調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > メインシナリオ

「メインシナリオ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年12月7日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

内閣府による世界経済情勢についてのレポートです。

世界経済の潮流 2011年 II 減速する世界経済、狭まる政策余地

...世界経済の潮流2011年 II<2011年下半期 世界経済報告> 目次第1章 減速する世界経済、狭まる政策余地1.世界経済の動向:再び減速する兆し2.金融資本市場の緊張:質への逃避1.金融危機対応で拡大した財政赤字・債務残高2.世界的な財政再建への流れ:更なる財政出動には期待できず1.世界的な物価上昇とスタグフレーション懸念2.緩和を続けざるを得ない先進国、引き締め続けざるを得ない新興国1.財政政策上の論点2.金融政策上の論点3.論点を踏まえた各国の現状の評価1.経済の見通し(メインシナリオ...

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)2018年が重要なターニングポイントに ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本稿では、同予測における金融政策および為替レートの見通しについて、メインシナリオを解説しつつリスクシナリオを整理する。◆物価...

2014年4月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本経済の見通しです。

日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?

...総裁就任当初と比べて徐々に高まりつつある。ただし、為替、賃金、期待インフレ率などの動向次第では、日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオでは、消費者物価上昇率は2%には届かないとみている。なお、日銀による追加的な金融緩和は2014年7-9月期以降にずれ込む見通しである。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作...

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

...ノミクスによる好循環が継続すること、②米国向けを中心に輸出が緩やかに持ち直すことなどから、緩やかな回復軌道をたどる見通しである(→詳細は、熊谷亮丸他「第183回 日本経済予測(改訂版)」(2014年12月8日)参照)。◆:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと予想している。◆:今回のレポートでは、日本経済が抱えるリスク要因について検証した。日本経済のリスク要因としては、①消費税増税の先送りを受けた「トリプル安(債券安・円安・株安)」、②中国の「シャドーバンキング」問題、③米国...

2013年7月19日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済見通し QE3縮小とイベントの関係

...な拡大ペースは速かったことが確認された。さらに、失業の理由や期間別動向からは、質的な改善が始まったとみられる。◆財政問題の逆風にもかかわらず、雇用・所得環境の改善が続き、個人消費は緩やかながら堅調と言える。住宅市場と合わせ、今後も底堅い推移を見込むが、金利上昇の影響などに注意したい。◆鈍化していた企業活動は、生産活動に底打ちの気配があり、先んじて企業マインドや設備投資の先行指標が改善しているため、海外経済の鈍化は懸念されるものの、底堅い内需を背景に、年後半にかけて復調の兆しがある。◆経済見通しのメインシナリオには変更ないが、2013年1...

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?メインシナリオでは、日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し ◆経済見通しを改訂:2014年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+0.7%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第182回 日本経済予測(改訂版)」(2014年9月8日...

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

...どには下落しないと見込まれるため、4月の消費者物価上昇率は前年比+0.8%程度に加速すると予想する。ユーロ圏は内需を中心に緩やかな景気回復の初期過程にある。景況感は改善トレンドを維持しており、景気回復が継続するとの見通しをメインシナリオに考えている。◆景気回復シナリオのリスクは、急速なユーロ高の進行と考えられる。ユーロ高はようやく回復の兆しが出てきたユーロ圏の輸出にマイナス材料となる。また、ウクライナ問題の解決の見通しがなかなか立たないことに加え、5月は欧州議会選挙があり、フラ...

米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と

...み取ることは難しい状況である。そのため、当面は寒波の影響が解消された後、順調に回復を続けるのか、それとも「実力」も弱含んでいるのかという点が注目される。メインシナリオは、米国の「実力」は弱まっておらず、経済は再び回復を続ける、である。経済指標のなかでも、消費者信頼感などのセンチメント指標や金融資産残高などのストック指標がそれほど悪化していないことを鑑みれば、表面的な需要は落ち込んだが、潜在的な消費需要や投資需要は依然として強いと考えることが妥当だろう。一方、これまでと同様、労働...

【4月米住宅販売】新築43.3万件、中古465万件、寒波からの反動増は弱い

...ローン金利の上昇余地も限定的となると考えている。したがって、メインシナリオでは住宅販売件数は景気の回復に伴って、ゆっくりとしたペースで回復基調を辿ると見ている。ただし、FOMCで言及されているように、住宅市場の低迷は米国経済にとっての懸念材料であり、今後の動向は注目と言えるだろう。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2020年...

【2014年5月米住宅販売】住宅市場にも明るさが

...余地は限定的になると考えている。足もとの住宅販売件数の改善は景気の回復に伴ったものと見られ、メインシナリオでは引き続き緩やかな改善傾向が続くだろう。ただし金利の急上昇などで販売件数が鈍るなどのリスクを抱えていることには注意したい。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2020年10月15日News Release...

【2014年6月米住宅販売】回復期待は削がれることに

...し、現状の住宅価格やローン金利で新築住宅への需要が高まりにくいことは、これまでの住宅販売統計が示している通りであり、回復ペースの加速要因とはなりにくい。そのため、メインシナリオでは、これまでのような緩慢な回復が続くと見ている。さらに、金利の急上昇などで販売件数が鈍るなどのリスクを抱えていることには注意したい。 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘル...

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年内利上げ開始の可能性が高まる

...来の高い伸びとなっており、雇用環境の改善を背景に賃金上昇ペースが加速する兆しが見られた。◆景気減速が続くことに対する懸念が高まっていたが、今回の雇用統計はそうした懸念を払拭する良好な結果であり、FRB(連邦準備制度理事会)による2015年内の利上げ開始の可能性が高まったと言えるだろう。なお、大和総研では、従前より12月の利上げ開始をメインシナリオとしているが、その見方に変更はない。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和...

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は「アベノミクス」の効果で着実に回復。4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆メインシナリオ:日本経済は着実な回復軌道へ:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂...

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年?

...元緩和で急激な円安が実現した日本株の上昇率は主要国で突出することとなった。では、2014年はどのような年になるだろうか。来年の最大テーマはやはり、米量的緩和の縮小・停止だ。その他海外発では米中間選挙、中東や東アジアの地政学リスク、中国のシャドーバンキングとバブル懸念の行方など、国内発では消費税増税とアベノミクスが主要テーマとなるだろう。現時点では、来年も円安・日本株高となるという見方が市場の大勢であり、筆者もメインシナリオとしてはそう考えている。ただし、米量的緩和縮小・停止をはじめとするテーマはそれぞれがリスクイベントと成り得、どこかで大きく躓けば、円高・株安...

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理

...は金利差拡大と株価上昇が起きる可能性が高く、この2つのエンジンを通じた円安ドル高が進むという筋書きがメインシナリオとなる。そしてこれをベースに追加のエッセンスとして、貿易収支やデフレ脱却期待などの変数を捉えると整理しやすい。筆者の予想では、今年は円安ドル高基調となるが、消費増税後の国内景気悪化でデフレ脱却期待が後退する4-6月には一旦円高に振れると見ている。(日米欧金融政策) 12月の金融政策は日欧ではともに現行の政策が維持されたが、FRBが量的緩和縮小を決定した。米が金融政策の正常化へ最初の一歩を踏み出したことで、今後は、FRBによ...

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

...ぶりの安値をつけた。本稿では、最初に大和総研のマクロモデルを用いて、「円安はわが国のマクロ経済にとってプラスであるが、格差拡大をもたらす」ことを指摘したい。◆日本経済のメインシナリオ:2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。今後の日本経済は、①アベノミクスによる好循環が継続すること、②米国向けを中心に輸出が徐々に持ち直すことなどから、緩や...

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

日本経済見通し(2015-2024年度)

...に米国の金融引締めは一服し、他方でほぼ同時期に日本の金融緩和に技術的限界が見えてくる可能性が高い。こうした変化を受けて円安トレンドが終息することをメインシナリオとしている。◆アップサイドリスクとして、円安によりデフレ脱却の達成が見えてくる可能性がある。円安を継続することで円高期待を反転させつつ、水準としての円安をさらに進展させることで国際競争力を回復させ、同時に賃金上昇の慣性を取り戻すことで、「国際競争力悪化、賃金低下、円高」の悪循環を「国際競争力改善、賃金上昇、円安」の好循環に反転させる可能性に期待したい。◆名目GDP比の...

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年?

...の本邦金融市場のシナリオを考えると、やはり米景気回復・利上げを受けた株高・円安ドル高がメインシナリオになる。これをベースにその他の材料が上振れ・下振れ要因として位置付けられる。世界経済はまだ耐久力が弱いだけに、下振れ懸念から悲観が台頭し、株安・円高に振れる局面もありそうだ。また、足元の120円という為替水準が安定的なものなのかも疑念が残る。総選挙まではリスクオン地合いからドルが底堅く推移するだろうが、年末年始にかけては材料出尽くし、政治からの円安けん制への警戒、貿易赤字縮小などから一旦調整を迎える可能性がある。(日銀金融政策) 日銀...

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税後の日本経済をどう見るか?

...は、経済見通しの前提条件として、3兆円規模(真水ベース)の2013年度補正予算編成を想定している(→詳細は、熊谷亮丸他「第178回 日本経済予測(改訂版)」(2013年9月9日)参照)。◆メインシナリオ:日本経済は引き続き拡大:日本経済は2012年11月を底に回復局面に入ったが、今後も着実な景気拡大が続くとみられる。安倍政権の経済政策(いわゆる「アベノミクス」)は日本経済再生の起爆剤となり得る適切な経済政策であり、とりわけ金融政策は着実に成果を上げている。今後の日本経済は、①米国経済の拡大、②復興...

2013年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 政策の逆風が強まるか

...部門ではマインド面で改善が続き、出遅れていた製造業での回復期待が強まっている。雇用の質の改善がまだまだであるほか、先高感が強い金利動向が経済の各部門にどう影響するか、資産価格や資金調達環境を通じた経路を含め、いくつかの留意点がある。◆財政の逆風が想定より弱いこと、住宅投資が堅調であることなどから、2014年のGDP成長率の見通しを引き上げた。財政支出が成長の足かせとなり、個人消費と住宅投資が経済全体を下支えするメインシナリオに変更はない。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約...

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

日本経済見通し:黒田日銀新総裁、鮮烈なデビューを飾る

...トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:黒田日銀新総裁、鮮烈なデビューを飾る ここから本文です日本経済見通し:黒田日銀新総裁、鮮烈なデビューを飾るメインシナリオでは景気回復を見込むが、4つのリスクに要注意リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:「異次元の金融政策」を標榜する、黒田東彦・日本銀行新総裁が鮮烈なデビューを飾った。4月4日に新生・黒田日銀が決定した金融緩和は、金融...

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測(改訂版)

...国は「貯蓄から投資へ」という潮流を加速する必要がある。 :わが国が長年悩まされてきた少子化に歯止めをかけるためには、女性の活用を積極化することなどがポイントとなる。:日本経済のリスク要因としては、①新興国市場の動揺、②中国の「シャドーバンキング」問題、③「欧州ソブリン危機」の再燃、④地政学的リスクを背景とする原油価格の高騰、の4点に留意が必要である。:日銀による追加的な金融緩和は2015年1-3月期以降にずれ込む見通しである。日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオ...

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測

...国は「貯蓄から投資へ」という潮流を加速する必要がある。 :わが国が長年悩まされてきた少子化に歯止めをかけるためには、女性の活用を積極化することなどがポイントとなる。:日本経済のリスク要因としては、①新興国市場の動揺、②中国の「シャドーバンキング」問題、③「欧州ソブリン危機」の再燃、④地政学的リスクを背景とする原油価格の高騰、の4点に留意が必要である。:日銀による追加的な金融緩和は2015年1-3月期以降にずれ込む見通しである。日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオ...

中国経済見通し~理財商品に揺れる中国経済の行方

...を交互に推進し、成長目標は達成したものの経済のディレバレッジは十分に進まなかった。今年も昨年と同じような経済政策運営となりそうだが、今年は昨年よりも経済のディレバレッジに軸足を置いた運営になる可能性があると思われる。経済見通しは、2014年が前年比7.5%増、2015年が同7.3%増(下左図)。リスクとしては理財商品の問題続出が挙げられる。メインシナリオでは景気失速には至らないと想定しているが、理財商品にどれだけ不健全なものが含まれているのかは依然不透明なだけに、今後...

2014年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測(改訂版)

...所得低迷による個人消費の停滞、②中国の「シャドーバンキング」問題、③地政学的リスクを背景とする原油価格高騰や世界的な株安の進行、④米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、の4点に留意が必要である。:日銀による追加的な金融緩和は2015年1-3月期以降と予想している。日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオでは、消費者物価上昇率は2%には届かないとみている。 (1)公共投資は14年度+3.1%、15年度▲9.2%と想定。15年10月に消費税率を引き上げ。(2)為替レートは14年度103.8円...

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測

...企業を中心とする製造業、大企業、大都市の富裕層などに大きなメリットを与えているが、内需型の非製造業、中小企業、地方の低所得層などへの恩恵は小さい。以上の現状認識から、当社は、短期的な課題として、低所得者向け給付金の積み増しや、「地方創生」への取り組みを加速することなどを通じて、中小企業や地方の低所得層などに一定の配慮を示すことが必要だと考えている。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと予想している。日銀が追加的な金融緩和に踏み切る時期は2015年10-12月期...

2014年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測(改訂版)

...企業を中心とする製造業、大企業、大都市の富裕層などに大きなメリットを与えているが、内需型の非製造業、中小企業、地方の低所得層などへの恩恵は小さい。以上の現状認識から当社は、短期的な課題として、低所得者向け給付金の積み増しや、「地方創生」への取り組みを加速することなどを通じて、中小企業や地方の低所得層などに一定の配慮を示すことが必要だと考えている。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと予想している。日銀が追加的な金融緩和に踏み切る時期は2015年10-12月期...

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測

...ドーバンキング」問題、③地政学的リスクを背景とする原油価格高騰や世界的な株安の進行、④米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、の4点に留意が必要である。:日銀による追加的な金融緩和は2015年1-3月期以降と予想している。日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオでは、消費者物価上昇率は2%には届かないとみている。 【主な前提条件】(1)公共投資は14年度+3.1%、15年度▲9.1%と想定。15年10月に消費税率を引き上げ。(2)為替レートは14年度102.0円/㌦、15...

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第180回日本経済予測(改訂版)

...は緩やかに上昇する見通しである。:日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標実現の可能性は、黒田総裁就任当初と比べて徐々に高まりつつある。ただし、為替、賃金、期待インフレ率などの動向次第では、日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオでは、消費者物価上昇率は2%には届かないとみている。なお、日銀による追加的な金融緩和は2014年7-9月期以降にずれ込む見通しである。:わが国の経常収支は循環的に回復し、当面経常赤字が定着する事態は回避されるだろう。第一に、当社の試算によれば、2013年の...

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測(改訂版)

...的な足かせとなりかねない点には最大限の警戒が必要になるだろう。:日本経済のリスク要因としては、①消費税増税の先送りを受けた将来的な「トリプル安(債券安・円安・株安)」の進行、②中国の「シャドーバンキング」問題、③米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、④地政学的リスクを背景とする世界的な株安、の4点に留意が必要である。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと考えている。日銀は、2015年秋口をめどに追加金融緩和に踏み切るとみられるが、金融緩和のタイミングが大幅に前倒しとなる可能性もあるだろう。 (1)公共...

2014年2月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

第180回日本経済予測

...は緩やかに上昇する見通しである。:日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標実現の可能性は、黒田総裁就任当初と比べて徐々に高まりつつある。ただし、為替、賃金、期待インフレ率などの動向次第では、日銀の物価目標達成の可能性は排除できないものの、当社の現時点におけるメインシナリオでは、消費者物価上昇率は2%には届かないとみている。なお、日銀による追加的な金融緩和は2014年7-9月期以降にずれ込む見通しである。:わが国の経常収支は循環的に回復し、当面経常赤字が定着する事態は回避されるだろう。第一に、当社の試算によれば、2013年の...

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

...プル安(債券安・円安・株安)」の進行、②中国の「バブル」崩壊に対する懸念、③米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、④地政学的リスクを背景とする世界的な株安、の4点に留意が必要である。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと考えている。日銀は、2015年秋口をめどに追加金融緩和に踏み切る見通しである。 (1)公共投資は15年度▲5.1%、16年度▲3.7%と想定。17年4月に消費税率を引き上げ。(2)為替レートは15年度124.2円/㌦、16年度125.0円...

2014年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は?

...らいの範囲で上げ下げを繰り返しながら1年を通してみれば緩やかに上昇するというのが素直な予想だろう。これは現時点で筆者が考えるメインシナリオだ。国内外の政治経済など状況変化に応じて今後シナリオの修正が必要になるかもしれない。しかし、このように自分なりの「軸」となる考え方を持っていれば、投資に不慣れな人でも株価の短期的な上げ下げに翻弄されたり一喜一憂することなく、腰を据えて株式市場と向き合えるだろう。1 1980年以降で年初に2日連続の下落は1990、95、98、99、2008年で、1999年以外はその年の株価が冴えなかった。2 あく...

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

...プル安(債券安・円安・株安)」の進行、②中国の「バブル」崩壊に対する懸念、③米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、④地政学的リスクを背景とする世界的な株安、の4点に留意が必要である。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと考えている。日銀は、2015年秋口をめどに追加金融緩和に踏み切る見通しである。 (1)公共投資は15年度▲5.2%、16年度▲3.7%と想定。17年4月に消費税率を引き上げ。(2)為替レートは15年度119.9円/㌦、16年度120.0円...

展望レポート中間評価、物価見通し下方修正へ-年前半は追加緩和の思惑が高まる。春闘、審議委員の人選に注目

...デフレの危機に直面させないために日銀は追加緩和すべきと騒ぐはず。物価が鈍化を続けても、年央までは少なくとも様子見というのが筆者のメインシナリオだが、先々物価が上がるという説明をしなければならない日銀にとって、期待インフレ率、賃上げ動向は最大の関心事だろう(昨年は10年ぶりの賃上げとなり今年の春闘でも2年連続のベースアップが実現しそうだ)。また昨年10月末のハロウィン緩和時に、「2年2%達成のために何でもする」とした黒田総裁にとって、ゼロ%近辺にまで落ちた物価をどう表現するのか、ここもポイントだ。さらに追加緩和の是非が決定会合でどう判断されるのか、今後...

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測

...的な足かせとなりかねない点には最大限の警戒が必要になるだろう。:日本経済のリスク要因としては、①消費税増税の先送りを受けた将来的な「トリプル安(債券安・円安・株安)」の進行、②中国の「シャドーバンキング」問題、③米国の出口戦略に伴う新興国市場の動揺、④地政学的リスクを背景とする世界的な株安、の4点に留意が必要である。:当社は、メインシナリオとして、日銀が掲げる「物価上昇率2%」目標の期限内の達成は困難だと考えている。日銀は、2015年秋口をめどに追加金融緩和に踏み切るとみられるが、金融緩和のタイミングが大幅に前倒しとなる可能性もあるだろう。 (1)公共...

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

...善が遅いことに加えて、そもそも「利上げ」や「保有資産の縮小(量的緩和で膨らんだFRBのバランスシートを縮小させること)」といった出口戦略の実行には、ある程度の準備(技術的な面とフォワードガイダンスを通じた市場への周知)が必要だと見られる。そのため、メインシナリオではテーパリング終了後も実質的なゼロ金利政策(政策金利で0-0.25%)は2015年後半まで続けられ、利上げに転じるのは2015年の9月となると見ている(図表8)。なお、出口戦略に関してイエレン議長は、6月のFOMCの記者会見において、年内に「出口...

2020年9月2日ゲームエイジ総研フィードバック数:0エンタテインメント

ユーザーを着実に伸ばしている 『ディズニーツイステッドワンダーランド』プレイヤーの8割以上が10~20代女性

...ックファンも『ツイステッドワンダーランド』はプレイしていることがわかります。『ディズニーツイステッドワンダーランド』がプレイヤーを堅調に伸ばしている理由の1つは、本作の世界観や魅力的なキャラクター達です。馴染みのあるディズニー作品をベースに再構築した世界観はキャッチーです。また原案・メインシナリオ・キャラクターデザインを担当している枢やな氏は、女性人気が非常に高い漫画作品『黒執事』を手掛けた作家で、女性ファンのツボを抑えた世界観・キャラクター作りに繋がっていると考えられます。もう1つはTwitterやpixiv...

2014年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

株価急落、なぜ?どこまで下がる?

...議長に対する市場の評価はこれから、今週末に予定される米国雇用統計をきっかけに市場心理が更に悲観に傾くなど、リスク要因は多い。短期的にはこうしたリスク要因に振り回されることがあっても、日本株の価格を決める最大の要素は日本企業の業績であるはず。だとすれば、メインシナリオとしては、14,000円は下値メドと見てよいのではないか。1 あくまで筆者が適正と考えるゾーンで、上限と下限はそれぞれPER16倍と14倍に相当する株価水準 金融研究部上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 研究・専門...

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか

...市場における他の決定要因は相対的にその重要性を増している。為替レートの決定要因は多岐に亘るが、本稿では目先の為替市場を考える上で重要度が高いと目される要因を三つ紹介する。一つは日米金利差である。米国景気の立ち直りとFEDの金融政策の正常化(利上げ)を受けた日米金利差拡大がドル高要因となるというのが大方の金融市場参加者のメインシナリオであろう。リスクシナリオとしては、足踏みが続く米国景気の停滞を受けたFEDの利上げの後ズレと、それに伴うドル安が挙げられる。他方で円安方向でのリスクシナリオとしては、日銀の追加緩和などが挙げられよう。次に、資源価格である。多く...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ