調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > クラウドセキュリティ

「クラウドセキュリティ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年11月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドセキュリティ市場予測

...2015年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比19.1%増の66億円。2015年~2020年の年間平均成長率は23.8%、2020年には193億円と予測 オンプレミスの業務システムとパブリッククラウドサービスが共存するハイブリッド環境が広がり、境界防御によるセキュリティ対策の限界が顕在化 シャドーITによるセキュリティ脅威を防ぐには、クラウドセキュリティが必要 ハイブリッド環境では、ITリソースの活用状況を集中的に監視、管理するクラウドセキュリティ...

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:22企業情報システム

クラウドサービスの利用率は14.4% 本格普及への条件は?

...ターネットに接続された外部サービスプロバイダーのサーバ上で情報処理やデータ保存などを行うことができるサービス」と定義した。関連記事調査結果から見る中堅・中小企業のクラウドセキュリティに対する懸念電子メールホスティングプロバイダー選びに必須の5つのステップクラウドコンピューティングに対する法的不安を取り除くには 続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。関連ホワイトペーパークラウドコンピューティング | スケジュール管理 | グループウェア | コンプライアンス | 経営 | サーバ | SaaS | Salesforce.com(セー...

2015年2月4日日本ITU協会フィードバック数:0企業情報システム

ITUジャーナル 2015年2月号

...The ITU Association of Japan2015年2月号トピックスアジア・太平洋電気通信共同体(APT)第13回総会及び第38回管理委員会の開催結果について特集 ~クラウドセキュリティ<2>~クラウド利用における管理課題とセキュリティの法的側面クラウドの社会インフラとしての価値と課題ITUホットライン日本の皆様へ 〜ITU事務総局長を退任するにあたって〜スポットライト欧州標準化動向 ETSI の標準化とイノベーション英国Ofcom主催ホワイトスペースパイロットの概要とNICT...

2017年12月13日Ixiaフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

クラウドセキュリティ調査

...Menu Press Releaseイクシア、「クラウドセキュリティ調査結果」を発表、 世界中のITプロフェッショナルが パブリック/プライベートクラウド環境におけるデータと アプリケーションのセキュリティを懸念 データのプライバシーとコンプライアンス、セキュリティ、完全なデータ可視化の実現は、クラウド環境を担当するITプロフェッショナルにとって最大の課題米国カリフォルニア州カラバサス 2017年11月8日– Keysight Technologiesの事...

2017年5月31日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017 年第 1 四半期の「インターネットの現状/セキュリティレポート」

...で最も信頼された世界最大のクラウド配信プラットフォームを提供する Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM)は本日、2017 年第 1 四半期の「インターネットの現状/セキュリティレポート」を発表しました。このレポートでは、Akamai Intelligent Platform から収集したデータを元に、現在のクラウドセキュリティと脅威の状況を分析して、攻撃傾向の知見を提供しています。 データ、分析、グラフで構成される最新の「インターネットの現状/セキュリティレポート」は、akamai.com/stateoftheinternet...

2017年8月8日アイティメディア★★フィードバック数:0企業情報システム

2017年度IT優先度調査

...新たなコンプライアンス対応を予定していると答えているのだ。併せて読みたいお薦め記事今なぜコンプライアンスなのかGDPR対策にデータ追跡と暗号化が必須な理由 施行迫るGDPR “72時間ルール”に企業が警戒すべき理由企業が素朴な疑問、「セキュリティやコンプライアンスばかり考えていていいのか?」IT Priorities Survey「クラウドセキュリティ」が2017年の“ホット”なIT投資先に、その背景はIoTにトライしていない企業はたった11%、IT投資動向調査で驚きの結果「SD-WAN」だけではない、技術...

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:12企業情報システム

調査から見えたクラウドの不安要素とセキュリティ強化への意欲

...記事対策進むもセキュリティ意識は企業規模で格差情報漏えいの原因は人的ミスによるものが大多数、規制は「暗号化」で調査結果から見る中堅・中小企業のクラウドセキュリティに対する懸念期待と不安は雲のよう? セキュリティから見たクラウドとの付き合い方クラウド活用時に考慮すべき7つの課題とその対策〜認証・暗号化編〜クラウド活用時に考慮すべき7つの課題とその対策〜仮想環境の保護・脆弱性対策編〜クラウド時代のセキュリティ確保...

2017年10月8日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第2四半期「インターネットの現状/セキュリティレポート」

... から収集したデータを使用して、現在のクラウドセキュリティと脅威の状況の他、攻撃の傾向について分析しています。「インターネットの現状/セキュリティ」レポートには、Security Intelligence Response Team(SIRT)、Threat Research Unit、Information Security、Custom Analytics グループなど、アカマイのさまざまな部署からセキュリティの専門家が携わっています。 Akamai について Akamai は世...

2017年5月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

...は社外からアクセスするデバイスの管理だけでなく、クラウドアプリケーションの活用状況や利用しているユーザーのアクセス監視、そして活用しているデータに機微情報(慎重に扱われるべき情報)が含まれていないかを監視するコンテンツ監視などの機能を持った、クラウドセキュリティソリューションの導入を検討すべきである」とIDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂 恒夫は述べています。今回の発表はIDCが発行したレポート「2017年 国内情報セキュリティユーザー調査:企業における対策の現状」(JPJ41774017)にそ...

2014年4月1日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TechTargetのレポートです。

情報漏えい対策に関する調査リポート

...サイバー攻撃の傾向と対策狙われやすいのは小規模企業? 脅威リポートから標的型攻撃の特徴を読み解くエン・ジャパンのiPad×Office 365によるワークスタイル変革を支えるクラウドセキュリティサービス「クラウド×スマートデバイス」導入企業が語る成功のノウハウもうプロキシは使わない! より効果的なWebセキュリティを検証する企業のニーズを満たす真の次世代ファイアウォール製品とは?次世代セキュリティ、カギは“リアルタイム&事前対応”...

2019年11月5日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ゲートウェイ・セキュリティ対策型SOCサービス市場2019

...2桁成長を維持CASB運用監視サービス市場:2018年度は前年度から2.5倍に拡大。クラウドセキュリティソリューションへの新たなサービスとして市場が立ち上がる 調査ハイライト 国内WAF運用監視サービス市場の2018年度の売上金額は93億6,000万円、前年度比18.2%増と急成長しました。WAFには、専任の技術者による高度なチューニング、日々のアップデートや運用ノウハウが必要とされることから、これらの運用を全て自社内で賄おうとすると、負荷が高くなるという傾向があります。そのため、セキ...

2015年12月23日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Average Global Connection Speed Up 14% According To Akamai’s ‘Third Quarter, 2015 State Of The Internet Report’

...ターネットの現状」レポートのデータをダウンロードするには、以下のページにアクセスしてください。 Akamai について コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)サービスのグローバルリーダーとして、Akamai は、インターネットを高速で確実、かつ安全なものとしてお客様がご利用いただけるようにします。 Akamai のウェブパフォーマンス、モバイルパフォーマンス、クラウドセキュリティ、メディア・デリバリー・ソリューションは、デバイスや場所に関係なく、革新的な方法で消費者、企業、エン...

2018 年「インターネットの現状/セキュリティ:Credential Stuffing Attacks(リスト型攻撃)」レポート

...-is-on-the-rise.jsp手法アカマイの 2018 年「インターネットの現状/セキュリティ:Credential Stuffing Attacks(リスト型攻撃)」レポートでは、アカマイのグローバルインフラストラクチャから収集された攻撃データをもとに、社内の複数のチームが調査を行っています。本レポートでは、Akamai Intelligent Platform から収集したデータを使用して、現在のクラウドセキュリティ(https://www.akamai.com/jp/ja/products/cloud...

2013年2月27日(ISC)2フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

2013年のグローバル情報セキュリティ人材の実態調査

...高度なサイバー脅威に対処できる、有能かつ適格な人材を集中的に育成していかなければなりません」【クラウド、モバイル機器、SNSに対する脅威も懸念】GISWSではまた、セキュリティに関して十分な訓練を受けたソフトウェア開発者の著しい不足に起因する、セキュリティに対するアプリケーションの脆弱性が、セキュリティを巡る不安の上位を占めていることを、2011年時点のGISWSで既に指摘していました。マルウェアやモバイルデバイスによってもたらされる脅威も懸念の筆頭に数えられる一方、比較的新たに台頭している脅威であるクラウドセキュリティ、個人...

2017年1月15日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元年

...時点で検出未対応のランサムウェアであってもその不正活動を検知してブロックできます。特に「ウイルスバスターコーポレートエディション XG」はクロスジェネレーション(XGen)セキュリティアプローチにより、高い検出率と誤検出/過検出の回避を両立しつつ、コンピュータへの負荷軽減を実現します。ネットワーク型対策製品「Deep Discovery™ Inspector」は、「文書脆弱性攻撃コード検出を行うエンジン(Advanced Threat Scan Engine、ATSE)」などによりランサムウェア脅威を警告します。サーバ&クラウドセキュリティ対策製品「Trend Micro...

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

...セキュリティとコンプライアンスに関して利用者とサービス事業者の間で責任を共有するという責任共有モデルはオンプレミスにはなく、利用者は責任をもって適切な対策をとる必要があります。“2022年までにクラウドでのセキュリティインシデントの95%はユーザー起因によるもの“というガートナー社のレポートがあるように、これまでの外部からの脅威に対しての対策が中心でしたが、加えて、クラウド環境内部で発生しうる“設定ミスの危険性“等についての対応が求められます。実際、弊社によるクラウドセキュリティレポートにおいてもこれまでクラウドで発生した情報漏えいなどのインシデントの多くが、利用...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ