「下り通信」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月17日ICT総研フィードバック数:0モバイル

北陸新幹線 スマートフォン電波状況実測調査

...測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定し、その平均値をその地点の測定値とした。調査期間は3月14日から15日まで。■ auが下り速度トップで平均35.22Mbpsと強さを見せた。50Mbps以上の地点が2割を占める。 調査の結果、測定した全ての地点で3社全ての端末が高速通信「LTE」もしくは「4G」の電波を受信できた。動画再生やSNS閲覧等では下り通信速度(ダウンロード速度)がより重要となるが、その下り速度は平均30Mbps前後...

2013年2月22日ICT総研フィードバック数:0モバイル

全国168地点 モバイルルーターLTE通信速度実測調査

...手法は次のとおり。各モバイルルーターをモバイルノートパソコンにつなげてインターネットに接続し、通信速度測定サイト「RBB TODAY スピードテスト」を利用して通信速度を測定した。1つの測定地点において、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定。168カ所の測定地点において、1端末あたり合計504回の測定を実施した。各地点では、施設・街区の入口前付近を測定場所とした。調査期間は1月22日から2月12日まで。測定の際は、繁忙時間帯(7~9時、12~13時、17~20時)を除いた。今回の調査では、政令...

2013年8月27日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

地道な調査です。

全国100駅300地点スマートフォン電波状況実測調査

...ームのみでの測定数値をその駅の測定結果とするのではなく、駅ホーム、改札内通路、駅前広場の3地点を1駅あたりの測定地点とした。よって、調査地点は全国100駅300地点となる。調査手法は、通信速度測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定し、その平均値を採用する形を採った。調査期間は8月5日から8月20日まで。測定の際は、繁忙時間帯(7~9時、12~13時、17~20時)を除いた。これにより、地点ごとの現実的なベストエフォート値に近い数値を示すことができたと考えられる。■ au...

2015年9月4日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2015年9月 格安スマホ&大手携帯キャリア 通信速度実測調査

...ンド)を調査対象とした。NTTドコモ、au、ソフトバンクは「iPhone6」、ワイモバイルは「Nexus 6」を測定端末として使用。OCNモバイルONE、楽天モバイルは、各社のSIMを「ZenFONE 2 Laser」に挿して使用した。通信速度測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定した。調査期間は8月21日から8月30日まで。■ 大手キャリアの下り 32.3Mbpsに対し、格安スマホ 19.9Mbpsと、速度の差が顕著。 実測...

2016年1月5日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2015年12月 MVNO格安SIM 新幹線通信速度実測調査

...ードテスト」を利用。1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定した。調査期間は12月25日から26日まで。■ 下り速度は、mineo、楽天モバイル、BIGLOBE SIM、IIJmioが上位グループに。 実測の結果、下り通信速度はmineo 21.56Mbps、楽天モバイル 19.29Mbps、BIGLOBE 18.04Mbps、IIJmio 17.51Mbpsとなり、この4事業者が4Mbps以内で上位グループとなる結果となった。このうち楽天モバイルについては、当社で2015年9月に発表した「格安...

2014年10月8日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2014年10月 待ち合わせ場所100地点 iPhone6電波状況実測調査

...2014年10月 待ち合わせ場所100地点 iPhone6電波状況実測調査 ■ 下り速度トップはソフトバンク。34.89Mbpsと、高水準の争いの中で頭一つ抜け出す。■ auは上り7.37Mbpsと苦戦も、東名阪全てで平均30Mbps以上と下り速度が安定。■ NTTドコモは上り速度で優位性を示すも、地域ごとのバラつきが見られる。■ 下り通信速度は、ここ3年間で34倍。LTE比率も3社ともに100%に。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は10月8日、待ち合わせ場所100地点...

2014年3月27日ICT総研フィードバック数:0モバイル

ローカルエリアの外出先100地点 通信速度実測調査

...期間は、3月8日から3月22日まで。調査手法は、上述の100地点の施設入口付近で、測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用して、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定する形式とした。測定端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)のiPhone5cおよびAndroid端末である。■ ソフトバンクが下り、上りともに最速を記録。Androidは下り速度24.2Mbps。 実測の結果、ソフトバンクが最速の結果を記録した。iPhone5cの下り通信速度が23...

2016年12月19日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2016年12月 格安スマホ通信速度実測調査

...となった5社である。今回の調査では、mineoをauプラン(Aプラン)で契約したため、楽天モバイルとOCNモバイルONEがNTTドコモ回線、UQ mobileとmineoがau回線のMVNO格安SIMとなる。端末は、ZenFone 3。通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定した。調査期間は11月25日から12月2日まで。 ■ 下り速度、上り速度ともにワイモバイルがトップ。地域別でも優位。 測定の結果、ワイモバイルが下り通信...

2015年2月9日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2015年2月 東京デートスポット電波状況実測調査

... スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定し、その平均値をその地点の測定値とした。調査期間は2月3日から7日まで。測定した全ての地点で、4社全ての端末が高速通信「LTE」もしくは「4G」の電波を受信できた。■ auが下り速度26.57Mbpsと、僅差ながら4社中トップ。特に商業施設で強さを見せた。 実測の結果、下り通信速度(ダウンロード速度)はNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社が一歩も譲らない高水準の争いとなった。その中で僅差ながらauが平均26...

2013年10月10日ICT総研フィードバック数:0モバイル

待ち合わせ場所100地点 新iPhone電波状況実測調査

...ア比率、データ通信速度の実態を調査した。調査手法は、通信速度測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定し、その平均値を採用する形を採った。調査期間は9月20日から10月4日まで。測定の際は、実効速度の上限を調べることを意識したため、繁忙時間帯(7~9時、12~13時、17~20時)を除いた。これにより、地点ごとの現実的な実効速度のベストエフォート値を示せたと考えられる。■ 下り速度トップはソフトバンク。今回調査唯一の平均20Mbps...

2016年4月6日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

北海道新幹線 スマートフォン通信速度実測調査

...端末はiPhone6s。速度計測アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して、1地点あたり下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定した。調査期間は3月26日と27日。■ 大手3社の下り速度は37~39Mbpsと高水準。MVNOのOCNモバイルONEとは大きな差。 調査の結果、測定した全ての地点において、4社全てが高速通信「LTE」もしくは「4G」の電波を受信できた。エリアカバーという意味で、各社とも十分に対策されている様子が分かる。ホームページやSNS、動画を閲覧する際には、下り通信速度(ダウ...

2013年11月12日ICT総研フィードバック数:0モバイル

新幹線全97駅 iPhone5s電波状況実測調査

...が利用する日本の大動脈・「新幹線」に焦点を絞り、冬季のみ営業のガーラ湯沢駅を除く全97駅での電波状況の実態把握を目的とした。調査期間は、10月24日から11月5日まで。調査手法は次のとおり。新幹線全97駅の駅ホーム、改札付近、駅前広場の3地点(合計291地点)で下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定。測定端末はNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)のiPhone5s、測定アプリは「RBB TODAY SPEED TEST」を利用した。■ auがLTEエリア比率100%とLTEの広さで強み。下り...

2015年3月4日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2015年3月 モバイルルーター電波状況実測および利用意向調査

...ャリアとも魅力的な新料金プランを最近打ち出していることから、Webアンケートにより、その利用意向実態の把握も目指した。電波状況実測調査は、全国7都市50地点にて、各モバイルルーターと「Nexus 7」を無線接続し、速度測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」を利用して下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定する形式とした。50カ所の測定地点は、4月から新生活を始める上で重要となる、各エリア拠点都市の主要駅、ビジネス街、大学という視点で選定した。利用意向調査は、モバイルルーターなどの「データ通信専用端末」を現在利用していない回答者1,000人に...

2012年10月30日ICT総研フィードバック数:0モバイル

ビジネスシーンでのスマートフォン電波実測調査(オフィスビル編)

...のオフィスビルの入口付近にて、通信速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用して通信速度を計測した。1つの測定地点において、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ計測。45地点の測定地点において、合計135回の測定を実施した。■ auが下り・上り速度ともにトップ。丸の内・大手町・霞が関など下り8エリア中6エリアで最速を記録。 実測の結果、オフィスビル45地点での平均通信速度が最も速かったのは、auであった。下り回線では、全計測場所45地点のうち24地点、上り回線では25地点においてトップの値を示した。エリ...

2012年11月19日ICT総研★フィードバック数:2モバイル

新幹線の駅でのLTE実測調査です。

新幹線全97駅スマートフォンLTE通信速度実測調査

...では、過去にさまざまな利用シーンでの通信速度やつながりやすさの実測調査を実施しているが、今回の調査では、年間3億人が利用する日本の大動脈・「新幹線」に焦点を絞り、通期営業の全97駅での電波状況の実態把握を目的とした。調査期間は、11月5日から13日まで。調査手法は次のとおり。新幹線全97駅で、ホーム、改札付近、駅前広場の3地点で下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ計測。97駅291地点において、1端末あたり873回の測定を実施した。測定には、通信速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST...

2015年11月14日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

2015年11月 圏央道 つながりやすさ・通信速度実測調査

...通話接続率は、時報(117)につなぎっぱなしにして、接続成功した時間を測定した。データ通信速度については、圏央道の主なIC、PA、JCT (17地点)を通過する際(走行中)に速度測定アプリ「RBB TODAY スピードテスト」にて下り通信速度、上り通信速度を各2回ずつ測定した。調査日は、2015年11月11日。■ 走行中の音声通話接続率は、3社平均で99.8%。実使用で全く問題なし。 NTTドコモは、音声通話接続率が100%。 87分間の走行中、一度も通話が途切れず、非常に安定した結果となった。ただし、茨城...

2017年9月6日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

2017年9月 混雑環境におけるスマートフォン動画視聴品質調査

...者を対象に通信速度調査をした際には、3事業者の下り通信速度は平均49.7Mbpsと、50Mbpsに迫る結果であった。今回の調査で下り通信速度が約1/4になったのは、やはり混雑時間帯に限定したことと、1事業者あたり10台同時接続したという条件の厳しさの影響だと考えられる。■ 下り速度 中央値エリア別では、東京、大阪はソフトバンクが優位。名古屋はドコモ優位。 下りの通信速度をエリア別に見ると、スコアが総じて高いMNO 3事業者の中でも、東京エリア、大阪エリアでは、特にソフトバンクが優位、名古屋エリアではNTTドコ...

2012年8月28日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

モバイルデータ通信の速度比較です。

次世代高速データ通信・通信速度実測調査

...要因として、各社の日々のネットワーク品質強化への取り組みの成果、「EMOBILE LTE」など新サービスの開始が挙げられ、測定方法の差異も影響している。(前回調査では各測定地点の鉄道駅において「ホーム」、「改札内」、「改札外」の3箇所の平均とした一方で、今回は「ホーム」のみとした。)■ 「SoftBank 4G」が昼夜とも下り平均10Mbps超、首都圏では18Mbps超と、他を圧倒 通信事業者別に見ると、下り通信速度では、「SoftBank 4G」の速さが際立つ。東名阪27地点の下り平均速度は、昼15...

2014年8月14日ICT総研フィードバック数:0モバイル

2014年8月 東名阪100地点 モバイルルータ-電波状況実測調査

...アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用して、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定する形式とした。モバイルルーターと無線接続したスマートデバイスは、「Nexus7」である。■ 高速通信受信エリア比率はほぼ互角も、ワイモバイルが90%と若干優勢。 実測の結果、東名阪100地点でワイモバイルの高速通信「4G」を受信した地点は90地点、UQ WiMAXの高速通信「WiMAX2+」を受信した地点は89地点となった。ワイモバイルがわずかに優勢な結果となったが、どち...

2014年5月2日ICT総研フィードバック数:0モバイル

都心部オフィスビル 電波状況実測調査

...」(一般人が入れる、可能な限り上階)それぞれ40地点ずつ合計80地点で測定した。通信速度は、測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用して、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ測定する形式とした。測定端末は、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)が「iPhone5c」。イー・モバイルが「EM01F」である。■ ビル1階は4社平均のLTE比率が96%だが、ビル上階では86%と差があり。 実測の結果、ビル1階のLTE受信比率が4社平均で96.3%なのに対し、ビル...

2012年11月6日ICT総研★フィードバック数:3モバイル

LTEの実測比較です。

全国200地点 スマートフォンLTE通信速度実測調査

... TODAY SPEED TEST」を利用して通信速度を計測した。1つの測定地点において、下り通信速度、上り通信速度を各3回ずつ計測。200カ所の測定地点において、1端末あたり合計600回の測定を実施した。■ 下り・上り速度ともに、ソフトバンクがトップ。LTE受信地点数180、速度トップのエリア数も最多。 実測の結果、全国200地点での平均通信速度が最も速かったのは、ソフトバンクモバイル(以下、ソフトバンク)であった。下り平均速度は10.79Mbps、上りは5.40Mbpsと、いずれも次点のauを...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ