調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > メーカーシェア

「メーカーシェア」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

ビデオコミュニケ-ション市場の市場予測

...向〜」 として販売しております。 調査結果のポイントは以下の通りです。調査結果のポイント 国内のビデオ会議・Web会議・音声会議等のビデオコミュニケーション市場は、2016年に488億円の市場と予測、2015年比107% 上記の品目別内訳は次の通り。ビデオ会議とWeb会議で50%以上を占める。 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議…シスコシステムズWeb会議…ブイキューブMCU…ポリコム ビデオ会議メーカーシェア 2015年の国内市場のメーカー別シェア(推定)は、台数・金額ともに、1位が...

市場データです。

ビデオコミュニケーション市場の市場予測

...市場のシェアトップは、ビデオ会議…シスコシステムズ、Web会議…ブイキューブ、MCU…ポリコム ビデオ会議メーカーシェア 2014年の国内市場のメーカー別シェア(推定)は、台数・金額ともに、1位がシスコシステムズ、2位がポリコムとなっている。 Web会議メーカーシェア 2014のWeb会議システムの販売金額(推定)は、SIタイプが約35億円、ASPタイプが約78億円、計113億円。メーカー別の金額シェアでは、SIタイプが1位ブイキューブ、2位ジャパンメディアシステム、3位沖電気工業ASPタイプが1位ブイキューブ、2位シ...

業務用テレビ会議/Web会議システムの市場動向と将来予測

...メーカーのポリコム、タンバーグ、ソニー、日立ハイテクノロジーズがSDタイプから価格の高いHDタイプに製品をシフトしており、2009年には販売台数の半数がHDタイプになり、2012年には100%近くになる。国内市場のシェアトップは、テレビ会議がポリコム社、Web会議がブイキューブ社【テレビ会議システム(専用端末タイプ)のメーカーシェア】世界のメーカーシェアでは台数ではポリコム社が、金額ではタンバーグ社が1位である。一方、日本市場はポリコム社が台数、金額ともシェア1位である。しかし2008年からHDタイ...

業務用テレビ会議/Web会議システムの市場動向と将来性を調査

...界市場では中国が台頭日本の専用端末タイプテレビ会議市場は2000年には38億円であったが、2001年から急拡大し2007年見込みで82億円となった。一方、2007年の世界市場は日本市場の約15倍の1,270億円で、特に最近の伸びは中国市場が牽引しており、欧州、日本の市場の伸びを越えて北米に次いで2位となり、地域別市場では中国を含むアジアが37%と拡大した。世界市場に占める日本市場の割合は6%である。テレビ会議システム(専用端末タイプ)のメーカーシェア世界のメーカーシェアでは台数ではPolycom社が、金額ではタンバーグ社が1位である。一方、日本...

3Dプロジェクションマッピング 市場動向

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 3Dプロジェクションマッピング 市場動向屋外型に加え屋内型が増加→ 今後は屋内の演劇、コンサートなどの演出ツールとして期待プロジェクター動向(20,000ルーメン以上)→ 2017年の市場規模(国内):3,300台、325億円の市場と予測→ 2016年のメーカーシェア(国内):①パナソニック ②クリスティ ③セイコーエプソン2017年の市場規模(プロジェクターを含む)→ 約800億円と予測 市場調査・コン...

おそうじロボットの市場データです。

「おそうじロボット」に関する調査結果

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング「おそうじロボット(*)」に関する調査結果 ◆ 国内「おそうじロボット」の市場(単年販売台数)は、2012年38万台、2018年には2012年比2.3倍強の90万台に達すると予測。✓ 2012年の販売台数メーカーシェアは、①iRobot②シャープ③東芝◆ 「おそうじロボット」購入者の、✓ 購入ブランドは、①ルンバ ②ツカモトエイム ③ココロボ✓ 購入理由は、①便利そう ②掃除が楽に ③面白そう✓ 購入後の満足度は、①操作性(81%) ②性能(72...

2014年6月13日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

2013年度 国内PCサーバー出荷概況

...によるサーバー価格の上昇から伸び悩んだものの、下半期は民需中心にデータセンター投資が活発化し、出荷台数の増加につながった。また一部に消費増税前の駆け込み需要もあった。 出荷金額は前年度比9.7%増の2,372億円となり、4年連続の増加。出荷金額としては統計開始(95年)以来過去最高となった。出荷単価は43.2万円と前年度から1万1,000円の上昇となった。仮想化の広がりにより1台あたりに搭載するCPU、メモリ、HDD、SDD等の増加が出荷単価を押し上げていることに加え、円安により製品原価が上昇したことに伴い製品価格自体が上昇した。 メーカーシェア...

2014年5月15日MM総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2013年度 国内パソコン出荷概要

...年の統計開始以来過去最高の出荷台数となった。上半期は、個人市場の不調が響き前年同期比7.5%減の691.2万台となったが、下半期は法人を中心に、サポート終了となるWindowsXP搭載機の更新需要で同26.6%増の960.1万台と大幅に伸長した。流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比16.3%減の594.2万台、法人向けルートが32.8%増の1,057.1万台となり、法人更新需要が個人向けの苦戦を補う形となった。メーカーシェアは、首位のNECレノボ、2位の富士通、3位の...

映像・音声会議システムの市場動向と将来予測

...は販売台数の半数がHDタイプになり、2012年には100%近くになる。 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がポリコム社、Web会議がブイキューブ社。【ビデオ会議システム(専用端末タイプ)のメーカーシェア】世界のメーカーシェアではポリコム社、シスコシステムズ(元タンバーグ)社が上位メーカーである。一方、日本市場はポリコム社が台数、金額ともシェア1位である。しかし2008年からHDタイプで各社市場が拡大している。 【Web会議におけるSiタイプとASPタイプとの動向】国内市場でのSIタイプとASPタイ...

2018年1月19日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

拡大期を迎えたヘッドセット市場、主流はBluetoothで単価も急上昇

...量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から分かった。ここでは、平均単価やメーカーシェアなどの実売データの推移から、躍進要因を分析した。まず、過去2年における市場全体の販売台数伸び率(前年同月比)をみると、ほぼすべての月で好調な売れ行きが続いていることがわかる(図1)。とくに2016年12月からは前年比2ケタ増が多くの月で続いており、この11月は134.1%を記録。ここ数年では最大の伸び率となった。一方、平均単価は、これまで4000円台後半で推移してきたが、需要増が顕在化した1年ほ...

飲食店向け予約台帳システムを調査

...参入があった。 契約店舗数は約9,250店舗(2015年6月末時点)、今後年率140%〜160%の伸びが期待できる 契約店数は2015年6月時点で9,250店。2015年末には11,500店に増加の予想。2018年末には41,000店になると予測する。年率で140〜160%の伸びが期待できる。 シェア トップ3は 「トレタ」 「EPARK」 「エビソル」 有料契約店数の2015年6月時点でのメーカーシェアトップはトレタでシェア34%。以下EPARK、エビソルと続く。 2015年末の市場規模は10億円...

2017年6月29日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

ソニーが好発進、有機ELテレビ市場が立ち上がる

...クトロニクスが主導権を握ってきたが、パネルの供給に見通しがついたことが日本メーカーの本格展開を後押しするかたちとなった。6月10日にはソニー、6月16日にはパナソニックがそれぞれ発売し、「4K」に続くトレンドとして注目される「有機ELテレビ」市場がいよいよ立ち上がることになる。そこで、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から、有機ELテレビの最新動向を追った。ソニーとパナソニックが有機ELテレビを発表する前週(5月1日週)から、ソニーの発売日が含まれる6月5日週までのメーカーシェアの推移(図1)をみ...

世界のスマートフォン普及予測

...えると予想されます。 本調査では、海外メーカー9社、国内メーカー6社のスマートフォン事業動向、メーカーシェア等の分析をもとに、主要国・地域別の普及動向をまとめました。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2012−2013年版スマートフォン/タブレットのグローバル市場展望」(価格:160,000円+消費税、2012年7月9日発刊)として販売しております。 調査結果のポイントは以下の通りです。 調査結果のポイント • 2011年の世界のスマートフォン普及台数は、8億7,200万加入。人口普及率12%。• 2016...

法人向け名刺管理サービスの市場動向

...管理サービスの市場規模動向、メーカーシェアは?• SFA/CRM/MA、電子電話帳等との連携は?• その他関連動向 目次 Ⅰ.まとめ1.法人向け名刺管理サービスの位置付け2.法人向け情報システムについて3.法人向け名刺管理サービスの参入企業4.企業の特色Ⅱ.法人向け名刺管理サービスの市場動向1.市場動向2.メーカーシェア3.市場規模予測Ⅲ.企業動向1.掲載企業リスト2.企業動向<取材企業>Sansan/キヤノンエスキースシステム/ヤマトシステム開発/ハンモック/サンブリッジ/Phone Appli<参考個票>もぐら/ナレ...

ビデオ会議・Web会議の最新動向と将来予測

...しました。また有識者に市場規模動向をヒアリングし、より正確な市場規模、メーカーシェアを目指しました。 本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2012 ビデオ会議/Web会議の最新市場動向 〜ビデオコミュニケ−ションシステムの参入・製品・市場動向、新しい流れ〜」(120,000円+消費税、2012年3月12日発刊)」として販売しております。 調査結果のポイントは以下の通りです。 調査結果のポイント◆ 国内のビデオ会議/Web会議市場は、2010年328億円が2016年には610億円に伸張。 今回...

ビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測

...ダーへの訪問ヒアリングにより、製品動向、業界動向、市場動向、メーカー戦略など最新動向を収集・分析しました。また有識者に市場規模動向をヒアリングし、より正確な市場規模、メーカーシェアを目指しました。 本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2013 ビデオ&オーディオコミュニケーションの最新市場動向 〜ビデオ会議/Web会議/音声会議等の製品・ユーザー・市場と今後〜」(120,000円+消費税、2013年3月21日発刊)」として販売しております。 調査結果のポイントは以下の通りです。 調査結果のポイント◆ 国内のビデオ会議/Web...

市場データです。

ビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測

...年3月13日発刊、価格:151,200円(税込))として販売しております。 調査結果のポイントは以下の通りです。 調査結果のポイント ◆ 国内のビデオ会議/Web会議/音声会議市場は、2012年420億円(推定)が2014年には450億円に拡大。 ◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がポリコム、Web会議がブイキューブ。 2013年は大手企業によるキャンペーンがあり、台数は伸びたが、金額は横ばいである。[ビデオ会議メーカーシェア] 日本市場の2013年の見込みは、台数では、1位が...

2017年5月15日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

4Kだけではない? テレビ市場が安定している理由

...数か月は、マイナス幅が1割前後と小幅にとどまる。平均単価も15年9月には5万7000円と高値となったが、17年3月には約4万円にまで下げている。このことから、非4K対応テレビの単価の下げが市場回復を後押ししている、とみることができる(図2)。また今後は、より4K対応製品の増加および大画面化が進むことで、メーカーシェアも変化することが予想される。2年前と比較すると、4K対応や大画面に強いパナソニックとソニーが躍進する一方で、シャープと東芝がシェアを落としている(図3)。シャープは当時4割以...

住宅用太陽光発電・蓄電システムの流通・販売動向と展望

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング住宅用太陽光発電・蓄電システムの流通・販売動向と展望−調査結果 住宅用太陽光発電システムの流通・販売動向• メーカー、販売店とも非住宅用から住宅用に軸足をシフト• 2015年度の販売台数は約20万件、 新築向け約40%、既築向け約60%流通経路は、新築向けの6割強をハウスメーカーが、既築向けは5〜6割を大手販売店が販売• メーカーシェアトップは、新築向けがシャープ、既築向けがパナソニック• 今後は新築向けが増加の傾向、ハウ...

SSDと競合メディア(小型HDD、メモリーカード等)の市場動向

...の市場となる2007年のSSDの世界出荷は200万、台日本出荷は35万台であった。2008年の出荷は世界、日本とも前年比3倍の成長と推定され、2015年には世界では2億8800万台、日本では2100万台の市場に成長すると予測される。2007年のメーカー別シェアではSamsungやSanDisk、Intelの3社が市場を独占2007年のSSDのメーカーシェアは、2006年からSSDを外販しているSamsungやSanDisk、Intelでほぼ占められている。中で...

2017年3月7日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2016年国内パソコン出荷概要

...となった。 個人・法人別に市場動向を見ると、個人市場向けの出荷ルートである「個人系ルート」は、前年比9.3%減の401.5万台となった。企業・官公庁向けのメーカー直販と販売店販売を合計した「法人系ルート」は前年比5.8%増の607万台。2015年に発生した大幅減に歯止めがかかった。 メーカーシェアはNECレノボがシェア25.7%で首位となった。2位の富士通は、シェアが0.9ポイント増加している。日本HPが1.5ポイントシェアを増加させ、順位も前年4位から一つ上げた。 2016年の期初時点では、今年...

携帯電話世界市場動向調査

...はスマートフォン販売が増加し、スマートフォンが市場の中心を占めるようになっていることです。スマートフォンは、年間端末販売の約32%を占めています。スマートフォンブームにより、上位メーカーシェアの変動が起こっています。2 つ目は、中国、インドなど新興国市場の増加が加入拡大を牽引していることです。3 つ目は、モバイルデータ通信需要の増大から、ネットワーク容量拡大の必要性が高まり、LTE 展開の加速化、Wi-Fi やフェムトセル等の積極活用が進んでいることです。特に、LTEは急速に名市場拡大が予測されます。 本調査は18年連...

大きな成長が見込まれています。

3Dプリンターの最新市場動向 製品動向、業界動向、市場動向、供給企業動向を分析

...ンターの市場動向国内、海外、市場規模、メーカーシェア・タイプ別市場動向分析4. 3Dプリンターの企業動向 調査時期2012年12月〜2013年2月 本件に関するお問合せ先 株式会社シード・プランニング〒113-0034東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4FTEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495E-mail : info@seedplanning.co.jp担当 : 原(はら)...

2019年6月14日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2018年度 国内パソコン出荷概要

...パソコンのサポート終了に伴う入れ替え需要により法人向け出荷台数が回復した。半期別にみると上半期は前年同期比6.4%増の524.3万台、下半期は同21.8%増の659.2万台となった。流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比5.9%減の357.5万台、法人向けルートが26.3%増の826万台となり、減少を続ける個人需要を、法人需要が支える結果となった。 メーカーシェアでは、首位がNECレノボ、2位が富士通、3位がDELL、4位が日本HP、5位がDynabookとなった。NECレノボが1.1ポイント、DELLが2.5ポイント、日本HPが1.5ポイ...

2017年6月2日MM総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度 国内パソコン出荷概要

...機の更新需要に伴う反動減の影響がおさまり、法人向け出荷台数が回復した。半期別にみると上半期は前年同期比2.3%増の485.2万台、下半期は同1.8%増の526万台となった。 流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比7.9%減の396.8万台、法人向けルートが9.8%増の614.4万台となり、減少を続ける個人需要を、法人需要が支える結果となった。 メーカーシェアでは、首位がNECレノボ、2位が富士通、3位が日本HP、4位がDELL、5位が東芝となった。個人向けの事業等を縮小した東芝が3位から5位となり、日本HPとDELLが順...

2020年10月19日矢野経済研究所フィードバック数:0モバイル

2020年のスマートフォン世界出荷台数は前年比87.8%の12億496万台の見込

...帯電話サービス契約数やスマートフォンやフィーチャーフォンの市場を調査し、通信事業者別契約数や各種の出荷台数を予測し、メーカーシェアなどを明らかにした。 ここでは、世界の携帯電話サービス契約数、ハンドセット(スマートフォン+フィーチャーフォン)、5Gスマートフォン出荷台数予測について、公表する。 世界のハンドセット、スマートフォン、5Gスマートフォン出荷台数予測1.市場概況 世界の携帯電話サービス契約数は世界の最大市場である中国、インドの伸びが鈍化傾向にあり、また先進国市場は契約数が頭打ちとなり増加余地が限定されるものの、アフリカや中南米の伸びは依然大きい。一方で、先進...

携帯電話世界市場動向調査

...はスマートフォン販売が増加し、スマートフォンが市場の中心を占めるようになっていることです。スマートフォンは、年間端末販売の19.8%を占めています。スマートフォンブームにより、上位メーカーシェアの変動が起こっています。 2 つ目は、中国、インドなど新興国市場の増加が加入拡大を牽引していることです。 3 つ目は、モバイルデータ通信需要の増大から、ネットワーク容量拡大の必要性が高まり、LTE 展開の加速化、Wi-Fi やフェムトセル等の積極活用が進んでいることです。 本調査は17 年連続の継続調査となるもので、世界の携帯電話(第3...

2011年版 携帯電話市場の将来動向分析

...、770万台販売。― 直近の数ヶ月間は端末販売比率の4割がスマートフォン。― 2010年度端末販売台数4,249万台。海外メーカー(ソニー・エリクソン含)が33%シェアとなるなど、メーカーシェアが変動。国内メーカーの再編統合の流れが加速。 2011年度から2016年度まではスマートフォン増加が続き、2016年度末累積加入が7,000万加入・47.9%シェアとなる想定。データ通信端末が1,800万台・12.3%シェアであり、フィーチャーフォンは5,793万台・39.7%シェアになります。こう...

日本の携帯電話メーカー(2013年7~8月考察)

...マートフォンユーザーからの乗り換えで両機種で購入ユーザーの属性が分かれた。「ツートップ戦略」に選抜されなかった端末の販売数は10万台以下と報じられており、選抜されるかどうかが端末の売れ行きを大きく左右し (図1)N503i2001年3月NTTドコモより発売 シェア約3割というNECの絶頂期の頃の端末 (表1)2001年から2012年までの日本における端末出荷台数と端末メーカーシェア順位(MM総研発表資料を元に筆者作成) 2008年に総出荷台数が激減したのは、販売奨励金モデルが崩れ、ユーザーの買い換えサイクルが24カ月へと伸びたことが要因。 (表2)2001年から2012...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ