「カード市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年1月5日矢野経済研究所★フィードバック数:0社会/政治

交通系ICカードに関する調査を実施(2017年)

...レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 交通系ICカードに関する調査を実施(2017年) ~スマートフォン対応が期待される交通系ICカード~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の交通系ICカード市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年11月2.調査対象:交通系ICカード発行事業者、駅務機器ベンダー、SIer等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用カード市場...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年) 2018年度の国内デビットカード市場規模は前年度比123%、1兆4,006億円の見込 ~ブランドデビットに加えて、銀行主体の即時引落しサービス「銀行Pay」が登場​​~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内デビットカード市場を調査し、J-Debit、ブランドデビット、銀行Payの事業者動向および将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年度の国内デビットカード市場...

市場データです。

国内法人携帯電話市場の2017年までの成長予測

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング 国内法人携帯電話市場の2017年までの成長予測 ◆ 国内法人携帯電話市場は、2017年度末には、3,300万契約と予測。✓ 携帯電話全契約に対する法人契約比率は18.2%。✓ 2012年度末の2,041万契約に対し62%の増加。✓ 大幅に増加するのはスマートフォン・タブレット市場とM2M/データカード市場。◆ 裾野の広い中小法人の需要を獲得すべく、キャリア本体/法人代理店/キャリアショップは、営業体制を強化。市場調査・コン...

2015年2月23日ICT総研★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

ハウスプリペイドカード市場に関する調査

...2015年2月 ハウスプリペイドカード市場に関する調査 ■ カード発行額は2014年度5,790億円、2017年度に74%増の1兆60億円へ■ バリューデザイン社のサービス利用店舗は27,600 店、シェア43%で1位■ ハウスプリペイドカードの保有枚数が多いユーザーほど来店頻度が高まる傾向■ ハウスプリペイドカード利用者のうちの83%がカードの特典や利便性に満足している 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は2月23日、ハウスプリペイドカード市場に関する調査結果をまとめた。ハウ...

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

ポイントサービス市場に関する調査を実施(2019年)

... Reserved.本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。 ポイントサービス市場に関する調査を実施(2019年) 2019年版 ポイントサービス・ポイントカード市場の動向と展望 市場動向、企業動向など、詳細なデータ、解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の資料です。 2019年版 ポイ...

2015年6月22日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2015年度 スマートデバイス市場動向調査

...らの端末を含むスマートデバイス市場は今後も市場拡大を続ける見込みだ。■ スマートデバイスの出荷台数は、2014年度 過去最多の3,683万台を記録。 2014年度のスマートデバイス出荷台数は前年の3,679万台から微増の3,683万台を記録した。年度の出荷台数規模としては過去最多ではあるが、急激な勢いで拡大していた2013年度までと比べると、市場規模の拡大ペースは鈍化した。格安SIMカード市場が伸びたことでスマートフォンの販売台数が減少したことが影響している。内訳を見ると、タブレット端末が前年比128%の916万台と順調に増加している一方で、スマートフォンが前年比93...

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

光通信関連の世界市場を調査

...い技術であるコヒーレントの性能などを測定する光変調アナライザーと任意波形発生器が注目される。光パッシブデバイスはメッシュネットワークの構築には不可欠なWSSモジュールが市場をけん引しており、今後データセンターや携帯電話基地局、光幹線系ネットワークなど、あらゆる用途での利用が期待される。 ラインカード市場光伝送装置に搭載される送受信機能を有するカードである。現在の伝送の主流である100Gの需要増加により2016年の市場は数量ベースで前年比50.0%増の33万枚、金額ベースでは単価下落が激しいものの数量の大幅増もあり、前年比6.7%増の5,450億円となった。2017年は...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ