「ターン転職」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月3日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

Uターン転職についての調査です。

Uターン転職に関する実態調査

...ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「マイナビ転職 Uターン転職に関する実態調査」を初めて発表Uターン転職の結果、年収が減少した人が多いものの、半数が“満足している”と回答。家族との距離の近さや、趣味・余暇などの充実を実感株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』()は、Uターン転職の経験がある全国の20~39歳の男女(正社員)を対象にした「マイ...

2015年1月23日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「Uターン転職」と一緒に「Iターン転職」という言葉が使われていますが、「Iターン転職」の意味をご存知ですか?

...転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート > > 「Uターン転職」と一緒に「Iターン転職」という言葉が使われていますが、「Iターン転職」の意味をご存知ですか?「Uターン転職」と一緒に「Iターン転職」という言葉が使われていますが、「Iターン転職」の意味をご存知ですか?「Iターン転職」とは、生まれ育った故郷以外の地域に就職することを言います。主に都心で育った人が地方の企業に就職する場合に使うことが多いようです。 今回の調査の結果、6割もの人が「Iターン転職の意味を知らない」と回...

2020年12月16日ビズヒッツフィードバック数:0キャリアとスキル

20代のUIターン転職理由ランキング

...20代のUIターン転職理由ランキング!8割が「転職してよかった」「後悔していない」と回答都会の暮らしに疲れた田舎や地方に憧れがある慣れ親しんだ土地で落ち着いて仕事がしたいさまざまな理由から、Uターン・Iターン転職を考える人もいるでしょう。一方で、UIターン転職の失敗談を耳にし、安易に決断してもいいのかという迷いもあるかもしれません。そこで今回は、20代でUIターン転職を経験した男女119人にアンケート調査を実施。UIターン転職のきっかけや、UIターン転職をしてよかったこと・失敗...

2016年10月31日マイナビフィードバック数:0社会/政治

47都道府県ランキング 労働力が「増えた県」「減った県」

...47都道府県ランキング 労働力が「増えた県」「減った県」|転職ノウハウ 応募企業の探し方や履歴書の書き方、面接のポイントから円満退職の秘けつまで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介! 地方で働く魅力とは?UIターン転職情報増加率第2位「沖縄県」6位「福岡県」を含む九州エリアの特色は?あなたに合った土地柄は? 県民性博士 矢野氏監修! 土地柄タイプ診断 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。マイナビ転職は正社員の求人を中心に“日本最大級”常時...

2014年11月7日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

政府により、地方活性化が進められていますが、首都圏以外への転職も視野に入れるようになりましたか?

...転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート > > 政府により、地方活性化が進められていますが、首都圏以外への転職も視野に入れるようになりましたか?政府により、地方活性化が進められていますが、首都圏以外への転職も視野に入れるようになりましたか?政府による地方活性への取り組みが強化されており、「Uターン、Iターン転職」が歓迎・推奨されています。 しかしながら、今回の質問に「NO」と答えた人は約7割と、実際に地方への転職に目が向いている人はまだまだ少ないようです。 また、「YES...

2015年10月23日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

どこに転職してもよいとしたら、働いてみたい都道府県はどこですか?

...のよさはやはり魅力的な様子。ワークライフバランス重視派や日々の激務に疲れた人にはとくに憧れの土地!?【神奈川県】・やっぱり地元が好きだから。・自身が育った地域に密着した企業で働き、貢献したいから。・東京に近く、通勤も便利。・長年住んだ町なので愛着があるため。→やはり神奈川県の方は(とくに横浜の方)は地元愛が強い?他府県から転職したいという人はあまりいませんでした。第4位の『北海道』も沖縄県同様、環境が良い、住んでみたい土地だからなどのコメントが挙がっていました。ちなみに、ワークポートがUターン・Iターン転職...

「Uターン・Iターン」に関する意識調査

...キャプラ転職エージェントの求人情報サイトをリニューアルしました。リニューアル後のサービスコンセプトに「コネ転」という新語を掲げ、U・Iターン転職の希望者に対してキャリアプランニングが30年をかけて築いてきた「地元優良企業との強力なコネクション」を活用し、遠距離転職を有利に進めるためのサービス利用を呼び掛けてまいります。キャプラ転職エージェント2016年7月7日からは、「コネ転」を題材としたテレビCMもスタートさせ、地元転職を成功させる「コネ転」を大きく訴求してまいります。地方創生に欠かすことのできない地方での人材活用、特に...

2020年12月10日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

<働くみんなのホンネ調査>「地方への転職」について調査を実施

...を持っている理由を聞いてみると、地元へのUターン転職を希望する声のほか、「テレワークの定着化が進めば、生活コストの高い都心に住む意味がないため」(40代・男性・クリエイター・埼玉県)、「テレワークでも仕事が円滑に回る。実際、関東近郊に引越しを検討している」(30代・女性・営業・東京都)など、出社しない働き方が定着してきたことで居住地にこだわる必要がなくなったとする声や、「満員電車から解放され、生活するにものびのびとした環境が魅力的なため」(20代・女性・管理・埼玉県)、「家賃も安いし、いろいろな可能性がありそうなので」(40代...

2015年3月19日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職コンサルタント対象の調査です。

「年収1000万円以上転職の実態」についてアンケート調査

...)より大幅(500万円)にダウンする案件であった。 ●東京からのUターン転職の場合、大阪以西では20~30%年収ダウンが当たり前で、かつ1000万円以上の案件は数えるほどしかない。【図2】年収1000万円以上の方が転職において苦労することが多いケースを教えて下さい。(複数回答可) 3:年収1000万円以上で転職に成功している方の52%は、「採用企業の課題を分析し、自分が貢献できる点を伝えられている」。(図3) 「年収1000万円以上の転職成功者に共通するポイントを教えて下さい」と伺いました。第1位は...

2021年2月1日ビズヒッツフィードバック数:0キャリアとスキル

30代の転職理由と転職で失敗したことランキング!男女203人アンケート調査

...が年収アップに成功しているのも魅力です。面談やセミナーはすべて無料なので、安心して利用できますよ。希望に合う企業を幅広く提案してくれる面接対策セミナーの満足度が高い無料で利用できる【doda】地方で転職したい人にオススメの転職エージェント「転職したいけど、地方在住で地方勤務希望だから難しいかな」と悩んでいる人にオススメなのが、dodaの転職エージェントサービスです。北海道から九州まで日本の各地方に支店があり、地方の求人も豊富なのがdodaのメリットです。Uターン・Iターン転職の相談もできますし、非公開求人を含め10万件...

2020年12月22日ビズヒッツフィードバック数:0キャリアとスキル

20代で異業種に転職した理由ランキング|男女356人アンケート調査

...と生活スタイルを合わせやすい仕事にシフトする人が多いようです。また、配偶者の転勤やUターン転職の際、転居先で希望の仕事が見つからず、やむなく業種や職種を変えた人もいました。9位 雇用・給与が安定した仕事をしたい転職前の給料が営業成績の歩合制で、一人暮らしの生活費が苦しくなった(27歳 女性)公務員になって安定した生活を送ってみたかったから(29歳 男性)不安定な雇用で働いて30歳も目前に迫ったとき、この先も非正規であり続けるのか悩んだため(29歳 女性)20代で異業種に転職した理由9位は「雇用・給与が安定した仕事をしたい」でした。毎月...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ