調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > マクロ経済分析

「マクロ経済分析」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

...労働市場の異質性や相互関係の分析に学術的・政策的な観点から非常に大きな関心が集まっている。一国のマクロ経済分析とは異なり、国内の地域マクロ経済分析では新たに人口移動による地域間の調整メカニズムを考えることが必要になる。つまり、地域特異のショックが生じた場合に、域内で調整される効果とは別に、労働移動を通じて地域間でどのように調整されるのかが大きな焦点となっている。そこで、本研究では、失業率の地域間格差という視点から人口移動がどのように地域間調整として機能していたのかを分析している。既存研究では、日本...

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

公務員給与削減“終了”の影響 ~民間企業におけるベア以上のインパクトに~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート公務員給与削減“終了”の影響発表日:2014年2月20日(木)~民間企業におけるベア以上のインパクトに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○国家公務員と地方公務員の給与削減措置が今年度をもって終了する。終了に伴う給与の増加額は年間で0.8 兆円程度とみられ、これは名目雇用者報酬を+0.33%pt 程度押し上げる効果をもつ。○今回の給与削減措置の終了は、民間...

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

昨年4月~11月は景気後退だった可能性高まる ~鉱工業指数の基準改訂を受けても、景気後退の判断は変わらず~

...Economic Trendsテーマ:マクロ経済分析レポート昨年4月~11月は景気後退だった可能性高まる~鉱工業指数の基準改訂を受けても、景気後退の判断は変わらず~発表日:2013年6月11日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528要旨○本日、経済産業省から鉱工業指数の基準改定(2005 年基準 → 2010 年基準)結果の事前公表があった。改訂結果次第では、昨年は「景気後退」と認定されず、「踊り場」と判...

2015年1月15日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘賃上げ率の見通し ~昨年を上回るベースアップを予想~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート春闘賃上げ率の見通し~昨年を上回るベースアップを予想~発表日:2015年1月14日(水)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 2015 年の春闘賃上げ率を 2.40%と予測する(厚生労働省「民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況」ベース)。昨年に続いての2%台の賃上げであり、伸び率も昨年の 2.19%から高まるだろう。また、賃上げ分のうち、定期昇給部分を除いたベースアップで見ると 0.6...

2013年11月5日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスです。

2013年冬のボーナス予測 ~前年比+1.5%と、ボーナス改善が明確化すると予想~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013年冬のボーナス予測~前年比+1.5%と、ボーナス改善が明確化すると予想~発表日:2013年11月1日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴(TEL:03-5221-4528)エコノミスト 大塚 崇広(TEL:03-5221-4525)○ 民間企業の 2013 年冬のボーナス支給額を前年比+1.5%(支給額:37 万1千円)と予測する。2013 年夏のボーナスは前年比+0.3%と微増にとどまったが、冬は...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる ~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~

...1/1World Trendsマクロ経済分析レポートロシア、格下げでますます袋小路に追い込まれる~大量の資金流出が続くなか、格下げは実体経済の下振れを招くことになろう~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ウクライナ情勢の悪化を受けてロシア経済は厳しさを増している。先月には欧米が経済制裁を決定し、25日には米格付機関の格下げにより「投資適格」で最低水準となる。資金...

2013年3月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2年連続となる平成25年度暫定予算案 ~歳出規模は13.2兆円と過去最大に

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:2年連続となる平成25年度暫定予算案発表日:2013年3月27日(水)~歳出規模は13.2兆円と過去最大に~第一生命経済研究所副主任エコノミスト鈴木経済調査部将之(03-5221-4547)(要旨)○ 3 月 27 日に平成 25 年度暫定予算案が閣議決定、国会提出された。暫定予算は 1998 年度以来、14年ぶりとなった昨年度から 2 年連続となる。○ 歳出規模は過去最大の 13.2 兆円となる。歳出のうち、最大...

2013年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド景気にようやく底入れの動きを確認 ~先行きの景気の鍵を握るのは着実な構造改革の進展にあり~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド景気にようやく底入れの動きを確認~先行きの景気の鍵を握るのは着実な構造改革の進展にあり~発表日:2013年5月31日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期に亘る物価高と金利高の影響で経済成長のけん引役である内需が鈍化し、景気減速が続いているインド経済だが、1-3月期の実質GDP成長率は前年比+4.8%に加速、前期比年率でも加速するなど景気に薄日が差している。幅広...

2013年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年1-3月期GDP2次速報後改定)

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し(2013年1-3月期GDP2次速報後改定)発表日:2013年6月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528日本国内総生産(GDP)成長率2013年度予測実質+2.9% (前回 +2.9%)名目+2.7% (前回 +2.7%)2014年度予測実質+0.4% (前回 +0.4%)名目+2.0% (前回 +2.0%)2015年度予測実質+1.2...

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げへの期待と社会保障負担増への不安 ~本質的な課題は社会保障の長期的な安定と所得の向上~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:賃上げへの期待と社会保障負担増への不安発表日:2013年11月18日(月)~本質的な課題は社会保障の長期的な安定と所得の向上~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○注目があつまる賃上げデフレ脱却のため、また、消費増税の影響緩和を狙って、政府は賃上げを目指している。これは、復興特別法人税の前倒し廃止の検討や所得拡大税制拡充など支援策の一方、欧州で一般的な政労使協議など、企業...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを ~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:第2の矢の活用で成長力底上げの基盤づくりを発表日:2013年10月30日(水)~積極的労働市場政策などサービス拡充も一案~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○第 2 の矢による景気押し上げアベノミクス第 2 の矢は機動的な財政政策だ。景気の下支え役として公共事業は 2013 年第 2四半期まで 6 四半期連続で前期比プラスと経済成長率を約 0.2%pt 押し上げた(内閣府『国民...

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げを目指す所得拡大促進税制の拡充 ~久しぶりに高まりつつある賃上げ気運の後押しに~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:賃上げを目指す所得拡大促進税制の拡充発表日:2013年10月17日(木)~久しぶりに高まりつつある賃上げ気運の後押しに~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)○所得拡大促進税制の拡充デフレ脱却や消費税率引き上げを目指す中で、賃上げが注目を集めている。賃上げを後押しするために、所得拡大促進税制が拡充される見込みとなっている。所得拡大促進税制は平成 25 年度税制改正で創設された。現行...

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)発表日:2014年3月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528日本国内総生産(GDP)成長率2013年度予測実質+2.3% (前回 +2.3%)名目+2.0% (前回 +2.0%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.9%)名目+2.8% (前回 +2.8%)2015年度予測実質+1.1...

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル政策金利は再び二桁の大台入り ~物価及び旺盛な内需による経常赤字の抑制は喫緊の課題に~

...1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル政策金利は再び二桁の大台入り~物価及び旺盛な内需による経常赤字の抑制は喫緊の課題に~発表日:2013年11月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中銀は26~27日に開催した金融政策委員会で6回連続の利上げを決定し、政策金利は10.00%になった。同国経済は物価高や海外資金の流出による下振れが懸念されるものの、急進的な引き締めに動いている。イン...

2014年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化 ~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、豪ドル相場に対する見方に変化~追加利下げの可能性は後退も、豪ドル高容認ではない点は注意~発表日:2014年2月4日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4日、豪準備銀は定例の金融政策委員会において、5会合連続で政策金利を据え置く決定を行った。内外景気に対する見方は基本的に変わっておらず、中期的な景気回復を見込む一方、足下...

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~

...1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、物価・為替の安定へ4回連続の利上げ~資金流出を招く投資家の信認低下の「素」を絶つ改革の必要性~発表日:2013年8月30日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中央銀行は27~28日に開催した定例会合において、政策金利を4回連続で引き上げた。国際金融市場の混乱の余波で海外資金の流出圧力が強まる同国では通貨レアルが大幅に下落しており、イン...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

平成24年度決算概要 ~剰余金は消費税率引き上げ前の補正予算の財源に?~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:平成24年度決算概要発表日:2013年7月31日(水)~剰余金は消費税率引き上げ前の補正予算の財源に?~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 平成 24 年度決算の概要が公表された。歳出予算額(補正予算を含む)の 100.5 兆円に対して支出済歳出額は 97.1 兆円であり、歳出入決算総額の差は 10.7 兆円だった。そのうち、財政法第 6 条の剰余金は 1.7 兆円...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、景気への配慮が必要と判断 ~8会合連続で利上げ実施も、利上げ幅縮小で景気に配慮~

...1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、景気への配慮が必要と判断~8会合連続で利上げ実施も、利上げ幅縮小で景気に配慮~発表日:2014年2月27日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中銀は25~26日に開催した金融政策委員会で8会合連続の利上げを決定したが、景気減速が続く中、利上げ幅を25bpに圧縮した。利上げ局面の終了が近いことを示唆する姿勢をみせたが、賃金や年金、公共...

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

強いキウィと弱いオージーの関係は今後も続くか ~過度な悲観・楽観視には注意が必要~

...1/2World Trendsマクロ経済分析レポート強いキウィと弱いオージーの関係は今後も続くか~過度な悲観・楽観視には注意が必要~発表日:2014年1月22日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 金融市場で「オセアニア通貨」として同列に語られることが多いNZドルと豪ドルだが、為替の方向感は逆を向いている。先行きの金融政策の方向性の差が足下の為替の動きを決定しているとみられる。 NZでは...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる ~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~発表日:2013年8月12日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡っては、景気減速が強まる中で様々な課題が噴出している。今春発足した新政権は構造改革の前進を模索しているが、足下では必ずしも円滑な進捗は確認出来ていない。「世界の工場」とし...

2013年8月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の構造転換の動向を貿易統計から考察する ~消費主導型経済への転換への道のりは未だ不十分と判断出来る~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国の構造転換の動向を貿易統計から考察する~消費主導型経済への転換への道のりは未だ不十分と判断出来る~発表日:2013年8月8日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 7月の貿易統計は予想以上の改善をみせたが、内容は必ずしも楽観視出来るものとはなっていない。輸出の改善は過去数ヶ月に亘り減少基調にあった反動が影響していると思われる。昨年...

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州 利上げの時期は「かなり先」の様子 ~豪ドル相場にとって「重石」になることが予想される~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州 利上げの時期は「かなり先」の様子~豪ドル相場にとって「重石」になることが予想される~発表日:2014年7月1日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 1日、豪準備銀は政策金利を10会合連続で2.50%に据え置いた。1-3月期の経済成長率は予想外の伸びをみせたが、景気の先行き不透明感を理由に、緩和的な金融政策の継続を決定した。資源...

2013年3月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアを襲う新たなリスク ~中銀の独立性、キプロス問題など古くて新しいリスクが出現~

...1/3World Trendsマクロ経済分析レポートロシアを襲う新たなリスク~中銀の独立性、キプロス問題など古くて新しいリスクが出現~発表日:2013年3月19日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ロシアは資源依存度が高いことから、最大の輸出相手である欧州の景気低迷や「シェール革命」によるガス価格の低下が懸念される中、アジア向け輸出を拡大させる動きを活発化させている。さらに、WTO加盟...

2013年4月5日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治海外

韓国を巡るリスクの高まり ~内需低迷が続く中で有事リスクも重なり、景気の不透明感は一段と高まる~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート韓国を巡るリスクの高まり~内需低迷が続く中で有事リスクも重なり、景気の不透明感は一段と高まる~発表日:2013年4月3日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界経済の底打ち期待が高まっているにも拘らず、韓国では内・外需の低迷が重石になり景気は低迷している。ウォン高による輸出競争力の低下は輸出のみならず、企業活動全般を下押ししており、雇用...

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、金融市場の混乱は実体経済を着実に侵食 ~景気は最悪期を過ぎつつあるが、年度の成長率を再度下方修正へ~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド、金融市場の混乱は実体経済を着実に侵食~景気は最悪期を過ぎつつあるが、年度の成長率を再度下方修正へ~発表日:2013年9月2日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インド経済を巡っては物価高や金利高が景気のけん引役である内需を下押しする状況が続いてきたが、足下では金融市場の混乱が海外資金の流出を招き、様々な形で実体経済の下押し圧力に繋がる悪影響が出ている。したがって、イン...

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか ~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート金融市場の混乱でアジアの実体経済は悪化するのか~資金流出入の影響に懸念はあるが、実体経済の緩やかな拡大は変わらず~発表日:2013年6月12日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界的なカネ余りや世界経済の回復期待を追い風に資金流入が続いてきたアジア新興国だが、国際金融市場の環境変化に伴い流出に直面している。自国通貨安誘導に始まった通貨安基調も、足下...

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀は「最後の砦」となれるか ~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀は「最後の砦」となれるか~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~発表日:2014年9月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) トルコは、年明け以降の国際金融市場の混乱による資金流出に対し、急激な利上げで通貨防衛を図ったが、その後は市場の安定に伴い利下げに転じる動きをみせた。これは政府内から利下げを強硬に求める動きが影響した一方、足下...

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

補正予算は何兆円? ~PB半減目標とのバランスを検証~

...Economic Trends補正予算は何兆円?マクロ経済分析レポート発表日:2014年9月12日(金)~PB半減目標とのバランスを検証~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4547(要旨)○年末の再増税判断と同時に、補正予算が編成されるとの思惑が高まる中、焦点は補正の規模に集まる。2014 年度の税収上振れ分や 2013 年度の純剰余金を活用することで、追加の国債発行無しで「4兆円」程度の補正を組むことが可能。○しかし、財政...

2014年12月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 弱い景気の下で金融緩和観測が再燃か ~原油安は追い風だが、物価動向を慎重に判断する姿勢は不可欠~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 弱い景気の下で金融緩和観測が再燃か~原油安は追い風だが、物価動向を慎重に判断する姿勢は不可欠~発表日:2014年12月11日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 8月の大統領選を経て新生エルドアン政権が誕生したトルコだが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+1.7%と6四半期ぶりの低水準に留まる。リラ安で輸出は底入れしたほか、物価...

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 新政権の出鼻を挫く景気模様 ~目先の利益のみならず、中長期の成長を目指す姿勢が問われる~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 新政権の出鼻を挫く景気模様~目先の利益のみならず、中長期の成長を目指す姿勢が問われる~発表日:2014年9月11日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) エルドアン首相の下で比較的堅調な経済成長を実現したトルコだが、先月の大統領選で同氏が初の公選制下での大統領に就任したにも拘らず足下の景気は芳しくない。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.8%となり、内需...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安の誤解とその対応策 ~経済全体にはプラスも、必要性増す再分配政策~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:円安の誤解とその対応策2015年6月16日(火)~経済全体にはプラスも、必要性増す再分配政策~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 円が対ドルで 10 円円安になると、4四半期遅れて家計負担を年額で+2.0 兆円程度増やす関係がある。これは、アベノミクスで 40 円以上円安が進んだことにより、家計の負担が年間8兆円以上増える可能性を示唆する。● 一方、ドル円レートが 10...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、追加利下げは不可避か ~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートNZ準備銀、追加利下げは不可避か~外需低迷に乳製品価格の調整など、景気下押し材料が顕在化~発表日:2015年6月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年来のオセアニア通貨は豪ドルに対しNZドルが強含む展開が続いてきたが、この1~2ヶ月で様相は一変している。先日NZ準備銀が予想外の利下げに踏み切り、足下...

2015年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国人民銀、景気安定に向け本格的金融緩和に舵切り ~対応余地の大きさから、今後も追加緩和の可能性は高まろう~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国人民銀、景気安定に向け本格的金融緩和に舵切り~対応余地の大きさから、今後も追加緩和の可能性は高まろう~発表日:2015年2月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4日、中国人民銀は緊急理事会で預金準備率を50bp引き下げる決定を行った。なお、政府による施策を後押しする観点から中小企業向け融資や農業向け融資の多い金融機関には追加的に引き下げが行われる。同国...

2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃 ~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~

...1/3World Trendsマクロ経済分析レポート南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~発表日:2015年5月27日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 商品市況の動向に左右されやすい南アフリカ経済だが、年明け以降の市況底入れは好機になると期待される一方、昨秋以降顕在化した電力不足の影響は景気の足かせとなっている。能力不足の問題も依然解消出来ないなか、先行...

2015年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落 ~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~

...1/3World Trendsマクロ経済分析レポートロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~発表日:2015年1月27日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 26日、S&P社がロシアの長期信用格付を格下げして『投機的』水準に転落した。同社は理由に金融政策の対応余地の乏しさや景気の弱さ、原油安に伴う対外・財政収支の悪化を挙げている。事実、通貨...

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~発表日:2014年9月30日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期に亘って景気減速が続いてきたベトナムだが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+6.19%と底入れの動きが確認された。中国との関係悪化の影響が懸念されたが、先進国向け輸出に加え、対内...

2015年3月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジルは一段と窮地に ~政治的混乱が通貨レアルの新たな混乱要因に~

...1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジルは一段と窮地に~政治的混乱が通貨レアルの新たな混乱要因に~発表日:2015年3月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 数多くの難局に直面しているブラジル経済だが、ルセフ政権による財政健全化への取り組みは困難を迎えている。ファンダメンタルズの悪化による格下げ懸念に対応し、ルセフ政権は緊縮財政を進める姿勢をみせているが、政府...

2015年4月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局 ~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート金融市場の「じゃじゃ馬」と対峙する中国当局~株式相場の過熱と不動産市況の低迷の間で政策対応に苦慮~発表日:2015年4月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年末の中国の金融政策は「穏健」の基本方針を堅持する一方、金融緩和姿勢を強めている。金融市場にカネ余り感が強まるなかで株式相場は急上昇するも、実体経済は減速感が強まるなど両者の間で乖離が広がっている。当局...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドの金融政策はようやく「平時」に戻る ~2回連続で利上げ実施の一方、ルピー安阻止への緊急対応は終了~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドの金融政策はようやく「平時」に戻る~2回連続で利上げ実施の一方、ルピー安阻止への緊急対応は終了~発表日:2013年10月29日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 9月の就任以降、インド準備銀のラジャン新総裁は一貫した政策姿勢を元に市場からの信認を高めている。9月の金融政策委員会では市場予想に反して利上げを決定し、物価...

2014年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

配偶者控除見直し論議、始まる ~さらに分厚い“130万円の壁”~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート配偶者控除見直し論議、始まる発表日:2014年4月14日(月)~さらに分厚い“130万円の壁”~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4547(要旨)○本日の政府税制調査会において、配偶者控除の見直しに関する議論が始まった。配偶者控除は配偶者の収入が 103 万円に満たない場合に主たる生計者の所得控除を行うものである。これが逆に 103 万円以上の所得が生じないよう、配偶...

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「アジア」にみえる勢いの差とその背景 ~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「アジア」にみえる勢いの差とその背景~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~発表日:2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界経済では先進国の景気回復の一方、新興国は一時の勢いを失いつつある。一方、アジアではNIESやASEANの一部など外需依存度の高い国々を中心に景気は勢いを取り戻しつつある。これ...

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

...1/2World Trendsマクロ経済分析レポートメキシコ、足下の景気は予想外の下振れ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~発表日:2013年9月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国景気の回復を隣国として最も享受可能と期待されたメキシコだが、国際金融市場の混乱の影響は避けられなかった。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲2.91%と4年ぶりにマイナスとなり、外需...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~ 発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ASEANへの注目が集まるなか、インドネシアやタイが躓きをみせる一方、外需依存度が高いマレーシアは先進国の景気回復や通貨安も追い風に回復感を強めている。近年は中国依存を高めており、その...

2014年4月25日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

業界統計から見た駆け込み需要の動向 ~財消費では、前回をやや上回る規模の駆け込み需要が発生した模様~

...Economic Trendsテーマ:マクロ経済分析レポート業界統計から見た駆け込み需要の動向~財消費では、前回をやや上回る規模の駆け込み需要が発生した模様~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528要旨○業界統計から判断すると、財消費に関しては、前回増税時よりも大きめの駆け込み需要が今回発生したとみられる。エコカー減税・補助金やエコポイント制度により需要が先食いされているため、今回...

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア総選挙、今後の行方を展望する ~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドネシア総選挙、今後の行方を展望する~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~発表日:2014年4月8日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インドネシアでは9日、5年に1度の総選挙が実施される。7月の大統領選の前哨戦の色合いが強く、世論調査ではジョコ・ウィドド氏を大統領候補に据えた闘争民主党が第1党になり、政権交代は不可避とみられる。現野...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「大博打」に負けたギラード豪前首相 ~ラッド氏が首相に返り咲くも、次期総選挙での勝利のハードルは高い~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート「大博打」に負けたギラード豪前首相~ラッド氏が首相に返り咲くも、次期総選挙での勝利のハードルは高い~発表日:2013年6月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 26日、豪州の与党労働党が開催した党首選で前職のラッド氏が当選し、3年ぶりに首相に返り咲いた。政権運営を背景に前ギラード政権の支持率が急速に低下するなか、ギラード前首相は党勢回復を目指し、自身...

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド景気は依然「底」を抜け出せず ~総選挙を巡る不透明感は残る中、政治動向は経済の命運を握る~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド景気は依然「底」を抜け出せず~総選挙を巡る不透明感は残る中、政治動向は経済の命運を握る~発表日:2014年3月3日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期のインフレと金融引き締めに加えて、構造問題に伴う海外資金の流出が景気下振れに繋がったインド経済だが、依然「底」を這う状況にある。10-12月期の実質GDP成長率は前年比+4.7%に減速し、内・外需...

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

...1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~発表日:2013年11月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れ期待が高まっているが、景気拡大の原動力は未だ外需や投資の回復に留まる。米国景気の回復期待や国際金融市場の動揺一服は外需を押し上げる中、固定資本投資も拡大が続く。なお、10月単...

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、未加工鉱石禁輸のインパクト ~景気の大幅下振れのみならず、国際的な信認低下に繋がる恐れ~

...1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドネシア、未加工鉱石禁輸のインパクト~景気の大幅下振れのみならず、国際的な信認低下に繋がる恐れ~発表日:2013年1月9日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インドネシアでは今月12日に未加工鉱石の禁輸措置が発動する。これは2009年に施行された新鉱業法による鉱物の高付加価値義務化に基づくもので、一昨年以降徐々に鉱物輸出の規制強化が進められてきた。ただし、昨年...

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

設備投資と消費税の関係を整理する ~設備投資の増税前駆け込み需要は小規模にとどまる見込み~

...Economic Trendsマクロ経済分析レポート設備投資と消費税の関係を整理する発表日:2013年12月13日(金)~設備投資の増税前駆け込み需要は小規模にとどまる見込み~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(要旨)○機械受注が増加するなど、設備投資に増加の兆しが生じている。一方、これを消費税引き上げ前の駆け込み需要によるものと指摘する声がある。本稿では、設備投資の駆け込み需要の発生余地を制度面から検証する。○本来、設備...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ