調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > セキュリティ事件

「セキュリティ事件」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年6月17日ITR★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内脆弱性診断市場規模推移および予測

...取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の脆弱性診断市場規模推移および予測を発表しました。 国内脆弱性診断市場の2015年度の売上金額は11億円とまだ小さいものの、前年度比19.6%増の伸びを示しました。脆弱性診断は、疑似アタックやスキャニングの手法を用いて、情報システムやその構成要素の脆弱性を検出する製品・サービスです。脆弱性診断は新しいものではないが、昨今脆弱性を起点とした侵入、改ざん、情報漏洩などのセキュリティ事件・事故、サイバー攻撃が増加傾向にあることを背景に、脆弱...

2015年6月23日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがセキュリティについての調査結果を発表しました。

企業における情報セキュリティ対策状況(2015年)

...セキュリティ対策の運用方法」や「発生した情報セキュリティ事件・事故」「実施しているセキュリティ対策」「IT投資額に占めるセキュリティ投資額の比率」など、企業の情報セキュリティ対策の現状を把握するための質問だ。2012年に実施した調査との比較で、この3年間で企業の対策状況や意識にどのような変化が生じたかなども明らかとなった。 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので事前にご了承いただきたい。セキュリティ対策部門、「兼任」が約5割も「専任者」は増加傾向にあり はじめに、自社...

2014年9月26日MM総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米比較です。

情報セキュリティ対策、日米企業で大きな開き

...セキュリティ被害の状況や対策状況を分析した。調査結果によると、情報セキュリティ対策で先行する米国企業では2012年度から2013年度にかけて、ほとんどの主要な手口による被害が減少傾向にあることがわかった。たとえば代表的なサイバー犯罪の一つである「なりすまし」による被害金額は72%減少した。これに対して、日本企業の「なりすまし」による被害金額は同期間で141%増加するなど、多くの主要手口においてセキュリティ事件・被害金額が拡大傾向にあり、早急に有効な対策を実施する必要がある。さらに、2014年度計画で日本企業の1社あ...

2014年12月24日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年 検索キーワードランキング(セキュリティ編)

...「Surface」がセキュリティ担当者の注目を集める理由 「パスワード」への不安が目立つ 新技術への期待も セキュリティ事件、事故に関連したキーワードにも注目が集まりました。4位に入った「パスワード」がその代表例です。既知のID/パスワードのリストを利用して会員制サイトへの不正ログインを試みる「アカウントリスト型攻撃」が相次ぐ中、パスワード管理の限界を指摘する声が高まりつつあります。とはいえ、パスワード認証の仕組み自体をすぐに無くすのは現実的ではなく、効率...

2017年7月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

...領域を詳しく見ると、2016年度実績では、相次ぐ情報セキュリティ事件を背景に、引き続きすべての従業員規模/産業分野でセキュリティに関する項目がトップとなりました。その一方で、2017年度に計画されているIT投資領域で用いられるテクノロジー/手法としてAI(Artificial Intelligence)が前年度よりも大きく回答率を伸ばしており、今後取り組むべき新しいテクノロジーとして注目されていることを示しています。具体的なIT部門の取り組みとしては、社内ITイン...

2015年12月2日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ

...得られた教訓とは インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)は2015年11月13日、第2回「2015年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果を発表するとともに、2016年ならびに今後の5年間増加するであろうサイバー脅威の予測も発表した。日本企業は「ISMS」に偏り過ぎ?――PwCが「グローバル情報セキュリティ調査 2016」を発表 プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は2015年11月9日、米国のIT調査会社IDGと共同で実施した「グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)」の調...

2011年6月6日IPA★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

IPAによる白書です。

情報セキュリティ白書2011

...情報セキュリティ白書2011 掲載日 2011年6月6日独立行政法人 情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、ITの専門家や技術者だけでなく、一般の利用者にも情報セキュリティの現状を周知することを目的に、国内外の注目すべき情報セキュリティ事件・事故や、新しいサービス・情報機器の利用拡大による新たな脅威など、広く情報セキュリティに関する出来事や状況をまとめ、「情報セキュリティ白書2011」として、2011年6月6日から販売を開始しました。 概要 「情報...

2017年1月26日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査

...のスマートフォン」13.6%。勤務先で情報セキュリティに関するルールは、「ある」60.7%、「ない」31.3%、「答えられない」8.0%と回答し、情報セキュリティに関する社内研修受講経験は「受けたことはない」58.1%、「同じ勤務先の専門部署による講習を受けた」29.6%、「外部の専門機関・専門スタッフの講習を受けた」5.8%と回答。昨今の情報セキュリティ事件が社会問題化している風潮を受け、最近の勤務先の情報セキュリティ対策は、「変わらない」38.9%、「少し厳しくなった」30.7%、「だいぶ厳しくなった」29.8...

2015年11月4日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査

....1%、「不審なWEBサイトを閲覧しない」44.4%、「会社で認められていないソフトをインストールしない」37.9%。勤務先で情報セキュリティに関するルールは、「ある」59.1%、「ない」34.0%、「答えられない」6.9%と回答し、情報セキュリティに関する社内研修受講経験は「受けたことはない」58.0%、「同じ勤務先の専門部署による講習を受けた」29.3%、「外部の専門機関・専門スタッフの講習を受けた」6.7%と回答。昨今の情報セキュリティ事件が社会問題化している風潮を受け、最近...

2018年2月18日Dell EMC★フィードバック数:0企業情報システム

700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務

...企業では「クラウドからオンプレミスへの回帰」がさらに進む。■調査から明らかになった特筆すべき大きな変化◇中堅企業セキュリティ事件簿「経営者のセキュリティへの理解がない」という企業はセキュリティ事故予備軍セキュリティ事故が起きている企業の共通点として、「経営者のセキュリティへの理解がない」ということを口実にするケースが多いが、その背景は、経営者にセキュリティの知見がないことに加え、担当者からトップへの積極的な説明・啓発が行われていないという双方の理由がある場合であることがわかった。これは、セキ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ