「システム基盤」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2010年4月6日IPAフィードバック数:11社会/政治

第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査

...オープンソース情報データベースシステム(OSS iPedia) は、2013年5月17日(金) をもちまして運用を終了いたしました。第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査 本報告書には、自治体のIT戦略担当者やIT調達担当者などに有用な統計データや分析情報およびITサービスを提供する企業がどのように地方自治体のIT化推進に協力出来るかについてのヒントが多く掲載されています。■監修IPAオープンソフトウェア・セン...

2014年3月23日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

地方自治体のITです。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

...地方自治体における情報システム基盤に関する調査 地方自治体における情報システム調達の現状について調査を実施し結果を公開しています。...

2012年9月7日IPA★★フィードバック数:25企業情報システム

地方自治体の情報システムについてのレポートです。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

...地方自治体における情報システム基盤に関する調査 地方自治体における情報システム調達の現状について調査を実施し結果を公開しています。...

2013年7月1日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

IPAによるレポートです。

第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査

...「第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査」を公開しました 最終更新日:2013年6月27日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 国際標準推進センター...

2015年6月3日翔泳社フィードバック数:0企業情報システム

いまさら聞けないクラウドのアレコレ(3)~クラウド使いが乗り越えるべき壁~

...ようスタートアップ企業であれ成長が持続する間は必ず迎えるターニングポイントの一つです。 プライベートクラウド、パブリッククラウド、サーバー仮想化、データセンターの利用とスタートアップ企業は、確実にどこかで成長のジレンマと選択を迫られることになります(図2)。 図2. スタートアップ企業におけるパブリッククラウド利用推定  では、つぎにそんなNefilix社が、どのようにして成長のジレンマを乗り越えてきたのか、システム基盤の変遷から見ていきましょう(図3)。 Netfilix社のサービス向けシステム基盤は当初、外部CDN利用...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表

... of Insight)」「システム基盤プラットフォーム」「機器/装置制御システム」の5つに分類しており、5つのセグメントのうち、「SoR」と、「SoE」および「SoI」を合算した「SoE/SoI」、および「システム基盤プラットフォーム」と「機器/装置制御システム」を合算した「Other」の3つのカテゴリーについて、サーバー市場の予測値を提供しています。なお、詳細は注記を参照してくだい。2019年の国内サーバー市場の支出額は前年比2.1%増の5,536億円と予測しています。システムタイプ別の支出額を見ると、SoR...

2018年7月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測

...会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表しました。IDCでは新たに国内サーバー市場におけるシステムタイプ別支出額を試算しました。具体的には、「SoR(Systems of Record)」「SoE(Systems of Engagement)」「SoI(Systems of Insight)」「システム基盤プラットフォーム」「機器/装置制御システム」の5つです。なお、本調...

2011年3月31日IPA★フィードバック数:3社会/政治

IPAによる公共機関の情報システムに関する調査結果です。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

...プレス発表 地方自治体における情報システム基盤に関する調査の報告書を公開2011年3月31日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)オープンソフトウェア・センターは、「第4回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性に関する調査」を実施し、今般、その結果を報告書にまとめ、オープンソース情報データベース「OSS iPedia(*1)(オーエスエス アイペディア)」から公開しました。URL: 地方自治体の業務のIT化が進む中、IT新改...

2015年2月25日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

Key Conductors Award 2014年下半期

... Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。 業務システム「ベンダー都合のサポート終了」に読者の声は? 「第3の選択肢」もこの数年でサポート終了や提供終了を予定する業務システム基盤は少なくない。ITベンダーの開発やサポート体制を考えると仕方がないこともあるが、ユーザー企業にとっては「とばっちり」で予...

2015年6月18日翔泳社フィードバック数:0企業情報システム

いまさら聞けないクラウドのアレコレ(5)~本当のSLAを理解する~

...タセンターの利用とスタートアップ企業は、確実にどこかで成長のジレンマと選択を迫られることになります(図2)。 図2. スタートアップ企業におけるパブリッククラウド利用推定  以前も紹介しましたが、図3のようにスタートアップ企業の成長著しい場合、とても小さいサービス向けシステム基盤を設立者と二人三脚しながら管理運用していき、その管理するコンピューティング資源が加速度的に増大していくことになります。Pinterest社の場合、その成長の過程ごとに今まで作ってきたサービス向けシステム基盤を見直し、時には古いシステムを捨て、まっ...

2018年12月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2018年)

...テム投資を期待できる。3.将来展望法人アンケート調査においては、毎年、今後3年間におけるIT投資の目的について尋ね、回答(最大3件まで複数選択可)を得ている。2018年(n=508)は、「システム基盤全体の効率化」が51.2%と第1位となり、2014年以降トップを続けてきた「情報セキュリティの強化」を抑え、順位が逆転した。「システム基盤全体の効率化」がトップとなった一因には、これまで述べてきたようにデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が考えられる。 こちらのプレスリリースは1,000円で...

2019年1月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

ERP及びCRM・SFAにおけるSaaS利用状況の法人アンケート調査を実施(2018年)

...率は概ね横ばいで推移している。SaaS利用率は短期的に大きく伸びる傾向はみられないが、アンケート結果からは将来的には利用したいという意向はあるため、長期的には緩やかに増加していくと見込む。但し、SaaSよりも、システム基盤にクラウド(IaaS/PaaS)を利用する利用形態のほうが先行して拡大していると考える。一方で、CRM・SFAを導入している132社では、SaaSの利用率は28.0%であった。過去の調査結果と比較してもSaaS利用率は順調に上昇しており、CRM・SFAについては今後ともSaaSを中心に導入が進む見通しである。尚...

2019年1月31日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率調査

...率は概ね横ばいで推移している。SaaS利用率は短期的に大きく伸びる傾向はみられないが、アンケート結果からは将来的には利用したいという意向はあるため、長期的には緩やかに増加していくと見込む。但し、SaaSよりも、システム基盤にクラウド(IaaS/PaaS)を利用する利用形態のほうが先行して拡大していると考える。一方で、CRM・SFAを導入している132社では、SaaSの利用率は28.0%であった。過去の調査結果と比較してもSaaS利用率は順調に上昇しており、CRM・SFAについては今後ともSaaSを中心に導入が進む見通しである。尚...

2019年1月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場システムタイプ別予測

...セグメントに分けて支出額の予測値を試算しました。「SoE/SoI」は、「SoE」と「SoI」を合算したセグメントです。「Other」は「システム基盤プラットフォーム」と「機器/制御システム」を合算したセグメントです。2018年の国内サーバー市場は、前年比0.1%増の5,022億6,800万円になると予測しています(参考資料)。システムタイプ別の支出額を見ると、SoRが前年比0.2%減の1,919億5,600万円、SoE/SoIが同4.9%減の520億6,100万円、Otherが同1.4%増の2,582億5,100万円です。また、2022年の...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内エンタープライズインフラ市場 ベンダーシェアを発表

...算した「SoE/SoI」、および「システム基盤プラットフォーム」と「機器/装置制御システム」を合算した「Other」の3つのカテゴリーごとに売上実績を提供しています。なお、本調査レポートは2018年第4四半期版の「IDC Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker」および2018年下半期版の「IDC Semiannual Server Tracker: Workload」に基づいています。注記:システムタイプについてSoR(Systems of Record):法人...

2014年7月23日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査結果 2014

...年のクラウド基盤サービス市場規模は事業者売上高ベースで前年比56.0%増の607億円と大きく拡大した。ユーザー企業のクラウド基盤利用に関する導入事例の増加からクラウド基盤を自社内業務システム基盤として活用する層が増え、クラウド基盤の活用は前進した。◆ 2014年も高成長、前年比50.9%増の916億円を予測2014年のクラウド基盤サービス市場規模は前年比50.9%増の916億円と、引き続き高成長を予測する。クラウド基盤サービス提供事業者とユーザー企業の仲介をしたり、導入...

2014年2月12日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」

...第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施 2014年02月12日■最高水準のAAAサービスにNTTコミュニケーションズなどの8社を選定 ■プライベートクラウドのサービスが充実、ユーザーの関心はコストから品質へ ■ユーザーはバックアップサービス、脆弱性対策などの信頼性を重視  MM総研(東京都港区、所長 中島 洋)は2月12日、第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」の結果を発表しました。この調査は、企業の情報システム基盤や災害時に継続運用できる社会基盤に適したサービスを選定する視点で、クラ...

2017年6月21日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測

...リティクスソフトウェアへの投資は既存業務の改善をターゲットにしたものから、徐々に企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)をターゲットにしたものに移行し、Hadoopなどのノンリレーショナル分析データストア、コグニティブ/AIシステム基盤、コンティニュアスアナリティクスソフトウェアなどが市場の拡大を牽引します。ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場規模は2021年に3,419億800万円となり、年間平均成長率 (CAGR: Compound Annual Growth Rate)8.4%になるとIDCでは予測しています。「オン...

2013年2月12日IPA★フィードバック数:62セキュリティ/ネットワーク

東日本大震災を受けての調査です。震災直後に立ちあがった支援サイトについてもフォーカスしています。

災害に対応するITシステム検討プロジェクト

...対応の視点から行った、震災時の情報セキュリティ、震災とクラウドの関係、自治体の情報基盤における震災の影響、高回復力システム基盤の必要性等、に関する各種調査を、わかりやすく取りまとめたサマリと、これらに関係する資料や調査報告書の概要を収録しました。また、2012年5月に開催したIPAグローバルシンポジウムにおける、京都大学防災研究所教授 林春男氏に災害に負けない社会のためにITが果たす役割をテーマとした講演、災害対応で活躍した専門家や有識者によるパネルディスカッションのサマリも掲載しました。「災害対応・支援...

2015年9月24日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2014年度の実績と2019年度までの予測、および需要動向

...ステッド・プライベートクラウドを利用していない企業の理由は、いずれも運用コストやクラウドへの移行コスト、情報漏えいに対する不安が上位を占めた。ユーザーがシステム基盤における「所有」と「利用」のトータルコストを比較して、慎重に見極める姿勢が鮮明になっており、クラウド事業者はセキュリティ面を含め、クラウドの利用メリットを積極的に示して利用障壁を緩和していく必要があるとMM総研は分析している。■ IaaS/PaaSではAWS、ホステッド・プライベートではNTTコムの利用が最多 パブリッククラウドのIaaS...

2018年2月21日日経xTECH★★フィードバック数:0企業情報システム

大手2社の強さ目立つ、「パートナー満足度調査 2018」結果発表

...サービスの売り手であるパートナーは人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)に対する関心を高めているからだ。 クラウドサービスは企業の業務システム基盤として定着してきた。場所を問わずに打ち合わせや情報共有ができるビデオ/音声会議システムは、労働生産性の向上など働き方改革の機運に乗じて引き合いが増えている。この先は会員の登録が必要です。日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録...

2014年6月13日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

2013年度 国内PCサーバー出荷概況

...タの増加に留まると予想している。●今回発表のポイント ①出荷台数は2年ぶりの増加、データセンター投資回復 13年度の出荷台数は、2年ぶりの台数増となった。上半期は円安の影響で部品原価が上昇、これに伴いサーバー価格が上昇したことで、出荷数は伸び悩んだが、下半期に入り、データセンターへの投資が活発になったことで、出荷台数は増加した。また一部では消費増税前の駆け込み需要もあった。データセンター投資は、これまでの通信キャリアやSNS、ゲーム市場向けだけでなく、民需向けのシステム基盤などにも広がりを見せている。一連...

2013年2月19日MM総研フィードバック数:16企業情報システム

第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」

...第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施 2013年02月19日■最高水準のAAAサービスに6社を選定 ■総合評価第1位はNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」 ■ユーザはクラウドに高品質かつ多様な機能・サービスを期待 ■NTTコミュニケーションズ「Bizホスティング」が総合ランクAAAで第1位 MM総研(東京都港区、所長 中島 洋)は2月19日、第1回「ビジネスクラウド総合評価調査」の結果を発表しました。この調査は、企業の情報システム基盤...

2014年11月4日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

国内クラウドサービスの市場規模・予測と需要動向

...ュリティへの不安が利用障壁となっていることが分かった。次いで「運用コストが高くなってしまう」、「既存システムとの一体的な運用が難しい」と続き、運用面の不安が上位を占めた。既存システムとの連携など、情報システム基盤として本格的な活用を検討するユーザーが増える中、クラウドの運用効率化が課題になっている。■ IaaS/PaaSでは3社に1社がAmazonを利用・検討、プライベートクラウドはNTTコムが最多パブリッククラウドのIaaS/PaaSを利用・検討している法人ユーザー(n=701)が選ぶサービスは「Amazon Web Services」が33.7...

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2016年のIT市場動向を占う

...ながら予測することは困難であり、国内企業のIT投資に関する調査結果 2015 は、大きな経済動向の変化は起きない前提で検討されている。その点には留意願いたい。セキュリティの強化が喫緊のテーマさて、マクロ的な側面は以上として、次に法人アンケート調査結果をベースにIT投資の内容についても考察していこう。“今後3年間におけるIT投資の目的”について尋ねた結果を2011~2015年までならべたものが下図である。【図表:今後3年間におけるIT投資の目的(MA)2011-2015】一瞥して分かるとおり、「情報セキュリティの強化」と「システム基盤...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...開発されたスマホアプリによる海外送金サービスを開始されました。北國銀行様: 2018 年夏のサービス開始を目指し、Microsoft Azure を基盤としたインターネットバンキングサービスとして日本初となる「北國クラウドバンキング」を開発中です。Microsoft Azure と勘定系システムを連携し、セキュリティを確保しつつ、多様化するお客様のニーズに合わせた迅速なサービスの拡充を実現する全く新しいインターネットバンキングサービスの提供に向けて取り組まれています。第一生命様:「健康増進サービス」のシステム基盤として Microsoft Azure を採...

2015年11月6日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2015年中堅・中小企業における「CRM」の利用実態とユーザ評価

...向けサービスとの連携などに関連する項目】 モールなどのeコマースサービスと連携できない 個人向けのスケジューラサービスと連携できない ※その他、個人向けサービス連携に関する項目は全5項目【システム基盤に関連する項目】 カスタマイズした箇所を維持するためのコスト負担が大きい 他のシステムとのデータ連携ができない スマートフォンやタブレットから利用することができない ※その他、システム基盤に関連する項目は全7項目ユーザ企業が抱えている課題と合わせて重要なのが「ユーザ企業が導入済みのCRM製品/サービスに関して満足/評価している 機能...

2010年10月5日リクルートフィードバック数:1キャリアとスキル

エンジニア職種別 採用天気予報 [10年10~12月期]

...ました。ただひとつ注意してほしいのは、2年前とは求める技術に違いがあることです。かつては「.NET」フレームワークでの開発経験は主要な採用条件のひとつでしたが、最近は減少傾向にあります。アプリ系エンジニアの必須技術でいえば、「Java」が圧倒的です。これに加えてオープンソースの知識も重要。時代とニーズの変化への、継続的なキャッチアップが不可欠になっています。 リクルートエージェント ITマーケット グループマネジャー 証券や生損保、国際会計基準の知識、システム基盤の構築経験  コン...

2009年9月1日インプレスフィードバック数:0企業情報システム

28.7%の企業が次年度のSaaS予算を増加見込み

....2 Salesforceの実情を分析する4.2.1 約6万社の顧客4.2.2 マーケティング力4.2.3 顧客を味方につけるマーケティングセンス4.2.4 テクノロジー4.2.5 安定性、信頼性を重視したシステム基盤4.2.6 堅牢なデータセンター4.2.7 日本法人のマーケティング4.2.8 パートナー獲得4.2.9 課題はCRMの活用4.3 日本SaaS市場の課題4.3.1 課題はシングルインスタンス・マルチテナント型への移行4.3.2 急がれる「SaaSエコシステム」の確立 第5章 国内...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ