「メール経由」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年11月25日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

... Labs 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2016年7月~9月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・メール経由での不正プログラム拡散が激化し、検出台数は5倍に拡大・前年同期比24.4倍、過去最大規模の拡大が続くランサムウェア・国内ネットバンキングを狙う脅威も過去最大39,900件の検出台数を記録・公開サーバ上の情報を狙う11の被害事例で26万件の情報が流出グローバルセキュリティラウンドアップ・加速...

2016年5月29日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期 セキュリティラウンドアップ

...03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 2016年第1四半期セキュリティラウンドアップ止まらぬランサムウェアの猛威、メール経由...

2017年1月15日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元年

...サムウェアが行うネットワーク上のファイルを含めたデータ暗号化の活動が、法人の業務継続に深刻な被害を与えていることがわかります。■大きな被害の流入元はメール経由 このような国内におけるランサムウェア被害の急増の背景として、世界的なマルウェアスパムによるランサムウェアの大量拡散の流入があります。弊社 SPN による監視では、1回の攻撃で検出台数 400件以上が確認されたランサムウェア拡散目的のマルウェアスパムの攻撃は 2016年11月までに 40回確認されました。2015年には同一基準でのマルウェアスパムのアウトブレイクは 1回も発生しておらず、2016年にメール経由...

2017年7月のマルウェア検出レポート

...ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2017.7.31 2017年7月 マルウェアレポートショートレポート「2017年7月マルウェア検出状況」トピック1. 2017年7月の概況弊社マルウェアラボでは、2017年7月1日から31日までのESET製品国内利用の検出状況について集計しました。6月と同様に、メール経由のダウンローダー(別のマルウェアをダウンロードするマルウェア)が半...

2018年1月16日ユミルリンクフィードバック数:0マーケティング

2017年のブラックフライデーにおけるメールマーケティングレポート[インフォグラフィック]

...ックフライデーの総売上のうち、メール経由の売り上げは約23%です。3.今年のホリデーシーズンのトレンドは自動トリガーメール長年に渡って使われているメールは、マーケティング戦略のひとつとして間違いなく普及しています。とは言うものの、競争が激化するなかブランドをさらに確立していくためには、「次世代」のメールマーケティングに踏み出す必要があります。つまり、結果的にマーケティングオートメーションに投資する必要性が生じます。今年のブラックフライデーでは、全体のメールのうちトリガーメールが利用されていた割合は約2%です(カー...

2012年12月20日IPA★★フィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

企業を対象とした調査です。

2011年度 情報セキュリティ事象被害状況調査

...結果のポイント(1)ウイルス遭遇率が増加、Webサイト閲覧や電子メール経由の感染に注意ウイルス遭遇率は近年減少傾向にありましたが、今回は68.4%と前回調査(約49%)から約19ポイントの増加となりました。しかし、ウイルスに感染した割合は16.9%と、前回調査より約3ポイントの増加に留まり、遭遇率ほどの増加にはなりませんでした。遭遇率が上昇した明確な要因は不明ですが、「他社のセキュリティ事故をきっかけにセキュリティ対策の必要性を感じた」とする回答が増えており、大手...

2013年11月7日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのレポートです。

2013年第2四半期セキュリティラウンドアップ:『止まらないオンライン詐欺の猛威』

...イト(偽ブランド品販売サイト) インターネットオークション詐欺 偽情報販売サイト 「オンライン詐欺」の中でも「オンライン銀行詐欺ツール」は世界的に猛威を振るいました。日本ではこの第3四半期に、昨年同期比 3.1倍、前期比 1.5倍の検出数を記録、特に 8月には過去最高の 9,282件の検出がありました。また、8月には海外でも、スパムメール経由で拡散した不正プログラムの約1/4 が、代表的なオンライン銀行詐欺ツールである「ZeuS(ZBOT)」だったことが確認されています。日本ではその他にも、「偽セ...

2014年1月27日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのレポートです。

2013年度情報セキュリティ事象被害状況調査

...に4割弱もあることから慎重な運用が求められます。また、ウェブサイトについてはより一層の、電子メール経由についても引き続き注意を払う必要があります。(詳細データについては調査報告書のP50、P66、P68を参照) (4)スマートデバイスに技術的な各種セキュリティ対策を行っているのはわずか3割台スマートフォンやタブレット端末を業務に利用している企業は40.6%と前回より11.1ポイント増加しました。セキュリティ対策については、「紛失・盗難時のデータ消去」が37.5%、「セキュリティソフトの導入」が33...

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

...メールに添付されたファイルの開封・実行による感染が挙げられます。特に不審メール経由の感染では、メールの件名や添付ファイル名、本文の内容が日本語で送付されている場合が多く、一見して不審であると断定する要素が少ない点が特徴でした。ランサムウェアへの感染を誘導する不審メールの増加ランサムウェアへの感染を誘導する不審なメールが増加しています。JSOCで受信した不審メールの統計をとったところ、受信時間は特定の時間帯に集中しており、特にLockyへの感染を誘導する添付ファイルが多数を占めていました。Lockyが利用するC2サーバのIPアド...

子育て夫婦のスケジュール管理に関する意識調査

...」とつながる(= アプリ内で気になる“情報チャネル”をフォローするだけでカレンダーに情報が自動表示)③「モノ」とつながる(= スマホ内にある写真のデータを基に、自動で思い出をムービー化)簡単!予定共有機能スケジューラーに登録した自分の予定を簡単な操作で家族や友人と共有できます。ユーザー登録やログインも不要。相手がまだ「つなガレ!」を使っていなくても、LINEやメール経由でも予定共有ができます。 お気に入り企業やお店からの 情報をフォロー情報チャネルをフォローするだけで、お気に入りのブランド・お店...

2018年6月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した 「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

...が表示された際に仮想通貨のマイニングを行う不正広告を用いた攻撃も確認しており、攻撃手法の巧妙化が伺えます。●グラフ1:国内におけるコインマイナーの検出台数推移(2017年1月~2018年3月)2.「ランサムウェア」のばらまき攻撃は急減も、海外では法人で顕著な被害この数年にわたりサイバー犯罪の中心となっていた「ランサムウェア」の攻撃が世界的に急減しており、特にメール経由の攻撃については、2017年第4四半期の3億6,592万2,801件から今四半期は999万9,858件と97%減少しています。これは、不特...

2017年2月14日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

米国版2016年ランサムウェア実態調査

...織のセキュリティレベルを底上げさせることにもつながります。それでは、巧妙化するランサムウェアにはどのように立ち向かえばよいのでしょうか。米国の法人ユーザでは、ランサムウェアの被害に遭った後、多くのケースでバックアップからの復旧に成功しています。こうしたことからも重要データのバックアップは一つの対策として有効であることは間違いありませんが、やはり被害に遭う前にランサムウェアの攻撃をブロックする対策が必要です。例えば、ゲートウェイ対策製品で Webまたはメール経由によるランサムウェアの侵入を防ぎ、万が...

2017年12月1日アドビ システムズ★★フィードバック数:0大型消費/投資

2016年のサイバーマンデーより10億ドル以上を売上、スマートフォンによる売上高は、15億9,000万ドルで過去最高を記録

...および小規模小売業者が優勢:大手小売業者(年間売上高が1億ドル超)のAOVとデスクトップ経由のコンバージョン率が前年から増加しました。小規模小売業者(年間売上高が1,000万ドル未満)は、大手小売業者よりもスマートフォン経由のコンバージョン率が30%高いことがわかりました。販促の最大推進力:サイバーマンデーのオンラインショッピングの大半(41.7%)は、検索広告からでした(ペイド検索22.9%、オーガニック検索18.8%)。一方、直接アクセスや電子メール経由は、それぞれ24.8%と24.9%増加しました。ペイド検索は、前年...

2018年10月マルウェアレポート

...ウェアはインフラを標的とした他のマルウェアのような破壊活動は行っていません。その代わりに、人知れず偵察や情報収集を行っていました。GreyEnergyは2通りの侵入経路を使うことが確認されています。1つ目は、メール経由です。標的にMicrosoft Wordのダウンローダーを添付した電子メールを送付します。受信者にマクロを実行させるため、Wordドキュメントは精巧な画像と文章で構成されています。受信者がダウンローダーを実行すると、初めにGreyEnergy Miniと呼ばれるGreyEnergyマルウェアの簡易バージョンがダウンロード・実行され、その...

2017年6月 マルウェアレポート

...サムウェア感染の手口として利用されていたことが確認されています。日本での「PDF/TrojanDownloader.Agent」ファミリーの検出状況(2017年7月4日時点) メール経由で、ランサムウェアなどに感染させる手段として、「ドロッパー」を用いるケースが増えています。「ドロッパー」は、マルウェア自身とは別の不正プログラムを持ちます。これが利用される理由は、入口対策を突破するためです。今回確認されているマルウェアは、Adobe社文書ファイルであるPDF形式ファイルの添付機能を利用したもので、PDFファイルを開くと新たなマルウェアを展開(ドロ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ