調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > パワートレーン

「パワートレーン」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果

...ターナショナルが毎年行っているもので、20回目となる本調査では、世界41カ国の主要自動車関連企業の幹部981名を対象にアンケートを行い、自動車関連業界の現状を調査しました。また、世界の消費者2,000名以上へのアンケートも同時に行っています。その結果、自動車業界は大きな転換期に差し掛かっており、各社は伝統的な専門知識を超えた新たな役割を明確にしながら、コアコンピタンスを構築する必要があるとエグゼクティブが考えていることが明らかとなりました。■本調査結果の概要は次の通りです。・2030年までの自動車業界の主要トレンドはコネクティッドやパワートレーン...

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

...対象にアンケートを行い、自動車関連業界の現状を調査しました。また、前回に引き続き、今回も世界の消費者2,400名以上へのアンケートも行いました。その結果、パワートレーン技術のシフトやマーケットをリードしている自動車メーカーの変化など、自動車業界に訪れている大きな変化について、以下のような重要な業界動向が明らかとなりました。世界の自動車業界における2025年までの最も重要なトレンドは、「バッテリー式電気自動車」(50%)である。僅差で「コネクティッドカー技術(デジタル化、モノのインターネットなど)」(49%)と「燃料...

2016年3月7日イードフィードバック数:0大型消費/投資

e燃費アワード2015-2016

...リットルエンジンとモーター内蔵DCTのパワートレーンを組み合わせており、ベース車に迫る好燃費(『20.8km/L』)を記録しました。2位は、スズキ『アルト ターボRS』。64馬力の高性能ターボ車ながら、ロボタイズドMT「AGS」の高効率が光り、上位に食い込みました。3位は、クリーンディーゼルエンジン搭載の『CX-3』が登場。ボルボ『V40 D4』もランクインしており、去年本部門ではランクインがなかったクリーンディーゼル車が2台ランクインしました。新型車部門 ランキングTOP10ペー...

2013年3月14日経済産業研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望

...界最高を実現します。ホンダが08年に投入した「クラリティ」は、新規車体で開発した世界初のFCVです。次世代車はクラリティを超える耐久性、航続性能などが要求される中、目下、最終段階の開発を展開しており、FCスタックの小型化や、パワートレーン全体のコストダウン、70MPa水素貯蔵タンクのコスト削減などを進めています。日産自動車は、05年にFCVの完成車を世に発表して以降、これまでFCスタックの開発を中心にした要素開発に資源を集中してきました。FCスタックは11年に当時世界最高の1リットルあたり2.5kWの出...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ