調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > セキュリティ戦略

「セキュリティ戦略」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

...グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部...

2011年10月11日フォーティネットフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

アジアITセキュリティ調査

...ュリティ調査の結果を公表しました。フォーティネットが委託したこの調査では、日本、中国、香港、インド、シンガポール、韓国および台湾の企業のIT政策決定者に対し、IT環境が急速に変化する中で企業がクラウド コンピューティングおよびスマートデバイスの普及に呼応するためのセキュリティ戦略と優先課題について質問しました。セキュリティ対策範囲の拡充とコスト低減を図るための戦略刷新ITセキュリティ戦略に関して、回答者は改善の必要がある上位2つの分野として、圧倒的に、セキュリティ対策範囲の拡大とITセキ...

グローバルでの調査です。日本についての切り出しもあります。

グローバル情報セキュリティ調査 2013

...企業への示唆も掲載しています。主な掲載項目情報セキュリティに関する問題セキュリティ管理体制の自己評価リスク対応力の低下傾向セキュリティ戦略の推進地域別トレンド調査結果から導き出されるあるべき姿日本企業への示唆:日本企業のクラウド戦略に立ちはだかる壁”アナログ”なインシデント検知からの脱却セキュリティインシデントの発生を前提とした体制整備 © 2004 - 2019 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more...

企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない

...PwC Japanグループ、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表 ‐企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない2018年6月15日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(同、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(同、代表...

2015年1月28日野村総合研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セミナー資料です。

セキュリティは『守り』から『攻め』の時代へ

...ュアテクノロジーズ株式会社 ストラテジーコンサルティング部 セキュリティコンサルタント高木 大輔概要NRIセキュアテクノロジーズは、2014年8~10月、「企業における情報セキュリティ実態調査 2014」を行った。本調査は、企業の情報システム・情報セキュリティ担当者を対象に2002年より毎年実施しており、今回で13回目になる。今回は、「予算・人材」「セキュリティ戦略」「第3のプラットフォーム&新技術」「サイバーセキュリティ」「グローバル・ガバナンス」という5つの観点で質問を構成し、アンケートを行った。 そのデータを集計・分析...

2016年2月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「企業における情報セキュリティ実態調査2015」~セキュリティ人材獲得競争の時代へ~

...ラテジーコンサルティング部 森 茉莉香 足立 道拡概要NRIセキュアテクノロジーズは、2015年9~10月、「企業における情報セキュリティ実態調査 2015」を行った。本調査は、企業の情報システム・情報セキュリティ担当者を対象に2002年より毎年実施しており、今回で14回目になる。今回は、「予算&人材」「セキュリティ戦略」「第3のプラットフォーム&新技術」「サイバーセキュリティ」「グローバル・ガバナンス」という5つの観点で質問を構成し、アンケートを行った。そのデータを集計・分析した結果を踏まえ、2015年の...

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

...らの重要資産をサイバーリスクの脅威から、どのように守るべきでしょうか。本書は、世界115カ国、延べ9,600人以上の経営者や責任者からデータを収集し、企業の情報セキュリティに関する問題意識、投資動向、対策などからトレンドや企業の規模、業種、地域ごとの特徴を明らかにしています。また、グローバルと日本企業のデータを分析し、日本企業が取り組むべき3つのテーマを提言としてまとめています。企業のサイバーセキュリティ戦略の策定や効果的なセキュリティ投資のために、経営者やセキュリティ責任者の皆さまには、ぜひ、本書...

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

...ーバルと日本企業のデータを分析し、日本企業が取り組むべき2つのテーマを提言としてまとめています。企業のサイバーセキュリティ戦略の策定や効果的なセキュリティ投資のために、本書をご活用いただきたいと考えています。主な掲載内容クラウドでの大胆な組み合わせクラウドにおけるスレットマネジメントツールの統合高度認証によるフィッシングの発見クラウドベースのスレットインテリジェンスの概要一元的なプラットフォームの威力情報共有リソースネットワークISAOによ...

2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

...はインシデントが発生する前の今こそ、戦略導入の必要があるのです。」 ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門ディレクタ増加し続ける社内エンドポイントを保護するためのセキュリティ戦略がありますか企業ネットワークに接続されているすべてのデバイスにセキュリティアップデートが随時実行されていることに自信がありますか組織のネットワークに接続される IoT デバイスのセキュリティを考慮していますかどの程度の頻度で組織のネットワーク上の IoT デバ...

2016年4月7日Tripwireフィードバック数:0ビジネス

ITプロフェッショナルの半数が企業規模でのパッチ適用に苦労

...業におけるパッチ管理の状況に関して行った広範囲な調査の結果を発表しました。この調査では、パッチ管理に携わる 480 人以上の IT プロフェッショナルの回答から、パッチの量およびインストールの動向を検証しました。パッチ管理は、企業のITシステムのセキュリティリスクを最小化する上で重要な役割を担っています。 しかし、Tripwire の調査によると、回答者の半数が、パッチの量にチームが苦戦しているか、圧倒されていると答えています。「パッチと脆弱性の関係は、多くの人が考えているよりもずっと複雑です」と、Tripwire の IT リスク/セキュリティ戦略...

2015年6月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

フォーティネットが世界12か国で実施したIT部門責任者対象の調査で、企業ITインフラにおける無線ネットワークセキュリティの脆弱性が浮き彫りに

...%でした。また、セキュリティの観点からリスクが低い要因としては、「データベース」(25%)、「アプリケーション」(17%)、「ストレージ」(11%) のインフラが挙げられています。37%のIT部門責任者が、無線ネットワークの基本的なセキュリティ対策である認証機能を導入していないと回答しています。企業の無線ネットワークにおけるセキュリティ戦略について尋ねたところでは、29%の企業がファイアウォールを導入しておらず、またセキュリティ対策にアンチウイルスを設置していないと回答した企業は39%に上...

2016年2月10日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答

...、制御技術に対するキネティック型のサイバー攻撃が物理的損害をもたらす可能性があると考えている。Tripwire のITリスク/セキュリティ戦略担当ディレクタのティム・アーリンは次のようにコメントしています。「これらの質問に YES と答えた回答者の割合が非常に高いことから、これらの業界では、サイバーセキュリティの強化のために実質的な手段を講じる必要があることは明らかです。このような脅威がなくなることはありません。その勢いは増すばかりです。」米国国土安全保障省によると、サイ...

2017年4月26日IPAフィードバック数:0企業情報システム

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...拠点の情報セキュリティ対策状況を把握・指示している割合は67.4%(別紙6.)考察:非重要インフラ企業と比べて関与の割合は15ポイント程度高い。しかし、特に社会インフラを担う企業においては、経営層のいっそうの関与が期待される。 脚注(*1)同ガイドラインはその後、2016年12月に改訂され、最新版はver1.1となっている。(*2)3原則:①経営者のリーダーシップが重要 ②自社以外(ビジネスパートナー等)にも配慮 ③平時からのコミュニケーション・情報共有(*3)サイバーセキュリティ戦略本部「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」(案...

2017年4月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...拠点の情報セキュリティ対策状況を把握・指示している割合は67.4%(別紙6.)考察:非重要インフラ企業と比べて関与の割合は15ポイント程度高い。しかし、特に社会インフラを担う企業においては、経営層のいっそうの関与が期待される。 脚注(*1)同ガイドラインはその後、2016年12月に改訂され、最新版はver1.1となっている。(*2)3原則:①経営者のリーダーシップが重要 ②自社以外(ビジネスパートナー等)にも配慮 ③平時からのコミュニケーション・情報共有(*3)サイバーセキュリティ戦略本部「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」(案...

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

...要インフラ企業と比べて関与の割合は15ポイント程度高い。しかし、特に社会インフラを担う企業においては、経営層のいっそうの関与が期待される。脚注(*1)同ガイドラインはその後、2016年12月に改訂され、最新版はver1.1となっている。(*2)3原則:①経営者のリーダーシップが重要 ②自社以外(ビジネスパートナー等)にも配慮 ③平時からのコミュニケーション・情報共有(*3)サイバーセキュリティ戦略本部「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」(案)(*4)得られた回答数は日本755件、米国527件、欧州526件(英192件、独...

2018年5月24日Nuixフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

THE BLACK REPORT 2018

...のフォームにご記入いただくと、レポートをダウンロードできます。 ハッカーの思考を解読する多くの調査では、ベンダーやその顧客の視点からサイバーセキュリティの状況を調べています。ハッカーの視点がわかるのはNuixブラックレポートただ1つです。Nuixブラックレポートには他では見られない以下のようなデータが掲載されています。ハッカーがネットワークへ侵入するのにかかる時間最もハッキングしやすい業界攻撃者が最も打ち破りにくい防御メカニズム組織がサイバーセキュリティ戦略を立てるとき、IT、法務、リスク管理、人事...

2011年6月6日IPA★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

IPAによる白書です。

情報セキュリティ白書2011

...威『進化する攻撃…その対策で十分ですか』脚注(*1) 国民生活及び社会活動に不可欠なサービスを提供している社会基盤。例 : 情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス、医療、水道、物流。(*2) 内閣官房情報セキュリティセンター(National Information Security Center)(*3) 国民を守る情報セキュリティ戦略 : 情報セキュリティ政策における2010年度から2013年度の戦略が記載されている。 (*4) Internet Protocol...

2012年4月27日IPA★フィードバック数:144キャリアとスキル

セキュリティについて人材にフォーカスした調査です。

情報セキュリティ人材の育成に関する基礎調査

...セキュリティ人材のキャリアパス分析現在、国内の情報セキュリティ分野で活躍している合計61名に、個人の業務経験とキャリアアップの経緯、スキルアップの方法等についてインタビュー調査し、キャリアパスのモデル化を行いました。セキュリティ人材を、(1)セキュリティ戦略/統括、(2)企画/設計、(3)開発/構築、(4)運用/管理、(5)監査/検査、(6)コンサルティング/教育の6職種に分類して調査した結果、職種毎に一定の特徴は見られるものの、全体的には高いスキルを確立するには必ずしも特定のキャリアパスに依存していないという傾向が見られました。また...

ランサムウェアに関する調査レポート

...プロセスでの防御を紹介し、適切なセキュリティ戦略を取ること提言します。【パロアルトネットワークスについて】米国に本社を持つパロアルトネットワークスは、サイバーセキュリティの時代をリードする次世代セキュリティ企業です。世界中の数万もの組織をサイバー攻撃から保護し、アプリケーションの安全な稼働をサポートしています。先進的なセキュリティプラットフォームは革新的アプローチで構築されており、既存の製品や個別製品より優れています。高度かつ独自のサイバー脅威防御機能で、日々の業務や企業の最も価値のある財産を保護します。詳しくは をご...

2016年6月3日Tripwire★フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響をITプロフェッショナルは軽視

...かであると考えています。回答者の約半数(47%)が、自社のビジネスパートナーやサプライヤーのセキュリティについて確信が持てないと答えました。Tripwire のITリスク/セキュリティ戦略担当ディレクタのティム・アーリンは、次のようにコメントしています。「全ての企業はビジネスパートナーのセキュリティリスクを評価する必要があります。パートナーシップは今日の企業の成長にとって重要な戦略要素であるものの、リスクの要因にもなり得ます。企業は、パートナーとの相互作用点の安全確保のために投資を行わなければなりません。」他に...

2014年11月20日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Fortinet Security Census 2014

...以内に使われ始めると述べています。また、66%(日本 41%)は、セキュアに管理できるツールを導入済みと述べています。34%(日本 59%)は現在も準備不足と感じており、その内の34%(日本 29%)は将来もセキュアなバイオメトリクスに苦労するだろうと考えています。データプライバシーとビッグデータセキュリティによる支出増加データプライバシーを取り巻く問題によって、90%(日本 74%)のIT部門責任者がITセキュリティ戦略に変化があるだろうと予測しています。51%(日本 40%)は問...

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

...が考える日本企業への示唆自社に適したフレームワークを柔軟に活用日本企業が採用するセキュリティフレームワークは、平時のマネジメントシステム(ISMS)を重視したISO27000シリーズに偏重する傾向があります。しかし、昨今の洗練されたサイバー攻撃を考慮すると、インシデントが起こる前提に立った態勢を構築することが必要です。今後、日本企業はサイバーレジリエンス強化のため、自社のビジネス特性に合わせて、必要に応じて複数のフレームワークを組み合わせ、セキュリティ戦略の策定、ガバナンス態勢の強化、プロセス構築、技術的対策の適用を進める必要があると当社は考えています。外部...

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

...ローバル調査チームが明らかにした脅威予測のトレンドの多くが、この四半期レポートの脅威データによって補強されました。組織がサイバー犯罪者のたゆまない努力に先んじるためには、デジタルトランスフォーメーションへの取り組みの一環としてセキュリティ戦略を変革する必要があります。今日の脅威環境においては、隔離された従来のセキュリティデバイスや不十分なセキュリティ対策では適切な可視性やコントロールが確保できないため、リスクが増大してしまいます。今日の増大する脅威環境に対処し、広がり続けるアタックサーフェス(攻撃対象領域)を守るためには、これら従来の手段に代わる、拡張...

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

...内に修復されないものが存在すると回答ミッドマーケット企業の 42% が、ローカルシステム上のファイル、あるいはネットワーク上の共有ファイルへ権限を持たないユーザからのアクセスがあってもすべてを検知できていないと回答金融サービスセクターの回答者の 61% が、エンドポイント上で不正な構成変更があっても、その発生場所や部門などを特定するために必要な情報のすべてを自動化ツールで収集できていないと訴えた組織のネットワーク上のハードウェア資産の 90% が自動的に検出されると答えたのは、回答者のわずか 23% だった。Tripwire のITリスク/セキュリティ戦略...

2016年6月20日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

侵害検知機能に自信過剰な金融サービス業界のITプロフェッショナル

...ネットワーク上で不正なデバイスが検知された場合、回答者の 92% は数分または数時間以内にアラートが発生するであろうと答えている。 しかしながら5% は、自社のネットワーク上のハードウェア資産が自動検出されているのは 80% 以下と回答した。29% は、システム上のファイル、あるいはネットワーク上の共有ファイルへ、権限を持たないユーザからのアクセスがあってもすべてを検知できてはいないと回答した。40% は、典型的なパッチサイクルで適切に修正されるパッチの割合は 80% 以下であると回答した。Tripwire の ITリスク/セキュリティ戦略...

デジタル活用の先行企業では、 経営陣がCIOに求めるビジネス課題に変化

...組織が事業戦略を進める上でデジタルの活用はどの程度効果を挙げているかを尋ねたところ、22%が「非常にまたは極めて効果的」との回答に対し、36%が「やや効果的または効果的ではない」と回答。■専任または兼任のCDOを設置している組織は、「デジタルの活用を目的とした業務プロセスの再構築」と「デジタルによるビジネス変革ビジョンの推進」の両方において、デジタルをより効果的に活用できている。■回答者の68%が、サイバーセキュリティ戦略において経営陣から十分なサポートを得ていると回答。■5人に1人以上(22%)が、サイバー攻撃を検知し、対応する体制について、「あら...

2018年10月31日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査

...組織が事業戦略を進める上でデジタルの活用はどの程度効果を挙げているかを尋ねたところ、22%が「非常にまたは極めて効果的」との回答に対し、36%が「やや効果的または効果的ではない」と回答。専任または兼任のCDOを設置している組織は、「デジタルの活用を目的とした業務プロセスの再構築」と「デジタルによるビジネス変革ビジョンの推進」の両方において、デジタルをより効果的に活用できている。回答者の68%が、サイバーセキュリティ戦略において経営陣から十分なサポートを得ていると回答。5人に1人以上(22%)が、サイバー攻撃を検知し、対応する体制について、「あらゆる既知のリスクを網羅している」と確...

2017年10月26日Infobloxフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

多くの企業がDNS攻撃に対する準備ができていないという結果に

...ネス及び収益に深刻な影響を及ぼす可能性があるという証拠があるにも関わらず、サイバーセキュリティ戦略において、DNSの対策は後手になっている。」■レポートのダウンロード「“Most Companies Unprepared for DNS Attacks,” ほとんどの企業がDNS攻撃に対する準備ができていない」の全体レポートはこちらからダウンロード可能です。■方法世界中の様々な規模及び業種の1,000以上の会社の、セキュリティ及びITオペレーション、インフラのプロフェッショナルが参加■InfobloxについてInfobloxは、エンタープライズ、政府、サー...

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

...調査結果をインフォグラフィック化し公開いたしました。 ※機械学習:人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のこと。日本、アメリカともに、90%以上のサイバーセキュリティ担当者が『AI・機械学習』はサイバーセキュリティ戦略において重要と回答しました。(日本:95%、アメリカ93%)また、今後3年間に、AIがなければデジタル資産を保護できないと答えたサイバーセキュリティ担当者は、日本では74%、アメリカが70%となりました。さらに、日本企業の39%とアメリカ企業の35%が今後3...

Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)

...ピューティングコストが下がるにつれて、組織に潜入するサイバー攻撃者のコストも下がっており、脅威やデータ侵害の増加へ繋がっています。今回のような調査により、サイバー攻撃のコスト、動機、支払い、検出方法を理解し、コストモデルの逆転方法を見つけ出せば、毎日目にするセキュリティ侵害件数を削減し、デジタル時代の信頼回復につながります。」- Palo Alto Networks サイバーセキュリティ戦略ディレクター デイビス・ヘイク「本調査では脅威防御の重要性が示されています。次世代セキュリティ技術と侵害予防の考え方を採用することにより、組織...

2016年6月16日JCN Newswireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

大部分の組織はデータ漏洩後のデータ保護能力に自信がないことが明らかに

...限のないユーザーが自社ネットワーク全体にアクセスできると回答しました。ジェムアルトのデータ保護担当バイス・プレジデントで最高技術責任者を務めるJason Hartは、次のように述べています。「本調査では、境界セキュリティ対策の有効性に関して、実際、認識と現実との間に大きな隔たりがあることが示されています。データ漏洩を防止する時代は終焉を迎えました。しかし、多くのIT組織は引き続き、セキュリティ戦略の基盤として、境界セキュリティに依存しています。新たな現実として、ITプロフェッショナルは、データ漏洩防止からデータ漏洩受容へ発想を転換し、デー...

EYによるレポートです。

2013年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイ

...日本企業のサイバー攻撃への対策は未整備~企業における情報セキュリティへの取り組みを日本とグローバルで考察~「2013年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイ」の結果を発表日本は、情報セキュリティ予算総額の増加企業が少なく、情報セキュリティ戦略と企業の業務戦略が一致している企業が少ない(グローバルとの対比)必須とされるセキュリティ対策の日本での認知が低いグローバル、日本ともにスマートフォンやタブレットのセキュリティが最も注目されている一方、グローバルと比較して日本での対応は不備が多いEYのメ...

2016年4月4日EMCジャパンフィードバック数:0マーケティング

RSAの調査で脅威の検出における盲点が明らかに

...がどの程度成果を上げているかを自己評価しているほか、導入予定の新技術や今後のセキュリティ戦略の方向性についても回答しています。調査結果から、企業の大半が脅威の検出において断片的なデータやテクノロジーに依存している実態や、脅威の調査に関して自社のセキュリティ監視プログラムから期待する成果が得られていない事実が明らかになっています。回答者は、脅威の検出と調査における自社の能力に大きな不満を示しており、満足と答えたのは24 %だけでした。サイバー攻撃による被害や損失を最小限に抑える上で、検出と調査のスピードが非常に重要であることは広く認識されており、脅威...

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

...テリジェンスと自己学習を応用してネットワークの効果的かつ自律的な判断を可能にする必要があります。フォーティネットのCISO(最高情報セキュリティ責任者)、Phil Quade(フィル・クエイド)は次のように述べています。「世界経済のデジタルトランスフォーメーションによって、サイバー脅威の大規模化、高度化、多様化が加速しています。サイバー犯罪においても同様のトランスフォーメーションが進み、さまざまなツールが簡単に手に入るようになったことで、これまで以上に大胆な攻撃方法が使われるようになりました。このような現状を考えれば、デジタル化の進んだ組織にとって、従来型のセキュリティ戦略...

2018年12月10日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート中間アップデート

...サイバーセキュリティ脅威増加により、組織のセキュリティ戦略において、従業員のセキュリティ意識が重要な要素となっています。セキュリティ意識のトレーニングやフィッシング攻撃のシミュレーションを実施する回数が多いほどリスクが減少することが、研究で証明されています。 1~5件のキャンペーンを実施した企業はフィッシングのクリックスルー率が33%。6~10件のキャンペーンを実施した企業はクリックスルー率が28%まで減少。11件以上のキャンペーンを実施した企業はクリックスルー率が13%まで減少。上級脅威調査アナリスト、タイラー・モフ...

2017年10月23日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

医療機器のセキュリティの現状

...部門でサイバーセキュリティを確保するには幅広い取り組みが必要であることがわかります。Christopher BurgessについてChristopher Burgess (@burgessct)は、セキュリティ戦略に関するライター兼コメンテーターです。Christopherは30年以上にわたり、CIAで仕事をしてきました。彼は退職に際し、CIAから最高位の勲章であるCareer Distinguished Intelligence Medalを授与されました。Christopherは『Secrets Stolen, Fortunes Lost: Preventing Intellectual...

2017年10月20日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シスコ2017年中期サイバーセキュリティレポート:新たなサービス破壊(Destruction of Service)攻撃の出現と大規模化し影響力が拡大する脅威を予測

...くとも何らかの対応が取られています。一部業界(運輸など)は他の業界に比べてこの割合は低く、80%程度に留まっています。業界別の主な調査結果公共セクター – 調査対象となった脅威のうち32%は正規の脅威であると特定されているものの、そのうち、最終的に対応策が取られたものは47%に過ぎませんでした。小売 – 調査の対象となった企業の32%が昨年1年間にサイバー攻撃による損失があったと答えており、4分の1の企業が顧客やビジネス機会を失ったと回答しています。製造 – 製造業界のセキュリティ担当者の40%が正式なセキュリティ戦略がない、もし...

2017年7月11日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

...の生死に関わる医療サービスを混乱させて身代金を要求したりする犯罪の存在が広く知られるようになりました。しかしながら、そのようなリスクを認識するだけでは十分ではありません。クラウドサービスなどのIT技術を利便性やコスト削減の目的で採用したり、さまざまなスマートデバイスをネットワークに追加したりする組織が増えたことで、残念ながら、セキュリティの可視性と制御が危険にさらされるようになりました。犯罪者は、この間に攻撃ツールを手に入れたり、過去のツールを再利用したりすることで、攻撃の準備を着々と進めています。サイバーセキュリティ戦略は、新たに露出された企業や政府の脇を狙ってくる攻撃者の試みを検知・防止...

新しいITセキュリティ アーキテクチャへのニーズに関するグローバル調査(原題:The Need for a New IT Security Architecture: Global Study)

...ュリティのフレームワークが必要である。」と回答しています。また、「IoTによってもたらされるであろうセキュリティリスクに対応する準備が万全ではない。」と回答した人は75%(日本: 77%)と高い割合を占め、新しいITセキュリティ戦略は、IoTなどによる潜在的なリスクを管理する上でも大変重要となることがわかりました。 また、調査では、1)セキュリティのマインド向上およびリスク軽減に重要なビジネスゴール、2)セキュリティのマインド低下およびリスク増加の要因についても質問しています。いずれにおいても、上位になったのは人材、テクノロジー、そし...

2017年4月29日HPフィードバック数:0企業情報システム

The Internet of Things: Today and Tomorrow(IoTの現在と未来)

...地域に比べ世界で最も高い割合でした。回答者の半分以上は、外部からの攻撃が、IoT戦略立案上の主な妨げになっている[8]と答えています。このことは、強固なネットワーク・アクセス・コントロールとポリシー管理に基づく包括的なIoTセキュリティ戦略が、企業を保護するのみならず、IoTにおけるセキュリティ・アプローチをシンプルにすることにもつながることを示唆しています。HPE Arubaのマーケティング担当バイスプレジデントであるクリス・コザップ(Chris Kozup)は、次のように述べています。「IoTのビジネス・メリ...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...うな米国や他国のサイバー脅威インテリジェンス共有のベストプラクティスを日本政府は高く評価しており、技術的分析に地政学的情報を加え、政府や民間企業のリスク管理のための意思決定プロセスに貢献するサイバー脅威インテリジェンスの確立に関心を持っています。2015年9月のサイバーセキュリティ戦略では、サイバーセキュリティ分析を技術的、法律、国際関係、安全保障、社会科学的視点と融合させることの重要性が指摘されています。NISCは2016年度に東京五輪の潜在的サイバーリスクのリストアップを開始し、その後もリストのレビューを続け、リスクに対処するためのサイバーセキュリティ対策を講じていく予定です。この...

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

...に仮想通貨を保管する取引所がターゲットとして攻撃され、そのうち脆弱性を持つ取引所が大きな被害を被ってしまったという状況だ。2018年7月27日に閣議決定されたサイバーセキュリティ戦略では、目指すサイバーセキュリティの基本的な在り方の3つの観点の最初に「サービス提供者の任務保証 〜業務・サービスの着実な遂行〜」が示されている。組織が、自らが遂行すべき業務やサービスを「任務」と捉え、係る「任務」を着実に遂行するために必要となる能力及び資産を確保することを求めたものである。今年の一連の事件では、情報...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ