極のオゾンホールは徐々に縮小してゆくとみられますが、オゾンホールの形成・発達は下部成層圏(南極上空約20km)の気温にも大きく依存するため、気象条件の変動により、年によっては今年より規模の大きいオゾンホールが発生することも考えられます。世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)が取りまとめた「オゾン層破壊の科学アセスメント:2010」によると、南極上空のオゾン層...

2014年11月16日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気象庁のレポートです。

今年の南極オゾンホール ―依然として規模の大きい状態が継続―

...後、南極上空の気象状況の影響で一旦縮小しましたが、 再び拡大し、10月1日に今年の最大面積である2,340万km2(南極大陸の約1.7倍)まで広がりました。 この値は、昨年と同じく、最近10年間の平均と同程度であり、オゾンホールは依然として規模の大きい状態が継続しています。 これは、南極上空のオゾン層破壊物質の濃度は緩やかに減少しているものの、依然として高い状態にあるためです。オゾン層破壊物質の減少がこのまま続けば、南極のオゾンホールは徐々に縮小してゆくとみられますが、オゾンホールの形成・発達は 下部...

2013年3月24日(個人)フィードバック数:1706ライフスタイル

PM2.5の大気汚染情報まとめ

...ロッパのような石炭による公害を経験しませんでした。日本の大気汚染の歴史は近代化を目標に殖産興業政策が推進された明治時代初期からです。注意報でお馴染みの光化学スモッグ工場や自動車から排出される窒素酸化物、炭化水素、揮発性有機化合物などの汚染物質が、太陽からの紫外線により光化学反応を起こし、二次的に生成される酸化性の物質の総称を「光化学オキシダント」といいます。主要成分はオゾンですが、その他の物質も存在します。上空にあるオゾン層は、紫外線を吸収して生命を守ってくれています。光化学オキシダントによる大気汚染は光化学スモッグと呼ばれ、世界的には1940...

2015年12月2日環境省★★フィードバック数:0社会/政治

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...べると、電力消費量の減少(省エネ等)や電力の排出原単位の改善(再生可能エネルギーの導入拡大・燃料転換等)に伴う電力由来のCO2排出量の減少により、エネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどから、3.0%(4,300万トン)減少しました。 また、2005年度の総排出量(13億9,600万トン)と比べると、オゾン層破壊物質からの代替に伴い、冷媒分野においてハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加した一方で、産業部門や運輸部門におけるエネルギー起源のCO2排出量が減少したことなどから、2.2...

2018年4月16日ヴェレダフィードバック数:0ライフスタイル

「子供の日焼け・紫外線対策」に関する意識調査

...背景:環境省発行の『紫外線 環境保健マニュアル 2015』によると、紫外線量は一年のうちでは春から初秋にかけて多く、4~9月に一年間のおよそ70%〜80%が降りそそぐとされています。また医師などの専門家からも、オゾン層の破壊により有害紫外線量が増えていることから“子供の時期からの紫外線対策の重要性”が報じられています。このたびはヴェレダではこのような背景を踏まえ、「子供の日焼け・紫外線対策」に関する意識調査を実施いたしました。調査概要: 調査1:子供に日焼け止めを使っていますか?全体の83%の人が「子供...

2015年4月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)

...,000万トン)と比べると、火力発電における石炭の消費量の増加や、業務その他部門における電力や石油製品の消費量の増加によりエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから、1.2%(1,700万トン)増加しました。 2005年度の総排出量(13億9,700万トン)と比べると、オゾン層破壊物質からの代替に伴い冷媒分野からのハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加したこと、火力発電の発電量の増加に伴う化石燃料消費量の増加によりエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから、0.8%(1...

2014年7月30日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

紫外線対策に関する理解度調査

...月~8月にUVインデックスのピークを迎えることが分かりました。最大値は、つくばでは8月、札幌と那覇では7月と、若干の違いはあるものの、真夏の紫外線の脅威が明らかになったと言えるでしょう。UVインデックスが示すのは、紫外線による人体への影響の大きさです。これから迎える夏には、改めて紫外線対策への意識を高めなければなりません。※「UVインデックス」とは 近年、紫外線(UV)を浴びすぎると皮膚がんや白内障になりやすいことが明らかになっていること、および、オゾン層...

2014年5月28日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

各エリア別の紫外線対策の違い

...の領域に分 割して推定しています。(引用文献/気象庁 [地球環境情報] オゾン層・紫外線)■ 紫外線はどう肌に影響する?紫外線には紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)などの種類があります。肌の表皮まで到達する紫外線B波(UV-B)は、主に「しみ」を引き起こします。一方、肌の真皮層まで到達する紫外線A波(UV-A)は、「たるみ」や 「しわ」、「糖化」というエイジングを引き起こす紫外線になります。この紫外線A波(UV-A)は、一年を通じて照射し、且つ雲や窓ガラスでは遮断されず に通...

2014年4月22日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「紫外線対策」に関する調査

...にしているのが分ります。ちなみに…太陽光線には、赤外線、可視光線、紫外線があり、紫外線でも波長の長さによってA波B波C波にわかれています。波長の短いものほど強烈なエネルギーを持ち、C波が一番短く赤外線が一番長く、一般的に紫外線C波はオゾン層に吸収されて地上に届かないといわれています。紫外線A波(UV-A)の防止力は「PA値」、紫外線B波(UV-B)は「SPF」で表記されます。●紫外線A波… 波長が長く雲やガラスも通過するため、曇り空や室内でも浴びています。コラーゲンやエラスチンにダメージを与え、肌の...

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

...までのわが国の温室効果ガスの排出量の推移を表に示しました。2013年度の温室効果ガス総排出量(各温室効果ガスの排出量に地球温暖化係数[2]を乗じ、CO2換算したものを合算した量)は14億800万トン(CO2換算、以下省略)となりました。これは2005年度排出量[3]を0.8%上回り、2007年度に続く過去2番目に多い値です。その要因としては、オゾン層破壊物質からの代替に伴い冷媒分野からのハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加したこと、原子力発電所の稼働停止による火力発電の発電量が増えたことで化石燃料消費量(エネルギー起源CO2の排出量)が増...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

我が家のエコ対策は?(2004/10)

...【第53回】アンケート結果:2004年9月22日〜9月28日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,952人 地球温暖化、異常気象、オゾン層の破壊・・・と、地球環境の変化は、私たち人類の存続の関わる大きな問題となっています。こうした事態を招いた最大の理由は、産業革命以降にもたらされた科学技術の発達かもしれません。生活環境がより便利に豊かになるのに反比例し、そのツケが地球に回っていると言わざるを得ないでしょう。そこで今回は、皆さ...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

わが家のエコ対策は?(2005/09)

...【第104回】アンケート結果:2005年9月28日〜10月04日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,987人 ヒートアイランド現象、酸性雨、オゾン層破壊 、水質汚染やゴミ問題・・・など、地球の環境問題は挙げればきりがなく、年々深刻化しているのは言うまでもありません。こうした地球規模における環境問題の多くは、人間の消費生活によって引き起こされているといっても過言ではありません。こうした中で、私たちが今できることとは一体なんでしょうか?そこで今回は、皆さ...

2014年5月15日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

紫外線対策の意識・実態について調査

...インデックス」とは近年、紫外線(UV)を浴びすぎると皮膚がんや白内障になりやすいことが明らかになっていること、および、オゾン層破壊により地上に到達する紫外線が増加していることを受けて、世界保健機関(WHO)が紫外線対策の実施に活用することを推奨している紫外線の強さを表す指標。紫外線の人体への影響の度合いを分かりやすく示しているのが、特徴。こうした背景を受けて、気象庁では、2005年より、日々の紫外線対策を効果的に行えるように、このUVインデックスを用いた紫外線情報を提供している。(URL:)■1...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ