調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ストレージシステム

「ストレージシステム」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年6月8日アイティメディア★フィードバック数:5企業情報システム

TechTargetがバックアップツールについての調査結果を公表しました。

バックアップツールに関する読者調査結果リポート

...った。バックアップツールの導入状況 また、「導入していない」と回答した人に対してその具体的な理由を聞いたところ、「導入コストが高い」(30.5%)、「費用対効果が見えにくい」(27.1%)、「ストレージシステムのバックアップ機能を利用している」(23.7%)などが多く挙がった。バックアップツールを導入していない理由関連記事バックアップ/リカバリ体制の確立に必要なツールの条件とは?バックアップ/リストアへの不安が顕著に 調査結果が示すストレージ課題SSDに重複排除ソフト──2011年下...

2011年9月27日アイティメディア★フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

TechTargetがデータ保護についてのアンケート結果を発表しました。

データ保護・管理対策に関するアンケート

...爆発的なデータ量の増加に自社のITシステムは耐えられるか? 多くの企業がストレージ環境の拡張性やその処理能力に不安を抱き始めている(関連記事:ゼタバイト時代の企業ストレージ環境とは)。TechTargetジャパンは2011年8月23日から9月6日まで、会員を対象にデータ保護・管理対策に関するアンケート調査を実施した。調査からストレージシステムの実態や担当者が抱えている課題などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全て...

2013年7月18日アイティメディア★フィードバック数:3企業情報システム

TechTargetがストレージについての調査結果を公開しました。

ストレージの利用状況に関する読者調査リポート

...TechTargetジャパンは2013年5月20日から6月23日まで、読者会員を対象に「ストレージの利用状況に関する読者調査」を実施した。調査結果からストレージシステムの導入・検討状況、選定ポイント、現在抱える課題などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。調査概要目的:企業のストレージ利用状況を確認するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTargetジャパン会員調査期間:2013年5月20日...

2021年6月30日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場バイヤータイプ別予測を発表

...30 Jun 2021国内エンタープライズインフラ市場バイヤータイプ別予測を発表 Japan, 2021年6月30日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内エンタープライズインフラ市場 バイヤータイプ別予測を発表しました。IDCでは、サーバーとエンタープライズストレージシステム(ExternalおよびStorage Expansionのみ)を合...

2014年12月25日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

2014年 記事ランキング(サーバ&ストレージ編)

...セラレータのような新しいストレージデバイスの台頭で、これまでのデータ保護方法の弱点が露呈していると指摘しています。6位の「SSD導入がお得になる場合、ならない場合」では、HDDと共存する「ハイブリッド型」、性能重視で「オールフラッシュ」のどちらが良いのか、ストレージシステムの構築時に考慮すべきポイントを解説。続編記事「SSDの向き、不向きを再考する」と併せて読むことで、ベンダー各社が提供する製品の違いや使い分けのヒントなどが得られます。 SSDの活用事例としては、「Facebookがデータ保存にBlu-rayとSSDを採用、専門家からは『本気...

DDN、第5回年次HPCトレンド調査結果を発表  混在型I/Oワークロードが最大の課題であることが明らかに

...クロードの性能を管理することであり、エンドユーザーの60%がこれを第1の課題として挙げています。DDNによって5年連続で実施されたこの調査の結果には、データ集約型の幅広い業種にわたる100以上の世界中のエンドユーザーからの回答が含まれています。回答者は、HPC、ネットワーク、ストレージシステムなどの責任者であり、金融サービス業界、政府機関、高等教育機関、ライフサイエンス業界、製造業、国立研究所、石油・ガス業界の方々です。【管理・使用しているデータ容量】予想した通り、これらの組織・企業...

State of Object Storage

...ップに挙げられたことを見ると、データ保護方針が不十分で一貫性に欠けることが根本的な問題となっていると考えられる。・すでにオブジェクトストレージを展開している回答者は、オブジェクトストレージの重要な利点としてメタデータを挙げ、メタデータフレームワーク開発支援が必要だと答えた。ウエスタンデジタルのデータセンターシステムビジネスユニットでマーケティング&プロダクトマネジメント担当バイスプレジデントを務めるジョアン・ラベッツは、次のように述べています。「この結果は、オブジェクトストレージがブロック/ファイルストレージシステム...

市場調査で占う2016年のIT動向--調査記事をまとめてチェック

...ビス市場の予測を発表した。2014年は好調に推移し、6年ぶりに前年比成長率3%台を回復。2015年以降も成長率は低くなっていくものの、堅調な成長が見込む。 IDC Japanは2月17日、2014年の仮想化市場調査からクライアント仮想化の投資対効果(ROI)を算出し、結果を発表した。仮想化のROIは439.4%、投資回収期間は10.2カ月という結果が出た。 IDC Japanは2月9日、国内外付型ディスクストレージシステム市場の産業分野別2014年上半期の実績と2018年までの予測を発表した。 IDC Japanの予...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ