調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > センサーネットワーク

「センサーネットワーク」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年7月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

センサーネットワークシステム数を予測(2016年)

...レポートについてのご意見やご要望を受け付けています センサーネットワークシステム数を予測(2016年) ~IoTに牽引されたセンサーネットワークシステム設置数の拡大を予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にて国内のセンサーネットワークの市場調査を実施した。1.調査期間:2015年9月~2016年6月2.調査対象:IT事業者/SIer、通信事業者(キャリア)、デバイスメーカー、公的研究機関等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話・e-mail によ...

2017年7月26日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

IoT型センサーシステム数を予測(2017年)

...-mailによるヒアリング、ならびに文献調査を併用<IoT型センサーシステムとは>本調査におけるIoT型センサーシステムとは、クラウドタイプのセンサーネットワークシステムを指す。本システムには、親機(中継器)と子機(センサーノード)で構成される後付けタイプのセンサーネットワークシステムに加え、組込みタイプ(生産設備や重機・建機、自販機、車両などに予めセンサーが組み込まれたタイプ)のセンサーシステムも対象とする。通信回線は、無線(ワイヤレス)だけでなく、有線も利用されている。但し、セン...

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)

...ダーやユーザ企業の動向を明らかにした。 次世代モニタリングシステム 国内工場・製造分野での普及率推移・予測1.市場概況次世代モニタリングシステムとは、IoT関連テクノロジーを活用した遠隔監視システムで、センサーネットワークやM2Mなどで収集した膨大なデータを、クラウドやビッグデータなどの技術で集積し、解析・アナリティクス・AIテクノロジーなどを用いて分析・判断・評価を行う仕組みである。2000年代以降徐々に遠隔監視システムは、データセンターやクラウドの普及、ネットワーク環境の深化を背景として、データ収集(見える化)から...

2021年4月26日NTT東日本フィードバック数:0社会/政治

IoTセンサーを活用したCO2濃度と豚飼育状況の相関に関する実証実験を開始します

...農産HP https://www.usuinosan.jp/2.本取り組みの概要LPWA※4を活用したeセンシング※5による豚舎内CO2濃度データの収集し、豚舎ごとに異なるCO2濃度に調整し、豚の成育状況を調査しながら、快適なCO2濃度を維持・管理する方法を検証します。<実施概要イメージ>※4 LPWA(Low Power, Wide Area):小電力でkm単位の距離で通信できる無線通信技術の総称※5 圃場ごとのモバイル回線および電源・電池が不要なセンサーネットワーク...

世界の通信事業者が狙うM2M市場(2013年)

...的に講ずべき施策がわかり、M2Mの次のステップや別分野での事業に活かすことが可能になる。センサーネットワークやデバイスも小型化、低価格化してきてM2Mの様々な分野でデータの送受信が可能になってきている。それらのデータを上手に活用できるかは、今後のビジネスにおいて成否を決める可能性が高い。通信事業者としてもそれらのデータを活用して次のビジネスに繋げていきたい。 世界の通信事業者がM2M市場での生き残るためには右肩上がりの成長が期待されるM2M市場に対しては2014年も多くの通信事業者が参入してくることだろう。以下に2012年...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ