「カルテル」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

企業の不正リスク実態調査 2014

...士や企業担当者と連携し最短かつ効果的な事実解明や解決策の提供し、信頼性ある調査結果を提供するばかりでなく、再発防止策の策定や不正実行者の責任追及等、調査後も企業価値の回復に向けて継続的な支援を行っている。 関連サービス■ 不正対応・係争サポート:トップページ■ 不正リスクマネジメント 関連記事■ 基礎からのフォレンジック講座-不適切な会計処理、資産横領、贈収賄、情報漏洩など企業の不正リスクについて学ぶ 国際カルテルの経済的インパクト 第1回規制当局による制裁金決定プロセスと合理的解決のための留意点 © 2020. 詳細...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス発進から1年。変わったか ~期待から実績。金融から実体。緩和から増税~

...しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。-1-具体的には、①設備投資促進・賃上げ促進税制を含めた 6 兆円の経済対策を発表し、同時に②賃上げを加速させるべく政労使会議を行って、政治的に勤労者の所得増を実現するための活動に取り組んでいる。ミクロの分野では、③10 月 1 日に消費税価格転嫁対策特別措置法を施行している。これは、消費税の価格転嫁を阻害し、値引き要請につながる行為を禁じる法律である。価格転嫁カルテルを認めて、独占...

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年2月、東京都区部14年3月) ~4月の上振れリスクにご用心~

...上振れリスクにご用心なお、筆者は4月以降のCPIには上振れリスクがあるのではと警戒している。①政府は消費税率引き上げにあたって円滑な価格転嫁を強く意識しており、転嫁拒否等の行為や価格カルテルの認可などを柱とする転嫁対策特別措置法を成立させていること、②13 年の輸入コスト増に対して十分な転嫁を行えていない企業も多く、消費税率引き上げにあたって未転嫁分を合わせて値上げする企業が増える可能性があること、③増税により発生する端数を、切り上げ処理で対応する企業が多く出ると予想されること、などがその理由だ。(この...

2015年2月18日経済産業研究所フィードバック数:0ライフスタイル

農協改革の必要性と意義

...自体が事業を行っているわけではない。医師会が守ろうとしているのは医者の利益である。ところが、農協はそれ自体多くの事業を行っている企業体である。農協が守ろうとしているのは、組合員である農家の利益というより、農協自体の組織の利益であることが多い。農協発展の基礎が、高米価なので、関税がなくなり、減反という高価格カルテルが存続できなくなることは、農協の存立基盤を奪いかねない悪夢である。だから、農協は、1000万人もの署名を集め、一大TPP反対運動を展開したのだ。 協同組合らしからぬピラミッド型組織JAグループの特徴は、上下関係によって、階層...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ