「・・・小幅」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米1月新築住宅販売が前月比15.6%と急増~中古販売は小幅増

...米1月新築住宅販売が前月比15.6%と急増~中古販売は小幅増 | ニッセイ基礎研究所 米1月新築住宅販売が前月比15.6%と急増~中古販売は小幅増 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月の米住宅販売は、前月比では新築一戸建てが急増、中古販売も小幅な増加を保った。また、前年比では、それぞれ28.9%、9.1%と堅...

2015年3月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年10~12月期2次QE予測

...Q E 予 測2015 年 3 月 2 日2014 年 10~12 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.6%(年率+2.5%Pt)と、1次速報の前期比+0.6%(年率+2.2%)から小幅に上方修正される見通し○設備投資・在庫投資・公共投資ともに小幅な修正にとどまると予測。設備投資がほぼ横ばい(前期比+0.3%)となることで、企業...

2014年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に

...【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に | ニッセイ基礎研究所 【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:改善は小幅だが、寒波の影響解消は鮮明に4月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は3月の製造業指数(PMI)を公...

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇

...中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月18日、中国国家統計局は2014年12...

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月全国消費者物価

...トップレポート・コラム経済分析日本12月全国消費者物価 ここから本文です12月全国消費者物価CPI前年比はマイナスへのカウントダウン?サマリー◆2014年12月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.5%と、市場コンセンサス(同+2.6%)を小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、エネルギーのプラス寄与縮小が続いたことで、前年比+0.6%と前月(同+0.7%)から上昇幅が縮小した。季節調整値の推移も併せて評価すると、コアCPIは引...

2014年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【2014年8月米ISM製造業指数】予想に反して改善、非常に強い結果

...改善、小幅悪化を見込んでいた市場予想(57.0、Bloomberg集計の中央値)に反して2011年3月以来となる高水準まで上昇した1。8月は総合指数が前月から上昇、また先行性の高い新規受注指数も改善しており、先行きの事業環境にも期待が持てる内容だった。注目度の高い雇用指数は小幅に悪化したが、過去と比べ高い水準を維持しており、良好な結果だったと言える(詳細はPDFを参照)。1 季節調整済の数値。以下、特に断りがない限り、季節調整済の数値を記載している。 レポート紹介研究領域経済金融・為替...

2015年1月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

世界経済についてのレポートです。

10分でわかる経済の本質(特別編) 2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)

...10分でわかる経済の本質(特別編)2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)~15年もディスインフレ傾向は根強いが、先進・新興国では小幅の成長加速 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2014年の世界経済の特徴は、①年後半の米ドル高・原油安と、②主要国でのディスインフレ傾向の強まりの2点であった。米ドル高は米国と日欧の金融政策の方向性の違いを、また、原油安は需給緩和見通しや米ドル高を、それぞれ反映したものだ。原油...

2014年12月10日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年10-12月期

...った。業種別にみると、製造業を除く4業種で改善した。建設業は官民の需要増加を受け+16.4ポイント、小売業は消費増税の反動減が解消されつつあり、+16.3ポイントと大きく改善した。製造業は、国内生産の低迷などが響き-3.1ポイント悪化した。来期の見通し(前年同期比・全業種)は、今期と比べ-2.9ポイントと小幅に悪化し、やや慎重な姿勢が見られる。○「売上DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ4.4ポイント改善し▲0.9となった。業種別では、業況と同様に建設業は+16.8ポイント、小売業は+9.9ポイ...

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月全国消費者物価

...トップレポート・コラム経済分析日本5月全国消費者物価 ここから本文です5月全国消費者物価コアCPIは前年比ゼロ近傍での推移が続くサマリー◆2015年5月の全国コアCPI(除く生鮮食品)は前年比+0.1%と、市場コンセンサス(同+0.0%)を小幅に上回った。総じて見ると、エネルギー価格の下押し圧力が続く中で、コアCPIの前年比はここしばらくの間ゼロ近傍での推移が続いている。◆2015年6月の東京コアCPI(中旬速報値)は、前年比+0.1%と前月(同+0.2%)からプラス幅が縮小した。財・サー...

2017年11月21日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年冬のボーナス予測 ~前年比+0.8%と、中小企業を中心に小幅増加を予想~

...ネス環境レポート労働、環境、技術、外交などビジネス・社会環境に関する研究レポート レポート一覧(詳細検索)すべてのレポートから分野・レポート種類・テーマなど特定の条件で検索 テーマ一覧話題のトピックや詳細な分野別にレポートを整理したものから検索 エコノミスト経済・金融に関する調査・分析・予測を行う専門家研究員 お問い合わせHOMEレポート一覧経済分析レポート(Trends)2017年冬のボーナス予測 ~前年比+0.8%と、中小企業を中心に小幅増加を予想~ 2017年冬のボーナス予測 ~前年比+0.8%と、中小企業を中心に小幅...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想

...Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想発表日:2013年3月1日(金)~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45283月8日に内閣府から公表される 2012 年 10-12 月期実質GDP(2次速報)は前期比年率▲0.0%(前期比▲0.0%)と、1次速報段階の前期比年率▲0.4%(前期比▲0.1%)から小幅...

2014年9月26日静岡経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査

...平成26年9月「静岡県内中堅・中小企業設備投資計画」調査結果―投資額は前年度比+4.0%増と小幅ながら増勢を維持―□静岡県内の中堅・中小企業(305社)の平成26年度設備投資実績見込額は、前年度実績比+4.0%の増加となった。業種別にみると、製造業では輸送用機械器具、化学・ゴム製品、一般機械器具などが伸長して同+4.9%と増加に転じ、非製造業でも卸売業、運輸・倉庫業の増加により+3.4%と増勢が続いた。□一方、企業の設備投資マインドを示す設備投資S.I.は、全産業で△0.6と、昨年9月調...

2015年3月マネー統計~貸出市場でも存在感を高める日銀

...3月マネー統計~貸出市場でも存在感を高める日銀 | ニッセイ基礎研究所 3月マネー統計~貸出市場でも存在感を高める日銀 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は小幅に拡大・マネタリーベース: 順調に拡大中・マネーストック: 投資信託の勢いが際立つ3月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.7%と前月(2...

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想

...期連続となる景況感悪化が示されると予想する。大企業非製造業については製造業を上回る悪化を予想。消費増税後の日本経済は大きく落ち込み、持ち直しが期待されていた7月の経済指標も冴えない。消費の低迷感は色濃く残り、生産や出荷の持ち直しも小幅に留まっている。企業では増税の悪影響との持久戦の様相が強まっているとみられる。大企業製造業では、8月下旬以降の急速な円安再開が多少の下支えになったとみられ、景況感の悪化は小幅に留まるが、内需依存度の高い非製造業では悪化がより明確になりそうだ。中小企業については、非製造業のマインド悪化は大企業と同程度だが、製造...

2016年7月20日GfKフィードバック数:0デジタル家電

エアコン需要予報、2016年版

...Taipei, 12.04.2017 家電產業抗跌 GfK:2016銷售額仍突破百億 無論經濟、產業、房市變動,家庭生活中基本需求的大型白色家電商品仍不可或缺。近年來,包括冰箱、洗衣機的銷售都維持穩定銷售或小幅成長。市場上除節能取向的訴求,外觀設計及多樣性功能提升,也提高消費者換購大家電的意願。 台灣的大家電市場,相較於其他資訊、通訊、消費性電子等產業,白色家電產業(如冰箱、洗衣機等)雖不亮眼,但是在台灣市場成熟,且滲透率非常高,通常在搬家、機器老舊時就會產生穩定的替換需求,大概每 6~10...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年7月) ~小幅低下も水準は高い~

...Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年7月)~小幅低下も水準は高い~発表日2013年7月30日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525景況判断指数(中小企業月次景況観測)(増加超)55302520151050-5-10-15-20-25-30-35-40-45-505045403530全産業製造業25非製造業201505060708091011(出所)商工中金「中小...

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

...関西コア実質現金給与総額は2カ月ぶりの前年比改善だが、伸びは小幅にとどまった。 ・2月の大型小売店販売額は4カ月連続の前年比マイナス。百貨店はインバウンド需要の伸びがプラスに寄与したが、スーパーは野菜の相場安と冬物衣料の不調によりマイナスに寄与した。 ・2月の新設住宅着工戸数は4カ月ぶりの前年比減少。持家は増加したものの、貸家の減少の影響が大きい。 ・2月の有効求人倍率は5カ月ぶり、新規求人倍率は2カ月連続で前月比小幅改善した。完全失業率も3カ月連続で改善しており、引き続き雇用情勢は堅調である。 ・3月の...

2017年1月14日WhatzMoneyフィードバック数:0大型消費/投資

WhatzMoney住宅ローンレポート 2017/01

... 一人)が独自に1月実行分のローン金利状況を調査し、公開いたしましたので、お知らせ致します。※ 本資料またはデータは、ニュースなどでご自由にご利用ください。 ■調査結果サマリー 1月の主要73行の住宅ローン金利動向は、10年固定金利で73行中28行が金利引き上げ。一方で、変動金利の金利を引き上げたのは73行中4行のみで、変動金利は低位安定の傾向が鮮明に。10年固定金利型の平均金利は、基準となる10年国債金利が上昇しており、前月比プラス0.044%に。フラット35の最低金利は、返済期間20年以下のプランではごく小幅...

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用情勢は、数量・質ともに前月から改善(14年5月雇用統計) ~非農業部門雇用者数はリーマンショック前の水準を約7年ぶりに上回った~

...ったことによって高い伸びとなった反動を主因に、増加ペースが鈍化した。一方、5月の失業率(家計調査)は、6.3%と市場予想を下回った。また、労働参加率や就業率が小幅ながら上昇しており、雇用の質は前月から若干の改善となった。さらに、所得環境では労働投入量が前月比+0.2%と鈍化したものの、賃金の伸びが加速したことから、雇用者所得は緩やかに増加しているとみられ、個人消費の拡大を示唆している。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観

...業製造業の「業況判断DI(最近)」は+12%ptと前回(+13%pt)から悪化し、市場コンセンサス(+13%pt)を小幅に下回った。日本銀行が10月末に「量的・質的金融緩和」の拡大を決定してから円安や株高が進んだため、それが大企業製造業(特に加工)の業況判断を押し上げると期待されたが、総じてみると、押し上げ効果はかなり限定的なものに留まったと考える。加工業種では、堅調な国外の設備投資需要や円安などを背景に、「生産用機械」の業況判断DIは堅調に推移している。◆大企業非製造業の「業況判断DI(最近)」は+16...

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>

...日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>2015-04-27 関連論文『訪日外国人消費動向調査』個票データを用いた インバウンド需要の計量分析 [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド トレンドウォッチ 本稿では観光庁『訪日外国人消費動向調査』の個票データを用いて、インバウンド需要の決定要因について定量的に考察する。具体的には11の国、地域...

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>

...ント)で、民間需要・域外需要はそれぞれ+0.0%ポイント、+0.1%ポイントにとどまる。21年度は、民間需要+0.4%ポイント、公的需要+0.2%ポイント、域外需要+0.1%ポイントといずれも成長に寄与するが小幅で、成長を力強く牽引することはできない。 1.CPB World Trade Monitor (24 Dec. 2019) によれば、2019年7-9月期の世界輸出数量は前期比+0.5%増加し、4四半期ぶりのプラス。10月の世界輸出数量も前月比+0.9%と3カ月...

2014年9月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月ユーロ圏PMI指数(速報) ~待たれるユーロ安の効果~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:9月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2014年9月24日(水)~待たれるユーロ安の効果~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 23日に発表された9月のユーロ圏のPMI総合指数の速報値は前月から小幅低下(52.5→52.3)。15ヶ月連続で好不況の分岐点である50を上回ったが、今年に入ってからの最低水準を更新した。国別・業種別の内訳は、ドイツの製造業(51.4→50.3)が一段と低下し、昨年6月以...

2014年5月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価 ~英国紳士もエッグハントがお好き~

...昇率が高まり、昨年9月以来の2%台を回復した。その他の項目は、エネルギー価格が小幅マイナスから小幅プラスに転じたが、食料、たばこ、アルコールは上昇率が縮小ないし上昇から下落に転じ、物価を下押しした。・ コア物価の内訳では、衣料・履物(前月:同+0.2%→今月:同+1.2%)、家具・家財・修繕(同+1.1%→同+1.5%)、自動車購入(同ゼロ→同+0.9%)、輸送サービス(同+1.1%→同+10.2%)、宿泊(同+1.2%→同+1.9%)、書籍・文具(同+3.9%→同+5.7%)の上昇加速が目立つ。・ 輸送...

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ドイツIfo企業景況感 ~最低賃金導入は企業の業況判断にも影を落とす~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ドイツIfo企業景況感発表日:2013年10月28日(月)~最低賃金導入は企業の業況判断にも影を落とす~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 25日に発表された10月のドイツのIfo企業景況感指数は6ヶ月振りに前月から低下(左図)。内訳は現状判断がほぼ前月並みの微減、先行き判断が小幅低下と何れも慎重化した。指数の水準は景気の堅調な拡大を示唆する水準にあるが、PMI指数...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報) ~モメンタム改善が一服、さらなる回復加速の条件は整わず~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏PMI指数(速報)発表日:2013年10月24日(木)~モメンタム改善が一服、さらなる回復加速の条件は整わず~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 10月のユーロ圏のPMI総合指数(速報値)は51.5と前月(52.2)から低下。4ヶ月連続で好不況の分岐点である50を上回ったが、7ヶ月振りに改善が一服した。内訳は製造業が小幅に改善した一方で、サービス業の改善一服が全体の足を引っ張った。国別...

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月全国消費者物価

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月全国消費者物価コアCPIの前年比ゼロは土俵際のせめぎ合い 2015年5月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年3月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.2%と、市場コンセンサス(同+2.1%)を小幅に上回った。消費税を除くベースでみると、エネルギーと耐久消費財のマイナス寄与が縮小したことで、前年比+0.2%と前月(同+0.0%)から上昇幅が小幅...

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月消費統計

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月消費統計1-3月期のGDPベースの個人消費は小幅の増加を予想 2015年5月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年3月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.8%と増加し、このところの弱さを払しょくする良好な結果であった。◆供給...

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年11月鉱工業生産

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月鉱工業生産コンセンサス比下振れも、生産計画は強気 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の生産指数は、前月比▲0.6%と3ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同+0.8%)を下回った。市場コンセンサスや前月の製造工業生産予測調査の結果に反して低下となったことはネガティブだが、減少幅は小幅であり、均し...

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月全国消費者物価

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月全国消費者物価コアCPI(除く消費税)は2年でマイナス圏入り 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年4月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.3%と、市場コンセンサス(同+0.2%)を小幅に上回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値)でみると、エネルギーのマイナス寄与が拡大し、サー...

2014年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観

...下振れした。業種別の動向を見ると、素材業種では、増税後の反動減の影響を強く受けた「木材・木製品」が大幅に悪化したほか、住宅投資の減少によって「窯業・土石製品」の悪化幅が大きい。加工業種では、反動減で国内販売が低迷している「自動車」の悪化が全体の足を引っ張った。また、業況判断DIの水準が高い「はん用機械」、「生産用機械」でも小幅ながら業況の悪化が見られた。◆大企業非製造業の「業況判断DI(最近)」は+19%ptと前回調査(+24%pt)から悪化し、市場コンセンサス(+19%pt)に沿った結果となった。業種...

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月消費統計

...%、「教養娯楽」が同+0.8%と、それぞれ小幅増となったが、その他の項目は総じて減少した。「被服及び履物」が同▲1.2%と減少し、「交通・通信」は同▲2.6%と4ヶ月連続のマイナス。「食料」は同▲0.4%と小幅減であった。「被服及び履物」は、前月大幅に増加した反動で減少したものの、6月は例年よりも気温が高かったことから、夏物衣料品などの売り上げは堅調に推移しているとみられる。「交通・通信」は4ヶ月連続の減少となったが、供給側の統計を見ても新車販売台数は減少に転じており、自動...

日本経済(週次)予測(2013年5月20日)

...予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連...

日本経済(週次)予測(2013年5月13日)

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

日本経済(週次)予測(2013年5月6日)

...予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連...

2013年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:1社会/政治

日本経済(月次)予測(2013年4月)

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

日本経済(週次)予測(2013年4月22日)<先週発表されたデータは、公共投資は息切れ、輸出市場は回復の兆しを示唆>

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

日本経済(週次)予測(2013年4月15日)

.... 足下、民間最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これ...

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)

.... 足下、民間最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これ...

日本経済(週次)予測(2013年6月24日)

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

関西経済月次分析(2013年5月、6月)

...予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連...

日本経済(週次)予測(2013年6月17日)

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

日本経済(週次)予測(2013年6月11日)

...ため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連の景気刺激策を打っている。一方...

2013年6月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:1社会/政治

日本経済(月次)予測(2013年5月)

...ため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連の景気刺激策を打っている。一方...

2013年6月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第18回 関西エコノミックインサイト

...最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予...

2013年6月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2013年4月、5月)

...ント上方修正した。一方、20年度を-0.1%ポイント下方修正した。19年前半の好調を反映して、19年度全体の予測を上方修正した。内需の下方修正と米中貿易摩擦の長期化予想の影響を受け、20年度は幾分下方修正となっている。 5. 足下、民間最終消費支出の堅調は大型連休の影響による一時的なものにとどまり、基調は弱い。標準予測では消費増税が予定通り実施されると想定している。このため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府...

2013年6月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2013年5月27日)

...ため19年度後半の景気落ち込みは避けられない。ただ前回から税率引き上げ幅が小幅で軽減税率が適用されること、実施時期が年央であること、政府の手厚い経済対策、オリンピック需要の影響もあり、19年度はマイナス成長を避けられよう。 6. 物価の先行きについては、エネルギー・非エネルギー価格の動向と消費税増税の影響に加え教育無償化の影響が重要だ。これらを考慮し、コアCPIのインフレ率を、19年度+0.6%、20年度+0.5%と予測する。 7. 世界経済は減速を避けるために、一連の景気刺激策を打っている。一方...

2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【台湾GDP】1-3月期は前年同期比+3.04%

...の2013年10-12月期(同+2.95%)から小幅に加速した。これは2月に行政院主計処が公表した見通し(同+3.02%)、市場予想(同+3.00%)を小幅に上振れる結果であった。 2014年1-3月期の成長率は5四半期ぶりの3%台を記録した。ただし、項目別に見ると全項目で伸び率が前期を下回るなど経済が加速したという印象はなく、減速しつつも堅調な個人消費と輸出に支えられた成長であった。特に投資については、資本財の輸入が前年比で増加しているため需要拡大を期待したが、伸び...

日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想

...調査以降、ドル円相場は概ね100円弱の水準を維持、米経済が引き続き堅調であるほか欧州も底入れし、輸出は持ち直している。国内では消費が底堅く推移、公共事業や住宅需要の増加もみられる。従って、今回も企業規模や製造・非製造業を問わず景況感が改善し、特に円安の好影響を受けやすい製造業の改善が非製造業を上回りそうだ。ただし、円安と原油高に伴う原材料価格上昇や電気料金値上げ、新興国経済の低迷などが景況感の抑制要因となるため、改善幅は前回に比べて小幅に留まると見る。先行きも、米経...

中国の住宅バブルは崩壊し始めたのか?

...中国の住宅バブルは崩壊し始めたのか? | ニッセイ基礎研究所 中国の住宅バブルは崩壊し始めたのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では住宅価格が2年ぶりに前月の水準を下回った。中国では2008年や2011-12年にも住宅価格は調整したが、いずれも小幅・短期の微調整で済んだ。今回も前回同様に微調整で済むのか、それ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ