調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ブランドリスク

「ブランドリスク」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年9月27日Integral Ad Science★フィードバック数:0マーケティング

メディアクオリティレポート2019年上半期版

...IASがビューアビリティ、アドフラウド、ブランドリスクのベンチマークを含む最新メディアクオリティレポート日本語版を発表 グローバルではビューアビリティ70%の最高値を記録、日本ではブランドリスクが大幅に改善したものの、他指標はさらなる取り組みが求められる結果に 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネ...

2018年11月2日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポート

...イルよりもデスクトップで高い数値となっています。これは世界の他のマーケットでも見られる傾向です。<ブランドセーフティ(ブランドリスク)>ブランドイメージや評判にさまざまなレベルで毀損をもたらす広告掲載面インプレッションの指標です。IASでは【アダルト、アルコール、ヘイトスピーチ、不快な表現(物議を醸すコンテンツやフェイクニュースを含む)、違法ダウンロード、違法薬物、暴力】の7つのカテゴリーにおいてリスクを計測しています。デスクトップ ディスプレイのブランドリスクは、2017年下半期の8.1%から、2018年上半期は5.5%と大...

2017年上半期「メディアクオリティレポート」

...デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) IAS、ディスプレイ広告の不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティについて2017年上半期の調査結果を発表日本の不正インプレッションは8.4% でブランドリスクは6.7%、人間に閲覧されている広告は全体の54.8% インテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2017年上半期(H1)の「メデ...

2019年5月30日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

最新版メディアクオリティレポート(2018年下半期)

...ベリフィケーションというフィルターを通じて分析し、お伝えしています。IAS Japanマネージングダイレクター藤中太郎コメントアドベリフィケーションの本質はマイナスを排除した上で、いかに効果を押し上げてプラスの成果を出すかという点にあります。不正なデジタル広告やブランドリスクにばかり注目が集まりがちですが、それはアドベリフィケーションの基本ではありますが、本質ではありません。このことを正しく理解し、業界全体としてデジタル広告の透明性を高めていくことが必要です。例えば、2019年3月にリリースした「オンラインコンバージョンリフト」は、前回...

2021年11月19日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2022年に向けてサプライパス最適化への投資が増加 IAS最新調査

...性とメディア品質への課題も認める広告主は引き続きプログラマティックに積極的であり、54%が主なメリットとしてオーディエンスのリーチと配信規模の最大化を挙げています。しかし広告主は、アドフラウドの増加(44%)とブランドリスク(46%)に加え、プログラマティックにおける透明性の欠如(42%)に懸念があると回答しています。ブランドとエージェンシーの見解が一致しない場合もあり、プログラマティックにおけるアドフラウドの増加を懸念しているエージェンシーの担当者は、ブランドよりも1.5倍近く多くなっています。透明性の懸念に対応するため、多くの業界エキスパートは、自社...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ