調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > テレコミュニケーション

「テレコミュニケーション」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年10月20日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査

...ュリティ向上」が依然として最も多い。 大企業市場ではKDDIが総合満足度第1位SMB市場では中部テレコミュニケーション(CTC)が11年連続で総合満足度第1位 報道用資料2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査<当資料の要約>ネットワーク環境における今後の取り組み課題として「セキュリティ向上」が依然として最も多い。大企業市場ではKDDIが総合満足度第1位。SMB市場では中部テレコミュニケーション(CTC)が11年連続で総合満足度第1位。CS(顧客満足度)に関する調査・コン...

2017年10月27日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査

...ュリティ向上」が最も多い傾向が続く。 大企業市場ではソフトバンクが総合満足度第1位。SMB市場では中部テレコミュニケーション(CTC)が12年連続で総合満足度第1位。 報道用資料J.D. パワー 2017年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木郁、略称:J.D. パワー)は、2017年日...

2016年2月26日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

RBB SPEED AWARD 2015

...本) フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマート(NTT東日本) コミュファ光 ホーム1ギガ(中部テレコミュニケーション) eo光ホームタイプ 1ギガコース(ケイ・オプティコム) ISP(フレッツ光1Gbpsプラン)部門ISP(auひかり1Gbpsプラン)部門DTI(ドリーム・トレイン・インターネット) 光コラボレーション部門『パソコン測定の部』■固定回線部門回線事業者(契約プラン)部門 【最優秀賞】コミュファ光 ホーム1ギガ(中部テレコミュニケーション) eo光ホームタイプ 1ギガ...

2017年2月16日イードフィードバック数:0マーケティング

RBB SPEED AWARD 2016

...-Fi部門」「ISP Wi-Fi部門(フレッツ光1Gbpsプラン)」「ISP Wi-Fi部門(auひかり1Gbpsプラン)」の4部門で表彰を行いました。 主な結果は以下のとおりです。 「モバイル回線(LTE/3G)の部」 総合部門 【最優秀賞】 iOS部門 【最優秀賞】 Android部門 【最優秀賞】 「固定回線の部」 回線事業者(契約プラン)部門 【最優秀賞】 NURO 光(ソニーネットワークコミュニケーションズ) コミュファ光 1ギガホーム(中部テレコミュニケーション...

2014年2月5日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ブロードバンドアワード2013

...・アクセス)※同率1位 コミュファ(中部テレコミュニケーション) MEGA EGG(エネルギア・コミュニケーションズ) ■ISP部門楽天ブロードバンド(フュージョン・コミュニケーションズ) ■TV部門ベストテレビビデオオンデマンドの部※投票数および該当社数が規定に満たない地域は該当なしとした。(以上)■本リリースに関するお問い合せ先株式会社イード担当:小林(佳) 問合せ窓口はこちら広報担当 柴田 E-mail :〒164-0011 東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル16階URL...

TMT Predictions 2019 日本版

...「TMT Predictions 2019」では、テクノロジー・メディア・通信業界に関して、最新のトピックの分析と将来予測をまとめています。グローバル版の抄訳に加え、日本のプロフェッショナルによる「日本の視点」を掲載しています。 TMT Predictions 2019 日本版 全文TMT Predictions 2019日本版をお届けします。TMT Predictionsはデロイトが2001年から毎年発行しているレポートで、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT) 業界...

テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

...テクノロジー企業成長率ランキング 第13回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表成長率300%以上が受賞企業全体の4割、100%以上が9割 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去4決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第13回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を発表した。 ・成長率300%以上...

テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」

...テクノロジー企業成長率ランキング 第14回 「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」発表受賞企業の6割が100%以上の売上高成長率、成長率平均は323% 有限責任監査法人トーマツは、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第14回「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」を本日発表した。 ・受賞企業の6割が100...

2019年4月12日Zuora Japan★★フィードバック数:0ビジネス

サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長

...ネスの有機的成長を追跡したものです。この指数には、世界中の企業の成長メトリクス(評価指標)が反映されており、対象業界も、SaaS、メディア、テレコミュニケーション、コーポレートサービス、そして新しく加わったIoTなど、多岐にわたります。【本調査で分かったこと】●北米、欧州、アジア太平洋地域におけるこの調査の対象企業では、収益成長率がこの7年で300%を超え、年平均成長率(CAGR)換算では18%に及んでいます。さらに、サブスクリプション・ビジネスの過去連続28四半期(2012年1月1日から2018年12月31日まで)の収...

2014年12月1日オリコンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 顧客満足度の高いプロバイダベスト12

...ーネットワークコミュニケーションズ) .05点.21点 プロバイダ 東北.28点.20点.40点.35点 楽天ブロードバンド(楽天コミュニケーションズ) .02点 So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ) .71点.24点 プロバイダ 関東.97点 So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ) .52点.09点.57点.42点.18点 プロバイダ 甲信越・北陸.42点 楽天ブロードバンド(楽天コミュニケーションズ) .78点.56点.15点 プロバイダ 東海.95点.77点 コミュファ光(中部テレコミュニケーション...

コミュニケーション&テレプレゼンスロボットの市場規模予測

...レット端末で、アプリやコンテンツ、通信環境が重要になってきたのと同様、コミュニケーション&テレコミュニケーションロボットも組み込むサービスが重要になるであろう。調査概要調査対象 対象企業(製品)Tapia(MJI)、Unibo(ユニボット)、エミュー3(日立製作所)、PALRO(富士ソフト)、ロボホン(シャープ)、ペッパー(ソフトバンク)、ブルレ、日本バイナリー、ヨコブン、日立システムズ、 DMM.makeROBOTS 、Double Robotics ( Double) 、Anybots ( QB...

2019年10月18日Zuora Japan★★フィードバック数:0マーケティング

サブスクリプション・エコノミーはこの7年半で350%以上成長

...ネスの総体的な実態と成長を数値的に明らかにすることを目的としたものです。SEIでは2012年1月の統計開始以来、サブスクリプション・ビジネスによるインパクトを業界別に分析し、SaaS、IoT、製造、出版、メディア、テレコミュニケーション、ビジネスサービスといった業界にてサブスクリプション・ビジネスとS&P500企業のベンチマークとを比較してきました。物理的に製品を所有することよりも便利なデジタルサービスへのアクセスを求める消費者の増加を背景に、サブスクリプション・エコノミー®はこの7年半で着実に成長を遂げ、その成長率は350%以上に及んでいます。実際、IDCの予...

2019年6月14日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2019年3月末時点)

...) KDDIにはauひかりのほか、中部テレコミュニケーション(コミュファ光)および沖縄セルラー電話(auひかり ちゅら)の契約数が含まれるワイヤレスが好調なソフトバンクがシェアを拡大 固定ブロードバンド(FTTH、ADSL、CATV、ワイヤレス※の合計)市場では、ソフトバンクが引き続きシェアを拡大し首位を維持した。モバイルとのセット訴求を進める「SoftBank光」での顧客獲得のほか、手軽に利用できるワイヤレスの「SoftBank Air」で宅内据え置き型の無線インターネット市場を開拓。契約...

2015年2月19日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査

...が出来ているかどうかは、コストに対する顧客満足を左右する。それが出来ていないと、割引サービスの魅力を半減させてしまうのだ。固定ブロードバンド回線サービスの顧客満足度は、対象となった10BBIQ(九州通信ネットワーク)が総合満足度トップ(606BBIQ2つのファクターで最も高い評価を得ている。顧客満足度第2位はコミュファ光(中部テレコミュニケーション)、第3位はUCOM(アルテリア・ネットワークス)であった。顧客満足度の測定にあたっては4ファクターを設定し、それ...

2017年12月28日Wacom★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル文具白書2017

...トウェア、テレコミュニケーション、IT、文具業界をリードする人々や組織がデジタルインクとデジタルペンに関連したアイデアやテクノロジー、マス・マーケットへの浸透を図るための場を提供するグローバルで展開しているパートナーイベントです。デジタルインク技術「WILL™(Wacom Ink Layer Language)」の広範な活用を推進していきます。第1回は、2016年1月にラスベガスで開催され、その後、上海、ベルリン、東京の計4都市で開催されました。2017年はラスベガス(1月)、上海(6月)、8月の...

2020年11月27日Zuora★★フィードバック数:0ビジネス

2020年サブスクリプション・エコノミー・インデックス日本語版発表

....com/invite_only/resiliency-in-the-subscription-economy/)からダウンロードいただけます。このレポートには、サブスクリプション収益成長率、顧客ベース成長率などの詳細が、業界別(SaaS、製造、メディア、出版、テレコミュニケーション、企業向けサービス、IOT、医療)および世界各地の地域別(EMEA、北米、APAC)に記載されています。将来予想に関する記述本レポートには、複数のリスク、不確実性、および仮定を伴う将来予想に関する記述が含まれています。そう...

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」

...業領域中で引き続き最多 2015年12月4日デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2015年12月4日、アジア太平洋地域のTMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション)業界の企業を対象にした、直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を発表した。1位は成長率8,516%を記録した韓国のDevsisters Corp. が獲得、2年連続で韓国企業がトップとなった。ソウルに本社を置くDevsisters は、モバ...

2019年6月20日KADOKAWAフィードバック数:0デジタル家電

『ファミ通ゲーム白書2019』発刊

...モーション/WEBプロモーション/メーカー及びタイトル別テレビCM・ゲーム雑誌出稿状況 他)第4章:隣接業界の市場動向(本・出版・電子書籍/放送/アニメ/映画/音楽/玩具/パチンコ・パチスロ)第5章:拡散するゲーム業界(ネットワーク環境の現状とトレンド/モバイル周辺環境/テレコミュニケーションズ市場の現状と展望/ゲームアプリ/PCゲーム/アーケードゲーム 他)第6章:海外ゲーム市場の動向(米国/カナダ/英国/フランス/ドイツ/スカンジナビア/ベネルクス/イタリア/スペイン/eスポーツ/中国/新興国 他)第7章...

2017年6月8日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかける

...国や地域に最適な戦略の見直しや組織の再構築を積極的に行う必要があり、昨今の政治状況の変化を踏まえて常に様々な選択肢を検討し、グローバルベースのオペレーションやサプライチェーンを維持するために、地域をまたいでこれらをシフトできるよう備えておくことが大切でしょう。」と強調しています。これは日本の全ての産業にも言えることです。日本で最も買収が活発に行われているセクターは、テレコミュニケーション、メディア・エンターテイメント、自動車、製造業、ライフサイエンスおよびテクノロジーの各セクターです。「ディスラプション」がM&Aの原動力本調査では、イノ...

2018年6月4日エムシーエイ★フィードバック数:0社会/政治

主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2018年版

...行させていただきます。お手数ですが 、必ず下記申し込みページへクリック後、「ご質問・ご要望」欄に「領収書希望」とお書き添え下さい。жダウンロードは右クリックの「対象先を保存」でスタートします。1.NTT東日本2.NTT西日本3.NTTコミュニケーションズ4.NTTドコモ5.KDDI(固定/モバイル)6.UQコミュニケーションズ7.ソフトバンク(固定/移動通信)8.Wireless City Planning9.北海道総合通信網(HOTnet)10.東北インテリジェント通信(TOHKnet)11.中部テレコミュニケーション...

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

...監視によりクリーン運営・管理されるコインランドリーの展開 アプリ「マチイロ」の運営、地域と行政をつなぐ総合サービス会社 VOD(映像配信)事業、MVNO(仮想移動体通信事業者)・光インターネット回線事業 アプリ発見サービス「Appliv」の運営およびWebコンサルティング事業 *(未)は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2016年9月時点)。 【デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500とは】テクノロジーFast500は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが、TMT(テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ