「ブランド広告」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年2月13日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

デジタルブランド広告に関する調査

...2015/02/12 ニールセン CMO Councilと実施したデジタルブランド広告に関する調査結果を発表 - 第2部レポートデジタル広告の効果測定指標が改善され、自社広告によるブランディング効果が実証できるようになれば、デジタルをさらに積極的に取り入れたいと考えている広告主は95%にのぼるメディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、ニールセンがCMO Councilと実施したデジタルブランド広告...

2020年11月13日Unruly Media★フィードバック数:0マーケティング要登録

コネクテッドTVに関する調査

...ポストコロナ時代に向けた、コネクテッドTV広告の理解と活用法についてブランド広告主様におけるコネクテッドTVでの広告展開をご検討いただく一助として、Unruly(アンルーリー)は、2020年4月以降、全世界で多数の消費者に対する調査を行ってきました。コロナウイルスの世界的流行から5ヶ月後となる2020年7月に、日本国内の消費者の、コネクテッドTVに関する態度、消費行動、広告嗜好に関する、最新の調査を実施しました。以下のフォームに必要項目をご記入いただくと、全調査結果をご覧いただけます「送信...

第38回:Car Brands 2010 in Chinaの上位車種・ブランド調査(2010)

...はもちろん特徴的なボディで世界的にも有名になりました。ブランド名が挙がる中で車種名であるフェアレディZの評価が高いのもうなずけます。ついでBMWの55Pt、アウディの42Ptと高級車が続きます。一方、Car Brands 2010 in Chinaにおいて一番認知度が高かったのは高級官僚が乗る車の代名詞にもなっている、アウディの75Ptでした。次いでアテンザ(マツダ)の74Pt、ベンツ、BMW、アクセラ(マツダ)の71Ptと続きます。中国ではマツダの認知度が非常に高いことがわかります。このブランド広告をよく見る次にブランド広告...

2014年12月25日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

認知向上キャンペーンの広告効果の最適化事例

...Home > ニュース > ニュースリリース > リアルタイムなブランド広告効果測定による高速PDCAサイクルの実現~ニールセン、認知向上キャンペーンの広告効果の最適化事例を発表~2014/12/25 [お知らせ] リアルタイムなブランド広告効果測定による高速PDCAサイクルの実現~ニールセン、認知向上キャンペーンの広告効果の最適化事例を発表~- キャンペーン全体でのブランドリフト(認知向上効果)は非接触者の1.4倍- ブランドリフト値はニールセンの持つ業界ノーム値を大きく超える結果- キャ...

「世界で最も稼ぐミュージシャン」トップ30

...の価値をよく心得ており、企業ブランドからの信頼も厚い」と知財案件を多く手がける法律事務所の担当者も述べている。2位には現在休業中のワンダイレクションが入り年収は1億1,000万ドル(約1260億円)。3位には年収8,050万ドル(約92億円)のアデルが入った。4位のマドンナは直近のツアーで1億7,000万ドルを売り上げており、香水等のブランド広告でも稼ぎ年収は7,650万ドルに達した。5位に入ったリアーナ(年収7,500万ドル)もツアー以外にディオールやプーマ、サムスン等の広告出演から巨額の収入を得ている。スト...

2015年12月28日five★フィードバック数:0マーケティング

2015年モバイルビデオ広告市場を振り返るインフォグラフィック

...トナーの成長を共創します。 MAU 8,600万人(2020年9月末時点)の LINEが生み出す 膨大なデータを活用した ターゲティング配信 LINE 独自の膨大なオーディエンスデータを活用した配信によって、ユーザーにとって最適化された広告体験を創り出し、パブリッシャーの収益最大化にもつながっていきます。 国内屈指のキャンペーン数が運用されるLINE広告(旧LINE Ads Platform)を通じて、パブリッシャーの広告掲載面には日々、ブランド広告やパフォーマンス広告など、収益...

2019年7月18日ミック経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ネット広告&Webソリューション市場の現状と展望2019年度版 (第12版)

...年のネット広告市場は、動画広告、ソーシャル広告など運用型広告の中でも、ブランド広告主にとって親和性の高い広告種類が急速に市場を拡大させております。一方で、2017年9月からi始まったITP(Intelligent Tracking Prevention)問題や、アドフラウド問題によるDSP広告、アドネットワーク広告への影響は、市場動向に少なからず影響を及ぼし始めています。今回の資料ではこうしたネット広告市場の現状と展望を、主要代理店の取材を基に集計分析致しました。 また、昨年までWebイン...

2018年5月3日ミック経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望 2018年版

...は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い合わせ先】担当:竹田(ミック経済研究所 電話番号:03-6821-3250) ● 発刊の狙いこのたび弊社では、一昨年に引続き第11版目となる「ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2018年版」発刊することになりました。ここ1~2年のネット広告市場は、動画広告、ソーシャル広告など運用型広告の中でも、ブランド広告...

2018年5月1日ミック経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望 2018年版

...は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い合わせ先】担当:竹田(ミック経済研究所 電話番号:03-6821-3250) ● 発刊の狙いこのたび弊社では、一昨年に引続き第11版目となる「ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2018年版」発刊することになりました。ここ1~2年のネット広告市場は、動画広告、ソーシャル広告など運用型広告の中でも、ブランド広告...

2019年1月22日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、年末年始商戦の消費者行動調査により日本のEC トレンドを分析

...ア太平洋地域向けのリテールメディアソリューションの提供を拡大世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業であるCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、Criteoリテールメディアソリューションの提供市場を拡大し、アジア太平洋地域(APAC)の6つの市場にて提供することを発表しました。業界に先駆けて開発されたCriteoのリテールメディアソリューションは、ブランド広告主が小売業者のファーストパーティデータを使用して小売業者のサイトやアプリ上、およ...

2020年4月28日AJA★★フィードバック数:0マーケティング

おうち時間の広がりで動画配信サービスの利用増加と視聴デバイスの多様化が加速、全国2万人にアンケート調査を実施

....【視聴デバイス別】1週間あたりの平均視聴時間(全体)・デバイス別の平均視聴時間をみると、コネクテッドテレビは他のデバイスと比べてもっとも視聴時間が長い傾向がみられました。 5.動画配信サービスの利用頻度(全体)・外出自粛に伴い、全体の52%が以前と比べて動画配信サービスサービスの利用頻度について、増えたと回答しました。株式会社AJAでは、これまでサイバーエージェントがメディア運営において培ったノウハウや技術力を強みに、動画活用による消費者とのコミュニケーションの最適化を図っていくことで、ブランド広告...

史上初のデジタルネイティブ「Z世代」の攻略ポイントは、音楽!

...れたときからデジタルに囲まれて成長してきた「デジタルネイティブ」で、日本では67%が モバイルを「1日に1時間以上利用する」と答えており(Y世代は57%、X世代は29%)、多くの時間をモバイル機器に費やし、ラップトップからモバイルへのシフトが他の世代と比べて顕著に見られます。屋外に出る機会もこの世代の特徴であり、モバイルと連動させてメディアシナジー効果を期待するような取り組みも考えられます。また、日本では世代に限らずテレビの利用も多く、Z世代の71%が「1日に1時間以上テレビを見ている」という結果が特徴的です。では、ブランド広告が、このZ...

2021年5月26日Liftoff Mobile★★フィードバック数:0マーケティング

Liftoffがカジュアルゲームアプリレポートを発表

...2012年創業以来、多くの大手ブランド広告主様やアプリ事業者様と長いお付き合いを続けています。拠点をRedwood Cityに置き、Liftoffはニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ソウルそして東京にオフィスを構え世界中にビジネスを広げています。 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者...

2020年6月25日adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust、2020年モバイルショッピングアプリレポート発表

...化モデルの採用なども積極的に行っています。Liftoffは2012年より多くの大手ブランド広告主様やアプリ事業者様と長いお付き合いを続けています。拠点をRedwood Cityに置き、Liftoffはニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ソウルそして東京にオフィスを構え世界中にビジネスを広げています。 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者...

2018年11月19日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

CMOの役割の再考

...企業の成長の源泉とも言える「顧客体験(CX)」の向上をより強力に推進できるようになります。アクセンチュア インタラクティブが調査会社のフォレスターに委託してまとめたグローバル調査レポート「CMOの役割の再考(Rethink the Role of the CMO)」によると、CXは現代の企業にとって新たな戦いの場となっており、調査対象企業の約87%が、従来型の体験では顧客を満足させることができないと回答しています。こうした環境の変化により、CMOの役割は従来型のブランド広告やコミュニケーションの枠を超えて、ビジ...

2016年11月3日オプト★フィードバック数:0マーケティング

デジタル時代におけるブランド消費の価値観

...タルブランディングプロジェクトとはオプトでは、2015年よりブランドコミュニケーション専門の部門を立ち上げ、ブランド広告主に対し、IT(データ)・オンラインビデオ・ソーシャルメディアなどのデジタルを活用したブランド戦略の立案・実行を支援してまいりました。「デジタルブランディングプロジェクト」では、これまでの取り組みや研究を基盤に、企業のブランディング活動の更なる発展を目指してまいります。以上【株式会社オプトについて】オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です...

2018年2月23日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2017年 日本の広告費

...業」なども前年を下回った。 ・なお、本広告費には含まれないが、キャッチアップ広告をはじめ動画配信型広告が増加するなど、「テレビ×デジタル」の取り組みが加速している。◇衛星メディア関連:1,300億円(同101.3%) ・BS 925.3億円(同102.9%)、CS 200.8億円(同98.0%)、CATV 174.0億円(同97.3%)と、BSが全体を押し上げる結果となった。 ・BSは、通販を中心に増加したが、前年に堅調のブランド広告は減少。 ・CSは、IT系企業による音楽系、スポーツ系、映画・ドキ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ