調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > クロック市場規模

「クロック市場規模」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年1月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

国内時計市場に関する調査を実施(2016年)

...店による富裕層の積極的な取り込みやボーナスの増額により消費税増税後の回復ペースが鈍かった個人消費が中間所得層を中心に勢いづいたこと、訪日外国人客の増加に伴いインバウンド需要が引き続き好調に推移したことなどで、ここ数年の市場拡大の勢いをそのままに加速した結果となり、2014年を大きく上回り市場は拡大した。今後はインバウンド需要の沈静化によって、再びマーケットが落ち込む可能性も孕んでいるが、ランニングウォッチなど特定の機能に特化したウォッチなどにより新たな国内市場が創出されることなどから、2020年の国内ウォッチ市場規模は2015年比108.9%の9,800億円になると予測する。◆2015年の国内クロック市場規模...

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

国内時計市場に関する調査結果 2015

...訪日外国人客によるインバウンド需要を追い風に国産ウォッチおよびスイス製の高級機械式時計を中心とした欧米からのインポートウォッチが好調に推移した。2019年の国内ウォッチ市場規模は2014年比116.4%の8,900億円を予測する。◆ 2014年国内クロック市場規模は前年比95.5%の525億円、2019年は570億円を予測2014年の国内クロック市場規模は前年比95.5%の525億円であった。円安によるコスト上昇を付加価値商品の投入で補う施策を各社ともとってきたが前年割れとなった。こうしたなかクロックを通じたライフスタイル提案商品や、から...

2015年1月20日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内時計市場に関する調査結果 2014

...は国内メーカーを中心に高い技術力を結集した高級時計や普及価格帯の商品強化を行いながら、富裕層や幅広い顧客層の更なる獲得や女性層の開拓を行うものと考える。◆ 2013年国内クロック市場規模は前年比107.0%の550億円、2018年は580億円を予測2013年のクロック市場規模は前年比107.0%の550億円であった。国産クロックを中心に高付加価値の開発・販売強化による単価アップにより、2年振りに前年を上回った。 クロック商品は既に消費者全般に行き渡っているため、今後も大きな拡大は見込めないものと考える。こうしたなか、メーカー各社における「健康・スポーツ関連」や「防災関連」等に...

2019年2月4日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

国内時計市場に関する調査を実施(2018年)

...別にみると、国内ウォッチ市場規模は小売金額ベースで前年比101.7%の8,004億円、また国内クロック市場規模は同104.0%の568億円であった。​2022年の国内時計市場規模は2017年比で105.9%の9,075億円を予測する。このうち国内ウォッチ市場規模は2017年比106.2%の8,500億円、国内クロック市場規模は同101.2%の575億円を予測する。2.注目トピックインポートブランドによるスマートウォッチに期待インポートウォッチブランドによるスマートウォッチは、機能...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ