「テナント企業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス海外

クアラルンプールのオフィス市場 ~高水準の新規供給が続くも投資機会が拡大~

...のクアラルンプールは政治経済の中心で最大の都市であり、オフィス市場規模も大きい。主なオフィスエリアは中心部のKLCC、新たに開発されたKLセントラルやミッドバレーなどで、周辺部や郊外のクランバレーにも広がっている。オフィス需要は拡大しているものの、新規供給も多く賃料は伸び悩んでいる。今後の建設計画を勘案すると当面は賃料の上昇が見込みづらい。テナント企業はエネルギー業種の比率が高く、賃料負担力の高い金融機関の比率が小さいことも賃料の抑制要因とみられる。クアラルンプールでは自動車が主な通勤手段で、鉄道...

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

中小ビル事業の生き残りと成長-テナントの大規模優良ビル志向が強まる中で

...の大規模優良ビルのお値打ち感が高まっているからだ。さらに、(2)東日本大震災以降のBCP(事業継続計画)重視の中で、大規模優良ビルの耐震性などの防災性能や、非常時のバックアップ体制への評価が高まったこと、(3)テナント企業によるオフィスのビル集約・ワンフロア集約等の要望から大規模ビルへの需要が増加したこと、(4)省エネ性能など高機能ビルへの評価が高まったこと、(5)新築の大規模優良ビルは再開発や建替えによるものが多いため、移転により立地改善が図れることなども理由としてあげられるだろう。先日、オフィスビル運営・管理業務大手のザイマックスから「オフ...

中小ビル事業の生き残りと成長-テナントのAクラスビル志向が強まる中で

...模優良ビルのお値打ち感が高まっていることが第一にあげられる。さらに、(2)東日本大震災以降のBCP(事業継続計画)重視の中で、大規模優良ビルにおける耐震性を含めた防災性や、非常時のバックアップ体制への評価が高まったこと、(3)テナント企業によるオフィスのビル集約・ワンフロア集約等の要望から大規模ビルへの需要が増加したこと、(4)東日本大震災後に省エネ性能を中心に高機能オフィスビルへの評価が高まったこと、(5)新築の大規模優良ビルは再開発や建替えによるものが多いため、移転により立地改善が図れることなども理由としてあげられるだろう。先日、オフ...

東京のオフィス市況は底を打ったと思いますか?-2013年のオフィス市況と今後について

...はそのような状況につながってこないのです。まだら模様の市況回復は、供給超過の中で物件の二極化が進展しているためといえます。東日本大震災を契機に、テナント企業はオフィス選択におけるBCP(事業継続計画)を重視するようになりました。特に耐震性に対しては、賃料が安くても震災時に危険があるビルへの入居は、経営者として二の足を踏まざるをえなくなったと考えられますiv。リーマンショック後の需要減退と2012年の大量供給により需給が緩和している下でのBCPの重視は、競争力の違いによるビル間の需要格差を拡大させる大きな契機になったと思われます。とは...

住宅セクターに不安残るも賃貸、投資市場は堅調を維持-不動産クォータリー・レビュー2014年第3四半期

...は再び回復傾向が強まりつつある。第3四半期のオフィス空室率は、Aクラスビル で5.0%(前期5.3%)、都心3区大規模ビルで4.7%(同4.8%)と改善が続いた。また、賃料についても、成約賃料データに基づくオフィスレント・インデックス は、第3四半期にAクラスビルが前期比+6.4%の30,335円と2009年第2四半期以来の3万円超えとなった[図表3]。また、都心3区大規模ビルも前期比+7.1%と大幅に上昇した。市況改善の主な要因は、テナント企業の増床などによるオフィス需要の増加である。消費税率引上げ直後の4月に...

J-REITによる東京周辺部や地方都市のオフィスビル取得が活発 ~極端な買い手優位の市場は2014年初めにかけて修正~

...の立地に関する厳選した取得方針は維持しているとみられ、さらに、金融危機前に取得が活発であった2006年や2007年頃と比較すると、物件の築年に対する選別が強まっていることが示唆される(図表5)。2011年の震災を契機にBCP(事業継続計画)の観点からテナント企業が築浅ビルを選好する傾向が強まっていることなどを背景に、2013年の取得物件の40%(金額ベース)が築5年以内の築浅ビルであった。一方、旧耐震ビルが多いとみられる築30年超のビルの比率は1%(2006、2007年は6%)と、築古ビルに対する選別が厳しくなっている。 築5年以内のビル40%のう...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ