調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ブラックリスト

「ブラックリスト」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月5日ルーツ製作委員会フィードバック数:0エンタテインメント

2015年珍しい名字の現役Jリーガーランキング

...誕生日の有名人 ■本日の有名人アクセスランキング ■同姓同名アクセスランキング 住所と名字で家系図専門調査ができるか判定します! 名字おみくじ ■11月25日 誰が何をした日? 赤狩り: アメリカ映画協会のエリック・ジョンソン代表が、ハリウッド・ブラックリストに掲載された「ハリウッド・テン」の10人について共産主義者の嫌疑が晴れるまで雇用しないと声明。 ドミニカ共和国で反独裁政権運動家のミラバル姉妹が殺害される。(女性に対する暴力廃絶のための国際デー) ■名字伝言板(掲示板)盛り...

2015年2月18日ハミングヘッズ★フィードバック数:0マーケティング

ニュースのデータ分析によるコラムです。

500万記事の解析でみえた報道の深層

.../2/17)蓄積されたニュースを解析すると、秋田県のPRに貢献している2つの“顔”が浮かび上がった。1つはあの「名物」。もう1人は…。「2分でわかる」シリーズ第1弾!(2015/2/17) 日本で収穫されるみかんの半分を収穫している和歌山、愛媛、静岡の3県。収穫量では和歌山のトップが続いているが、PRで抜きんでている県はどこか? 2分でわかるシリーズ第2弾!(2015/2/17) 欧米で主流に!?サイバー攻撃対策に迫る!!危険なソフトを全て登録するブラックリスト...

2013年4月5日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2013年3月度)

...の発送元が中国や東南アジア地域などの海外であったり、日本国内の住所を偽ったものであったりするケースも見られました。他社セキュリティー製品との比較一般的な総合セキュリティーソフトウエアが持つ、フィッシングサイト対策や有害サイト対策機能は、URLフィルタリングという、ブラックリストに登録されたURLへのアクセスを制限するものです。ブラックリストの情報は、公共機関提供のリストや、セキュリティーベンダーによって収集されたリストで構成され、各社によって内容が異なります。今回、3月度に「Internet SagiWall™」で検知した詐欺サイトのURLを用...

2011年6月30日セキュアブレインフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

セキュアブレイン gred セキュリティレポートVol.23【2011年5月分統計】

...ターネットユーザがウェブサイトの安全確認を行うことができる、無料のウェブセキュリティサービスです。確認し たいウェブサイトのURL を入力するだけで、セキュアブレインが独自に開発した解析エンジンが、ブラックリストを 使用せず短時間で解析し、そのウェブサイトが「安全(Safe)」か「危険(Danger)」を判断します 。本レポートに含まれる内容1 gred セキュリティレポート概要1.1「危険」と判断されたウェブサイトの数(図表1.1.) 1.2 「gred でチェック」で検知した脅威の月別推移(脅威別)(図表1.2.) 1.3「gredでチェック」月別...

グローバル脅威インテリジェンス・レポート(GTIR)2015

...ープが独自に開発したSIEMエンジンを駆使して脅威のリアルタイム分析を行います。SIEMエンジンでは、攻撃プロセスのロジック化、時系列分析など、複数の独自検知ルールを持ち、精度の高い検知を実現します。また、開発と運用を一体で行うDevOpsの体制を取り、運用で発見した新たな脅威をいち早くSIEMエンジンに反映します。 独自のブラックリストWideAngle MSSの運用に加え、世界最大級のネットワーク サービス プロバイダーとしての運用で得られるノウハウを活用し、脅威検知のための「独自ブラックリスト」とし...

2016年12月15日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

ブラックフライデー、今後日本でも流行る?

...日の翌日から翌週の月曜日にかけ、各小売店が大幅割引セールを行う感謝祭で、1年で最も物が売れる日と言われています。近年日本でもブラックフライデーを導入する店舗が増えていますが、日本人でも定着していくのでしょうか?日本全国の1,000名を対象に調査しました。「ブラックフライデー」、言葉の認知率は84%、内容の認知率は31% 知らない人には、ネガティブなイメージ。“ブラック企業” “ブラックリスト” などを想起? ブラックフライデーの消費実態。 セールで買い物をした?「YES」9%、「NO」91% 日本...

2012年7月4日IPAフィードバック数:39セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]

...の駆除ツールによりウイルスを駆除した。また同一ネットワーク内の全パソコンも同様に確認し、ウイルス感染が拡大していないことを確認した。 バックドアを仕込まれた場合、目に見える被害(今回はスパムメール配信の踏み台)以外にも何をされているか不明と言えます。ルートキット※を仕込まれた場合に限らず、パソコンにウイルス感染したウイルスは駆除ツールなどでは検知できない場合があるので、パソコンの初期化も検討してください。スパムメール送信の踏み台や不正中継に悪用されると、ブラックリストに掲載されてしまい、通常業務に支障が出ることもあります。ここでいうブラックリスト...

2019年7月22日チェク・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白

...告主からの主な懸念は、ブラックリストとホワイトリストの使用が彼らのオンラインキャンペーンのリーチを制限しているということです。彼らの不満に象徴されるように、92%のブランドマーケティング担当者は、適切なリーチを達成できなかった場合はブランドセーフティツールの使用を控える構えであり、99%の企業はリーチを犠牲にすることなく安全性を高めるカスタムツールを求めています。媒体社は「ブランドセーフティツールが収益を妨げている」と懸念広告主が適切な対象ユーザーへ確実にリーチできるようにするため、60%の出版社が1年以...

2016年3月9日MobileIron Inc.フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第4四半期モバイルセキュリティ&リスク報告

...されなければ安心感を生み出す検知対策ツールのバリアントを見つけた。その他の調査ハイライト*パッチを適用しているエンタープライズは10%以下で、データ損失に対してデバイスが無防備な状態*22%のエンタープライズではユーザーがPINを取り除き、第1防衛ラインを崩壊させている*95%以上のエンタープライズはモバイルマルウエアに対する防御を講じていないブラックリストの上位のモバイルアプリのリストを含むQ4 2015 Mobile Security and Risk Reviewをダウンロードするにはウェブサイトhttps://www.mobileiron.com/q4...

2020年6月13日タンタカフィードバック数:0大型消費/投資

貯金10万円以下の独身男女【487名調査】貯金ができない人の給料・職業・貯金できない理由などを聞いてみた

...状態が悪いと審査に通ることは非常に難しくなります。ブラックリストと言われる状態の人はほぼ審査に通過することはできません。このことから、貯金に回せる金額は少なくても、その中で上手にやりくりをして信用情報は綺麗な状態である人も多いと考えることができるのではないでしょうか。8. クレジットカードのリボ払いを利用していますか?※N=487クレジットカードのリボ払いは、毎月の返済金額がほぼ一定になる支払い方法です。(利用額によって増減します。)分割払いよりも手数料が高くなるので、そもそも資金に余裕がある状態では使わないという人も多いのですが、貯金が10万円...

2009年10月19日セキュアブレインフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュアブレイン gredセキュリティレポート

...ェック」は、インターネットユーザがウェブサイトの安全確認を行うことができる、無料のウェブセキュリティサービスです。確認したいウェブサイトのURL を入力するだけで、セキュアブレインが独自に開発した解析エンジンが、ブラックリストを使用せず短時間で解析し、そのウェブサイトが「安全(Safe)」か「危険(Danger)」を判断します。本レポートに含まれる内容gred セキュリティレポート概要1.1危険と判断されたウェブサイトの数1.2「gred でチェック」で検知した脅威の月毎の推移1.3「gred でチ...

2020年5月26日ゼニエモンフィードバック数:0デジタル家電

2020年度版のカードローン利用者による実態調査

...にかかわらず延滞したことがあるという方は、26.4%と約3割の方が延滞を経験している結果になりました。ほとんどの方は延滞せずに返済をしていますが、3人に1人の方が延滞を経験しているのが現状です。また、500名中1ヶ月以上の滞納経験のある人が22名のうち1人ほど。延滞は、短期間の延滞を何度も繰り返す、長期間延滞をすると、最悪の場合、強制解約となりブラックリストに載ってしまう可能性があるので注意してください。これまで、カードローンの契約内容や返済についてみてきましたが、実際のところ皆さん何を重視してカードローンを選んでいるのでしょうか。次の...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ