調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > コンシューマー市場

「コンシューマー市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年8月24日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

...(同121.2%)および米国(同120.5%)とIDCは予測しています。いずれの地域でも、AR/VR支出を推進する業種区分はほぼ同じカテゴリーから始まりますが、時間の経過と共に大きく変化していくとみられます。2017年はコンシューマー市場が、いずれの地域でも最大のAR/VR支出分野となります。米国および西欧の、2番目に大きなセグメントは、組立製造とプロセス製造と予測しています。対照的に、2017年APeJで2番目に大きなセグメントは小売と教育です。そして、時を経るにつれ、米国のコンシューマー市場...

2016年4月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2016

...パン 2016」の「総合力」ランキング 上位50ブランドコンシューマー市場(BtoC)編(⼀般消費者による評価) 注)コンシューマー市場(BtoC)編では、企業ブランドと製品・サービスブランド合わせて1,000ブランドを対象とし、一般消費者が評価した。「フレンドリー」、「コンビニエント」、「アウトスタンディング」、「イノベーティブ」という4指標から総合力を算出。 アマゾンは2002調査の「総合力」第694位から始まり、10年前の2006調査で第85位と初めてトップ100入り。2009調査以降はトップ50...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第2回調査結果発表

...パン国内で使用されているブランドを一般消費者とビジネス・パーソンが評価する、日本最大規模のブランド価値評価調査プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、今回が18回目。一般消費者から回答を求める「BtoC(コンシューマー市場)編」(調査対象1,000ブランド)と、有職者にビジネス・パーソンとしての立場から回答を求める「BtoB(ビジネス市場)編」(同500ブランド)から成る。第2回から調査フレームを固定しているため、過去17年分について同一観点で比較可能である。BtoC編では企業ブランドと製品・サービスブランド合わせて1,000ブラ...

2017年3月14日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

...リ開発のテストを実際に行おうとしている」とも述べています。IDCでは、世界全体のAR/VR関連のハードウェア、ソフトウェア及び関連サービスについて2016年~2020年の支出額の予測を行いました。この期間中、コンシューマー市場はAR/VR関連支出の中でも最大の比率を占めます。2017年の支出額は62億ドルと予測しており、これは前年比2倍以上の成長です。ビジネス領域での支出は、AR/VRが日々の生活に溶け込むにつれ、コンシューマー市場の後を追う形になるとみられます。その中でも、組立製造業と小売業は2017年の合計支出が10億ド...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第1回調査結果発表

...対的に低いものが多いため「総合力」でトップ100には入らなかったが、イノベーティブ(革新性)で評価の高いブランド(メルカリ(第16位)、いきなり!ステーキ(第18位)、アイサイト(第104位)、マイネオ(第148位)、インディード(第220位))などが目立った。表1 「ブランド・ジャパン 2018」の「総合力」ランキング 上位100ブランドコンシューマー市場(BtoC)編 (一般消費者による評価)  注)コンシューマー市場(BtoC)編では、企業ブランドと製品・サービスブランド合わせて1,000ブランドを対象とし、一般...

2017年3月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2017

...トスタンディング」の向上に寄与したと考えられる(図表2)。図表1■「ブランド・ジャパン 2017」の「総合力」ランキング 上位50ブランドコンシューマー市場(BtoC)編 (一般消費者による評価) 図表2■BtoC編:「スタジオジブリ」4因子スコア(偏差値)YouTube第2位、アマゾン第3位とIT系ブランドが続き、ディズニーが第4位に BtoC編「総合力」のトップ10(図表1)を見ると、“ホンモノ感・本気度”という表現で形容したいブランドがある。前回「総合力」首位であった第3位の「アマゾン」は、2016年の...

2014年8月8日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

2014年上半期で盛り上がった「SSD」「小型ベアボーン」

...面には同社のハイエンドマザーでよく使われていたスカルマークがプリントされている  Intel SSD 730は、それまでエンタープライズ向けだったシリーズをコンシューマー市場に向けて投入した最上位ラインアップとして3月に登場した。登場当初、容量のバリエーションが240Gバイトと480Gバイトに限っていたのは、最近のハイエンドSSDにおいて競合他社でも共通している。 コントローラはインテルが第三世代と呼ぶ自社製の「Intel「PC29AS21CA0」」だ。もともとデータセンター向けSSDで使っていたものをコンシューマー向けでも採用した。高い信頼性を必要とするエンタープライズ向けSSD...

2015年3月29日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

ブランドランキングです。

ブランド・ジャパン2015

...ブン」5因子スコア(偏差値)ブランド・ジャパン:国内で使用されているブランドを一般消費者とビジネス・パーソンが評価する、日本最大規模のブランド価値評価調査 プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、今回が15回目。一般消費者から回答を求める「BtoC(コンシューマー市場)編」(調査対象1,000ブランド)と、有職者にビジネス・パーソンとしての立場から回答を求める「BtoB(ビジネス市場)編」(同500ブランド)から成る。第2回から調査フレームを固定しているため、過去14年分...

2014年5月1日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

企業でのスマートデバイス利用についての調査です。

スマートデバイスの業務利用に関する調査リポート

...業が何らかの形でスマートデバイスの業務利用を許可していることが分かった。スマートフォンやタブレットの普及が進んでいることは言うまでもないが、その特徴をうまく生かして業務に活用していこうという企業姿勢の表れだといえる。スマートデバイスの業務利用の許可《クリックで拡大》 企業では現在、どのようなスマートデバイスが導入されているのだろうか。「iPad」が41.8%で断トツの導入率。同じくiOSを搭載する「iPhone」は29.1%、「Androidスマートフォン」が24.2%、「Androidタブレット」が18.7%と続く。ビジネス市場においても、コンシューマー市場...

2017年7月7日IDCフィードバック数:0デジタル家電

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測

...的ハイエンドなケーブル型が主導する日本のVRマーケットはコンシューマー市場との親和性もあり、今後は価格の低廉化が期待されるため、国内市場は世界とほぼ同水準での成長が期待される」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである菅原 啓はコメントしています。さらに「その一方、ARのビジネス利用は少数の先行利用事例が脚光を浴びる段階にとどまっており、今後の成長見込みも世界と比べ見劣りする。業務の現場におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるためにも、視覚...

2017年4月9日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

...ノンが1.6ポイントシェアを落としました。3位のブラザー工業は0.7ポイントシェアを伸ばしました。IDC Japan イメージング、プリンティング&ドキュメントソリューション シニアマーケットアナリストの三谷 智子は「ベンダーが粘り強くビジネス向けインクジェットや大容量インクタンクモデルの訴求活動を行った結果、ビジネスインクジェット市場は緩やかではあるものの成長が続いた。一方、減少が続いているコンシューマー市場では、ベンダーは、家庭内インクジェット印刷の提案だけではなく、紙への印刷の優位性、例え...

2013年11月11日マイナビフィードバック数:0ビジネス

マイナビニュース読者に聞いた"オフィスプリンター選び"のポイントとは?

...の「オフィスプリンターはこう選べ!!ビジネスに必要なプリンターのポイントとは!?」のコラム記事で触れたプリンターを比較すると、印刷品質の比較は難しいものの、購入価格・ランニングコストの面で小型インクジェット機のエプソン「PX-1700F」やブラザー「MFC-J6970CDW」などが筆頭候補に挙げられることがわかります。デジタル機器はメーカーにこだわる人が多いイメージを持っている人もいらっしゃると思いますが、このアンケートではメーカーを重要視する人はわずか11.7%。コンシューマー市場...

2013年7月24日ITRフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

ITR Market View:ネットワーク・アプライアンス市場2013

...ライアンス市場の製品分野のなかでは最も高い伸びを予測しています。図.企業向け無線LAN市場規模推移および予測ITRのシニア・アナリストである甲元宏明は、「スマートデバイスの国内企業での導入拡大とコンシューマー市場での浸透を背景に、通信事業者によるWi-Fiサービスビジネスの強化が進んでいます。市場の勢いを受けて、これまでセキュリティや運用の観点から無線LANに消極的であったユーザー企業でも導入での壁が低くなっています。このような背景から、2012年度から2017年度にかけて企業向け無線LAN市場は好調な成長を維持すると予測しています」とコ...

市場データです。

ウェアラブル端末の市場規模予測

...ら急速に普及してきたスマートフォンの成長率が鈍化し始め、次に成長する市場として“ウェアラブル”に国内外の注目が集まったからであろう。 ウェアラブル端末市場は2014年に開花数十年前からウェアラブルコンピューティングに関する様々な研究は行われていたが、コンセプトモデルとして提示されるだけで、技術的課題が大きくコンシューマー市場はなかなか立ち上がらなかった。しかし、スマートフォンの登場により、通信やディスプレイなどの機能をスマートフォン側と連動して担うようになったことと、ウェアラブル端末の必須条件である軽量化・小型化に必要な、半導体・バッテリー・ディ...

2016年12月18日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2017」ノミネートリスト

.../住/健康・福祉/車/電機・IT/流通・運輸/金融・不動産/情報・教育/趣味・レジャー インターネット調査。日経BPコンサルティング社のインターネット調査システム「AIDA」を使用。 回答はすべて非助成想起による自由記述のため、集計に当たってコーディングを実施。 「ブランド・ジャパン」国内で使用されているブランドを一般消費者とビジネス・パーソンが評価する、日本最大規模のブランド価値評価調査プロジェクト。一般消費者から回答を求める「BtoC(コンシューマー市場)編」(調査対象1,000ブラ...

2017年3月22日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模

...の事情に対する知見とブランドの認知が課題となっています。アップルのApple Watch Series 1とSeries 2は、ウェアラブル市場でこれまでにない見事な成功を収め、2016年第4四半期は最高の四半期となりました。エントリーモデルの価格を低く設定したこと、全面的に改良されたユーザーインターフェース、そしてSeries 2にはGPSが搭載されたこともあり、アップルのウェアラブル市場におけるプレゼンスは向上しました。同社はコンシューマー市場で関心を集めるための製品のリターゲットに成功した数少ない企業のひとつであり、今後...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ