「一騎打ち」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年9月1日ニワンゴフィードバック数:0マーケティング

月例ネット世論調査2017年8月

...開票される民進党代表選挙は、前原誠司元外相(元民主党代表)と枝野幸男元官房長官(元民主党幹事長)との一騎打ちになっています。あなたは、どちらの方が野党第一党の代表にふさわしいと考えますか。(届け出順) 安倍内閣を支持する層では「わからない」が62.3%、「前原誠司氏」が20.9%、「枝野幸男氏」16.8%となりました。一方、支持しない層では「わからない」が52.9%と最も多く、次に「枝野幸男氏」が30.6%、「前原誠司氏」16.5%の順となりました。どちらともいえない層では「わからない」が69.9%、「前原誠司氏」が17.5...

プロ野球ペナントレース応援ランキング

...で姿を消し、ペナント同様、広島vs巨人の一騎打ちに。広島は日を追うごとに優勝マジックを減らしているが、巨人ファンの「最後の瞬間まで諦めない」という熱い思いがランキングに滲み出ている。首位に立ったのは巨人・阿部だが、注目したいのは先月首位で今月も3位に食い込んだ“御乱心助っ人”マイコラス。8月末、雨の降る中思うようなピッチングができず、捕手・小林にブチ切れ、ベンチに帰るとバットでペットボトルを叩き潰すという新たな御乱心スタイルを披露してみせ、応援ポイントも伸びたものと思われる。美人...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:9社会/政治

政治に期待するものは世代間で異なるのか

...の衆議院選挙直後の、昨年12月19日に実施されました韓国大統領選挙は、日本とはかなり様相が異なるものになりました。今回の韓国大統領選挙は、与党セヌリ党のパク氏と、野党民主統合党のムン氏の事実上の一騎打ちとなったために、両候補の主張や争点が明確化しやすい状況となりました。このため、事前予想でも、支持する候補(=政治に期待するもの)は世代間で大きく異なるであろうと言われていました。そして、実際の投票結果は、パク氏に多くの高齢世代が投票し、反対に、多くの若年世代はムン氏に投票する劇的な結果となりました(図表2)。パク...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0エンタテインメント

2006 WORLD BASEBALL CLASSIC(TM)、果たして初代優勝国は?(2006/02)

...う称号を何が何でも手に入れにくるのではないかと分析する声が多数寄せられました。続いて「キューバ」「ドミニカ」の中南米が追う、ダークホースは「イタリア」!?このアメリカに追随して優勝予想が目立ったのは、アマチュア最強の「キューバ」(21.9%)。「何たってキューバは強い。アメリカとの一騎打ちでしょう」(男性50代)など、プロ野球リーグこそないものの、バルセロナ、アトランタ、アテネオリンピックで金メダルを獲得し、日本チームも過去に数度となく辛酸を舐めさせられてきた実力は、日本の野球ファンにも強い印象を残していることがうかがえます。同様に予想3番手に挙げられた「ドミ...

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その4)-鉱物資源高付加価値義務化の概要-

...いう大統領選立候補資格を満たすことができなかったため、各党が連合しての立候補となった(表1)。様々な思惑が交錯する合従連衡の後、元ビジネスマンのジョコ・ウィドド(Joko Widodo、「ジョコウィ(Jokowi)」)氏を大統領候補とした闘争民主党陣営(ほか民族覚醒党、国民民主党、ハヌラ党)と、経験豊富なプラボウォ・スビアント(Prabowo Subianto)氏率いるグリンドラ党陣営(ほかゴルカル党、国民信託党、福祉正義党、開発統一党)による一騎打ちとなり、接戦の末ジョコウィ氏が勝利を収めた(図6)。10月の政権発足に先立ち、同氏は既に8月4日に...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ