「ローン市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年2月10日MM総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドローン国内市場規模調査レポート

...ドローン国内市場規模調査ーー16年度は404億円の見通し 21年度1676億円 2017年01月30日■2016年度の国内ドローン市場規模は404億円の見込み■国内ドローン市場は2021年度に1,676億円と予測■空撮、農薬散布などの活用ソリューション市場は5年後に3.7倍の規模に拡大■「災害等の危険個所の把握」「施設設備の保守・点検」「測量」への活用に期待 MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月30日、国内ドローン市場規模(2016年度見込み~2021年度予測)およ...

2019年6月26日iYellフィードバック数:0大型消費/投資

アメリカ住宅ローンテック業界 資金調達額ランキング

...のサービスを国内市場に展開してまいりました。アメリカは金融市場、住宅市場の市場規模が大きく、日本の約10倍の住宅ローン市場があり、日本ではまだ発展途上である住宅ローンテック(mortgagetech)も注目されています。また2018年11月に、年に1度NYで1週間に亘り開催される世界最大の不動産テックイベント「NYC Real Estate Tech Week2018」に参加し、iYellのビジネスがアメリカの住宅ローン市場にどのような貢献できるかを視察してまいりました。その視察の結果を踏まえ、アメ...

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~

...米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ | ニッセイ基礎研究所 米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―米国住宅市場の最新動向1│家計のバランスシートと債務負担の改善2│回復する住宅市場3│課題が残る住宅ローン市場3―米国...

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRB銀行上級貸出担当者調査(2015年1月)

...用不動産ローンにおける貸出基準もほぼ変化がなかった。商業用不動産ローンの借入需要は増加した。◆住宅ローンにおいては、消費者金融保護局(Consumer Financial Protection Bureau)の適格住宅ローン(QM:Qualified Mortgage)の規則を反映させ、住宅ローン市場に関するより詳細な情報を提供するために、住宅ローンの分類が修正及び拡大された。◆大手銀行の中には、政府支援機関(GSE: Government-Sponsored Enterprise)適格を含む住宅ローンの基準を緩和した銀行があった。住宅...

2018年4月16日インプレスフィードバック数:0企業情報システム

2017年度の国内のドローンビジネス市場規模は前年比42%増の503億円検査、農業分野が牽引し2024年度は3,711億円規模へと成長『ドローンビジネス調査報告書2018』

...メンテナンス費用、任意保険については機体市場の拡大に合わせて成長していくと予想されます。出所:インプレス総合研究所作成<<構成・各章の概要>>本書ではドローン関連ビジネスを展開する企業やキーマンなど40社以上を取材した上で、市場動向、ビジネス動向、行政、技術、法律や規制、課題、展望などドローン市場を多角的に分析。国内のドローンビジネスの成功戦略を立てるための情報が網羅された、必携の1冊です。第1章の「ドローンビジネス市場分析」では、ドローンビジネスの市場規模やロードマップと今後の展望、産業構造やプレイヤー整理、事業...

2017年3月29日インプレスフィードバック数:0デジタル家電

ドローンビジネス調査報告書2017

...等の検査など)、精密農業、屋内(倉庫工場内など)での利用、搬送物流、防犯監視などの様々な分野にドローンの活用が拡大されることが見込まれています。本書では、ドローン関連ビジネスを展開する企業やキーマンなど30社以上を取材した上で、市場規模やロードマップ、ビジネス動向、企業動向、国や行政の動向、法律や規制、基本的な技術解説、課題などを徹底的に分析しています。本書は、今後急拡大が予想されるドローンビジネスの現在と未来がわかる必携の一冊です。第1章の「ドローン市場概況」では、ドローンの市場規模やロードマップ、産業...

2016年3月19日インプレス★フィードバック数:0ビジネス

ドローンビジネス調査報告書2016

...やメンテナンス市場が拡大していくと予想されます。本調査のまとめは『ドローンビジネス調査報告書2016』にまとめています。本書では、市場動向、ビジネス動向、海外動向、法律や規制、技術解説、課題と展望などを網羅的に整理し、分析した報告書となっています。第1章の「市場概況」では、ドローンの市場規模やロードマップの分析、産業構造やプレイヤー整理、最新利用動向、国や行政の動向、法律や規制などドローン市場を知るうえで、必要な情報を網羅的にまとめています。第2章の「企業動向」では、ドローン市場のプレイヤーを「ハードウェア」「ドローン活用サービス」「ドロ...

2015年2月18日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年日本住宅ローン顧客満足度調査

...えは消費者が金利上昇を意識した局面で増える傾向にある。2014年は消費税増税後に新規住宅販売が低迷した中、金利先安観の広がりで借換え需要も鈍化し、住宅ローン市場全体が冷え込んだ可能性が高い。住宅ローンの適用金利も一段と低下した。直近1年に住宅ローンを契約した人の平均金利は、変動金利0.80%、期間固定金利1.20%、全期間固定金利1.85%で、特に変動は0.6%以下、期間固定は0.9%以下、全期間固定は1%前半が前回から増えている。その中で、契約した金融機関を選んだ理由は「金利の安さ」がやや減り、「申込みや審査、契約手続きが簡単」「会社の知名度・信用...

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の縮小を継続する一方、「慎重な」金融政策スタンスを維持(14年6月17、18日FOMC) ~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方シフト~

...入を毎月150億ドルとこれまでの毎月200億ドルから縮小し、国債は毎月200億ドルとこれまでの毎月250億ドルから購入ペースを鈍化させる。また、GSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が保有する国債は、相当規模の額になるうえ、依然増加が続くことから、長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を支え、より広範な金融環境をさらに緩和的なものにする支援となるだろう。このような状況はより力強い経済の回復を進めるとともに、イン...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

...務省証券の償還資金を入札で再投資する現行方針を維持する。まとめると、こうした政策は長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を下支えし、より広範な金融環境を一層緩和的なものにする支援となるだろう。委員会は今後数カ月間、経済・金融情勢に関する情報を注視していく。委員会は、物価安定の下で労働市場の見通しが大幅に改善するまで、米国債および政府支援機関MBSの購入を続けるほか、必要に応じて他の政策手段も導入する。委員会は労働市場やインフレの見通しが変化するのに応じて、適切な緩和政策を維持するため資産購入ペースを拡大または縮小する用意がある。資産...

2014年9月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC) ~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず~

...ルとこれまでの毎月150億ドルから購入ペースを鈍化させる。また、GSE債とMBSの償還元本をMBSに再投資し、米国債の償還資金を入札で再投資する既存の政策を継続する。委員会が保有する国債は、相当規模の額になるうえ、依然増加が続くことから、長期金利に下向きの圧力をかけ続け、住宅ローン市場を支え、より広範な金融環境をさらに緩和的なものにする支援となるだろう。このような状況はより力強い経済の回復を進めるとともに、インフレ率が時間とともに確実に委員会の二大責務に最も一致した水準になることを促すだろう。委員...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ