調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ネットワークインフラ

「ネットワークインフラ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場予測を発表

...27 Aug 2019国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場予測を発表 Japan, 2019年8月27日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、5G(第5世代移動通信システム)サービス用ネットワークインフラストラクチャに関する市場予測を発表しました。これによると、2020年の商用サービス開始に向けて、2019年から5Gサービス向け投資が本格化し、国内5G...

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

...半から緩やかな下降傾向が続いています。これによって、DCの新設/増設については積極投資に転じるDC事業者が増えています。今回の予測見直しはこうした動きを反映したものです。DC事業者がDCの新設/増設を増やしているのは、クラウドサービス向けの大規模DC需要が増加しているためです。クラウドサービス提供の基盤には、大量の電力供給および空調能力、大容量ネットワークインフラ、大容量IT機器を支えるための床構造などを備えたDC設備が必要であることから、従来の設備では対応できずに新築や増築を行っています。また最近は、人工...

2019年11月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場シェアを発表

...化プラットフォーム市場を提供形態別で分類したNVO(Network Virtualization Overlay)ソフトウェア市場において、2018年は72.6%のシェアを占め他の追従を許さない状態を作り出しています(図参照)。また、ネットワークインフラストラクチャ市場で高いシェアを有するシスコシステムズも、ヴイエムウェアと共に国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場を牽引しています。ネットワーク仮想化/自動化プラットフォームの提供形態の1つであるコントローラーアプライアンス市場では、61.7%のシェアを獲得しています(図参...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表

...事業者のネットワーク機能の仮想化であるキャリアNFV(Network Functions Virtualization)市場についても分析しています。<参考資料>国内ネットワーク仮想化/自動化市場 支出額予測、2018年~2023年Notes:データセンターネットワーク、企業ネットワーク、キャリアネットワークのネットワーク仮想化/自動化市場の合計値。折れ線は前年比成長率ネットワーク仮想化/自動化は、ソフトウェアおよびハードウェアを用いて、ネットワーク仮想化およびネットワーク自動化を実現する機能を指し、同市場は、ネットワークインフラ...

2011年6月13日ICT総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ブロードバンドサービスの地域別普及動向調査

...ービスエリアが一部の都市に限られ、ユーザーにとっての選択肢が少ないことなどが影響している。被災地の復興を促進するためにも、多様なブロードバンドサービスやICT製品を利用しやすくするための政策が望まれる。例えばネットワークインフラの増強、ブロードバンドサービス導入のための利用料金補助、ICT教育の充実などが効果的である。また、ICT就業拠点としてのデータセンター誘致や、ICT開発拠点を誘致しやすくする税制優遇策も有効であろう。 ■ 光回線が2,000万件を突破、WiMAXも大幅増加 ブロードバンド回線の加入者数は3,500万件...

2015年4月22日IPA★フィードバック数:0キャリアとスキル

IPAのレポートです。

IT人材白書2015

...(*3)、データ活用ビジネスによる産業横断的なIT活用と求められる人材、IT企業における人材不足感、IT を活用した新事業・新ビジネスの取り組みについて、それらの動向・実態の一部を明らかにしています。「IT人材白書2015」のポイント① IoT、M2M、データ活用に求められる人材 スマートフォンなどモバイルデバイスが急速に普及し、ネットワークインフラの発展により、国内を流通するデータ量は年々増加傾向(*4)にあり、さらにIoTの浸透によって、データを活用した新たなサービスやビジネスモデルの創出、あら...

2017年8月10日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場予測

...びシステムハードウェアに振り分けられます。2017年の時点でコマンド/制御、特定のロボット専用のアプリケーション、およびネットワークインフラストラクチャソフトウェアを含むソフトウェア関連支出額は152億に達し、サービス関連支出(アプリケーション管理、教育&トレーニング、ハードウェア導入、システムインテグレーション、コンサルティング)の総額は、240億ドルを超えるとみられます。また、ドローンおよびアフターマーケットのドローンハードウェア購入額は、2017年で70億ドル近くになることが見込まれます。この2つのカテゴリーは、予測...

日本を含むアジア5か国でパブリックセーフティのモバイルブロードバンド化の将来性を調査

...リックセーフティ分野でのLTEの採用を加速するための国ごとの状況を把握しました。日本については以下が明らかになりました。自然災害による被害リスクの深刻化、および2011年以降のネットワークインフラへの継続的な投資世界の90%は日本よりも自然災害のリスクが低くなっています。日本では2011年以降、将来の自然災害に備えてすべての大手通信事業者が自社のネットワークの「強化」を継続しています。グローバルで協調したテクノロジーからのメリットを享受するために、パブリックセーフティに3GPP準拠...

2014年4月8日マイナビフィードバック数:0ビジネス

ファイル転送に関するアンケート

...量データを送受信するケースは少なくない。もちろん、こうした大容量データのやりとりは国内に留まらない。コンテンツ制作を海外企業に発注することは珍しくないし、製造業においては、工場をアジア圏に設置することも多い。企業がグローバル化を図るうえで、大容量データの送受信は大きな課題の1つとなる。ネットワークインフラが整っていない新興国やフロンティアへ進出するケースは少なくないし、先進国においても日本ほど高品質なネットワークが敷設されている国は、決して多くないからだ。旧来のDVDなどのメディアに記録して輸送するという手法は、紛失...

2012年10月10日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

電車内、高速道路上、高層ビルでのつながりやすさの比較です。

ビジネスシーンでのスマートフォンつながりやすさ実測調査

...調査では東京メトロ(銀座線、丸の内線)、名古屋地下鉄のトンネル内での移動中の切れにくさを調査対象に加えたが、地下鉄トンネル内のエリア化は順次進んでおり、今後利用可能エリアが大幅に拡大する見込みである。インフラ増強を主目的としてソフトバンクがイー・アクセスの買収を発表するなど、トラフィックが急増する中での各キャリアのネットワークインフラ整備への注力ぶりが目立つ。携帯電話キャリアには、LTE化による通信速度向上だけでなく、利用可能シーン・エリアの拡大を今後ますます期待したい。* 本資料における全ての文章、数値、表、グラ...

2011年10月4日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

Google、Evernote、Dropbox等についての調査結果です。

パーソナルクラウドサービスの利用意向調査

...な情報を処理するデータセンターの能力、高速データ通信を提供できるネットワークインフラの重要性が増している。Google、マイクロソフト、アップルなど米国の大手ベンダーはこの分野に多額の投資を行い、パーソナルクラウド市場の覇権獲得に向けて様々なサービスを提供して行く見込みだ。*パーソナルクラウドサービスの定義:主に個人向けに提供されるオンラインストレージ、webメール、コンテンツ管理サービスなど。音楽・動画などのデジタルコンテンツ、システム開発、プラットフォームの提供サービスは含まない。*この調査はクラウドサービス事業者、関連...

2013年10月10日ICT総研フィードバック数:0モバイル

待ち合わせ場所100地点 新iPhone電波状況実測調査

...ともエリアカバーにぬかりはない様子。今回、NTTドコモから初めてiPhoneが発売され、auはiPhoneとして初めてプラチナバンド帯(800MHz帯)のLTE網に対応し、ソフトバンクモバイルはネットワークの「倍速ダブルLTE」化で対抗する構図となった。全く同じスマートフォン端末を3大携帯電話キャリアが取り扱うことになり、差別化要素としてネットワークインフラの部分が今まで以上に注目されてきている。今回の調査でも、各携帯電話キャリアの日々のネットワーク増強の取り組みの成果は大いに実感できた。もちろん、今回の調査結果(東京都内100地点...

2011年5月19日MM総研フィードバック数:41モバイル

スマートフォンユーザーの利用実態調査

...年度は前年度比2.1倍の1,820万台、携帯電話全体の出荷の46.8%を占めると予測した。これからは携帯電話、ITリテラシーが高くないユーザーもスマートフォンを利用し、アプリを使うようになる。携帯電話事業者のネットワークインフラ整備、端末の技術革新などにより本調査で明らかになった不満点が取り除かれ、誰もが簡単・安心且つストレスなく利用できる環境を実現することが望まれる。■調査概要 1.調査対象:全国の一般消費者 2.回答件数:18,556件 ※男女比 男性(49.9%)/女性(50.1%) ※年代...

2017年5月8日BROCADE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

グローバル・デジタル・トランスフォメーション・スキル調査

...ガポールおよびオーストラリアの従業員500人以上の企業のIT意思決定者630人が調査対象となりました。ブロケードについてブロケード(NASDAQ: BRCD)のネットワーキングソリューションは、世界の大手企業がネットワークをビジネス変革のプラットフォームに変えるのに役立ちます。官民のデータセンタからネットワークエッジまでにわたるソリューションによって、ブロケードは今日のデジタルビジネスに必要なNew IPネットワークインフラへの変革で業界をリードしています。( www.brocade.com )(c) 2017 Brocade...

2015年6月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

フォーティネットが世界12か国で実施したIT部門責任者対象の調査で、企業ITインフラにおける無線ネットワークセキュリティの脆弱性が浮き彫りに

...責任者が自社の無線ネットワークでゲストアクセスを提供していると回答する一方で、これらの企業の13%がゲストアクセスに関しセキュリティ対策を行っていません。リスクにさらされる無線ネットワーク今回の調査では、企業のITインフラにおいて無線ネットワークが最も脆弱であると考えられていることが判明しました。49%に上るIT部門責任者が、最も脆弱性のある要因の上位2位以内に無線ネットワークを挙げており、コアネットワークのインフラストラクチャと比べて、無線ネットワークは非常に脆弱であると回答しています。一方、コアネットワークインフラが非常に脆弱であると回答したIT部門責任者は、わずか29...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ